FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

2019年社台スタリオンの種付け頭数を見ながら色々考える

2019年 社台スタリオンステーション 種付け頭数
245頭 (-49) ロードカナロア
225頭 (-18) ルーラーシップ
224頭 (+4) エピファネイア
217頭 (+5) ハービンジャー
214頭 (+66) ジャスタウェイ
212頭 (-33) モーリス
207頭 (new) サトノクラウン
204頭 (-3) ドレフォン
184頭 (-106) ドゥラメンテ
180頭 (+6) ハーツクライ
177頭 (new) リアルスティール
164頭 (+12) キズナ
156頭 (+28) キンシャサノキセキ
155頭 (+19) ダイワメジャー
155頭 (new) マインドユアビスケッツ
144頭 (new) サトノダイヤモンド
142頭 (-28) イスラボニータ
142頭 (-17) ミッキーアイル
132頭 (new) レッドファルクス
118頭 (+82) リアルインパクト
110頭 (-20) キタサンブラック
90頭 (-28) サトノアラジン
90頭 (-7) ロゴタイプ
72頭 (+24) ノヴェリスト
52頭 (-84) オルフェーヴル
32頭 (-20) リーチザクラウン
24頭 (-173) ディープインパクト
12頭 (-9) ドリームジャーニー
0頭 キングカメハメハ
0頭 クロフネ

毎年恒例、今年の社台SSの種付け頭数が発表されたのでデータを拾ってきました。
来年産まれて、再来年シルクやキャロットで募集されることになる子供たちです。
キンカメ、ディープの2大種牡馬が亡くなりましたが、ディープは24頭だけ種付けしています。
まぁ、おそらく来てもシルクに1頭とかそういうレベルだと思いますけどね。
こうやってみると今年は少し数が抑えられてる気がします。
アメリカでは種付け頭数の上限を決めようかという動きもあるようです。
ディープ、キンカメが亡くなったことと種付け頭数の因果関係はわかりませんがある程度の上限は必要かもしれません。
去年はカナロアやドゥラメンテは290頭以上つけてますので、さすがにやりすぎだと思います。
今年そのせいかドゥラメンテはかなり数を減らしました。
局部に出血があってしばらく中止していたという話もありますが、やっぱり無理させないほうが長くたくさん産駒を残せる気がします。

それはさておき、頭数を見ていきましょう。
種付け料と数からいってもエースとなるのはロードカナロアです。
ただ、距離適正などを見てもクラシックタイプではないので難しいですよね。
今年のシルクでもカナロア産駒はいまいち人気がありませんでした。
そうなると安定した人気と実績のハーツクライでしょうね。
ハーツは永遠の2番手といった感じでずっと種付け数も180前後くらいで安定していますし価格も大きく変わっていないのがいいですよね。
次にハービンジャーなんかも人気でしょうね。
一時期は価格も暴落し100頭近くまで減らしたのにブラストワンピースなどの活躍もあって急上昇です。

安定して活躍しているのはダイワメジャーやルーラーシップでしょう。
特にルーラーシップはお手頃価格で重賞馬も出るのでいいですよね。
ダイワメジャーは喉鳴りリスクが高まってる気がして最近ちょっと敬遠気味です。
それでもアドマイヤマーズなど活躍馬もまだまだ出てるし好馬体なので魅力的ですね。
ジャスタウェイも一気に頭数が増えてますし、ハーツの後継としては歓迎ですね。
まずはヴェロックスに重賞やG1を勝ってもらえるともっと人気になるでしょう。

新しめの種牡馬ではキズナ、エピファネイア、リアルインパクトなんかは結果も出していますので、今後も楽しみです。
特にキズナは早々に重賞馬も出しておりディープ後継としての期待が高まります。
エピファネイアなんかもディープ、キンカメ以外の系統として需要がありますね。
モーリス、ドゥラメンテはまずは産駒がデビューしてからでしょうね。
ドゥラメンテは気性が激しく、繋ぎが立ち気味の産駒が多いのが少し気がかりです。
モーリス産駒は馬体が肉厚でボリュームのある産駒が多く短距離馬っぽい傾向がありそうです。

新種牡馬はサトノクラウン、サトノダイヤモンド、リアルスティール、レッドファルクスですね。
1番多いのがサトノクラウンというのはちょっと意外でしたね。
まぁディープやキンカメ系ではない海外系なのでつけやすいですよね。
サトノダイヤモンドは4歳以降の戦績が汚れてしまったのが嫌われたのかもしれません。
有馬を勝って引退していればものすごい好待遇だったんでしょうけど、有り得ないことですし難しいですよね。
レッドファルクスなんかも意外と人気していて、サクラバクシンオー以来手薄な短距離種牡馬として狙い目かもしれません。

海外系としてはドレフォンが堅実に数をつけています。
2年連続で200頭以上つけていますしかなり社台グループとしても力を入れているように思います。
マインドユアビスケッツはアメリカの短距離ダート馬ですから、サウスヴィグラスが亡くなった後を狙えるかもしれません。
ノヴェリストが数を増やしているのは意外でしたね。

逆に心配な種牡馬も見ていきましょう。
やっぱりオルフェーヴルですよね。
ステイゴールドの後継だけあって一発型の宿命といいますが、大物も出すけどアベレージが低いというのが嫌われているのでしょう。
ただ、あれだけ歴史に残る名馬ですし種牡馬としてもやっぱり成功して欲しいと思うのが競馬ファンというもの。
シルクのオルフェ産駒は結果も出てますし、こつこつ結果を出していけばまた数も増えるはずです。
あとは一発型のわりに種付け料が高いので一気に下げればまだまだ数も増えて大物が出るチャンスも増えるでしょう。
個人的にはオルフェ産駒は一発があるわりに価格がかなり下がっていて我々お買い得狙いには好きな種牡馬です。
今年もシルクで一頭出資していますし、キャロットでも2頭申し込みましたからね。
あとはキタサンブラックですよね。
こちらもちょっと価格が高いように思います。
もう少し下げればつけたい人はたくさんいると思いますね。

最後に個人的にはお世話になったクロフネですね。
先週もクロフネ産駒のコバルトウィングが圧勝して勝ちあがってくれました。
私にとって思い出深いロッテンマイヤーもクロフネ産駒でしたね。
他にもベルフロレゾン、ジェイポップなどクロフネ産駒にはたくさん出資してきました。
今年0頭ということでおそらく種牡馬引退なのかもしれません。
もう21歳ですしね。
あとはゆっくり長生きしてほしいですね。

今年は種牡馬の勢力図も大きく変化のある年でした。
ディープ、キンカメが亡くなり、今後どのようになっていくのでしょうか?
この2頭の後継が頑張るのはもちろん、その他の勢力や海外勢もいて混沌としていきそうですね。
逆に考えれば色々な種牡馬にチャンスが増えることになり、我々のような高額馬には手がでない人間には楽しみが増えるかもしれません。
絶対にいるであろう掘り出し物を逃さないようにする相馬眼と嗅覚を今から磨いておかないといけませんね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
スポンサーサイト



[ 2019/09/18 15:01 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)

出資馬の重賞成績を振り返ってみた

2019y09m13d_215556522.jpg

今週ローズSにスイープセレリタスが出走します。
おそらく4番人気くらいで勝つチャンスもあると思っています。
私にとって重賞制覇は悲願でもあります。
こうやって長くブログもやっていますし偉そうにレビューなんかも書いているわけで、やっぱり大きなところを勝った馬を持っていないと格好が付かないのも事実です。
というわけで、私の過去の重賞成績を振り返ってみました。

こうやってみると最大のチャンスはポールヴァンドルの紫苑Sでしたね。
ハナ、ハナの3着という本当に惜しい3着でした。
勝ったのがのちにG1も勝ち、海外G1まで勝ってるディアドラですから相手が悪かったのかもしれません。
ロッテンマイヤーのクイーンCの3着もありますが、これはメジャーエンブレムに大きく離された3着なので惜しい内容ではありませんでしたね。
人気的に見るとロッテンマイヤーのクイーンSが3番人気5,4倍でしたね。
これは私も期待して生で見にいきましたが残念でした。
洋芝適正もありそうでしたし、オークスは距離が長かったことと斤量が軽いこともあり人気になりましたね。
その後屈腱炎になってしまったので良い思い出ではありませんね。
キューグレーダーなんかも4番人気で上位でしたね。
こちらも距離が長く大敗してしまい、その後骨折と良い事なしでした。
クードラパンも何度も出走してくれて楽しませてくれましたね。

こうやってみるとほとんどがやっぱり牝馬ですね。
そして芝ばかりです。
あとは2歳3歳の限定戦が多いです。
こういうこともあり最近は意識的に牡馬やダート馬も増やしつつあります。
とにかくスイープさえ勝ってくれれば呪縛が解かれる気がします。
神様、どうか私に重賞勝ちを経験させてください。
[ 2019/09/13 22:13 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(2)

ノーザン繁殖牝馬セールに出されたシルク関係馬たち

ノーザンファームが繁殖牝馬セールを行うようです。
これってたぶん毎年やってないですよね?
確かジェイエス繁殖牝馬セールにノーザンも出していた気がするのですが、今年は単独でもやるみたいですね。
それだけたくさん繁殖も抱えていますからね。

セールに出された繁殖のリストを見ましたがシルクで子が募集された繁殖がかなり多かったので書こうと思いました。
基本的には産駒が好成績な繁殖はセールに出すわけがありません。
なので、セールに出されたということは期待値が低いか未知数ということになります。
この中には私が今年、去年出資した繁殖も結構いて複雑な気持ちですね。
なので、シルクで募集されたことのある繁殖と気になった繁殖の成績を見てセールに出された理由も考えていきたいと思います。

・ウィズザフロウ・・・ジョインザフロウ(シルク)2歳で未出走、1歳馬はキャロットで募集
祖母はプチノワールで、血統は魅力的です。
初仔のキタサンバルカンも勝ち上がっています。
ただ、シルクでもキャロットでも産駒はそこまで大人気ではなかったのも事実ですね。

・ウインフロレゾン・・・4世代シルクで募集されており、毎年そこそこ人気
私が抽優馬を使って1歳馬に出資した繁殖がセールに出されてしまいました。
この繁殖は必ず大物を出すと信じて初子のベルフロレゾンにも出資しており寂しいですね。
シルクで募集続ければ毎年人気で売れているのになぜセールに出すのか少し疑問です。
活躍して見返してほしいです。

・ギャラクシーハニー・・・今年未勝利で引退したばかり
祖母はシルクユニバーサルということで未勝利ながら繁殖入りしましたがセールに。
これはまぁしょうがないのかもしれません。

・クルージンミジー・・・初仔はシルクで未勝利、1歳馬はキャロットで募集中
まぁあまり結果も出ていないのでしょうがないのかもしれません。

・シーズンズベスト・・・キャロットのアワーブラッド
産駒が結果が出ていないのでしょうがないかもしれません

・ジュエルインザサン・・・シルクで今年未勝利引退
私の出資馬でしたが残念ながら勝ちあがれず引退しました。
未勝利ながら繁殖入りできて喜んでいたのですがセールに出されてしまいましたね。
まぁどこであれ繁殖として残ってくれるなら有難いです。

・ストゥデンテッサ・・・南米G1馬としては繁殖成績はそこまで良くありません
私は今年シルクで1歳馬に出資したばかりです。
個人的にはかなり期待しているので見返してほしいですね。

・ストールンハート・・・シルクのコンフェッシオンが期待されてたのにさっぱりだった記憶があります
キャロットでも募集がありましたね。
まぁ産駒成績は良くありませんのでしょうがないです。

・ビアンカシェボン・・・シルクのボンディマンシュ勝ち上がり
私の出資馬ボンディマンシュは勝ちあがっています。
1歳馬がキャロットで募集中ですがあまり人気はないようです。

・ピーチブローフィズ・・・初仔はシルク馬でしたがデビュー前に亡くなってしまいましたね
産駒成績もよくないですね。

・フラニーフロイド・・・先日シルクのフロイデンベルクがデビューも出遅れて6着
元々はディープばかりつけられてサンデーやキャロットでも募集された期待繁殖。
私の出資馬でもあるフロイデンベルクは新馬戦は大きく出遅れてしまいましたが能力もあると思っていますので残念です。
ただ、繁殖としては結果はいまいちだったのでしょうがないかもしれませんね。

・ベッライリス・・・シルク馬で仔も今年シルクで募集
まだ産駒も1頭で未知数ですが、未勝利馬なのでしょうがないのかもしれません。

・ペンテシレイア・・・シルクで1歳馬が募集
はい、また私が今年出資した馬の繁殖が出されました。
3頭目!
確かに繁殖成績はいまいちですが、種牡馬もいまいちだったのでカナロアになった今年一発期待しています。
見返してやりましょう!

・ムスタパルタ・・・シルクのスターオブオナーが勝ちあがり
ホマレボシ産駒でも勝ちあがらせたのは立派ですけどね

・メジロフォーナ・・・シルクのララフォーナが勝ちあがれませんでしたね
メジロ一族でも出されます

・ラダームブランシェ・・・シルク馬でアーデルハイトの仔です。
ビワハイジ一族でも出されるんですね

・ラフィエスタ・・・シルクのラスファジャスは勝ちあがれたものの亡くなってしまいました
1歳馬はDMMで募集されています

・アスティル・・・ハープスターの妹
今年シルクのリュラの仔が大人気でしたが、全兄弟ですね。
キャロットのアワーブラッドは未勝利だから別にしても残しておいてシルクで募集すればいいのにね。


どうですか?
結構いっぱいいますよね。
特に私が今年出資したばかりの繁殖が3頭もいるのは衝撃ですね。
中でもウインフロレゾンは毎年シルクでも形が良い仔が多いので人気になっていたので驚きました。
私の出資した1歳馬が大活躍してくれるはずです。

血の入れ替えは重要ですし、毎年たくさんの牝馬が引退し繁殖入りしているのである意味しょうがないことだと思います。
ただ、重要なのは優先度の順番であり能力順ではないということです。
なぜならまだ産駒がデビューしていない繁殖や1頭しか走ってないなどもいっぱいいるからです。
社台SSで種牡馬になった馬たちも産駒がデビューする前に出されてしまった馬も結構います。
結果が出る前ですから当然ながら能力順ではないのです。
つまり、繁殖がセールに出されたあとに産駒が活躍する可能性は十分にあるということです。
アエロリットの母アステリックスはキャロット馬でしたが、アエロリットの活躍を見ずにオーストラリアに売られてしまいました。
こういうケースはいっぱいあるはずです。
なのでセールに出されてしまった繁殖の仔に出資した方は、逆に活躍してもらって後悔させてやりましょう!
そうすればまた買い戻すかもしれませんからね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2019/09/10 16:01 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)

骨折、骨折、骨折、骨折・・・

さぁ、シルクの1次募集もそろそろ始まるぞっていうときにモチベが最底辺まで落ちています。
ここ一ヶ月で過去経験したことがないレベルで愛馬が故障しまくっているのです。

・キューグレーダー

2019.06.13 所有馬情報
在厩場所:美浦トレセン/15日に北海道・ノーザンファーム早来へ放牧予定
調教内容:
次走予定:未定
骨膜が出ていた部分ですが、前回と同じ右前橈骨遠位端の骨折という診断がおりました。ただし、前回は外側でしたが、今回は内側の骨折ということで見舞金6ヶ月の対象になります。また、当初はノーザンファーム天栄へ放牧予定でしたが、社台ホースクリニックにてオペを行うことになったため、15日に直接ノーザンファーム早来へ放牧予定と変更しております。



・サンテローズ

2019.06.20 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:
担当者「この中間も坂路調教主体で進められていましたが、19日の獣医のチェックにて左前に熱感と腫れが見つかりました。そして、20日に詳しい検査を行ったところ左前第1指骨背側部分の骨折が確認されました。本来であれば、今週末ノーザンファームしがらきへ移動する予定でしたが取り止め、近日中に患部の骨片除去手術を行う方針です」



・ハーモニクス

2019.07.10 近況
在厩場所:10日に美浦トレセンへ帰厩
天栄担当者「帰厩へ向けて坂路調教のペースを上げていたのですが、先週末に右後肢の繋に腫れが見られるようになりました。しばらく様子を見ても変化がないことからレントゲン検査を実施したところ、第一趾骨の骨折が判明しました。こちらの獣医と相談したところ『骨折線が広がっていく可能性があることから、固定手術を行った方がいいだろう』ということになり、急遽ではありますが武市調教師に入厩検疫枠を確保してもらい10日に移動しました。美浦トレセン内の診療所で再度検査を行い、12日に手術を行う予定です」



・アーティファクト

2019.07.10 所有馬情報
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:10日に坂路コースで時計
古賀慎明調教師「10日に坂路コースで追い切りを行っている途中、手前を替えたところで乗り手が異変に気付き、最後は無理をさせませんでした。厩舎に戻って馬体を確認したところ、右前第1指骨の骨折が確認されました。骨折線が縦に入っているので、早急にボルトで固定する必要があり、本日中に手術を行う予定です。この状態から、未勝利戦がある内の復帰は難しいと言わざるを得ません。しばらくはトレセン内の診療所で入院することになりますので、退院し移動が可能となってから抹消の手続きに移ります。レースに向けて進めていた矢先にこのようなことになってしまい、誠に申し訳ございません。最後までアーティファクトのために最善を尽くしたいと思います」



先月の2頭の骨折だけでもかなり落ち込んでブログを1週間休んだくらいです。
それに加えて昨日また骨折。
しかも2頭も・・・

キューグレーダーは骨折からやっと復帰するぞっていうところでまた骨折・・・
サンテローズとハーモニクスは期待の2歳馬で早期デビューも楽しみだったところでの骨折・・・・
アーティファクトはデビューが遅れ、2戦目で3着に入り次は勝ち負けというところで骨折・・・
4頭ともにかなりショックの大きい骨折でした。
骨折はいつおきても残念な故障ではありますが、4頭ともに1番ショックの大きいタイミングで本当に萎えました。

1次募集に向けて、かなりブログも気合入れて書いてきていたのですが、さすがに昨日の2頭の骨折はきつすぎましたね。
運が悪かっただけなのか、それとも馬選びに問題があったのか。
特にやっぱりアーティファクトがショックがでかいです。
勝ちあがれそうだった3歳馬がこの時期に故障って天国から地獄ですからね。
他の3頭はまだ復帰後頑張ってもらえばなんとか・・・
好調なシルクの中で不幸を一身に背負ったかのようなこの骨折地獄。
なんとかカタログ発表までにモチベが上がる出来事が起らないものでしょうかね。
愚痴っぽい内容になってしまいましたが、まぁここまで骨折続きなのでお許しください。
[ 2019/07/11 19:58 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)

キングカメハメハの種牡馬引退と上位種牡馬の高齢化

キングカメハメハの種牡馬引退の発表がありました。
昨年から噂されていたことですが、大種牡馬の産駒が今後誕生しないというのは寂しいニュースではありました。
まぁ、キンカメはかなり前から局部に痛みがあったりして種付け頭数をセーブしていました。
ここ数年はずっと100頭前後とトップ種牡馬としては数は少なかったですよね。
なので、シルクでも毎年1~3頭くらいしか募集馬がいませんでした。
実は私は今まで一頭もキンカメ産駒に出資したことがないのです。
キンカメ産駒は芝ダート問わず、距離も短いところから中距離まで幅広い活躍馬がいます。
筋肉質で立派な馬体が特徴で個人的には好きなタイプです。
しかし、基本的には牡馬に活躍馬が多く、牝馬ももちろん三冠馬アパパネやレッツドードンキなどいますが牡馬ほどではありません。
なので、そもそも募集頭数が少なく、価格の安めの牝馬はいまいち活躍馬が少なく、活躍馬の多い牡馬はかなり高額ということがあり今まで出資する機会がありませんでした。
今年のシルクでもキンカメ産駒は3頭おり、人気もありそうですが出資はできなさそうな感じですね。

ステイゴールドが亡くなり、ディープインパクトとキングカメハメハという2トップ体制でしたが、そこからキンカメが引退することになりました。
実は、今種牡馬界はかなりの高齢化がきているのです。
現在の種牡馬リーディング上位の馬で高齢なのは
ディープインパクト・・・17歳
ハーツクライ・・・18歳
ダイワメジャー・・・18歳
クロフネ・・・21歳
あとは既に亡くなったステイゴールド、ゴールドアリュール、マンハッタンカフェ。

次の世代はこのあたりになります。
ロードカナロア・・・11歳
オルフェーヴル・・・11歳
ルーラーシップ ・・・12歳
ハービンジャー・・・13歳

その次の世代が
キズナ
エピファネイア
ドゥラメンンテ
モーリス
あたりになるでしょう。

1番上の世代がごっそりいなくなった時のことを考えるとやっぱり少し物足りない感じはありますよね。
それだけすごすぎた種牡馬が多い世代だったとも言えます。
今のノーザンの成功はノーザンテースト、サンデーサイレンスから始まる種牡馬の成功の歴史とも言えます。
そこからディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライなどと繋げてきました。
それらの種牡馬にも後継が多数おり、まだまだ当分は安泰でしょう。
それでも、世代を重ねるごとに若干少しづつ小粒になっている感が否めません。
優秀な種牡馬はたくさんいますが、父を越える種牡馬はほとんどいないからです。

種牡馬の質はシルクの募集馬の質と直結します。
そろそろ上の黄金世代がいなくなる時のことを想像しておかねばなりません。
当然、ノーザンもそれを考えて色々導入したりしています。
その時、父を越える後継が現れているのか、それとも海外から大物がやってきて成功しているのか。
楽しみでもあり、不安でもありますね。
今回のキンカメ引退のニュースを見て感じたことを書いてみました。
[ 2019/07/10 13:51 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ