FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

初めての地方出直し再ファンドの挑戦

3歳未勝利戦までに勝ちあがれなかった馬が地方から出直し再ファンドになることがあります。
その基準については以前ブログで書きました。
基本的には3歳のうちに2勝すれば戻ってこれます。
ただ、シルクなどノーザン系のクラブはなかなかハードルも高く、私の出資馬がその対象になることはありませんでした。
まぁ、1頭いたのですが故障し実現しませんでした。
今回、シルクのロイヤルアフェアと広尾の無料馬フッフールが地方からの出直しに挑戦しています。

フッフールは既に2戦しており、1勝と2着1回。
中央では故障もあり1戦しかできなかった馬ですが、やっぱり能力はしっかりあり中央復帰もいけそうな気配です。
ただ、こちらは無料馬ということで出資したわけですが、復帰後の扱いがまだ未知数です。
再ファンドも無料なのか、広尾の4口まで無料の口数に含まれるのかなどなど難しい部分もあります。
なので、とりあえず2勝して戻ってくることを応援しつつもその後のことも気になっています。

ロイヤルアフェアは昨日やっと出走しました。
以前ブログでも書きましたが薬物問題でゴタゴタしていた岩手競馬にいたせいでかなり災難にあっていました。
笠松競馬に移籍してここからだと思ったら、今後は岩手競馬からきたせいで検査を受けなければならずその結果が出るまで出走できなかったりと本当に踏んだり蹴ったり。
色々あってやっと昨日出走できたのです。
レースは1,2倍の断然の1番人気。
内容も早め先頭から直線突き放しての圧勝。
やっぱりここでは力が何枚も上でしたね。
ダートの女傑ゴールドティアラの子ですから、ここでは負けられませんよね。
今年中に2勝できるかは体調次第だとは思いますが、こちらもしっかり戻ってきてくれると思います。

現状見た感じ2頭とも戻ってくるのは難しくはなさそうです。
地方出直しを決めたクラブ判断は素晴らしかったです。
以前書いた通り来年から3歳未勝利戦は1ヶ月短くなります。
9着以下を3連続でとると出走制限もあり、能力はあるのに勝ちあがれずに終わる馬が増えることが想像できます。
そういう場合の受け皿になるのがこの地方出直しの再ファンドです。
多少こういう出直しになる馬も増えると予想できますので今のうちに経験できて良かったです。

ただ、今回はどちらも元々ダート馬だったので問題はありませんでした。
しかし、芝適正の馬だとなかなか難しいと思います。
芝ならこのレベルでは圧勝できる能力があっても、ダートだと地方馬相手でも苦戦するという馬はたくさんいます。
基本的には地方はダートばかりなのでダート馬の需要という面もあると思います。
事実、シルクでも普通にダート馬が1次から人気になったりしますからね。
以前は芝馬優先でダート馬は後回しになっていました。
追加募集も1番人気は芝中距離向きの馬でしたが、2番人気はパイロ産駒のダート短距離向きの馬でしたからね。
色々先のことも考えてダートもいける馬選びをしていくというのもポイントになるかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/12/14 22:28 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(0)

シルク追加募集の申し込み数と意外な必要実績

500口を超えるお申込みをいただき抽選となりました募集馬で、実績枠(300口)でご出資いただくために必要でした過去3世代の出資実績(ボーダーライン)は以下のとおりです。

69.メジロルバートの17 3,588,000円 (総お申し込み口数:2,796口)
70.ミステリアスオーラの17 1,814,000円 (総お申し込み口数:1,225口)



自分が申し込まなかったこともあり、あまり気にしていませんでしたが追加募集の結果が出ていましたね。
予想通りこの2頭が人気になりました。
特にメジロルバートの17は1次募集含めてもトップの申し込み数と次元の違う人気でした。
ただ、実際この馬が1次募集のリストにいたとしてここまで人気になったでしょうか?
さすがにここまではなっていなかったでしょう。
追加募集という限られた頭数だったからこそだという数字でもあると思います。
なぜなら、必要実績がかなり低いのです。
もちろん350万という実績は私にとってははるか遠い数字ですが、1次でトップクラスだった馬よりずっと低いのです。
申し込み数でそれ以下だったアドマイヤセプターの17やアイムユアーズの17が実績で1千万や800万必要だったことを見ればかなり低いのです。   
これはどういうことかと言いますと、超絶お金持ち会員さんが10口づつみたいな申し込みではなく、様々な価格帯の実績者の方が小口づつ多くの人数が申し込まれたということなんだと思います。
これも追加募集だからこそという現象かもしれません。
また抽優馬もなかったので1次では最初から諦めて申しこまなかった層が今回はワンチャン抽選で当たりますので申し込んだこともあると思います。
なので、それらの要因もあり申し込み数からすれば低めの実績で確保できたようです。

そうはいっても我々庶民には350万の実績は厳しく、年間100万以上使ってないと無理なので一生届きません。
また、むしろ私の狙い目だったミステリアスオーラの17ですら実績180万も必要となればどうしようもないですね。
パイロ産駒に実績180万も必要な時代になったのです。
おそらく2次の追加募集も同じような傾向かもしれません。
そうなるとなかなか手が届かないでしょう。
この世代は個人的には十分頭数も確保できているので別に大丈夫ではあります。
ただ、これを見ちゃうと来年は心配になりますよね。
正直ここまでくるともう新規さんが増えても少ないパイの取り合いになるだけですので、これ以上増やす必要もありません。
また、今の売れ行きを見れば売れ残るということもほとんどないでしょう。
それならもう高実績者様を優遇しすぎる必要性もなくなってきたのです。
実績制をいきなり廃止などの話はないと思いますが、申し込み頭数の制限などはそろそろ本気で考える時期かもしれませんね。
お金持ちさんにいっぱい買ってもらなくてもほとんど全部売り切れるクラブになったのです。
うれしいような悲しいような気持ちではありますが、我々もそう認識して次の手立てを考えていきましょう。
関連記事

シルク追加募集馬の申し込み状況

第1回追加募集馬への出資をご検討いただきましてありがとうございます。12月5日(水)午後5時時点の会員様インターネット先行期間におけるお申し込み状況(250口以上の募集馬)は以下の通りです。

◆2,200口以上
69.メジロルバートの17

◆900口以上
70.ミステリアスオーラの17

◆350口以上
68.ミオリチャンの17

◆250口以上
67.エリモアクアポリスの17


明日締め切りですが中間発表がありました。
まぁ予想通りといった感じでしょうか。
追加募集でものすごい人気になったのはアーデルハイトの15とかすごかった記憶があります。
ただ調べてみると最終で1,395口でした。
そう考えると今回のメジロルバートの17はものすごい人気ですね。
今年の1次で見てみると
18.アドマイヤセプターの17  2629
12.アイムユアーズの17    2426
実は今年の1次で桁外れの人気だったこの2頭と遜色ないのです。
この2頭は必要実績も1千万とか800万とかだったのでそう考えるとメジロルバートの17もそれに近い実績になると思います。
もう諦めるしかないですね。
私は申し込むならミステリアスオーラの17かなと思っていたのですが、こちらもなかなかの人気。
実績では無理でしょうね。
逆にディープ産駒のラッドルチェンドの17 は名前も出ないほどの不人気です。
新規さんでも出資できそうですね。
アーモンドアイの活躍を見てシルクに興味をもたれた方にとっては、いきなりディープ産駒に出資するチャンスかもしれません。
手ごろなオルフェ産駒牡馬がここまで人気になって、ディープ牝馬が不人気というのもシルクらしい感じがします。
私は今回の追加募集は申し込みしません。
個人的には毎年第2回追加募集で出資することが多いです。
こちらはセール購入馬ではなく、ノーザン生産馬で募集予定だったけど何か頓挫があってできなかった馬が出てきます。
血統的に魅力的な馬も多いのでそちらも楽しみですね。
まぁ、どちらにしても今回は抽優馬はありません。
なので、申し込みさえすれば当たる確率は誰にでもあります。
最後まで諦めずに勝負してみましょう!
関連記事

シルク2018年度第1回追加募集馬レビュー(66~70)

シルクの追加募集馬5頭のレビューを書いていきます。
あくまでも個人的な感想に過ぎませんので参考にしようというよりは、こういう意見もあるんだと読み流してください。

66. ラッドルチェンドの17
メス・鹿毛 一口:112,000円 父ディープインパクト
母の父Danehill Dancer 生月日2017年4月20日
関東 和田正一郎 厩舎 生産ノーザンファーム
体高154.0 cm 胸囲172.0 cm管囲19.0 cm馬体重407 kg
【血統評価】B-
セレクトセールで5000万で落札。
募集価格にほとんど上乗せしませんでしたね。
これが逆に怖いです。自信があれば高くしたっていいわけですからね。
血筋はリアルスティールなど活躍馬多数のラヴズオンリーミーの流れで超良血。
私もこの血統に惹かれ姉のリベラメンテに出資しました。
しかし、4戦オール二桁大敗で引退と全く見せ場はありませんでした。
一つ上のオルフェ牝馬も新馬戦7着と繁殖能力にかなり疑問が出てきましたね。
【馬体評価】C-
元々かなり小さいという話でしたが測尺を見るとギリギリセーフくらいでしょうか。
4月生まれですし420~30くらいではデビューできるんじゃないでしょうか。
ただ、やっぱり全体的に筋肉量が足りないように感じます。
歩様は後ろから見ると少しカクカクしてて、早歩きに見えます。
そこまで問題というほどじゃないかもしれません。
【総合評価】C-
良血もこの繫殖成績では強気にはなれません。
馬体も特出したものは無い様に見えます。
ただ、ディープ牝馬なのでこんな感じでも切れ味ものすごいみたいなパターンはあります。
それでも追加募集でこのディープに11万突っ込むのはリスキーかなと感じますね。


67. エリモアクアポリスの17
牡・鹿毛 一口:28,000円 父ノヴェリスト
母の父ダンスインザダーク 生月日2017年4月1日
関東 田中剛 厩舎 生産 シンボリ牧場
体高151.0 cm胸囲175.0 cm管囲19.7 cm馬体重427 kg
【血統評価】D-
オータムセールで770万でした。
倍近い値段にしてますから自信ありそうです。
母は2勝馬、産駒は中央未勝利です。
繫殖能力に疑問がありますね。
父ノヴェリストもいまいちパッとせず1勝はできるけどその後は・・・という感じです。
【馬体評価】D+
思ったよりも小柄で牝馬みたいですね。
ただカタログはそうですが、HPの最新画像だとまずまず筋肉も良く見えます。
4月生まれなのでもう少し成長待ちでしょうかね。
歩様はまずまずでしょうか。
【総合評価】D
血統面も馬体面も特にこの馬に出資したいと思わせる部分がありません。
なんとか1勝できても、500万の壁で止まるタイプの気がします。
早期デビューして北海道の洋芝で走りたいところですね。


68. ミオリチャンの17
メス・芦毛 一口:24,000円 父マジェスティックウォリアー
母の父スウェプトオーヴァーボード 生月日2017年5月5日
関東 黒岩陽一 厩舎 生産 社台ファーム
体高154.0 cm胸囲178.0 cm管囲19.0 cm馬体重429 kg
【血統評価】D-
オータムセールで700万でした。
母は4勝となかなかの活躍馬ですね。
しかし、産駒は3頭デビューして未勝利、ほとんど二桁で惜しくもない感じです。
繁殖能力に疑問があります。
このフレーズ3回目です。
父は日本にきましたがダートか芝かはっきりしませんね。
【馬体評価】D
こちらも5月生まれのせいか馬体重がまだ少なく管囲も細めです。
なんかそんな感じの馬ばかりですね。
馬体もお尻が高いのでまだまだ成長すると思います。
現状物足りないので、ここからどれだけ成長できるか次第ですね。
歩様は前脚ががに股気味なのが気になります。
【総合評価】D-
こちらも今出資する必要性は感じません。
これから見違えるような成長をしたら検討してもいいかもしれません。
それでも今のシルクならいつの間にか満口になっちゃうんだろうなぁ。


69. メジロルバートの17
牡・鹿毛 一口:56,000円 父オルフェーヴル
母の父メジロライアン 生月日2017年3月1日
関西 松永幹夫 厩舎 生産 レイクヴィラファーム
体高158.0 cm胸囲178.0 cm管囲19.5 cm馬体重427 kg
【血統評価】B+
セレクトセールで1900万でした。
母は未勝利も産駒はデビューした6頭すべて勝ちあがっています。
血統はメジロ牧場の結晶で神々しくすら見えます。
メジロラモーヌにメジロライアンの牝系にメジロマックイーンのステマ配合のオルフェですから素晴らしいです。
近親にはシルクのグローリーヴェイズもいますし、1番人気は当然でしょうね。
ただ、ロマンがものすごくありますが、現実的に見ると母の産駒に大物が出ておらず父も一発型のオルフェなので要注意です。
【馬体評価】C
カタログを見ると雄大な馬体に見えたのですが、測尺を見ると馬体重が軽いですね。
体高や胸囲がこれだけあってこの馬体重だとやっぱり物足りないと思います。
サイズ感はいいので、あとはそこにお肉がついてきてほしいですね。
調教は坂路で17秒まで進んでおりまずまずです。
歩様は前を少し開くかなという程度で問題ありません。
それより顔を横に向けたりとオルフェ産駒らしい気性の荒さが出てきてるように見えます。
【総合評価】B
まぁ血統的には今回の追加募集の目玉でしょうね。
ただ堅実なタイプというよりは三振かホームランかという感じに見えます。
価格的にも不足しがちな芝の中距離牡馬でこれくらいなら勝負しても面白いでしょうね。
あとは馬体の成長と気性次第だと思います。


70. ミステリアスオーラの17
牡・黒鹿毛 一口:32,000円 父パイロ
母の父シンボリクリスエス 生月日2017年1月10日
関西 武幸四郎 厩舎 生産 笹地牧場
体高161.0 cm胸囲182.0 cm管囲20.0 cm馬体重443 kg
【血統評価】C-
オータムセールで950万でした。
母は未勝利ですが9戦して8回5着以内とそこまで悪くありません。
産駒は中央1勝ですが、そもそも地方でしか走ってない子も多いですね。
父パイロは大物こそあまり出ませんがコツコツ稼がせたら楽しめる種牡馬です。
【馬体評価】B-
測尺は申し分ありませんが、馬体重がもう少しほしいです。
シンボリクリスエスが血統に入ると馬格が立派になりますね。
現状、芝なのかダートなのかわかりません。
胴がぎゅっと短めなので短距離タイプは間違いなさそうです。
歩様は右前を少しこねるくらいで大丈夫そうです。
【総合評価】B+
一口3万ちょいでこの馬格のパイロ産駒の牡馬なら楽しめそうな1頭です。
入着を繰り返して勝ち上がり、また入着を繰り返して上に上がりとコツコツ稼いでくれそうですね。
重賞クラスの大物かと言われたら疑問ですが、一口馬主を楽しむなら最適かもしれません。
回収率がプラスになるのはこういう馬だったりします。


以上で追加募集の5頭のレビューを終わります。
全体的に馬体重が軽めの馬が多いように感じます。
調教が始まって絞れてるというのもあると思います。
1次で満口になるのは下の2頭だけかなと思っています。
個人的に出資するならミステリアスオーラの17ですね。
ただ、今年は頭数はもう十分確保できてるので微妙なところです。
こういうコツコツ稼げそうなタイプを今年まだ出資できていないという人にはいいかもしれません。
逆に自分は重賞を目指せるような馬しかいらんという方にはメジロルバートの17の一択でしょうね。
三振かもしれませんがホームランもあるでしょう。
メジロルバートの17はものすごい大抽選会になると思いますので覚悟しましょう。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事

シルク追加募集馬の申し込み開始

先日のブログにはたくさんのコメントと拍手をいただきありがとうございます。
皆さんそれぞれ捉え方は違うとは思いますが、アーモンドアイの活躍に何らかの感情を持ったのは事実だと思います。
そして、コメントでハッとさせられたのは出資できなかった人はもちろんだけど、出資者もまたアーモンドアイの引退後のモチベがどうなるかというところでした。
確かに、あれだけの名馬に出資してしまうと一口馬主としてはゴールのような気もします。
今後の目標を失ってしまうかもしれませんね。

まぁ、私は自分自身の目標である重賞制覇と全頭勝ち上がりを目指して今後も頑張っていきます。
2歳馬もデビュー済みの5頭はあまり心配していません。
既に勝ち上がった2頭含めてたぶん勝ち上がってくれると思っています。
ただ、まだデビューできていない2頭がかなり心配です。
特にボンディマンシュは私にとっても最初で最後のカナロア牡馬だと思うのですが、順調にいっていません。
まぁ、まだ時間はあるのでじっくり立て直してもらいたいですね。

今日からシルクの追加募集が始まりましたね。
私のところにもカタログも届いたし、動画や測尺も出たので明日レビューを書こうと思っています。
ざっとみた感じですとどれも一長一短といった感じで満点という馬はいませんね。
私は今年はもう十分な頭数がいるのでよっぽどじゃないと追加はいかない予定です。
ただ1頭気になっている馬はいるので、レビューを書きながら検討したいと思います。
レビュー楽しみにされている方がいましたら明日までお待ちくださいね。
関連記事
[ 2018/11/30 21:38 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ