まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

各クラブの早期デビューをまとめてみた・・・あのクラブが異常事態?

先日、途中まで書いて白老ファームの話になってしまったので今回はその続きということでクラブごとの2歳馬について書こうと思います。
早期デビューというのはいつまでのことを言うのかはわかりませんが、個人的には北海道開催があるうちにデビューできれば早期デビューといってもいいのかなと思います。
8月いっぱいくらいまででしょうか。
というわけで、現在デビューできている数が早期デビュー数ということで書いていきます。

・サンデーR 88頭中24頭デビュー中12頭勝ち上がり デビュー率27.3% 勝ち上がり率13.6%
・キャロット 79頭中23頭デビュー中11頭勝ち上がり デビュー率29.1% 勝ち上がり率13.9%
・シルク 74頭中24頭デビュー中4頭勝ち上がり デビュー率32.4% 勝ち上がり率5.4%

・社台 83頭中20頭デビュー中7頭勝ち上がり デビュー率24.1% 勝ち上がり率8.4%
・G1 44頭中6頭デビュー中3頭勝ち上がり デビュー率13.6% 勝ち上がり率6.8%

・ラフィアン 79頭中39頭デビュー中9頭勝ち上がり デビュー率49.4% 勝ち上がり率11.4%
・ウイン 41頭中13頭デビュー中2頭勝ち上がり デビュー率31.7% 勝ち上がり率4.9%

・ノルマンディー 43頭中3頭デビュー中0頭勝ち上がり デビュー率7% 勝ち上がり率0%

・ロード 30頭中10頭デビュー中1頭勝ち上がり デビュー率33.3% 勝ち上がり率3.3%
・東サラ 32頭中8頭デビュー中2頭勝ち上がり デビュー率25.0% 勝ち上がり率6.3%

以上は主要クラブの現在のデビュー率、勝ち上がり率などをまとめてみました。
最初のノーザン系の3クラブでは、サンデー、キャロットの勝ち上がり率が素晴らしく、シルクはかなり出遅れています。
ただ、シルクはデビュー率は良いですし、2着3着が多い印象なのでここから巻き返すでしょう。

昔から2歳戦に強かったイメージのラフィアンですがやっぱり今でも健在といった感じですね。
既に半分がデビューしており、勝ち上がりも悪くありません。

この表で1番気になるのはやっぱりノルマンディーですよね。
去年あれだけ追加募集を連発し募集頭数が増えたわけですが、まだたったの3頭しかデビューしていません。
これについて書かれているブログも結構出てきたように思いますが、確かにちょっと異常な数字だと思います。
頭数が増えて単純に人手が足りなくて育成が間に合ってないんじゃないの?って思ってしまいます。
じっくり育成しているのかもしれませんが、他のクラブの良血たちがじっくり育ててるのとは訳が違います。
そういう血統の馬じゃないですからね。
だって、ノルマンディーって数をいっぱい使って楽しませるし回収しますよというコンセプトのクラブだったはずです。
数をいっぱい使うにはデビューが遅れていては論外だと思うんですよね。
私は会員ではありませんが、会費も安いこともありセカンドクラブならノルマンディーだと思って常に注目はしています。
ただ、こんな状況じゃちょっと出資する気はでませんよね。

まとめると、ノーザン系のサンデーRとキャロットは好調でシルクは出遅れ気味。
ラフィアンは相変わらず強くて、ノルマンディーは異常事態といった感じですね。
今は、昔のように早期デビューは単なる早熟みたいな考えは終わりました。
単純に早期デビューできたほうがその後のローテや育成など余裕をもってできるメリットしかありません。
そして、一口馬主はやっぱり早くデビューしてくれたほうがたくさん楽しめます。
こういうデータを見てクラブの特徴を考えて入会したり出資するのも良いと思います。
スポンサーサイト
[ 2017/09/24 03:07 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(2)

社台スタリオンSの種牡馬の種付け数から色々考えてみる

sukima498720.jpg

ネットで今年の社台SSの種付け数のデータを見つけたのでこれを見てちょっと記事を書いてみます。
シルクの募集馬はノーザンファーム生産がほとんどなので、社台SSの種牡馬の産駒がほとんどになります。
今年募集された1歳馬たちはロードカナロアなどの2世代目になるので2015年に種付けされた子たちになりますね。
なので、来年募集されるのが2016年に種付けされたもので、今年種付けされたやつは2年後の募集で出てきます。
とりあえず、まずは今年募集されたもので見ていきましょう。
今年のシルクはロードカナロア産駒が多かったですよね。
そうやってみるとやっぱりその年カナロアの種付け数は1番多かったわけです。
ディープインパクトはもちろん、ハーツクライやゴールドアリュールも多かったですがやっぱり種付け数も多いですね。
それに比べてジャスタウェイなんかはかなり少ないですよね。
追加募集できてもおかしくないかもしれません。

では、来年を見てみましょう。
目玉はやっぱり新種牡馬のキズナとエピファネイアでしょう。
特にキズナはかなりの種付け数なので4頭くらいきてもおかしくありません。
個人的にも大好きな馬だったので出資したいですね。
種付け料もそんなに高くないので結構お手軽な価格のもいる気がします。
他にも新種牡馬が多くリアルインパクト、フェノーメノ、スピルバーグなどもいますが、こちらはきても1~2頭でしょう。
そして相変わらず多いのがル-ラーシップとロードカナロアですね。
この産駒も3~4頭はくるでしょうね。
エイシンフラッシュなんかも意外と高い水準できてるんですよね。
もっと募集されてもいい気がします。
逆にハービンジャーやディープブリランテは谷間の世代になっていて数がかなり減っていますね。
今年は増えているので産駒成績が良くなってまた増えた感じですが、この世代は募集が少ないと思います。
定番どころで言うとハーツクライも少なめなのであまり数はこないかもしれません。

じゃあ、今年種付けした再来年の募集を見ていきましょう。
目玉はなんといってもドゥラメンテとモーリスです。
ドゥラメンテなんてサンデーもキンカメも入ってて繁殖相手いないんじゃないのかって言われてたのにすごい数ですね。
こちらは4頭づつくらいはきそうな感じです。
社台SSさんもスクリーンヒーローは持ってないのでその子のモーリスで成功させようっていうのはわかりますよね。
あとは新種牡馬はミッキーアイルくらいですが、こちらも意外と数集めたなぁという印象です。
ディープインパクトの後継種牡馬はたくさんいるので厳しいかと思っていましたが、短距離のスピードが評価されたのかもしれません。
また、新種牡馬ではありませんが個人的に注目なのはリーチザクラウンです。
去年の2歳戦での大活躍で急遽社台SS入りした経緯があり、社台グループでの生産はこの年が最初になります。
繁殖の質も上がるでしょうし、種付け料も安いので私のようなお手ごろ価格から掘り出し物を探すにはピッタリですね。

こうやってみると栄枯盛衰といいますか、減ってきた馬増えてきた馬いろいろ見えてきます。
本当に減った馬は社台SSから出されちゃってますけどね。
クロフネなんかは年齢もありますがだいぶ減りました。
ゴールドアリュールも亡くなってしまいました。
そう考えると種牡馬としてバリバリ頑張れるのは18~19歳くらいまでなのかなとも思います。
ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライ、ダイワメジャーなどの黄金世代の種牡馬たちももう15~16歳です。
あと3年くらいかもしれないなぁというのはどこかで思っておいたほうがいいかもしれません。
もちろんフレンチデピュティなんて25歳でまだがんばっているようですからどうなるかわかりませんけどね。
こんな表を眺めながら来年、再来年の募集馬に思いを馳せてみるのも一口馬主の楽しみかなと思います。
[ 2017/09/22 22:25 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(2)

散々な1日とルーカスの輝き

昨日は北海道の競馬好きには一大イベントの札幌記念でした。
札幌記念はほぼ毎年見に行っていますね。
1R前から行ってはみたものの、狙っていた場所は確保できず、芝生のど真ん中に折りたたみイスを置いて陣取りました。
毎年かなり混むのはわかっていたのですが今年もかなりの人でしたね。
この日は、かなりの晴天で日光がものすごく厳しい一日になりそうな予感。
スタンドの日陰にイスを置くのが私のスタイルでしたが、この日はその場所が取れなかったのが響きそうです。
個人的に気になるのは札幌記念よりも3歳未勝利馬たち。
前日は期待のサルダーナが3着と勝ちきれずに勝ちあがりが持ち越しに。
今日は2頭います。
そのうちインハーフェイバーが小倉2Rに出ます。
小倉の平場は外のモニターではやらないので、室内に入って画面で観戦。
結果は最悪こうなるだろうと思っていたレースになってしまいましたね。
内枠と小回りの小倉が完全に合いませんでした。
とにかくずぶい馬で向こう正面から武騎手もムチを連打していたのですが、それでも進まず結局直線勝負になり、直線の短いこのコースではエンジンかかる前に終わってしまいましたね。
ガッカリしている暇もなく、次は札幌4Rにダーリンガールが出走します。
愛馬のレースを目の前で見るのは久々です。
パドックに行くもなかなか出てこずに心配しましたが、後半に出てきました。
体調があまり良くなかったのか元気がないように見えました。
IMG_5717.jpg
IMG_5722.jpg
レースは果敢に逃げましたが、最後に捕まってしまい5着。
レース後骨折が判明し引退となってしまいました。
2着だった前走で勝っていれば連闘する必要もなく骨折もしなかったでしょう。
その後それなりに活躍して引退後は血統的に繫殖入りもしたはずです。
本当に1着と2着の差が大きく運命を変えてしまうということを改めて実感しました。
2頭とも個別に振り返りますが、まずはお疲れ様でした。

その後、札幌5Rにはシルクの1億円馬でモーリスの全弟ルーカスのデビュー戦があります。
注目馬も多かったせいかパドックも混んでいましたね。
写真をいっぱい撮ったので出資者の方はご自由に保存なりして持っていってご自由にお使いくださいね。
IMG_5727.jpg
IMG_5734.jpg
IMG_5730.jpg
IMG_5742.jpg
IMG_5746.jpg
IMG_5751.jpg
IMG_5753.jpg
IMG_5754.jpg
IMG_5756.jpg
IMG_5763.jpg
パドックやゲート前で待機してるところでいっぱい撮影しましたよ。
今みると舌を出す癖があるようですね。
IMG_5766.jpg
恒例の超有力馬がデビューしたら単勝馬券勝っておく作戦。
のちのち名馬になって価値がでるといいなぁ。

ルーカスの快勝を目の前で見ていつかこういう馬に出資してみたいという思いが強くなりました。
新馬戦の勝ちっぷりのすごさで来年のクラシック候補にされるような経験はまだありませんからね。
ただ、この馬は1億円の馬なので私の予算的に出資候補にならなかったこともあり羨ましいという気持ちはありませんでした。
素直に応援できるので逆にいいですね。
そんなルーカスの走りを見ていると、灼熱の日光でやられてしまいクラクラしてきました。
熱中症になりそうな気配を感じ、これはとてもメインまでもたないなと判断し、そのまま家に帰りました。
札幌記念を見に行ったのに、札幌記念を見ないで帰ったのは初めてでした。
結局ダーリンガールの敗戦とルーカスの快勝を見に行った感じになりましたね。
馬券も堅いやつしか当たりませんでしたし、特に良いことのない1日でした。
太陽とルーカスが眩しすぎてやられてしまいましたね。
[ 2017/08/21 22:15 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(7)

一口馬主界の各階級の皆さんで座談会

POG好きのAさん<やっぱりPOGは楽しいね!指名した馬が活躍すれば馬主になったかのようにうれしいよ。いつかダービー馬を指名してみたいな~。

バヌーシー会員のBさん(10000分の1口)<これだからPOG厨は・・・。POGなんて馬主でも何でもないじゃん。何の身銭も払わないでやるお遊びが楽しいわけがない。俺はバヌーシー会員になったから、一口馬主として愛馬の成長やレースの出走が今から楽しみでしょうがないよ。

シルク会員のCさん(500分の1口)<おいおいマジかよBさん。1万分の1口で一口馬主面するのはやめてくれよ。俺からしたらPOGと何にも変わらないよ。むしろ大金払ってPOGみたいなことしてるだけにしか思えん。だって新馬戦勝ったってたった500円入ってくるだけだよ?お祝いの缶ビール買ったら終わりじゃん。何にも楽しくないわ。せめてうちくらいの口数じゃないと実感ないよ。

サンデーR会員のDさん(40分の1口)<おいおい君たち、一口馬主っていうのは本家と言われるサンデーか社台に入ってから名乗ってくれよな。そんな400口や500口のクラブなんて遊びにもならん。バヌーシーとか論外だ。40口でオルフェーヴルとかブエナビスタを引き当てて何百万と儲かる夢があってこその一口馬主だわい。

馬主のEさん<話を聞いてたけど笑っちゃうね。一口馬主なんてそもそも馬主でも何でもないんだよ。馬主を名乗れるのは1頭持ちのちゃんとした馬主様だけなのだ。1万口だろうと40口だろうと俺からしたらどっちも似たようなもんで馬主でも何でもないお遊びさ。丸1頭持って大きなリスクを背負ってこそ本気で馬選びができ、莫大な賞金の夢もあるんだ。

神様<お前たち、一口馬主も馬主も儲かることなんてほぼないんじゃよ。そうであるなら、1万口だろうと丸1頭だろうと損する金額の大小でしかないわけだ。自分の身の丈にあった予算を組み、その予算で楽しめるクラブを選ぶことが大事である。あとは、そのクラブで出資した馬の成長やレースを見てどれだけ楽しめるかどうかのみ。
そして、その楽しめた思いと金額が釣り合っていれば仮に損をしても良し、そうじゃなければ辞めるか別のクラブに変えたほうがいいかもな。
結局は楽しみをお金を出して買っているのにすぎん。
その中で、ごくごく稀にお金が増えることもあるし、あまり損しないで済むこともあるよっていうだけなのだ。
金額の大小や口数の大小で勝ち負けなどないんじゃよ、自分に合ったクラブで1番楽しめたらそれが勝ちなのだ。
[ 2017/08/17 22:27 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(0)

去年の東サラのオススメ馬

そろそろシルクの募集申込みも一段落して落ち着いてきましたね。
ブログも当落までは通常営業に戻ろうと思います。
出資馬のレース回顧もたまってるし、バヌーシーの話もしたかったし、同時期になってしまって全くふれられなかった東サラの話もしたかったですね。

ちなみに東サラですが今年は1頭も知りません。
去年は確か何もしないでも前年にカタログ請求したせいかカタログが送られてきた記憶があるんですが今年はきませんでした。
カタログもこないので検討もしていません。
去年は、私ならこの馬に出資するみたいな記事を書いた気がします。
なので、その馬たちは今どうなってるのか見てみようと思います。
やっぱり書きっぱなしはよくないですしね。
東京サラブレッドクラブ2016年度募集馬、私が選ぶならこの5頭

・レッドサクヤ(サクラサクⅡ15)・・・デビュー前

・レッドオールデン(リーチフォーザムーンの15)・・・今週デビュー。順調そう

・レッドシャーロット(シルバーフォックスの15)・・・2戦目で勝ち上がり。この馬はキープシークレットと新馬戦で当たった馬で良い馬だなぁと思ってたんですが、私ちゃんとオススメしてたんですね。

・レッドイリーゼ(スタイルリスティック15)・・・血腫ができたりとあまり順調ではなさそう

・レッドミスティ(マンハッタンフィズ15)・・・そろそろ移動のようです。


まぁ、まだこの時期なのでデビュー前ばかりでわかりませんね。
でもレッドシャーロットをオススメしてただけでも良しとしましょう。
今年はカタログもないのでオススメしません、ってゆうかもう1次終わってますしね。
やっぱり募集はできるだけかぶらないようにしてほしいですね。
[ 2017/08/04 15:40 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ