FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

ロッテンマイヤー10戦目、落鉄で参考外

2018/05/07 <レース結果>

 5/6(日)京都12R 4歳上1000万下〔芝1,600m・11頭〕10着[2人気]

好スタートを決めると、行きたがるのを宥めながら3番手に取り付けます。3コーナーを過ぎたあたりから徐々に押し上げていき、最後の直線で追い出しにかかりますが、残り200mを過ぎたあたりでフォームが不安定になり、そのままズルズル後退して10着でレースを終えています。

四位洋文騎手「テンションは高かったですが、返し馬はスムーズに行えましたし、その後も落ち着きを保っていました。ゲートを出てやや行きたがるところはありましたが、我慢して折り合ってくれましたし、先行馬を見ながら理想の競馬が出来たと思います。ただ、追い出しにかかると、急にフォームが不安定になり、馬体に何かしらあったのかと思うぐらいでしたので、最後は無理をしませんでした。上がりの歩様は特に気になりませんでしたが、右前の蹄鉄が外れていたので、おそらくそれを気にした為にフォームがバラバラになってしまったのでしょう。入れ込みがきついといい結果に繋がらない時があると池添学調教師が言っていましたが、今回に限っては落鉄の影響が大きかったと思います」

池添学調教師「前走よりテンションが高かったですが、返し馬ではとても落ち着いてスムーズに行えたので、これなら力を発揮できると思いました。先行馬を見る形で上手く宥めながら競馬をしてくれましたが、最後の直線で急に手応えが悪くなってしまったので、レース前に余計なスタミナを使ってしまったことでバテてしまったのかなと思っていたところ、戻ってきた際、右前を落鉄しているのが分かりました。4分の3蹄鉄にしていたところが外れており、直接蹄踵に衝撃が加わったことで馬がそれを気にした為にフォームが悪くなってしまったのでしょう。上がりの歩様は問題ありませんが、この後痛みが出てくる恐れがありますので、トレセンに戻ってしっかり状態を確認したいと思います。どちらにしてもこれまでの疲れを取る為に、一旦放牧に出して心身共にリフレッシュさせる予定です」


2番人気と期待していたのですが、直線あっさり下がっていってしまいました。
故障を心配していたのですが落鉄していたようですね。
屈腱炎から復活した馬ですし足元は常に心配なので、今回は騎手も早めに追うのをやめてくれたので良かったです。
結果も大事ですが、とにかく無理はせず大事に使っていってくれたらと思います。
スポンサーサイト

ロッテンマイヤー9戦目

2018/04/09 <レース結果>

 4/7(土)中山9R 野島崎特別〔芝1,800m・9頭〕5着[1人気]

まずまずのスタートを切ると、やや行きたがるような形で好位の3番手に取り付きます。直線は最内から追い出されますが、ジリジリとした脚色で思ったような伸びはなかったものの、5着に入線し掲示板を確保しています。

松山弘平騎手「スタートしてから2コーナーまではハミを噛んで力んでいましたが、その後は折り合って運べました。切れる脚を使えるタイプではありませんし、勝負どころで早めに上がって行きたかったのですが、前も結構とばしていたので思ったような形にはなりませんでした。それに最後も止まってはいないのですが、前半力んだ分が影響してしまったのか、思ったよりも脚を使えませんでした」

池添学調教師「折り合いを欠いているわけではないのですが、道中リラックスするところがなかったと言うか、ずっと力み気味に走っていたような感じでしたね。相手関係を考慮して中山に連れてきたのですが、まずまずペースが流れていたのにも関わらずそういった感じでしたから、距離的にはマイル以下がやはりいいのでしょう。また内ラチから2,3頭分は芝の色が違っていたように少し力の要るような馬場状態に見えましたし、道中ずっと内々を回る形になったことで、余計に体力を使ってしまったところもあったのかもしれません。この後は脚元の状態を確認してからどうするか検討したいと思います」

ロッテンマイヤー8戦目、もったいないレース

2018/02/26 <レース結果>

 2/24(土)阪神12R 4歳上1000万下〔芝1,600m・11頭〕5着[3人気]

まずまずのスタートを決めると、無理せず折り合いを付けながら4,5番手あたりを追走、勝負どころから徐々に前を窺いにいこうとしますが、前がなかなか開かず、残り200mを過ぎたあたりでようやく抜け出したものの、上位馬に詰め寄ることが出来ず5着に敗れています。

川田将雅騎手「最後の直線で迷わず外に出していれば、そのままスピードを上げていけただけに、判断を誤ってしまいました。前の馬が左にヨレたところを見て内に切れ込んでいったのですが、向こうが体勢を立て直してきたことで、すぐ狭くなってしまい抜け出すことが出来ませんでした。その結果、脚を余す形になってしまいました。テンションは少し高かったものの、道中は我慢してくれていただけに、上手く騎乗できず申し訳ありませんでした」

池添学調教師「前回よりテンションはやや高めではありましたが、パドックでは1人で周回出来るぐらいでしたし、返し馬もゆったりと入っていけたのでレースには支障がないレベルだったと思います。流れが遅くなっても我慢して折り合ってくれていましたし、最後の直線で上手く抜け出せて入れば、勝ったとまで言い切れませんが、2着はあったと思います。前の馬と丁度同じタイミングになってしまいましたし、こればかりは競馬なので、不運と言うしかありません。脚元のこともありますので、一戦一戦が大事ですから、何とか結果を出したかったですが、勝たせることが出来ず申し訳ありません。この後はこれまでの疲れを取るために放牧に出して、馬体のケアを行ってもらいます」


もったいないレースでした。
川田騎手も言っていますが完全に進路を間違ってしまいましたね。
ただ、これも結果論で競馬ってそういうものなのでしょうがないです。
だけど、やっぱりあそこで内突っ込むかなぁという残念な気持ちはありますよね。
状態も良かっただけにもったいなかったです。
これが他の馬なら、じゃあ次となるかもしれませんがこの馬は屈腱炎明けなので1戦1戦が大事になります。
まぁそれでもレース後の足元には問題もないようなので良かったです。
また少し休んで大事に頑張ってもらいたいですね。

ロッテンマイヤー7戦目、復活の走り!

2018/01/29 <レース結果>

 1/27(土)京都10R 木津川特別〔芝1,600m・11頭〕2着[5人気]

五分にスタートを決めると、行きたがるのを宥めながら4番手あたりを追走、3コーナーを過ぎたあたりから前を窺いにいき、最後の直線で追い出しに掛かると、いったんは先頭に立つもののゴール手前で差し切られ、惜しくも2着でゴールしています。

川田将雅騎手「前走ほどムキになることもなく、行きたがる素振りがありながらも我慢して折り合ってくれました。いい手応えで勝負どころに差し掛かり、そのまま突き抜けてくれると思いましたが、いざ追い出しにかかると突っ張るような感じで伸び切れませんでした。硬い馬場が堪えたのか、脚元を気にして自分からセーブしたのかハッキリ分からないですが、その中でも最後まで止めずに頑張ってくれたと思います。あそこまできたら勝ちたかったですね」

池添学調教師「もう少しのところでしたね。勝って欲しかったところですが、前走の内容を考えるとよくここまで頑張ってくれたと思います。前回はガムシャラに走って最後は失速してしまいましたが、長期休養明けをひと叩きして上手くガス抜き出来たことで、今回は折り合って走ってくれました。川田騎手の話では最後の直線で突っ走るようなところがあったと言っていましたが、ジリジリ伸びてはいたので、最後まで諦めずに頑張ってくれたと思います。改めてこの馬の力は見せてくれましたし、脚元だけしっかりケアして次こそは決めたいですね。この後はトレセンに戻って状態を確認した上で、今後の方針を検討させていただきます」




2着ではありましたがロッテンマイヤーの復活に感動しました。
最近は、4コーナーあたりでもう怪しくなるレースが続いていましたし、屈腱炎で1年半近くの休みもあり不安のほうが大きかったです。
しかし、ここではやっぱり力は上位でしたね。
3コーナーくらいから良い手ごたえで直線に入ってからもグイグイ伸びて先頭へ。
最後は内からわずかに差されましたが十分満足な内容です。
まだ無理はできませんし、このクラスでもう少しやっていてもいいと思います。
前走はダートだったので合わなかったで済む話でしたが、ここで結果がでないとやっぱり怪我の影響かそれとも早熟だったのかと不安も大きくなったので一安心ですね。
この馬もあのビワハイジの孫ですしオープン勝ち馬なので当然繁殖入りが決まっていると思います。
再発だけが怖いので休み休みでいいので、あと1年頑張ってくれたらと思います。

ロッテンマイヤー6戦目、復帰戦は最下位も無事完走

2017/11/13 <レース結果>

 11/11(土)京都9R 花背特別〔D1,400m・16頭〕16着[6人気]

まずまずのスタートを決めると、スッと好位に取り付けていきます。3コーナー手前から徐々に手応えが怪しくなり、ズルズル後退し、最後の直線も盛り返すことなく16着に敗れています。

川田将雅騎手「跨った段階からテンションの高さは窺えていましたが、ゲート裏でも同じような感じでした。ゲートは五分に出てくれましたし、芝からダートに替わったところも特に問題なかったのですが、急にフッとハミを抜いて走る気を無くしてしまいました。それに加えて砂を被った途端に突っ張った走りになってしまい、徐々に置かれ気味になってしまいました。ハミを掛け直しても全く反応してくれず、タイムオーバーにならないように必死に気合いをつけていきましたが、盛り返すことなくレースを終えました。今回だけで芝・ダートの決めつけは出来ませんが、砂を被って突っ張ってしまったことを考えると芝の方が良いのかもしれません。それより気持ちの問題の方が厄介ですね。久々でもありましたので、今回の競馬が良いガス抜きになっていればいいのですが・・・」

池添学調教師「去年のオークスやクイーンステークスの時より落ち着きがありましたが、ジョッキーが跨って返し馬に入ってから一気にテンションが高くなってしまいました。去年、北海道でダート調教を行っていた際、かなりいい走りを見せていたことから、今回はダートに出走させていただきましたが、力んでいたこともあって、まったく進んでいかなかったですね。川田騎手が言うように、気持ちの問題もあったと思いますが、調教の時のような迫力のある走りが全く見られなかったので、やはり芝の方が良いのかもしれません。ダートが合えば、脚元の負担も軽く済むと思っていましたが、ここまで負けてしまい、誠に申し訳ありませんでした。長期休養明けでもありましたので、この後は一旦放牧に出して、心身ともにリフレッシュさせたいと思います」


屈腱炎で1年以上の休みと経て、いよいよ復帰戦となりました。
調教もまずまず好タイムが出ていましたが、さすがにいきなり期待というよりはとにかく無事にという思いでした。
足元の負担も考えて初めてのダートでしたね。
結果はもう3コーナーでもう手ごたえがなくなって最下位でした。
早々に下がってしまったので怪我の心配ばかりしていたのですが、幸い足元には問題がなかったようで安心しました。
とにかく結果を急がず長い目でゆっくり見守りたいと思います。
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ