FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク2歳馬の近況更新、リフレッシュが意味する課題とは?総合ランキングは明日

シルクの2歳馬の近況が更新されました。
本来ですと、北海道から移動する馬が出てきたタイミングでランキングは終了してきました。
それらの早期組や上位層がいなくなった中でのランク付けにあまり意味はないからです。
ただ、今年は今月も一応やってみようと思います。
移動した10頭くらいの除いて北海道に残ってる中でトップ5位を決めてみようと思います。
そして、今回も近況だけではなく動画の見て総合的な判断にします。
そのほうが拍手も数倍多く、皆さんもそちらを望まれているようですからね。
その代わり、毎回となりますが時間がかかるので今日ピックアップして、明日動画などチェックしてという2日かかりになります。

今日は全頭の近況を読みました。
ざっと見た印象ですがリフレッシュ休暇をしている馬はかなり多かったです。
ランキングの仕方として、現在ハロン15まで進んでいる馬をまず絞っています。
リフレッシュ休みの馬はその段階でもう除外されてしまいます。
その是非についても考えました。
たまたまリフレッシュで休んだだけでランク外になるということに合理性はあるのでしょうか?
もちろん、手間の面を考えた部分もありますが、リフレッシュって言葉はマイナスではないのですが実はマイナス面も含んでいるのです。
私はここ数年、すべてのシルク馬の近況を読み込んでおり、特に2歳馬はランク付けをずっとしてきたのでかなり読んでいます。
その私が近況でリフレッシュという言葉がなぜマイナス面も含んでいると思っているのでしょうか?

リフレッシュには大きく3パターンあります。
1、疲労回復
これは文字通りです。
疲労回復のためにリフレッシュをするということは、休ませたほうがいいくらい疲労をしているということです。
つまり、今の調教がしんどい、もしくは疲れやすい体質、体がまだついていけないなどの理由があるのです。
丈夫な体で、今の調教を楽々とこなせてる馬は疲労回復のリフレッシュをすることはあまりないのです。
つまり、マイナス面というのはそういう理由を含んでいるからです。

2、馬体重減の回復
こちらの理由のリフレッシュも多いですね。
調教を開始すると基本的には馬体重が減ります。
あとは自身の成長との兼ね合いで相殺されていきます。
それでも、どんどん馬体重が減る馬も多くリフレッシュさせる場合があります。
この馬体重減の理由としては、環境の変化への対応ができない、調教がこたえている、飼い食いが悪いなどが考えられます。
つまり、これも順調な馬にはあまり必要のないリフレッシュであり、マイナス評価を含んでいるのです。

3、成長促進
こちらの理由もよく見かけますね。
成長途上の2歳馬たちなので当然とも言えます。
ただ、調教を楽々とこなしながらいっぱい食べてしっかり成長している馬には必要のない休みになります。
つまり、この理由があるということは、馬体重の小さい馬、筋肉量が足りない馬、遅生まれの馬などが挙げられます。
どれもマイナス面を含んでいます。

このようにリフレッシュという単語には、マイナス面を含んでいることが多いのです。
もちろん、それが悪いというわけではありません。
休ませることがこの馬にとって良いとスタッフさんが判断してやられてることなので、今後に繋がるはずです。
しかし、ランク付けをするという面から言うと、リフレッシュをさせるということは小さな小さな頓挫ということでランク外にしています。

既に移動済みの馬たちはリフレッシュを一度もせずに行った馬もいますし、しても1回とかそういう馬がほとんどです。
逆に言えば、何も問題なく順調にやってこれたから早期に移動できてるわけです。
自分の出資馬の近況で今月リフレッシュという文字があったら、どういう理由なのか見てみるといいいと思います。
そして、その理由によって、先ほど私が書いたような課題があるのかもしれません。
そのリフレッシュで改善すれば何も心配はありませんし、大事に考える必要はもちろんありません。
ただ、リフレッシュって何か良い言葉に聞こえるので、こういう課題を内包した言葉なので私はそういう考え方でランク付けしていますという説明をしてみました。
明日、2歳馬の総合ランキングをやりますね。
関連記事
スポンサーサイト



ブログの毎日更新終了のお知らせ

今年の1月から続けてきましたブログの毎日更新ですが、3月いっぱいをもって終わりにしようと思います。
釣りタイトルみたいになってすいません。
ブログのほうはもちろんこれからも頑張っていきます。
まぁ、以前のようにほぼ毎日更新みたいな感じですね。
毎日更新を3ヶ月やってきましたが、やっぱり毎日ネタがあるわけではありません。
それでも何か書かなきゃとなると義務感も出てきて楽しめなくなる面が大きいと感じました。
今月は毎日更新といっても記事数は32回でした。
毎日更新じゃなくても40回を超えている月もあったので、やっぱりネタがあれば1日に何個も書くこともありますし、無ければ書かなくてもそれなりの数になるわけです。
やっぱり一口馬主のブログは募集時が1番ネタも多く盛り上がります。
今くらいの時期が1番ネタ不足ですよね。
過去の3月の記事数を見ても20回前後と少なめになっています。
まぁ、これから追加募集第2弾とかくればまた盛り上がりそうですけどね。
逆に競馬の開催中止とか出てくると色々な面で困ってしまいますね。
というわけで、実験的に3ヶ月やってみた毎日更新はこれで終わりますが、ほぼ毎日更新で今まで通り頑張っていきますのでよろしくお願いします。
関連記事
[ 2020/03/31 23:43 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(0)

スエーニョルシード2戦目、距離が合わず?

2020.03.30 レース結果

 3/29(日)中山2R 3歳未勝利〔D1,200m・16頭〕6着[3人気]

五分に発馬を決めると、押して好位を取りに行きます。直線入口では3,4番手まで上がり、しぶとく脚を使うも、前走と同様に6着でレースを終えています。

武井亮調教師「パワー型のこの馬にとっては、今日のような水の浮くダートでは持ち味が活きませんね。前走から距離短縮で調教時の行きたがるような感じはありませんでしたし、折り合いには進境が見られたかなと思うのですが、最後は脚色が他馬と同じになってしまいました。ジョッキーのコメントですが『スタートはまずまず決められて、逃げられそうな雰囲気だったものの、恐らく3完歩目で濡れた芝に滑ってしまって、トモを落とすような格好になりました。その後は立て直してリズム良く運べたとは思うのですが、直線に入って左手前に替えたところからやや末脚が鈍りましたね。右手前の方が走りやすいのだと思います。また、調教と同様に喉は全然気にならなかったですよ』とのことでした。あとは馬場入りのテンションが高く、返し馬もなかなか止まろうとしてくれなかったようですので、そこも今後の課題として気を付けていきます。この後については、依然として心身の幼さがあることと、優先出走権を獲ることが出来ませんでしたから、いったん放牧に出す方向で考えています」


前走は逃げて力尽きてしまった面もあり、大幅距離短縮で挑みました。
やっぱり1200になると逃げるのは難しそうですし、ちょっと忙しいように感じました。
ノドは問題ないとのことで一安心ですが、そうなると逆に負けた理由探しが難しくなります。
現状、能力も抜けているわけではないと思いますので、距離や展開など噛み合えば上位争いはできると思います。
大型馬なので時間もかかると思いますし、とりあえず勝ちあがってほしいですね。
このレース以降は中止になってしまいましたし天候も悪かったので、次に期待します。
関連記事

高松宮記念での降着の様々なケースを考える(クリノガウディー2着のケースとグランアレグリア4着理論?)

今日の高松宮記念はG1としては10年ぶりの1着降着となりました。
コロナの影響で初めての無観客でのG1、中山では雪が降って中止、中京も重馬場などなど荒れそうな気配がプンプンしていましたがこういう荒れ方をするのは想定外でしたね。
今回の降着の裁定は妥当だったと思います。
しかし、結構複雑な状況でもあり、より詳しく見ていきたいと思いました。

11R(高松宮記念(GⅠ))における降着・制裁
1位に入線した11番クリノガウディー号(和田 竜二騎手)は、最後の直線コースで内側に斜行し、3番ダイアトニック号(北村 友一騎手)および16番モズスーパーフレア号(松若 風馬騎手)の走行を妨害しました。その走行妨害がなければ被害馬ダイアトニック号およびモズスーパーフレア号は加害馬クリノガウディー号に先着できたと裁決委員が認めたため、11番クリノガウディー号は4着に降着となりました。
この件について、和田 竜二騎手は4月11日(土曜)から4月19日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。


裁定の内容なこのようなものでした。
まず、実際の着順を並べてみます。
1着・・・クリノガウディー(加害馬)
2着・・・モズスーパーフレア(被害馬小)
3着・・・グランアレグリア(無関係)
4着・・・ダイアトニック(被害馬大)
かなり長い審議でしたが、実は色々なパターンが考えられたのです。

1、クリノガウディーの妨害がなくてもダイアトニックとモズスーパーフレアは先着できなかった場合
つまり、着順通り決定というパターンです。
今までですとこれが多かったですよね。
変化を感じたのはそれこそダイアトニックが加害馬となって降着したあのレースですよね。
このパターンも無くはなかったと思います。
ダイアトニックには大きな被害がありましたが頭差の着差があり、順位がひっくり返っていたとは今までなら判断しなかった場合もありえます。
モズに関しては着差はほんの僅かですが、そもそも被害も小さめでしたので判断は難しいです。
どちらにしても、このケースは着順通りの確定になります。

2、クリノガウディーの妨害がなければモズは勝てたがダイアトニックは先着できたとは言えない場合
モズとクリノの着差はほんの数センチくらいでしたので、被害としては小さめではありましたがあれがなければ勝っていたと言うことはできそうです。
ダイアは頭差だったので先着できたとは言えないというケースも考えられます。
その場合、こういう着順になるはずです。
1着・・・モズスーパーフレア(被害馬小)
2着・・・クリノガウディー(加害馬)
3着・・・グランアレグリア(無関係)
4着・・・ダイアトニック(被害馬大)

3、クリノガウディーの妨害がなければダイアトニックは先着できたが、モズは影響が小さい場合
ダイアがクリノの妨害の影響はかなり大きかったです。
なので、それがなければ先着できたと判断するのは妥当でしょう。
逆にモズは確かに影響は受けましたが、ダイアと比べると被害は小さいものでした。
なので、それは降着させるほどのものではないという判断もありえたはずです。
その場合の着順はこうなります。
1着・・・モズスーパーフレア(被害馬小)
2着・・・グランアレグリア(無関係)
3着・・・ダイアトニック(被害馬大)
4着・・・クリノガウディー(加害馬)
結果的には今回の裁定後の同じ着順ですが中身は違ったりします。
ダイアとクリノの間の着順のやりとりであって、この場合モズは繰り上がりという感じになります。

4、クリノガウディーの妨害がなければダイアトニックもモズも先着できた場合
これは今回の裁定のケースになります。
私もこれが妥当だと思っています。
特にダイアトニックの被害はかなり大きいですし、立ち上がってコントロールを失いかけてますからね。
もともと寄れる馬だったようですが和田騎手も右ムチ入れてましたし良くなかったと思います。

今回、実はネット上などで着順について疑問を感じている人がいるそうです。
それは降着の裁定に対する疑問ではありません。
無関係だったグランアレグリアに関するもので興味深かったので取り上げます。
今回、加害馬と被害馬2頭の間に無関係だったグランアレグリアが挟まれており、これが理解するのにやっかいな部分になっているそうです。
つまり、その論理とはこうです。
今回の裁定は妨害がなければクリノガウディーよりモズスーパーフレアとダイアトニックは先着していたという結論です。
つまり、この3頭の順位としては以下に確定します。
モズスーパーフレア(被害馬小)
ダイアトニック(被害馬大)
クリノガウディー(加害馬)
そこに、無関係だったグランアレグリアを入れてみます。
グランアレグリアは何の被害も受けずにクリノガウディーに負けています。
これが重要です。
つまり、以下の順位が正しいのではないか?という疑問です。
1着・・・モズスーパーフレア(被害馬小)
2着・・・ダイアトニック(被害馬大)
3着・・・クリノガウディー(加害馬)
4着・・・グランアレグリア(無関係)
どうですか?
理屈だけで考えるとこれもアリのような気がしませんか?

ただし、そこにはJRAの降着のルールがあります。

「その走行妨害がなければ被害馬が加害馬に先着していた」と判断した場合、加害馬は被害馬の後ろに降着となります。


加害馬は被害馬の後ろに降着するのがルールなのです。
なので、無関係のグランアレグリアは2着になるのです。
まぁ、普通に考えれば、無関係の馬が着順が下がるというのは最も不合理でもありますからね。
少し古い世代ならメジロマックイーンの降着を知っていますから特に違和感はないかもしれません。
あれもメジロマックイーンは18着に降着していますが、その間にいた馬たちすべてに被害を与えたわけではありません。
被害馬の中に18着だった馬がいたから、その馬より下に降着し18着になったのです。

今回G1で久々の降着となりました。
しかも、被害馬が2頭おり、無関係の馬も間にいるというレアケースだったので裁定としても興味深いものでした。
個人的には、やったもの勝ちになるのが最もダメだと思うのです、降着は厳しく判断しても良いと思っています。
それにしても、シルクのダイアトニックは前走は不利与えて降着し、今回は不利受けて負けてしまい噛み合いませんね。
出資者の方も何とも言えない気持ちでしょう。
次こそは頑張ってほしいですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
[ 2020/03/29 23:01 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(2)

武豊の選択。クラシックの相棒を選ぶ難しさ

私は武豊騎手のファンということは何度も書いてきました。
しかし、キズナ以来クラシックではなかなか有力馬は回ってきませんでした。
まぁ、去年菊花賞を勝ちましたけど皐月賞から乗ってきた馬ではありせんからね。
ここ数年、ファンタジスタ、ジャンダルム、ダンビュライト、エアスピネルなど決して弱い馬ではありませんがクラシックを狙うには1歩足りないような馬ばかりでしたね。
しかし、今年は突然有力馬だらけになってしまいました。
それはそれでまた困りますよね。
弥生賞を圧勝したサトノフラッグ。
若葉Sを勝った6億馬アドマイヤビルゴ。
そして、今日毎日杯を勝ったサトノインプレッサ。
ただ、これだけの馬たちがいる中、皐月賞で乗るのはマイラプソディになりそうです。
もちろん重賞勝ち馬で能力はあると思いますが、前走4着と不可解な敗戦。
勝ちっぷりの良かった他の3頭と比べると少し不安が大きいです。

ただ、このマイラプソディはキーファーズが馬主さんです。
キーファーズは武豊騎手の応援団のような馬主さんで、武騎手のためにセレクトセールで高額馬をばんばん落札し乗せてくれていますし、海外でもどんどん購入し凱旋門賞にも乗せてくれています。
去年の凱旋門賞4着のジャパンを武騎手のために購入したのも話題になりましたね。
武騎手は先約を重視する人ですし、人間関係も大事にします。
なので、ここまで武騎手のために尽力してくれた方の馬が最優先になるのはしょうがないですね。
ここ数年キーファーズは高額馬を何頭も買ってきましたが成績が出ず、やっと重賞馬が出たと思ったら武騎手には有力馬がたくさんと色々噛み合いませんね。

現状、私の評価では、サトノフラッグが抜けている印象です。
それとコントレイルやサリオスが対戦してどうなるかという感じですね。
ただ、サトノフラッグはそもそもお手馬ではありませんでしたし、ルメール騎手に決まったのでもう戻ってこないでしょう。
アドマイヤビルゴは皐月賞を目指さないでダービーを目指すローテになりそうです。
サトノインプレッサは急遽決まった乗り馬ですし今後は未知数です。
そうなるとマイラプソディで皐月賞に挑戦し、仮に勝つようなことがあればダービーはもちろんこの馬でいくでしょう。
逆に負けるようなら、アドマイヤビルゴとの比較になってきそうですね。
全盛期の武騎手なら毎年これくらいの有力馬の中から選んで乗ってきたくらいでした。
しかし、ここ数年を見るとこれだけの馬が集まったのはかなり久々のチャンスとなります。
色々人間関係やしがらみもあると思いますが、このチャンスを活かして久々のダービー制覇を期待しています。
関連記事
[ 2020/03/28 23:26 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ