まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

愛馬が屈腱炎になってしまった場合の復帰への道筋

一口馬主をしていて近況を見るのが楽しみな方も多いと思います。
ただ、臨時の近況の更新があると悪いニュースである可能性が高くドキっとされると思います。
愛馬の近況で最も見たくない文字はおそらく「屈腱炎」じゃないかと思います。
もちろん色々な症状があっていきなり命を落とすようなこともあるのですが、一般的によく見る症状としてはこれかなと思います。
最近では骨折という文字を見てもガッカリはするものの、そこまで心配はしなくなりました。
それくらいよくあるということもありますし、基本的には骨片が剥がれたなど軽い症状で3ヶ月~半年くらいで復帰できることが多いからです。
ただ、屈腱炎だけは別格で競走馬の永遠の悩みともいえる症状で本当になってほしくないです。
私も何頭かこの屈腱炎になった愛馬がいますが、その中でも絶頂期のこれからという時になったのがロッテンマイヤーです。
そして、この馬が私の愛馬の中では唯一復帰を目指している馬でもあります。

屈腱炎を発症したのが、去年の今頃、札幌開催のクイーンS後のことでした。
これが私を絶望な気持ちにされた近況です。

2016/08/19 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:舎飼
次走予定:未定
担当者「疲れの方も取れてきたのでトレッドミルでの運動に移行し、その後も特に問題が見られなかった為、周回コースで運動を行っていたのですが、右前脚に腫れが出てきてしまったので詳しい検査を行ったところ、浅屈健炎の診断でした。秋の大きい舞台に向けて進めていた矢先にこのようなことになってしまい申し訳ありません。損傷としては中程度で、復帰にどれくらい時間が掛かるのか現時点ではハッキリしない状況ですが、能力の高い馬ですしまずは治療に専念したいと思います」


その後、しばらく舎飼で様子見の近況が続きましたが、ここで曳き運動が出てきました。

2016/09/09 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:曳き運動
次走予定:未定
担当者「まだ油断はできないものの、脚元の状態は落ち着いてきていますので、この中間から曳き運動を始めています。変にイライラすることなく、こちらの指示に素直に従ってくれています。馬体重が522㎏と増えてしまっていますが、こればかりは運動量が落ちてしまっているので仕方のないところだと思います」


前週あたりから曳き運動とトレッドミルの併用になり、ここからトレッドミルになりました。
トレッドミルとはウォーキングマシンみたいなものです。

2016/09/30 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
担当者「この中間からトレッドミルのみでの運動に移行しています。いきなり強めるわけにはいかないのでまだ常歩だけですが、少しずつですが段階を上げて様子を見ています。今後もじっくりと進めていきたいと思います」


なんか結構順調にきてるなぁと思ったかもしれませんがここからが長いです。
延々とトレッドミルが続きます。
同じトレッドミルでも 常歩→ダクでの運動→キャンターとステップアップはしていきます。
そしてやっとトレッドミルから1歩進めたのは半年後になります。

2017/04/28 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:周回コースで軽めのキャンター1,200m
次走予定:未定
担当者「ここまで時間を掛けてトレッドミルでの運動を続けてきましたが、脚元の状態は安定していますし、獣医と相談した結果ゴーサインが出たので、この中間から周回コースでの運動をスタートしています。かなり久々の乗り運動となりますので、ペース的にはごく軽めのところですが、一歩前進できて良かったです」


そして、やっと坂路調教開始です。ここまでの道のりを考えるとこれだけでも感動します。

2017/05/12 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,800m
次走予定:未定
担当者「周回コースでの乗り込みをスタートしてからも脚元の状態に良い意味で変化はありませんので、この中間から坂路での運動を行っています。まだ週に1本ですし、それほど強い負荷を掛けたメニューを課しているわけではありませんが、一つステップアップできたのは何よりですね」


坂路調教ができたらもうすぐかと思ったらそうはいきません。軽めの調教を延々と続け少しづつ少しづつ負荷を強めていきます。
そして、3ヵ月後やっと移動の話がでてきました。

2017/08/11 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週6回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1~2本
次走予定:未定
担当者「引き続き、特に問題なく坂路での乗り込みを続けています。先日、池添学調教師が状態を確認されたので今後について相談したところ、順調に調教を積めていることから、今月末あたりにノーザンファームしがらきへ移動させ、帰厩に向けての態勢を整えていく予定となりました」


そして、とうとう移動しました。ちょうど1年くらいですね。

2017/08/31 <最新情報>
 31日(木)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動しています。


これが屈腱炎になってしまった場合の段階になります。
もちろん、馬ごとに違いますし症状やその重さでも全然違うとは思います。
ロッテンマイヤーは軽めの症状で順調にきているケースかなと思います。
ただし、ここからはまだまだ大変です。
まずはレースに出られるくらいの体に仕上げる調教に耐えられるかどうか。
そして、復帰戦になります。
復帰戦はとにかく無事に走ってきてくれれば何着でも構いません。
とにかく無事にレースを走りきれるかどうか。
そして1番怖いのがレース後です。
ここを乗り切れればまずは少しだけほっとできるかもしれません。
しかし、これが毎レース続きます。
最近ではシルクの馬ですとワールドインパクトが屈腱炎からやっと復帰しましたが、2戦で再発し引退しました。
また、先週ショックなニュースとして屈腱炎から復帰してものすごい力を見せていたシルバーステートがまた屈腱炎になってしまいました。
今度は別の脚だそうですが、本当に完全復活は難しい症状だと実感します。

このように屈腱炎になってしまうと長期の休養になります。
そして、仮に復帰ができたとしてもその恐怖は常につきまとうわけです。
それでも復帰を目指して頑張っている馬はたくさんいます。
ロッテンマイヤーには何とか屈腱炎を克服してまたあの走りを見せてほしいです。
とにかく、まずは復帰戦まで何事もないように祈る日々です。
スポンサーサイト

ロッテンマイヤーが屈健炎を発症で絶望の中、少しだけ見えた光

2016/08/19 <近況>
担当者「疲れの方も取れてきたのでトレッドミルでの運動に移行し、その後も特に問題が見られなかった為、周回コースで運動を行っていたのですが、右前脚に腫れが出てきてしまったので詳しい検査を行ったところ、浅屈健炎の診断でした。秋の大きい舞台に向けて進めていた矢先にこのようなことになってしまい申し訳ありません。損傷としては中程度で、復帰にどれくらい時間が掛かるのか現時点ではハッキリしない状況ですが、能力の高い馬ですしまずは治療に専念したいと思います」



自分の愛馬に絶対に見たくなかった屈健炎という文字。
それが私が1番期待しており秋華賞を目標に調整していたロッテンマイヤーに発症してしまいました。
競走馬にとって不治の病と言われ、治るまでにかなりに期間がかかり、仮に治っても再発もしやすい最もおそれていたものです。
中程度ということで軽症でもないようですし、最低でも1年以上のお休みになります。
仮に順調にいって復帰は4歳の冬くらいでしょうか、牝馬なので残り1年くらいしか活躍できません。
それでも、復帰ができそうなら目指してほしいと思います。
もちろん、この血統と成績の馬ですから、このまま引退しても100%繁殖入りできます。
どういう判断になるかわかりませんが、この馬にとって最善な選択をお願いしたいです。

そんな絶望の気持ちで迎えた週末でしたが、私にとって一筋の光が見えたレースがありました。
同じく屈健炎を発症し約2年ぶりのレースに復帰したワールドインパクトです。
2年ぶりというだけでもう、とりあえず無事に回ってきてくれたらOKというレースだったと思います。
しかし、ワールドインパクトは最後惜しくも差されましたが、勝ってもおかしくない内容で2着と大健闘の内容でした。
もちろん、能力的にはこんなレベルの馬ではありません。
今回1億2千万という最高額で募集されることになったペンカナプリンセスの15の全兄でもあります。
そんな素質馬でしたが、2年ぶりのレースを2着という好結果を出してくれたことはロッテンマイヤーにとっても心強いものになったと思います。
しっかり、休んで治すことができれば復帰してほしいですし、無理なら繁殖入りでも構いません。
この馬にはどっちの道に進んでも大事な未来が待っています。
私はそれをただ見守ることしかできません。
頑張れロッテンマイヤー!

ロッテンマイヤー5戦目は、G3クイーンSで3番人気も10着

2016/08/01 <レース結果>
ロッテンマイヤー  
7/31(日)札幌11R クイーンS GⅢ[芝1,800m・13頭]10着[3人気]
ややアオリ気味のスタートとなり、道中は先団の後ろ5番手あたりを追走、残り800m過ぎから促して進出し、残り400m付近から追い出しましたが、直線で今一つ伸び切れず、残り100m付近で後続に吸収される形で中団に敗れています。

池添謙一騎手「パドックから発汗、入れ込みがきつかったですね。それでも返し馬は落ち着いて出来たので、これで抜けてくれるかと思ったのですが、返し馬が終わってからまたスイッチが入って、ゲート裏でも普通に歩くことができない状況でした。ゲートは問題なかったのですが、ペースが遅かったこともあり、すぐにグッと力んでしまいリラックスして走らせることができませんでした。その分動かしてからのガツンという反応がなかったですね。素質はあるはずなので、前半上手く折り合いを付けることができれば、もう少し違う競馬が出来たと思います。せっかくチャンスを頂いたのに申し訳ありません」

池添学調教師「もう少し落ち着きがほしいですね。パドックから入れ込んで、競馬でもずっとハミを噛んで力んで走っていました。内に潜り込めればもう少し脚を溜められたと思うのですが、終始外目を走らされて前に壁を作れない状況でしたからね。本来はもう少し短い距離がいいのかもしれませんが、まだキャリアは浅いですし、何より秋華賞を目指せるうちは、その路線で進めたいと思います。この後は一旦放牧に出しますが、調教でももう少しリラックスして走れるように工夫していきます」



今回はもしかするとチャンスあるかなと思っていましたが、結果は10着と残念なものになってしまいました。
私の予想以上に評価され一時は1番人気になったり、最後は3番人気でしたがそれでもかなりの高評価を集めました。
自分の出資馬が重賞に出るだけでも誇らしいものですが、それが上位人気でしかも現地にいるとそれはもう楽しかったです。
パドックなんかで見ていても、周りの人がロッテンマイヤーの名前を出すたびに、心の中で「あの馬は私の出資馬なんてすよ」って自慢したい気分でした。
パドックでは最初一人引きで、周りが小さい馬が多いせいか馬体も1頭だけガッシリしていてものすごい頼もしかったです。
IMG_3109.jpg
しかし、いつのまにか2人引きになって発汗が目立ちはじめました。
首のあたりが真っ白になっていきます。
IMG_3129.jpg
池添騎手が乗る時は大人しかったですが、やはり発汗を気にしていたようです。
IMG_3142.jpg
最後の周回、前脚の付け根あたりが真っ白です。
IMG_3146.jpg

今回の結果は確かに力不足もあったとは思いますが、やっぱり入れ込んでしまって発汗がすごかったので、レース前にかなり消耗してしまったのが1番の原因じゃないかと思っています。
まだキャリアたった5戦、ここで負けたからどうなるというものでもありません。
しっかり体も心も立て直して頑張ってほしいですね。
そして、結果は残念でしたが、目の前で愛馬が人気を背負っての重賞出走レースを見ることができて忘れられない思い出となりました。
ありがとうロッテンマイヤー!

最後にクイーンSだからかクイーンっぽい格好をした人
IMG_3154.jpg

ロッテンマイヤー重賞制覇のチャンス到来!

2016/07/28 <近況>
在厩場所:函館競馬場
調教内容:27日にダートコースで追い切り
次走予定:札幌7月31日 クイーンステークス(牝・GⅢ)・芝1800m[池添謙一]

池添学調教師「27日にダートコースで追い切りました。3歳未勝利と併せて行い、攻め掛けする馬でしたがまったく相手にならず、持ったままで突き放す余裕があったと担当者から聞いています。札幌競馬場に移動後も飼い葉をしっかり食べていますし、環境の変化には対応してくれています。時計の掛かる洋芝も却ってこの馬には合っているかもしれませんし、開幕週で前が有利な馬場でもありますから、この馬の競馬が出来れば押し切ってくれるのではないかと思っています。今回は古馬との戦いになり、相手関係は強化されますが、ハンデが51kgとかなり有利に働いてくれそうですから、状態の良さと条件が上手くマッチすれば差はないと思っています。ここで賞金を加算することが出来れば今後のローテーションも楽になりますから頑張ってほしいですね」

2016/07/27 <調教タイム>
ロッテンマイヤー  助 手 7.27札ダ重 68.0- 52.5- 38.4- 12.5[8]馬なり余力   ダイシンヤース(三未勝)一杯の内0.8秒先着



待ちに待ったクイーンSがいよいよ今週末に迫りました!
張り切りすぎてnetkeibaの掲示板にブログで書こうと思っていたことを先に書いてしましましたが、いいね!を過去最高34個ももらってしまいました。
重複しますが新しい情報も含めて修正しこちらにも書きます。


・ロッテンマイヤーが勝つ5つの理由

1、開幕週の馬場
過去札幌開催になって16回での勝ち馬でトゥザヴィクトリー、ヤマカツスズラン、オースミハルカ、アサヒライジング、ヤマニンメルベイユなど逃げ切り勝ちをしており他も先行馬の勝ちが多い。開幕週の綺麗な馬場で前が止まらない。
札幌では数日大雨が続いており、レース当日も仮に晴れてもパンパンの良馬場にはならないと思われます。
ロッテンマイヤーは逃げるか先行するかわからないが、前にいける馬なので断然有利。

2、斤量が最軽量
斤量51キロで出走しているのは過去を見ても2頭しかおらず、ミッドサマーフェアは3着に入っている。
古馬と4キロもの差があるのはかなり恵まれており、その軽量でいかせる前でのレースができるのはポイントが高い。
軽量馬がそのまま逃げ切ってしまうようなレースを今まで嫌というほど見てきたはずです。

3、距離適正
前走オークスは2400Mという初めての距離でしたが、大きく負けてしまいました。
ただ、戦前から言われていた通りクロフネ産駒には厳しい距離で、それでも前目につけて失速しても1,3秒差というのは頑張ったと思います。
今回1800Mになり、前走よりも600Mも短縮し、快勝した新馬戦の時と同じ距離になって再度見直すべきでしょう。

4、洋芝適正
初めての洋芝で適正が心配になるが、クロフネ産駒は基本的に洋芝を得意としており、大先輩のホエールキャプチャも札幌記念で人気薄で3着にきている。
もともと、スピードタイプというより迫力の馬体でパワーも兼ね備えているタイプの馬であり、適正は十分あると思われる。

5、騎手池添
池添騎手は、札幌開催になったクイーンSをヤマカツスズラン、アヴェンチュラ、アイムユアーズで3勝しており、最多勝利騎手である。
このレースで最も信頼でき勝ち方を知っている騎手だ。
それに加え今年は絶好調で函館リーディングを獲得し、その勢いのまま札幌に乗り込んでくる。
弟の管理馬で兄が騎乗して重賞制覇なんて物語があって記事にもしやすい。
翌日のスポーツ新聞では、池添兄弟制覇の文字が躍るでしょう!


この5つの条件を書いていた時、大本命のチェッキーノが出走予定でした。
しかし、今日になって回避が発表され、競馬ファンとしては残念ではありますが、ロッテンマイヤーにとっては絶好のチャンス到来と言えます。
ただ、それ以外にも強敵は多いですし、この馬には絶対にかなわないというレベルの馬はいないのですが、負けてもおかしくないレベルの馬がたくさんいるというレースになりました。
おそらく人気も割れて5番人気の単勝8倍くらいになるんじゃないかと思っています。
私も現地に応援に行きますので、目の前で初めての愛馬の重賞制覇を見てこようと思っています。
ちなみに口取り忘れていました。
重賞なので20人でしたよね。
普通に定員割れしていました・・・
まぁ、勝ったらゼッケンとの写真だけでも写ってこようと思っています。
今から楽しみでしょうがありません!
皆さんも応援よろしくです。
馬券的にも美味しいと思いますよ。

ロッテンマイヤーはクイーンSから始動

ロッテンマイヤー[父 クロフネ : 母 アーデルハイト]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン20秒のキャンター2,400m
次走予定:7月31日の札幌・クイーンS

池添学調教師「牧場で状態を確認しましたが、すっかり疲れも抜けたようですし、順調に乗り込めているので、札幌1週目のクイーンSを目標にすることにしました。来週後半の検疫を取る予定ですが、馬房の都合で函館に入るか札幌に入るかはまだ未定です」

担当者「登坂している時も軸がブレないですし、去年こちらにいた時と比べてコントロールしやすくなっていますね。クイーンSを使う予定になりましたので、良い結果を出せるようしっかり仕上げていきます」



オークス後、北海道で休養中のロッテンマイヤーはクイーンSからの始動となりました。
古馬との対戦になりますが、3歳馬の活躍も多いレースです。
アヴェンチュラやアイムユアーズがここを勝って秋華賞にいってます。
何より1番うれしいのは私が競馬場で生で見に行けるということです。
札幌競馬場の重賞なんて数少ないわけで、そこに愛馬が出てくれるなんて今後もそうそうないでしょう。
そもそも、重賞どころか愛馬が札幌にきてくれたのは今まで1回だけなので本当にうれしいです。
もう今からわくわくしています。
札幌の開幕週の重賞なので良い馬場で前につけて抜け出して勝利なんて妄想してしまっております。
ただ、相手もなかなか強敵がきそうです。
オークス2着のチェッキーノが来るようですね。
これは正直強敵です。
オークスでは完敗でしたので、1800という距離短縮で勝負になるかどうかといったところでしょうか?
まぁ、ローズにいけばシンハライトがいますし、紫苑にいけばメジャーエンブレムがいるわけでどこいっても強いのはいますよね。
古馬でどんなのがくるのかはまだわからないのですが、リラヴァティが出てきそうですね。
こちらはシンハライトのお姉ちゃんで、ライバルのチェッキーノのレースにお姉ちゃんを送り込んでくるしたたかさです。
結果はどうなるかわかりませんが、とにかく楽しみですね。
愛馬が当たり前のように重賞にどんどん出てくれて本当に楽しませてもらっています。
いつか出るだけじゃなく勝利も味わいたいものですが、このクイーンSも可能性はありそうですね。
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ