FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

アーモンドアイ三冠達成と改めて反省会

アーモンドアイ3冠達成おめでとうございます。
本当に強かったですね。
馬券はサラキアから勝負してみましたが、やっぱり力が違いました。
1頭だけ別次元の脚であっという間に差しきってしまいましたね。
出資者のみなさんも本当におめでとうございます。

牝馬3冠はこの長い競馬界の歴史の中でたった5頭です。
そんな名馬が一口馬主のクラブから誕生し、しかも私が入会しているクラブから出たということは奇跡的な確率です。
あと何年一口馬主を続けるかわかりませんが、おそらくもう二度とこういう馬に出資するチャンスはないでしょう。
私はそのチャンスを逃したのです。
予算的にも出せる範囲でした。
人気的にも申し込めば実績で取れる馬でした。
それでも私は申し込めませんでした。
このブログでは、何度なぜアーモンドアイに出資できなかったか反省の文章を書いたことでしょう。
最後にもう一度だけ振り返ってみようと思います。

18 フサイチパンドラの15 メス 鹿 3月10日 国枝 栄
ロードカナロア サンデーサイレンス ノーザンファーム 3,000万 60,000
153.5 175.5 19.7 429

母はG1エリ女や札幌記念を勝った名牝。
しかし、産駒の成績はその活躍とは比例していない。
これまで5頭走ってるが2勝が最高、勝ち上がり率は高いが500万の壁で止まってしまう感じ。
ロードカナロアになってどうかだが、キンカメも2回つけて1勝止まりなのでそこまで期待もできなさそう。
価格的には名牝の子ですからこれくらいはするでしょう。
馬体は、特に筋肉質でもなく貧弱でもなく、すごくバランスがよくて品のある綺麗な馬です。
歩様も問題ありません。
そろそろ一発きそうな感じもしつつ、今になって急に走る子がでるかという疑問もある。
総合評価:C


「そろそろ一発きそうな感じ」自分で書いた文章ですがこのフレーズは妙に心に刺さります。
本当に大きな一発がきました。
確かに今振り返ってみても、どう考えても気になるのは繫殖成績なのです。
最高でも2勝馬、キンカメを何度つけても1勝止まり、そこにロードカナロアをつけて急に牝馬三冠馬が出るとは思いません。
それでも馬体に関してはバランスの良さ、綺麗さに惹かれて絶賛しており、それが一発ありそうという部分にも繋がっています。
当時から馬に関しては評価していたのです。
また、私はそもそもこういう現役時代の活躍馬の子供に出資するのが大好きでメジロドーベルやフサイチエアデール、スイープトウショウの子にも出資しています。
そういうロマンの観点からいってもG1馬であるフサイチパンドラの子は、真っ先に出資候補になりえる存在で募集予定馬に名前があった段階でも当然大注目でした。

しかし、結局出資申し込みまではいきませんでした。
それが唯一の事実です。
最後まで気になったのはやっぱり繫殖成績です。
私は特に繫殖成績を重視してきましたので、そこに目をつぶるわけにはいきませんでした。
ただ、今振り返ってみるとメジロドーベルやスイープトウショウの産駒成績とそこまで差があるわけでもないのでロマン枠として単純に馬自身を見て出資しても良かったと思います。
まぁ、すべてはタラレバです。
今さら言ってもしょうがないことです。
私は千載一遇のチャンスを逃したのです。

本来ですとこういう反省をして次に活かそうというものです。
しかし、最初に書いた通りおそらくもうこういう三冠馬に出資する機会は二度とこないでしょう。
それでも一口馬主は続いていきます。
三冠馬は無理でも、重賞馬、G1馬はおそらく今後も誕生するはずです。
それを絶対に逃さないために今日のこの想いを胸に刻みたいと思います。

そして、最後に改めてアーモンドアイの3冠達成本当におめでとうございます。
おそらくこの3冠はこの馬にとっては単なる通過点でしょう。
無事にいけば歴史を塗り替えるような名馬になると思います。

シルク会員であることがこんなに誇らしい日はありませんでした。
そして、それなのに出資していないことがこんなにやりきれない日もありませんでした。

こういう愚痴っぽい文章はこれで最後にします。
今後はいち競馬ファンとして応援したいと思っています。
スポンサーサイト
[ 2018/10/15 02:52 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(6)

シルクや他クラブの地方出直し再ファンドの基準

3歳馬が未勝利戦が終わるまでに勝ちあがれなかった場合、基本的には引退となります。
まぁ、引退と言っても今はサラブレットオークションに出品され、落札者さんの元で地方競馬で走ることが多いです。
また、牝馬でしたら血統にもよりますがそのまま繫殖入りすることも多いです。

ただ稀にそのまま現役を続行できるケースが2つあります。
1つ目は、そのまま中央で残って500万条件の格上挑戦をする場合です。
このケースはかなり少ないです。
なぜなら、未勝利馬が500万クラスに出走するにはローカル限定とか頭数が埋まらなかった場合とか色々と制限があり、希望するレースに出走できないことが多いからです。
シルクでこのケースが適用されたのがブライトクォーツですね。
今4歳でまだ1勝もできていませんが、中央馬として頑張っています。
500万でも2着が4回くらいあり、あと少しで勝てそうですがなかなか勝てていませんね。
このケースは今後もかなり少なく、その理由はおそらく芝の長距離適正のある馬とかじゃないと無理だからでしょうね。
短距離とかだとローカルでもフルゲートにすぐなるので出走できません。
長距離は頭数少ないことが多いので、未勝利馬でもチャンスがあるということなのだと思います。
今回で言えばキャロットのアリュマージュがこのケースを適用するみたいですね。
成績を見ても2着3着ばっかりでさすがに引退させるのはもったいないですからね。
ただキャロットはこういう成績でも平気で引退させるので本当に例外だと思います。
キャロットは頭数制限がきついのでどんどん引退してもらないと厩舎が回りませんからね。

そして、2つ目が今回のテーマ地方出直しの再ファンドです。
中央登録を抹消し、地方馬として3歳なら2勝、4歳なら3勝して中央に戻ってくることを言います。
こうやって地方で勝って戻ってくると500万条件の馬として普通にレースに出走できます。
このケースはシルクでは毎年2~3頭います。
シルクの基準としては、未勝利戦を勝てるレベルかどうかではなく、500万条件でも勝ち負けできるレベルの馬なのかどうか?が大きな目安となっており、結構ハードルは高いです。
それでは、今年のシルクの地方出直しになった馬を見てみましょう。

・グラマラスライフ(5、6、3、3、2着)
この馬はこの世代の私のドラフト1位候補でしたが抽選で落ちた馬です。
調教も抜群でこんなに勝ちあがれず苦労するとは思いませんでしたね。
ただ、3着→3着→2着ときてこのまま引退はさすがにないですよね。
当然ながら地方出直しとなりました。

・カラレイア(11,2,14,3着)
あまり順調に使えなかったことと、最後は不利もあって3着だったことで地方出直しになりました。
まぁベッラレイアにエンパイアメーカーの子ですから地方ダートでもやれるということもあるでしょうね。

・ロイヤルアフェア(5,4,12,4,8,4着)
成績だけ見るとこれで再ファンドと思われるかもしれませんが、ほとんど1、2番人気に推されてなかなか勝ちきれない感じでした。
骨折もありましたし、最後のレベルが高いスーパー未勝利で0.2差の惜しくも4着だったことが評価されたのだと思います。
ダートの名牝ゴールドティアラの子でもありますし、地方でも勝ちあがってきてくれるでしょう。
出資馬でもあるので期待しています。

おそらくこのシルク3歳世代は地方出直しはこの3頭だと思います。
この年は、シルクの3歳馬は勝ち上がりも多くきびしめの判定になるかなと思ったのですが3頭もチャンスをくれたのは上々だと思います。


では、広尾サラブレットではどうでしょうか?
・フッフール(7着)
この馬については先日書きましたが、デビューが未勝利戦最終週ということもありもう少し見たいのはわかります。

・シーザライト(12,13,6,5,8,9,11着)
最高は5着ですが、2番人気になったこともあり期待をかけているのかもしれません。

・レイナグラシア(13,3,8着)
まぁまだレース数も少ないですし3着もあるので納得でしょうか。

・パワーバンド(16,15,13着)
ここまでくるとどうかなと正直思うような成績です。
それでも可能性を感じたのだと思います。

・エンジェルリード(7,5,4、9,11,13、8,9,13着)
まぁ4着もありますしわかりますが、成績も下降気味なのは気になります。

・ディアローグ(12.6.5.4.11着)
まぁ4着5着もありますしチャンスはあると思います。

おそらく広尾で地方出直しになったのはこの6頭かと思います。
ただ、この世代の広尾の募集頭数がそもそも9頭なので、そのうち6頭も出直しというのがさすがに多いですよね。
引っ張りと思う人もいれば、最後まで諦めないでやってくれていると思う人もいるでしょう。
そこは個人の考え方なのでわかりませんが、私はこういう姿勢は好きです。
引退するくらいなら全頭地方出直ししてもらいたいし、全頭障害レースの練習もさせてほしいと思っています。
もしかしたらこの馬障害いけばチャンスあるんじゃないのかなと思う馬っていっぱいいますよね。
とりあえず試してみたらオジュウチョウサンみたくなってた馬ってたくさんいたはずです。


それでは最後にキャロットも見てみましょう。
最初のほうに500万で続戦が1頭いたという話は書きました。
ただ、他にはいないように思います。
会員じゃないのですべてチェックできてないので違ったらすいません。
例えば
・エルディアマンテ(2,3,3,8,9着)
最後はしょうがなくダートにだしての成績なので、これで引退はもったいないですよね。
血統も活躍馬多数のディアデラノビアにキンカメをつけた超良血です。
広尾なら100%、シルクでも70%くらいは地方出直しなってるでしょうね。

・スイートレモネード(13,9,16,12、3,2,2,8)
最初はひどい成績でしたが、ダートに変わってから3,2,2と一変しました。
最後の8着ですべてが終わってしまった印象です。
もちろん広尾なら100%、シルクでも60%くらいは出直しだったと思います。

まぁ他にもたくさんいるんですがキャロットはよっぽどじゃない限りこういう馬でも地方出直しはしません。
馬が多すぎて常に入厩制限と戦っているので、勝ちあがれなかった馬にチャンスを与える余裕がないからです。

ほとんどの馬を地方出直しにする広尾、ほとんどの馬が引退となるキャロット、極端ではありますがどちらがいいのでしょうか?
結局はシルクくらいがちょうどいいのかもしれませんね。
あとは、シルクで地方出直しになった3頭はしっかり2勝して戻ってきてもらいたいですね。
そして、広尾の馬も1頭でも多く戻れたらいいと思います。
今回取り上げた3つ以外のクラブも色々と基準はあると思いますが、今回はこの特徴的な3つのクラブを書いてみました。
こういうところも含めて皆さんの性格に合うクラブを見つけてみてくださいね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2018/10/09 03:55 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)

3歳世代の各クラブ成績を分析してみた・・・シルクは本当に最強世代だったのか?

3歳未勝利戦も終わり、3歳世代の成績もとりあえず確定したので主要クラブを見ていこうと思います。
果たして私が何度となく言ってきたシルクの最強3歳世代は本当に最強だったのか?
一口馬主BDのデータを見ながら分析していきたいと思います。

・シルクホースクラブ
2018y10m03d_164632351.jpg
勝ち上がり率は過去最高クラスでかなり立派です。
デビュー率100%というのも素晴らしいですね。
2冠馬アーモンドアイ、重賞馬ブラストワンピース、プリモシーンと活躍馬も多いです。
しかし、私が最も注目すべきだと思うのが2勝馬率です。
この数字はずば抜けて良いです。
勝ち上がったものの上では通用しないということも多い中、2勝目をあげている馬がこれだけ多いというのが最強たる所以だと思うのです。
今後もこの表を出していきますが、2勝馬率とかを4歳馬とかと比較してはだめですよ。
4歳馬は1年多く走ってるので当然2勝目をあげる馬も増えますからね。
逆に言えば、現3歳は1年多く走ってる4歳世代よりも2勝馬が既に多いということにもなります。
それくらいすごい成績なのです。


・キャロットクラブ
2018y10m03d_164719851.jpg
はっきり言ってキャロットとしては不振の世代だったと思います。
勝ち上がり率は悪くありませんが、2勝馬率が低いです。
シルクと比較しても単純に半分以下ですからね。
しかも現時点で重賞馬が出ていません。
先日重賞で2着にきたレイエンダが代表馬に出てるくらいですからね。
キャロットは母親優先制度とアワーブラッドのクラブです。
クラブ馬が繫殖に入り、その子がまたクラブで募集されていきます。
この循環が良い方に回ればかなりの好成績になりますが、逆にいくと低迷することにも繋がります。
この1世代だけで語るのは難しいですが、好調だったキャロットの転換期になりかねない世代だったように感じます。


・サンデーレーシング
2018y10m03d_164708440.jpg
さすが本家様といった成績ですね。
最強と騒いでいたシルクよりも実はサンデーのほうが好成績でした。
特に勝ち上がり率60%越えは奇跡的な数字で、しかも88頭も募集しての数字なので破格の好成績といっていいです。
2勝馬率もシルクほどではありませんが、かなり高い数字です。
G1馬もラッキーライラック、タイムフライヤーの2頭もおり、重賞馬ステルヴィオ、フロンティア、重賞馬以上に稼いでるリリーノーブルなど活躍馬も多数います。
こうやってノーザン系の3クラブを見てみるとシルク、サンデーがものすごい成績でキャロットが少し不振といった感じでしょうか。
ただキャロットが不振といってもキャロットにしてはという意味で、他のクラブからみればかなりの好成績です。
ノーザン系のクラブの天下は続きそうですね。


・社台レースホース
2018y10m03d_164834969.jpg
ノーザン系に対抗できるのは社台かと思うのですが、成績は可もなく不可もなく例年並みといったところでしょうか。
もちろん、重賞馬ステイフーリッシュ、リバティハイツ、G1で2着馬のギベオンなどがいるのはさすがです。
ただ、ノーザン系との差はむしろ広がっているように感じます。


・東京サラブレット
2018y10m03d_164813782.jpg
成績を見ると実はノーザン系と遜色ないほどだったのは東サラでした。
デビュー100%、勝ち上がり率53%というのはかなりの好成績です。
ただ数字ほど活躍してるイメージがないのは2勝馬の少なさと重賞馬がいないことが原因かもしれませんね。
東サラも昔はバイヤー系と言われていましたが、最近はアワーブラッドがかなり増えてきました。
以前クラブ馬だったレッドなんちゃらの子供が募集馬の半分近くを占めるようになっています。
良血も多いのでそれが成績の安定に繋がっているのかもしれませんね。


・ロードサラブレット
2018y10m03d_164936484.jpg
これを見て驚いた人も多いんじゃないでしょうか?
実は勝ち上がり率はシルクよりも高いのです。
それも60%というものすごい数字です。
去年の倍以上ですから、それがどれだけすごいか一目瞭然ですね。
ただ、その理由ははっきりしています。
当たり種牡馬だったロードカナロア産駒がかなり多く募集されていたからです。
もちろん、自分たちのクラブからでた名馬なので、そのクラブで子供が多く募集されるのは当然です。
その種牡馬が大当たりだったので、当然多くが勝ち上がってこの数字になりました。
これといった大物がいないのは気になりますが、これ以降の世代もカナロア産駒は多いので好成績は続きそうですね。


・ラフィアン
2018y10m03d_164900330.jpg
他のクラブの好成績とは一転してこちらはかなり厳しいです。
特に勝ち上がり率21%というのはマイネル軍団の中でも過去に例がないくらいじゃないでしょうか?
まぁ他が多く勝てばどこかが減るわけですが、それがここだったのかもしれません。
80頭近く募集して60頭くらいが未勝利引退しているという現実はかなり深刻です。
何か抜本的改革をしないといけない時期のような気がします。


・ノルマンディー
2018y10m03d_164743625.jpg
ノルマンディーのこの世代は夜間放牧を増やして調教開始が遅れ、散々な成績になっているのは様々なブログ等で語られています。
成績もその通り過去最低レベルだと思います。
勝ち上がり率もひどいですが、2勝馬すら1頭もいません。
43頭も募集してのこれですから大失敗といっていいでしょう。
これを見てノルマンディーを退会したというブログも結構見ました。
ただ、改善したと言われる2歳世代もデビューも遅いしいまいちなんですよね。
単に募集馬の質を落としただけのような気がしてなりません。
そうだとするとかなり心配です。
個人的には加入も検討したことのあるクラブですし、スターズファンドで出資もしてるので立て直してほしいですね。


こうやって並べてみるとどうでしたか?
シルク最強3歳世代というのは間違いないと思いますが、サンデーの壁はまだまだ高い気がしますね。
他はノーザン系はもちろん、バイヤー系も好成績でした。
逆にマイネル系がかなり深刻でノルマンディーも厳しいです。
ただ今回書いていませんがユニオンから皐月賞馬エポカドーロが出て日高系にも明るいニュースとなりました。
この年からDMMやワラウカドも参入してキタノコマンドールは活躍しました。
しかし、こうやって客観的に数字を見るとやっぱりノーザン系のクラブが1歩も2歩も抜けています。
今後もこの3クラブの人気は続くでしょう。
ますます募集馬の争奪戦が激しくなりそうですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2018/10/03 18:01 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(0)

キャロットで盛り上がり中なので今後の予定など

今週は3日間開催のわりに出走がないので溜まった近況など一気に更新してしまいます。
一口の世界もキャロットの話題に持ちきりなのでシルク一筋の私のブログはあまり人もきませんからね。
本当は、キャロットのカタログも取り寄せていたので、私が出資するならこの馬かな、みたいな記事も書く予定でした。
ただ地震など色々あってできませんでしたね。

現在の私の出資馬についても書いておこうと思います。
3歳馬は残っているのはロイヤルアフェアの1頭です。
どうやらスーパー未勝利には出れそうです。
この馬に関しては前走断然の1番人気で8着と負けてしまい本当に残念でした。
こんなところで苦労する馬じゃないと思うのですが、なかなかうまくいきません。
なんとか最後のチャンスに賭けたいですね。
仮に勝てなくても、良い勝負で2,3着にこれば地方再出発もある馬だと思っています。

2歳馬は3頭がデビューし、3頭ともまずまずの走りをしてくれました。
もちろん勝ってくれるのが1番ですが、遅生まれだったり大型馬だったりこの時期から大活躍するタイプの馬でもないので、ちゃんと素質を見せてくれただけで満足です。
勝負はここからですからね。
スイープセレリタスなんかは期待していましたが、藤澤流のゆるゆるの仕上げを見てこれは初戦からじゃないなと一目でわかりましたね。
そのわりにしっかり見せ場はあったので本当に楽しみです。
3戦目くらいで勝ち上がってくれたらと思います。

頓挫してお休み中の馬は何頭かいますが、最近新たに何かあった馬はいません。
どの馬もとにかく無事にいってほしいと願うばかりですね。

秋からはG1も始まりますし、また馬券予想も書こうかなと思っています。
最近馬券も好調で万馬券も当たったりしてるので、予想企画は人気はないのですが書こうかなと思います。
あとは、2歳馬の勝ち上がり馬レビューもやる予定ですし、各種企画もやっていきたいですね。
今後も競馬と一口馬主を全力で楽しんでいきましょう。
[ 2018/09/14 21:48 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(0)

2018年の社台SSの種牡馬種付け数から見る栄枯盛衰

vytyCtb.png
今年もネットから社台SSの種付け数の表があったのでもらってきました。
去年も書きましたが、種牡馬の栄枯盛衰が垣間見れて興味深いですよね。

新種牡馬は、なんといってもキタサンブラックです。
ただ、130頭とたいぶ寂しい数になりました。
種付け事故もあって少し休んだ影響もあったようですが、それでも少ないですよね。
やっぱり少し高いことと、父ブラックタイドがまだまだ種牡馬現役というのもあるでしょう。
意外と多いのが輸入種牡馬のドレフォンです。
アメリカのダートの短いところで活躍した馬のようですが、種牡馬としては未知数すぎますね。
あとはイスラボニータでしょうか。
G1は皐月賞だけですが、その後ずっと長く活躍したイメージも強く、切れ味もありました。
距離もマイルから2000くらいまでいけそうですし、フジキセキの後継として楽しみですね。

あとは増減のあった種牡馬も見ていきましょう。
ディープインパクトが200頭を割っているのは驚きました。
種付け料がものすごい上がったせいなのか、それとも年齢を考えてセーブしているのかわかりません。
もう16歳ですから体調を優先しているのかもしれませんね。
増加で目立つのはハービンジャーでしょうか。
去年G1馬も多数でしましたし、今年もブラストワンピースが活躍中です。
ダートが苦手という致命的な欠点はあるものの、これだけ活躍すれば当然増えますよね。
クロフネなんかも20歳にして倍増近いですし、まだまだ健在という感じです。
減ったほうを見てみるとやっぱりオルフェーヴルが気になりますね。
初年度産駒からG1馬も出して悪くないのですが、やっぱり産駒の波が大きすぎる感じがします。
大きな一発はあるものの平均的に見ると勝ち上がり率なども良くないのが嫌われているのかもしれません。
リアルインパクトなんかもかなり下がっていますが、産駒の出来はかなり良くてシルクでも人気になっていました。
セールでも良い価格がついてましたし、これは復調すると思います。

こうやって見ると種付け数の上位にいるのは、ドゥラメンテ、ロードカナロア、ルーラーシップと父キングカメハメハがかなり多いです。
逆にディープの後継はまだこれといった馬が出ていません。
サトノダイヤモンド、マカヒキ、ワグネリアンなども控えていますし、これからどれか後継になるかも見所ですね。
サンデーサイレンスが晩年になってからディープを出したように、ディープの後継もこれから大物がでるのかもしれませんね。

この2018年の種付けされた子供は2年後シルクで募集されることになります。
この表だけではノーザンファームの繫殖にどれくらいつけたかまではわかりません。
それでも勝手に推測してみます。
ディープインパクト5頭
ハーツクライ4頭
ドゥラメンテ4頭
ロードカナロア5頭
ハービンジャー4頭
ドレフォン2頭
エピファネイア4頭
キズナ3頭
キタサンブラック2頭
モーリス4頭
ルーラーシップ3頭
ダイワメジャー2頭
キングカメハメハ2頭
オルフェーヴル3頭
ジャスタウェイ3頭
クロフネ2頭
ミッキーアイル2頭
イスラボニータ2頭
キンシャサ2頭
ディープブリランテ1頭
スクリーンヒーロー1頭
ブラックタイド1頭
サトノアアラジン1頭
外国馬4頭

全くの適当ですけど、2年後のシルクの募集馬はこんな感じのラインナップになるかもしれませんね。
もちろん社台SS以外の種牡馬からも何頭かくると思いますし楽しみですね。
こういうのを見ると自分の愛馬がいつか種牡馬になったらなんて夢も見てしまいます。
もちろんそれには愛馬がG1を勝たないと始まらないわけで、夢のまた夢です。
しかし、ブラストワンピースが菊花賞でも勝ったりするとおそらくハービンジャーの後継はまだいないので種牡馬になる可能性がぐっと高まります。
そう考えるとチャンスはあったのかもしれません。
今年出資したポルケテスエーニョの17なんかもダートG1を勝ったりすると、血統的には種牡馬になったりする可能性はあると思います。
このリストに自分の出資馬の名前が載る日はいつかくるのでしょうか?
まぁ社台SSとは言わないのでどこでもいいので種牡馬になれるような馬をいつか持ちたいものですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2018/09/12 17:12 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(10)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ