FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク2019年1歳馬の近況コメントランキング(11月編)

今週はハロン16~17秒という馬が6頭いたのでこの6頭を取り上げます。
その中でコメントの内容で順位をつけたいと思います。
先月はハロン18秒で1位だったわけですので、この1ヶ月でみんなどんどん進んでいきますね。

1位・・・アーデルハイトの18 [父 ラブリーデイ:母 アーデルハイト]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「その後も順調に進められ、現在は坂路コースと周回コースで乗り運動を開始しています。具体的には、週2回は坂路コースでハロン16~17秒ペースで1本登坂し、週3回は周回コースで軽めのキャンター1,800mという調教メニューです。運動量が増えてきたことで体力も付いてきたのか、走りにまとまりが出てバランスが良くなってきたように感じます。動きそのものにも力強さが出てきましたし、これから進めていくのが楽しみですね。ここまで大きな問題もなく、健康的に成長してくれていますし、やや小柄ながらも筋肉の付きは良く、しっかりした馬体をしていますよ。今後も馬の状態を見ながら、徐々にペースアップを図っていきます」馬体重461㎏


ここにきて急に1位に躍り出ました。
ラブリーデイ産駒は珍しいのですが仕上がり早いのでしょうかね?
マイナスコメはありませんし、プラスコメも弱めながら多くあるので1位にしました。


2位・・・ピクシーホロウの18 [父 モーリス:母 ピクシーホロウ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「この中間、予定通りに調教を進めることができています。先月はロンギ場での運動のみでしたが、今月は最初に周回コース、次に坂路コースでのスクーリングを問題なく対応し、現在は週2回ハロン16~17秒で登坂するほど順調にきています。ここまで一気に進めてきましたが、乗り手にとても従順で、まったく手がかかりませんでした。馬体重はかなり増えていますが、しっかりと運動している中での増加ですから、成長分と捉えています。これから更にトレーニングを積んでいけば引き締まってくると思いますし、競走馬らしい体型に変ってくることでしょう。まだまだ精神面や馬体にも余裕がありますから、今後は更に坂路でのペース上げ、運動量を増やして負荷を高めていくつもりです」馬体重502kg


今月はモーリス産駒の中でこの馬が入ってきました。
とにかく順調にきていますし、マイナスコメもなく良さそうです。
プラスコメもあまりないのですが順調なのが1番ですね。


3位・・・シーズインクルーデッドの18 [父 ドゥラメンテ:母 シーズインクルーデッド]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「その後も順調に進められ、現在は坂路コースと周回コースで乗り運動を行っています。現在のメニューは、週2回は坂路コースでハロン16~17秒のキャンターを行い、週3回は周回コースで1,800mの距離を軽めのキャンターでじっくりと乗るようにしています。運動量が増えてきたため数字的には減っていますが、馬体には良質の筋肉が付いてきましたよ。こちらに移動当初は気の強い面を見せていましたが、徐々にこちらの環境・調教にも慣れてきたようで落ち着きが出てきました。ここまでとても順調に来ているので、今後も馬の様子を見ながら少しずつペースアップしていきます」馬体重460㎏


ハロン16組の中で、特にマイナスコメントもないので3位にしました。
目立ったプラスコメもありませんが、進んだ調教をしていて課題がないのは順調の証ですね。


4位・・・ヒストリックレディの18 [父 リオンディーズ:母 ヒストリックレディ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「この中間は坂路でハロン16~17秒のキャンターを開始しています。やや物事に対して敏感な面があるものの、乗ると大人しいですし、操縦性が高いですね。動きも良好で、皮膚病で休んでいたとは思えないほど体力があります。先に坂路へ入った組とも遜色ない動きですから、徐々にペースを上げても問題ないでしょう。また、調教を進めつつ体重が増えているように、最近は全体的に筋肉が付いてメリハリにある体になってきました」馬体重490kg


今月だけみれば1位でもいいくらいですね。
先月皮膚病が出てたので少し下げました。
私もこの馬に抽優馬を使おうか迷った馬ですし、期待したいですね。


5位・・・ビバリーヒルズの18 [父 リアルインパクト:母 ビバリーヒルズ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「この中間は皮膚病をケアしながらマシンでの運動を行っていましたが、徐々に皮膚の具合も良くなってきたので、現在は坂路での運動を開始しています。運動メニューは週1回ロンギ場、週2回はマシン、週1回は周回コース、残りの日は坂路でハロン16~17秒の調教を行っており、しっかりと負荷を高めることができています。運動を中止していた間に増えてしまった体重ですが、継続した運動を行っているので、すぐに引き締まってくると思います。フレームはやや小さめですが、腹回りはしっかりしていますね。坂路調教を行える基礎体力はついているのですが、ロンギ場での走りがやや前のめりのバランスなので、もう少し現在のペースを維持してフォームを意識した運動を行っていくつもりです。精神面は乗り出しても落ち着いていますし、気になるところはありません。飼い食いも残さず食べていますから、状態面は確実に上向いてきています」馬体重480kg


こちらも調教はしっかり進んでいますが、皮膚病が出ていたのとフォームに若干課題があるようなので5位にしました。


6位・・・ビジュートウショウの18 [父 ディープブリランテ:母 ビジュートウショウ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「この中間からは坂路と周回コースでの調教を開始しています。坂路ではハロン16~17秒ペースを上がっており終いまで手応えは悪くないものの、まだ力強さに欠けますね。ただ、基礎体力の強化のため、周回コースでしっかり乗り込んでおり、体力がついてくればもっと楽に坂路を登坂出来るはずです。また、気の強さは感じますが、集団の中でも落ち着いて行動しており、神経質な面もそこまで感じなくなりましたよ」馬体重467kg


調教は進んでいますが、マイナスコメも多いので6位ですね。
ただ、ハロン18で大絶賛の馬よりハロン16で課題の出てる馬のほうが上だと思っていますので、6位でも素晴らしいです。


今月は先月ランクインしていた馬が全部いなくなり入れ替わりました。
あれだけいたモーリス産駒が1頭だけになりましたね。
種牡馬もばらついていますし、あまり傾向はわかりませんでした。
大きな頓挫としている馬もいませんし、今年のシルクは順調にいってそうですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



今年はノーザンファーム早来の馬の育成が早いですね!
昨年はノーザンファーム空港の馬の方が早かった気が。
[ 2019/11/02 20:34 ] [ 編集 ]
今回名前の出た6頭の育成厩舎を見たら
見事に早来のの桑田厩舎と山内厩舎の馬ばかりですね。
この2つの厩舎は割と早くから速いタイム出すイメージです。
(毎年1歳だけでも育成早い組に入りたくてここ育成の馬出資しようとして忘れる)

私の愛馬は育成厩舎が違うのでランキングにも載りませんでしたが、
全体の中でよりも同じ育成厩舎の中で早い組か遅れた組なのかで判断したいですね。
[ 2019/11/04 02:36 ] [ 編集 ]
ハンターさん
確かにそうですね。
みんな早来ですね。
そこまでは見ていませんでした。
色々方針などあるのかもしれませんね。
[ 2019/11/06 13:52 ] [ 編集 ]
みゅうげさん
そうなんですね。
ツアーなどでも育成厩舎を気にされて質問している方もいますけど、そういう部分でも参考になるのかもしれませんね。
最初から育成が早そうな馬をそこに入れているのか、それとも関係なしに方針として早く進めているのかでも意味合いは違ってきそうですけどね。
[ 2019/11/06 13:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ