まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

ロッテンマイヤー8戦目、もったいないレース

2018/02/26 <レース結果>

 2/24(土)阪神12R 4歳上1000万下〔芝1,600m・11頭〕5着[3人気]

まずまずのスタートを決めると、無理せず折り合いを付けながら4,5番手あたりを追走、勝負どころから徐々に前を窺いにいこうとしますが、前がなかなか開かず、残り200mを過ぎたあたりでようやく抜け出したものの、上位馬に詰め寄ることが出来ず5着に敗れています。

川田将雅騎手「最後の直線で迷わず外に出していれば、そのままスピードを上げていけただけに、判断を誤ってしまいました。前の馬が左にヨレたところを見て内に切れ込んでいったのですが、向こうが体勢を立て直してきたことで、すぐ狭くなってしまい抜け出すことが出来ませんでした。その結果、脚を余す形になってしまいました。テンションは少し高かったものの、道中は我慢してくれていただけに、上手く騎乗できず申し訳ありませんでした」

池添学調教師「前回よりテンションはやや高めではありましたが、パドックでは1人で周回出来るぐらいでしたし、返し馬もゆったりと入っていけたのでレースには支障がないレベルだったと思います。流れが遅くなっても我慢して折り合ってくれていましたし、最後の直線で上手く抜け出せて入れば、勝ったとまで言い切れませんが、2着はあったと思います。前の馬と丁度同じタイミングになってしまいましたし、こればかりは競馬なので、不運と言うしかありません。脚元のこともありますので、一戦一戦が大事ですから、何とか結果を出したかったですが、勝たせることが出来ず申し訳ありません。この後はこれまでの疲れを取るために放牧に出して、馬体のケアを行ってもらいます」


もったいないレースでした。
川田騎手も言っていますが完全に進路を間違ってしまいましたね。
ただ、これも結果論で競馬ってそういうものなのでしょうがないです。
だけど、やっぱりあそこで内突っ込むかなぁという残念な気持ちはありますよね。
状態も良かっただけにもったいなかったです。
これが他の馬なら、じゃあ次となるかもしれませんがこの馬は屈腱炎明けなので1戦1戦が大事になります。
まぁそれでもレース後の足元には問題もないようなので良かったです。
また少し休んで大事に頑張ってもらいたいですね。
スポンサーサイト

ロッテンマイヤー7戦目、復活の走り!

2018/01/29 <レース結果>

 1/27(土)京都10R 木津川特別〔芝1,600m・11頭〕2着[5人気]

五分にスタートを決めると、行きたがるのを宥めながら4番手あたりを追走、3コーナーを過ぎたあたりから前を窺いにいき、最後の直線で追い出しに掛かると、いったんは先頭に立つもののゴール手前で差し切られ、惜しくも2着でゴールしています。

川田将雅騎手「前走ほどムキになることもなく、行きたがる素振りがありながらも我慢して折り合ってくれました。いい手応えで勝負どころに差し掛かり、そのまま突き抜けてくれると思いましたが、いざ追い出しにかかると突っ張るような感じで伸び切れませんでした。硬い馬場が堪えたのか、脚元を気にして自分からセーブしたのかハッキリ分からないですが、その中でも最後まで止めずに頑張ってくれたと思います。あそこまできたら勝ちたかったですね」

池添学調教師「もう少しのところでしたね。勝って欲しかったところですが、前走の内容を考えるとよくここまで頑張ってくれたと思います。前回はガムシャラに走って最後は失速してしまいましたが、長期休養明けをひと叩きして上手くガス抜き出来たことで、今回は折り合って走ってくれました。川田騎手の話では最後の直線で突っ走るようなところがあったと言っていましたが、ジリジリ伸びてはいたので、最後まで諦めずに頑張ってくれたと思います。改めてこの馬の力は見せてくれましたし、脚元だけしっかりケアして次こそは決めたいですね。この後はトレセンに戻って状態を確認した上で、今後の方針を検討させていただきます」




2着ではありましたがロッテンマイヤーの復活に感動しました。
最近は、4コーナーあたりでもう怪しくなるレースが続いていましたし、屈腱炎で1年半近くの休みもあり不安のほうが大きかったです。
しかし、ここではやっぱり力は上位でしたね。
3コーナーくらいから良い手ごたえで直線に入ってからもグイグイ伸びて先頭へ。
最後は内からわずかに差されましたが十分満足な内容です。
まだ無理はできませんし、このクラスでもう少しやっていてもいいと思います。
前走はダートだったので合わなかったで済む話でしたが、ここで結果がでないとやっぱり怪我の影響かそれとも早熟だったのかと不安も大きくなったので一安心ですね。
この馬もあのビワハイジの孫ですしオープン勝ち馬なので当然繁殖入りが決まっていると思います。
再発だけが怖いので休み休みでいいので、あと1年頑張ってくれたらと思います。

ロッテンマイヤー6戦目、復帰戦は最下位も無事完走

2017/11/13 <レース結果>

 11/11(土)京都9R 花背特別〔D1,400m・16頭〕16着[6人気]

まずまずのスタートを決めると、スッと好位に取り付けていきます。3コーナー手前から徐々に手応えが怪しくなり、ズルズル後退し、最後の直線も盛り返すことなく16着に敗れています。

川田将雅騎手「跨った段階からテンションの高さは窺えていましたが、ゲート裏でも同じような感じでした。ゲートは五分に出てくれましたし、芝からダートに替わったところも特に問題なかったのですが、急にフッとハミを抜いて走る気を無くしてしまいました。それに加えて砂を被った途端に突っ張った走りになってしまい、徐々に置かれ気味になってしまいました。ハミを掛け直しても全く反応してくれず、タイムオーバーにならないように必死に気合いをつけていきましたが、盛り返すことなくレースを終えました。今回だけで芝・ダートの決めつけは出来ませんが、砂を被って突っ張ってしまったことを考えると芝の方が良いのかもしれません。それより気持ちの問題の方が厄介ですね。久々でもありましたので、今回の競馬が良いガス抜きになっていればいいのですが・・・」

池添学調教師「去年のオークスやクイーンステークスの時より落ち着きがありましたが、ジョッキーが跨って返し馬に入ってから一気にテンションが高くなってしまいました。去年、北海道でダート調教を行っていた際、かなりいい走りを見せていたことから、今回はダートに出走させていただきましたが、力んでいたこともあって、まったく進んでいかなかったですね。川田騎手が言うように、気持ちの問題もあったと思いますが、調教の時のような迫力のある走りが全く見られなかったので、やはり芝の方が良いのかもしれません。ダートが合えば、脚元の負担も軽く済むと思っていましたが、ここまで負けてしまい、誠に申し訳ありませんでした。長期休養明けでもありましたので、この後は一旦放牧に出して、心身ともにリフレッシュさせたいと思います」


屈腱炎で1年以上の休みと経て、いよいよ復帰戦となりました。
調教もまずまず好タイムが出ていましたが、さすがにいきなり期待というよりはとにかく無事にという思いでした。
足元の負担も考えて初めてのダートでしたね。
結果はもう3コーナーでもう手ごたえがなくなって最下位でした。
早々に下がってしまったので怪我の心配ばかりしていたのですが、幸い足元には問題がなかったようで安心しました。
とにかく結果を急がず長い目でゆっくり見守りたいと思います。

愛馬が屈腱炎になってしまった場合の復帰への道筋

一口馬主をしていて近況を見るのが楽しみな方も多いと思います。
ただ、臨時の近況の更新があると悪いニュースである可能性が高くドキっとされると思います。
愛馬の近況で最も見たくない文字はおそらく「屈腱炎」じゃないかと思います。
もちろん色々な症状があっていきなり命を落とすようなこともあるのですが、一般的によく見る症状としてはこれかなと思います。
最近では骨折という文字を見てもガッカリはするものの、そこまで心配はしなくなりました。
それくらいよくあるということもありますし、基本的には骨片が剥がれたなど軽い症状で3ヶ月~半年くらいで復帰できることが多いからです。
ただ、屈腱炎だけは別格で競走馬の永遠の悩みともいえる症状で本当になってほしくないです。
私も何頭かこの屈腱炎になった愛馬がいますが、その中でも絶頂期のこれからという時になったのがロッテンマイヤーです。
そして、この馬が私の愛馬の中では唯一復帰を目指している馬でもあります。

屈腱炎を発症したのが、去年の今頃、札幌開催のクイーンS後のことでした。
これが私を絶望な気持ちにされた近況です。

2016/08/19 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:舎飼
次走予定:未定
担当者「疲れの方も取れてきたのでトレッドミルでの運動に移行し、その後も特に問題が見られなかった為、周回コースで運動を行っていたのですが、右前脚に腫れが出てきてしまったので詳しい検査を行ったところ、浅屈健炎の診断でした。秋の大きい舞台に向けて進めていた矢先にこのようなことになってしまい申し訳ありません。損傷としては中程度で、復帰にどれくらい時間が掛かるのか現時点ではハッキリしない状況ですが、能力の高い馬ですしまずは治療に専念したいと思います」


その後、しばらく舎飼で様子見の近況が続きましたが、ここで曳き運動が出てきました。

2016/09/09 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:曳き運動
次走予定:未定
担当者「まだ油断はできないものの、脚元の状態は落ち着いてきていますので、この中間から曳き運動を始めています。変にイライラすることなく、こちらの指示に素直に従ってくれています。馬体重が522㎏と増えてしまっていますが、こればかりは運動量が落ちてしまっているので仕方のないところだと思います」


前週あたりから曳き運動とトレッドミルの併用になり、ここからトレッドミルになりました。
トレッドミルとはウォーキングマシンみたいなものです。

2016/09/30 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
担当者「この中間からトレッドミルのみでの運動に移行しています。いきなり強めるわけにはいかないのでまだ常歩だけですが、少しずつですが段階を上げて様子を見ています。今後もじっくりと進めていきたいと思います」


なんか結構順調にきてるなぁと思ったかもしれませんがここからが長いです。
延々とトレッドミルが続きます。
同じトレッドミルでも 常歩→ダクでの運動→キャンターとステップアップはしていきます。
そしてやっとトレッドミルから1歩進めたのは半年後になります。

2017/04/28 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:周回コースで軽めのキャンター1,200m
次走予定:未定
担当者「ここまで時間を掛けてトレッドミルでの運動を続けてきましたが、脚元の状態は安定していますし、獣医と相談した結果ゴーサインが出たので、この中間から周回コースでの運動をスタートしています。かなり久々の乗り運動となりますので、ペース的にはごく軽めのところですが、一歩前進できて良かったです」


そして、やっと坂路調教開始です。ここまでの道のりを考えるとこれだけでも感動します。

2017/05/12 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,800m
次走予定:未定
担当者「周回コースでの乗り込みをスタートしてからも脚元の状態に良い意味で変化はありませんので、この中間から坂路での運動を行っています。まだ週に1本ですし、それほど強い負荷を掛けたメニューを課しているわけではありませんが、一つステップアップできたのは何よりですね」


坂路調教ができたらもうすぐかと思ったらそうはいきません。軽めの調教を延々と続け少しづつ少しづつ負荷を強めていきます。
そして、3ヵ月後やっと移動の話がでてきました。

2017/08/11 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週6回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1~2本
次走予定:未定
担当者「引き続き、特に問題なく坂路での乗り込みを続けています。先日、池添学調教師が状態を確認されたので今後について相談したところ、順調に調教を積めていることから、今月末あたりにノーザンファームしがらきへ移動させ、帰厩に向けての態勢を整えていく予定となりました」


そして、とうとう移動しました。ちょうど1年くらいですね。

2017/08/31 <最新情報>
 31日(木)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動しています。


これが屈腱炎になってしまった場合の段階になります。
もちろん、馬ごとに違いますし症状やその重さでも全然違うとは思います。
ロッテンマイヤーは軽めの症状で順調にきているケースかなと思います。
ただし、ここからはまだまだ大変です。
まずはレースに出られるくらいの体に仕上げる調教に耐えられるかどうか。
そして、復帰戦になります。
復帰戦はとにかく無事に走ってきてくれれば何着でも構いません。
とにかく無事にレースを走りきれるかどうか。
そして1番怖いのがレース後です。
ここを乗り切れればまずは少しだけほっとできるかもしれません。
しかし、これが毎レース続きます。
最近ではシルクの馬ですとワールドインパクトが屈腱炎からやっと復帰しましたが、2戦で再発し引退しました。
また、先週ショックなニュースとして屈腱炎から復帰してものすごい力を見せていたシルバーステートがまた屈腱炎になってしまいました。
今度は別の脚だそうですが、本当に完全復活は難しい症状だと実感します。

このように屈腱炎になってしまうと長期の休養になります。
そして、仮に復帰ができたとしてもその恐怖は常につきまとうわけです。
それでも復帰を目指して頑張っている馬はたくさんいます。
ロッテンマイヤーには何とか屈腱炎を克服してまたあの走りを見せてほしいです。
とにかく、まずは復帰戦まで何事もないように祈る日々です。

ロッテンマイヤーが屈健炎を発症で絶望の中、少しだけ見えた光

2016/08/19 <近況>
担当者「疲れの方も取れてきたのでトレッドミルでの運動に移行し、その後も特に問題が見られなかった為、周回コースで運動を行っていたのですが、右前脚に腫れが出てきてしまったので詳しい検査を行ったところ、浅屈健炎の診断でした。秋の大きい舞台に向けて進めていた矢先にこのようなことになってしまい申し訳ありません。損傷としては中程度で、復帰にどれくらい時間が掛かるのか現時点ではハッキリしない状況ですが、能力の高い馬ですしまずは治療に専念したいと思います」



自分の愛馬に絶対に見たくなかった屈健炎という文字。
それが私が1番期待しており秋華賞を目標に調整していたロッテンマイヤーに発症してしまいました。
競走馬にとって不治の病と言われ、治るまでにかなりに期間がかかり、仮に治っても再発もしやすい最もおそれていたものです。
中程度ということで軽症でもないようですし、最低でも1年以上のお休みになります。
仮に順調にいって復帰は4歳の冬くらいでしょうか、牝馬なので残り1年くらいしか活躍できません。
それでも、復帰ができそうなら目指してほしいと思います。
もちろん、この血統と成績の馬ですから、このまま引退しても100%繁殖入りできます。
どういう判断になるかわかりませんが、この馬にとって最善な選択をお願いしたいです。

そんな絶望の気持ちで迎えた週末でしたが、私にとって一筋の光が見えたレースがありました。
同じく屈健炎を発症し約2年ぶりのレースに復帰したワールドインパクトです。
2年ぶりというだけでもう、とりあえず無事に回ってきてくれたらOKというレースだったと思います。
しかし、ワールドインパクトは最後惜しくも差されましたが、勝ってもおかしくない内容で2着と大健闘の内容でした。
もちろん、能力的にはこんなレベルの馬ではありません。
今回1億2千万という最高額で募集されることになったペンカナプリンセスの15の全兄でもあります。
そんな素質馬でしたが、2年ぶりのレースを2着という好結果を出してくれたことはロッテンマイヤーにとっても心強いものになったと思います。
しっかり、休んで治すことができれば復帰してほしいですし、無理なら繁殖入りでも構いません。
この馬にはどっちの道に進んでも大事な未来が待っています。
私はそれをただ見守ることしかできません。
頑張れロッテンマイヤー!
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ