FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

プロミストリープが浦和桜花賞を快勝も賛否

プロミストリープが浦和の桜花賞を圧倒的1番人気で快勝しました。
私は地方競馬はあまり詳しくないのですが、結構厳しい位置からの勝利で力が抜けていたようですね。
この件については以前、ブログに書きましたので振り返ってみようと思います。

シルク新たな試み。中央から地方への転籍

私は、ブログをご覧いただいている方は知っていると思いますが、ダート牝馬に関して評価を少し下げています。
なぜなら、上にいけば行くほど番組が少なく稼げなくなるからです。
特に2歳、3歳時など牝馬限定のダート番組は上にいくとありません。
そもそも、牝馬限定に限らず3歳のオープンダートはかなり少ないのです。
それは、ダートで稼いでダービーに出走するなどしにくいようにしているとためと言われています。
今回、ダートで2連勝中のプロミストリープがなんと地方に転籍することになりました。
3歳未勝利で勝ちあがれなくて地方にいったり、古馬になって稼ぎにくくなって地方にいった例はあったと思いますが、3歳でバリバリ活躍中の馬がいくのはシルクでは私が入会してからは初めてだと思います。
これは、たまに個人馬主さんなどがやったりする方法で、地方重賞なども中央の枠ではなかなか競争率の高く出れないので地方に移籍して地方馬として重賞などに出したりしています。
それをノーザン系のクラブがやるんだから結構な事件だと思います。

個人的には賛成です。
特に牝馬は稼ぎにくく、数少ないダートオープンのヒヤシンスSなどで牡馬とガチンコ勝負しても旨味はありません。
それなら賞金もそこそこ高い南関に移籍すれば、牝馬限定の地方重賞ユングフラウから浦和桜花賞なども挑戦できるでしょう。
ただ、地方競馬ファンはこういう転籍を結構嫌ったりします。
他所からきた馬に、自分たちの競馬場の枠や賞金を取られるからです。
また、キャロットなんかは最初から地方馬として募集されている馬もいて、そことの住み分けも曖昧になります。
色々と意見や問題点はあるかもしれませんが、とりあえずやってみるのはいいと思います。
ダート向きの牝馬は売れ残りがちですが、こういう方法もやってくれるとわかればもっと売れるかもしれませんね。


移籍した当時はそこまで話題にもなっていなかったのですが、個人的にはかなり大きな出来事だと思って記事にしました。
結果的に、今回こうやって勝ったことでやっぱり色々と意見が出てきましたね。
私が予想していた展開になってしまいました。
netkeibaの掲示板でもかなり賛否両論で騒ぎになっています。
私の意見としては、上にもあります通り基本的には賛成です。
適したレースが無い以上、それを求めて地方にいくのもしょうがないのです。
しかし、地方競馬のファンの方が反対されることも理解しています。

やっぱり1番の問題はJRAの番組編成なんだと思います。
3歳のダート路線の番組が少なすぎるのです。
特に牝馬のダート番組が全く整備させておらず、今回のようにプロミストリープが地方にいくような事態になるのです。
これがちゃんと3歳ダート牝馬のオープンとかG3とかがあればそのまま中央でやっていると思うのです。
なぜなら、今回の浦和桜花賞はS1と地方の重賞で賞金も2000万と高額です。
だから、わざわざ移籍してでも出る価値があるのです。
それでも中央と比べてみると私の愛馬ロッテンマイヤーが勝った忘れな草賞が3歳牝馬オープンですが1900万円です。
ほぼ同じくらいなのです。
新しく作ったらこれくらいになるはずなのでわざわざ行かないでしょうね。

結局、上にもあります通りJRAはダートで稼いだ馬がダービー枠を埋めるのを嫌っているんだと思います。
それに関しては私もそう感じます。
そうであるなら対策をすればいいだけなのです。
クラシックの出走の賞金計算ではダートレース分は半額で計算するとか含めないとか決めちゃえばいいだけなのです。
今は、重賞でもなんでもないヒヤシンスSにあのケンタッキーダービーの出走ポイントを与えるようなよくわからない状況です。
誰が見ても3歳のダート番組が不整備なのは明白なのです。
クラシック出走の賞金計算はダートレース分を減らす仕組みにし、ちゃんと3歳前半のダート重賞や3歳牝馬のオープンなど整備すべきなのです。
しっかり整備されれば中央の馬は賞金の高い中央で頑張りますので今回のような軋轢は減るでしょう。
逆にこのまま整備されなければ、今回のような件がむしろ増えるでしょう。
今回あのノーザングループのシルクの馬がこういう方法に出たのです。
これが前例となってどんどん行くかもしれません。
JRAには今すぐ考えてもらいたいと思います。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
スポンサーサイト
[ 2018/03/22 15:39 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(2)

仔馬の死・・・これがリアルなのか

以前にも少し書いたことがありますが、ニコニコ動画の企画でリアルダービースタリオンというものがあります。
あの有名競馬ゲームのダビスタの世界をリアルにやってみようというもので私も暇を見てチェックしています。
まずは、セールで繁殖牝馬をみんなの投票で決めシュシュブリーズをいう繁殖を購入しました。
キャロットの馬として走っていたお馬さんでなかなか面白いと思っていました。
その後、種付けする種牡馬をまた投票で決め、初年度になるホッコータルマエを付けることになりました。
しかし、残念ながら不受胎でした。
我々は一口馬主でもこの生産という現場には関わりはありません。
受胎するかどうかという緊張感を初めて味わった気がします。
その後、もう一度タルマエを種付けし、今度は見事に受胎。
動画でもみんなで祝福しました。

それからしばらくして、先月シュシュブリーズが出産しました。
その様子は動画でも中継され命の誕生にみな感動しました。
無事かわいい牝馬が誕生したのです。
その後は、多少色々ありながらも元気に動き回って成長していました。
23日にはその仔馬に名前をつけようという番組が決まっており、みんな楽しみにしていました。
そんな中、突然、昨日その子は命を落としてしまいました。
死因は腎不全からの循環不全で心不全とのことですが、正直私にはわかりません。
ただ、こうやって無事産まれても命を落として競走馬になれない馬が少なくないようです。

ゲームならリセットもできます。
しかし、これがリアルなんですね。
企画としても大変なことになりましたが、私もリアルということを突きつけられた思いです。
一口馬主というものは、馬券だけで楽しむよりはずっと馬というのもに愛着を持つようになります。
それでもやっぱり順位や賞金みたいな部分を求めがちになっていきます。
私も最初の頃よりだいぶ成績ばかりを求めるようになってきている実感があります。
もっと最初は順位よりもまずは無事に走り終えてほしい、というような気持ちが強かったです。
今でももちろんそういう気持ちは常にありますし、実際命を落としてしまった愛馬もいます。
ただ、こうやって生産現場のリアルを見るともっと自分に大事なものを感じさせてくれました。

無事に産まれること、そして無事に成長し競走馬になることがどれだけ大変なことなのか。
こうやって一口馬主の馬として募集されている馬たちはそういういくつものハードルを越えてきた尊い存在なんだと改めて感じました。
なかなか結果の出ない愛馬もたくさんいます。
それでも、まずは愛してあげたいと思います。
DYI5Fg8VwAIaj1P.jpg
それがまだ名前も付く前に亡くなってしまったこの子から学んだことです。
こんなにかわいくて元気だったのになぁと思うと涙があふれてきます。
ご冥福をお祈り申し上げます。
[ 2018/03/20 01:19 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(2)

謹賀新年・・・新年アンケート参加お願いします!

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

既に3日になってしまいましたが、今年もこんな感じでダラダラ書いていこうと思います。
目標を立てても結局全然気にせず終わってしまうということで去年から目標も書いていません。
ただ、自分の目標は毎年一貫しており、全頭勝ち上がりです。
一口馬主はとにかく勝ち上がらないと始まりませんからね。
愛馬の話などは年末の記事に書きましたので、今回はブログについて書こうと思います。

このブログも5年目に入ります。
意外と頑張って続いてるほうだと思います。
その中で、色々な企画やコーナーができましたが面倒になったり好評なのかわからずやめたものも多数あります。
なので、今回は皆さんにアンケートを取りたいと思います。
まずは、メインのコーナー。
こちらはこのブログの基本企画なのでアンケート対象ではありません。
・出資馬の情報、分析、レース後の結果コメントなど
・シルクの情報、分析、レビューなど

次からがアンケート対象になります。
今までやったことのある企画です。
1、重賞、G1の馬券予想・・・その名の通り競馬の予想企画です。
2、一口馬主の収支表・・・愛馬の収支表です。
3、シルク馬、注目馬の新馬戦レビュー・・・シルク馬などの新馬戦の感想です。
4、1歳、2歳馬の近況コメントランキング・・・デビュー前の1、2歳馬の近況コメントのランキングです。
5、出走愛馬のレース見解・・・今週出走する出資馬の期待度などです。
6、なぜ出資できなかったのか?シリーズ・・・低価格で人気もそこまでなかった馬が活躍したときの後悔企画です。
7、シルク以外のクラブ馬のレビュー・・・キャロットや東サラ、ノルマンなど他のクラブのレビューです

今年からやってみようか考え中の新企画です。
8、ワンコイン馬券・・・ワンコイン500円で収支プラスを目指す企画です。
9、仮想出資・・・価格や人気などで出資できなかった馬に出資したつもりで楽しむ企画です。
10、シルク勝ち上がり馬レビュー・・・シルク馬が勝ちあがった時に期待度や募集時評価を振り返る企画です。
11、最新競馬界ニュース・・・毎週競馬界で起こったニュースを一つ取り上げて語ります。
12、目指せプロ予想家「俺プロ」・・・netkeibaで今年から始まる予想大会「俺プロ」への参加企画です。


以上が、今までやってきた企画、そして考え中の新企画になります。
この中から読んでみたいと思う企画があれば、何個でも構いませんのでコメントで左の番号を記入お願いします。
無記名でも理由なしでも構いません。
できるだけたくさんの方に参加してもらえるとうれしいです。
多かったら必ずやるというわけではありませんし、やっても途中でやめるかもしれませんが、今後の参考に大いに役立てさせていただきます。
どうかよろしくお願いします。
そして、このブログもより楽しいものにしていこうと思っていますので、今年もどうぞよろしくお願いします。
[ 2018/01/03 16:05 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(14)

有馬記念で大団円

今年も有馬記念が終わりました。
普段は競馬なんて興味もない親も有馬記念だけはどうなった?などと聞いてくるのをみてもやっぱり大きなイベントなんだなって感じます。
特に今年はキタサンブラックの引退レースでもありました。
私は今年馬券がかなり不調でなかなか当たらず、競馬予想を載せるのもやめました。
最後の有馬記念くらい予想を書こうかなとも思いましたが、キタサンブラック本命の面白くない予想になってしまったのでやめました。
というわけで、本命はキタサンブラックでしたが、2着のクイーンズリングが抜けていたためハズレとなりました。
私のデータではどうやってもクイーンズリングを入れる要素がありませんでした。
馬には目をつぶって騎手だけみてルメール買いをするくらいしか思い当たりませんね。
というわけで、最後まで馬券がうまくいかない1年でした。
来年は少しまた変えていこうと思います。

有馬記念のレース自体は、主役のキタサンブラックが逃げ切り勝ちと大団円でしたね。
枠も最高でしたし、スタートも良かったので、その時点でもう勝利ありでした。
枠は内枠ばっかりという批判する人もいますが、有馬は公開抽選で中継もされてるわけで、それを陰謀論のように言う人はちょっと・・・と思いますね。
また、逃げたキタサンにどうして誰も競りかけないんだ?みたいなことを言う人もいます。
だけど、キタサンが逃げ切ったということは前にいた馬にとって有利な展開だったわけです。
だから少し力の劣るはずのクイーンズリングも2着にきています。
そんな自分たちが有利な流れなのに、キタサンに競りかけたりつついたりしてペースを上げたら自分の首を絞めるだけなのです。
確かに、逃げ切り勝ちってレースとしては盛り上がりが欠けるところがありますが、競馬を知っている人ほどその難しさがわかり楽しめるのかなとも思います。
今回は、武騎手の絶妙なペースでの逃げと、それに応えたキタサンブラックを素直に褒めてあげたいですね。

さて、一口馬主としてはキタサンブラックが社台SSで種牡馬入りするのでシルクでも間違いなく産駒がくると思います。
父ブラックタイドはディープインパクトの兄ですから、血統的にはディープの後継種牡馬たちと同じような感じです。
ただ、キタサンブラックはディープとはかなり傾向が違い、大型馬でパワーもスピードもありますが、切れ味があるタイプではありません。
母父サクラバクシンオーというのも気になります。
キタサンは中長距離の芝で大活躍した馬ですが、産駒はスプリンターやダートで活躍する子が出てくる予感が少ししますね。
どちらにしても産駒が本当に楽しみです。
こうやって名馬が引退しても、その子供を楽しみにできるのが競馬の醍醐味ですよね。
[ 2017/12/26 05:19 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(4)

運動会の思い出と2歳戦線

私の親は転勤族で定期的に転勤があり、そのせいで私もよく転校していました。
小学校でも2回の転校があり3校もいきました。
転校は、今までの友達とも別れ、誰も知り合いも友達もいないところにいくわけで本当に嫌で嫌でたまりませんでした。
私が小学校5年生の時、ある地方都市の小学校から札幌の小学校に転校することになりました。
その転校前の学校ではちょうど運動会も終わった頃でした。
私は、ずっとリレーの選手になることが憧れでしたが補欠止まりで、5年生になってやっとギリギリでしたがリレーの選手になることができました。
今はどうかわかりませんが、小学校の運動会のリレーはやっぱり花形種目でそのリレーの選手になるというのはある意味でヒーロー的な存在でした。
なので、やっとなれたときは本当にうれしかったです。

しかし、その後、親の転勤で札幌の学校に転校することになりました。
札幌の小学校ではまだその年の運動会が終わっておらず、ちょうどこれからリレーの選手を選ぶという時期に転校したのです。
私は転校してきたばかりですし、友達もいません。
そんな中、体育の授業を使ってみんなで100Mを走ってリレーの選手の選考が始まりました。
走ってはその上位だけが残っていく感じで、どんどん絞られていき、私は最後のメンバーまで残ることができました。
そして、ある意味で決勝戦のような100M走でなんと私は1位でゴールしたのです。
その時、学校で1番足が早いと言われていた子に勝ってしまったのです。
その時のざわめきは忘れられません。
とんでもない転校生が来たぞ!と学校中で話題になったようです。
次の日にはサッカー少年団の上級生がたくさんクラスにやってきて、入らないかとものすごい勧誘されましたね。
その学校は、グランドを囲むように校舎があり、そのグランドで毎日朝にリレーの選手だけ集合して練習がありました。
その光景を校舎の窓からずらーっとみんなが見ていて歓声が沸くのです。
本当にヒーローになったような気分でした。
あれほど嫌でたまらなかった転校でしたが、初めて良かったと思えた瞬間だったかもしれません。

なぜ急にこんな話をしたかと言いますと、別に過去の栄光を語りたかったわけではありません。
競馬の2歳戦線を見ていると毎年このことを思い出すからです。
つまり、転校前の学校ではギリギリでリレーの選手になれた程度の人間だったのに、転校した先では学校で1番になってヒーローになったのです。
その間、数ヶ月程度なので急に足が速くなったとは思えません。
つまり、周りの生徒のレベルが違っただけなのです。
競馬でもこういうことはよくあります。
新馬戦で圧勝して、次で人気になるも大敗し、なんだ新馬戦のメンバーが弱かっただけだったのかとか、新馬戦で負けるも次で圧勝して、あの新馬戦のメンバーってすごいメンバーだったんだなって後で言われたりよくありますよね。
昨日もシルクの馬が新馬戦を評価されて人気になるも大きく負けてしまいました。
これからもこういうことが繰り返されて本当にすごい馬が絞られていきます。

ちなみに、その後中学校では何校か合流し人数も増えた中、一応学年で2番目に足が速いということで面目は保てました。
しかし、高校に入ると陸上部のすごい子らがうじゃうじゃいて話になりませんでした。
新馬戦や500万で好勝負したので、いきなり重賞に挑戦したら勝負にならなかったという感じでしょうか。
なんか思い出したのでそんな話を書いてみました。
[ 2017/11/26 06:09 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ