FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

男性の病気

ブログの更新のほう全くできずすいません。
実は昨年末からある病気になってしまいなかなか競馬もできませんでした。
慢性的な前立腺炎という病気で男性は結構なる病気のようです。
私の場合は、細菌などではなく座って作業していることが多くその影響でなってしまったようです。
症状としては、常に軽い尿意があってトイレがかなり近くなります。
特に座っていると圧迫されて症状がひどくなります。
なのでパソコンができずに、ブログも更新できませんでした。
ただ、立ってたり寝転がっていると特に問題がないので今回、立ってパソコンができるように改造しました。
治療は長期戦になりそうなので、工夫してみました。
今も立ってパソコンで書いています。
意外といけますね。
なので、これからはブログも書けそうです。
やっぱりスマホだとデータのコピペも面倒ですし、近況ランキングやろうと思ってたんですが、近況もコピペがスマホだと大変で断念しました。
このあと近況ランキングもやりますのでお楽しみに!
スポンサーサイト
[ 2019/01/11 20:04 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(2)

社台スタリオンの種牡馬の2019年種付け料発表

今年の社台SSの種牡馬の種付け料が発表されたのでネットで拾った表を見ていきましょう。

イスラボニータ 150万 →
エピファネイア 250万 →
オルフェーヴル 400万 ↓100万
キズナ 350万 →
キタサンブラック 400万 ↓100万
キンシャサノキセキ 200万 ↓50万
サトノアラジン 100万 →
ジャスタウェイ 400万 ↑100万
ダイワメジャー 500万
ドゥラメンテ 600万円 ↑200万
ドレフォン 300万 →
ノヴェリスト 200万 ↓100万
ハーツクライ 800万 →
ハービンジャー 600万 ↑250万
マインドユアビスケッツ 200万 新
ミッキーアイル 150万 →
モーリス 400万 →
リーチザクラウン 80万 ↓20万
リアルインパクト 80万 →
リアルスティール 200万 新
ルーラーシップ 400万 →
ロードカナロア 1500万 ↑700万
ロゴタイプ 80万


新種牡馬はマインドユアビスケッツとリアルスティールだけです。
リアルスティールは日本でG1を取れなかったわりに結構高めですね。
ディープの後継が現状まだ出てきていないのでチャンスありますね。

上がった種牡馬は、誰がみても驚く価格のロードカナロアです。
倍増の1500万!!!
キンカメの全盛期以上、ディープインパクトと同じくらいのペースのアップ価格です。
この価格になってしまうともう庶民一口馬主には手が届きません。
牡馬は確実に10万以上いきますのでカナロア産駒に出資する機会はもう無さそうです。
確かにアーモンドアイは三冠取りましたし、ステルヴィオもG1勝ったので上がるのは当然ですがここまで上がるとは・・・。
適正距離がマイル前後なのはわかってきてるので、そう考えると高い気がします。

あとはハービンジャーも上がりましたね。
これも最近の産駒成績を見れば当然でしょうね。
少し前まで安くても売れ残ってたのに一変しましたね。
ジャスタウェイも2歳が活躍中なのでちょっと上がりました。

下がったほうを見てみるとオルフェーヴルでしょうか。
初年度産駒からG1馬を出してるの下がってしまうのは残念です。
大物もでるんですが、平均値が低いのが難点でしょうね。
まぁ、ステゴも一発型でしたしそういうタイプなんだと思います。
あとはキタサンブラックも下がっています。
まだ産駒もデビューしていないのに下がったのは初年度いまいち数が集まらなかったからでしょうね。
少し高すぎた印象なので、下げてたくさんつけてもらいたいところです。

Private設定になっているのはディープインパクト、キングカメハメハ、クロフネ、ドリームジャーニーです。
ディープももうあまりつけすぎないように200頭くらいで制限してる感じでしょうか。
キンカメはずっと体調不良ですし、クロフネは高齢なので減らすんでしょうかね。

あとは社台SSから追い出されそうなのが4頭。
エイシンフラッシュ、ディープブリランテ、スピルバーグ、フェノーメノです。
ダービー馬2頭が結果出ずい去るのは悲しいですね。
後者の2頭はまだ産駒もデビューしてないのにずいぶん早い判断ですね。

種牡馬業界も本当に入れ替わりが激しいです。
新しいエースになりつつあるロードカナロアがどこまで活躍馬を出し続けられるのかも見所です。
個人的にはキズナとキタサンブラックに頑張ってもらいたいですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2018/11/22 23:04 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(2)

来年度の大幅なJRA競馬改革をまとめてみた

来年度の競馬開催についてJRAから発表がありました。
ぱっとみわかりにくいし、結構大きな変更があるので自分なり重要そうな部分をまとめてみます。
間違ってたらすいません。

・オープン競走のリステッド格付けについて
リステッドってなんだ?と思う人が多いと思いますが、いわゆる準重賞になります。
G1~G3などの重賞レースとオープンの間の位置づけになります。
あとで書きますが降級制度もなくなりますので、レベルの低いオープン馬などがそのまま残る可能性があります。
なので上級オープンと下級オープンを作ってオープンの中でも差別化をしようという感じだと思います。
ちなみに収得賞金算入額は1着のみということのようです。


・降級制度の廃止
「4歳春季競馬までに獲得した収得賞金を(4歳の)夏季競馬開始時点で2分の1とする」という所謂降級制度がなくなります。
これは一口馬主にも結構大きな影響がありそうです。
2歳時のレベルの低めの重賞を勝っちゃった馬とかは降級もないのでそのまま上のクラスとなります。
また、降級することで一度勝ったクラスでもう一度戦えるので賞金が稼ぎやすかったなどもできなくなります。
ただ、わかりにくかったことも事実。
近走二桁着順ばかりみたいな馬が3番人気とかになってて、あまり競馬詳しくない人はなんで?と思うでしょうね。
これは降級してきた馬なんだよっていうところから説明しないといけません。
わかりやすくはなるけど、実際どうなるのかは来年見てみないとわかりませんね。


・競走条件の呼称変更について
1,600万円以下 3勝クラス
1,000万円以下 2勝クラス
500万円以下 1勝クラス

これは個人的には改悪だと思っています。
わかりやすくしようと思って逆にわかりずらくなるパターンです。
この1勝や3勝は結局目安でしかないので、3勝クラスの1勝馬みたいなのは出てきます。
地方で2勝してきて中央戻った馬も1勝馬クラスですからわかりにくいです。
また、今は3歳上1600万クラスというレースが、おそらく3歳上3勝馬クラスとなります。
3が並んでわかりずらいですよね。
慣れるしかないとは思いますが、この必要性は感じません。


・収得賞金の算入額の変更
これについては表を見てもらうしかないのですが、現時点では私もよくわかりません。
たぶんリステッドが大きく関係してると思います。
ダービーなどの賞金順で出走する場合に、重賞で2着とかに入るよりリステッドで勝ったほうがかなり大きなメリットになりそうです。


・女性騎手への減量適用について
まぁ、簡単に言うと藤田菜七子騎手は100勝越えても基本的にずっと2キロ減ですよという感じですね。
今は藤田騎手しか女性はいませんからね。
ただ、重賞などでは適用されません。
個人的には、もっと早く作っても良い制度だと思います。
女性が筋力で男性に劣るのはわかりきってることです。
女性騎手が現在一人しかいないのもそのせいです。
これで女性騎手が増えていけば、また競馬の裾野も広がり楽しくなると思います。


・スーパー未勝利戦の廃止
秋季競馬における出走状況を改善するため、2019年度以降秋季競馬においては3歳未勝利競走を編成しないことといたします。

このようにその他の事項にさらっと書いてありましたが、個人的には1番の衝撃です。
今までの話は前もって出ていたものなので知っていたのですが、こんな話は出てなかったはずです。
これは一口馬主としてもかなり大きな変更です。
勝ち上がり馬を減らすとは思えないので、その分それ以前に未勝利戦を少し増やすんでしょうかね?
ただ、故障などで出遅れた馬にとってはますます厳しくなります。
地方からの出直し再ファンドを増やすなどしない限り、勝ちあがれず引退してしまう愛馬が増えかねない重要変更です。


・3走成績による平地競走の出走制限について
3歳以上の未出走馬および未勝利馬が、新馬競走を除いた平地競走において3走連続して9着以下であった場合、2ヵ月間平地競走に出走できないことといたします。

つまり、3歳馬が未勝利戦で3連続9着以下になったら2ヶ月出れなくなるということです。
おそらく以前も似たような制度があった気がします。
これによって勝てる見込みのない馬の出走が減り、出走手当て目当てのような出走は減るはずです。
ただ、これは先ほどのスーパー未勝利廃止と大きく関わっており、7月くらいに3連続目の9着以下をとってしまうともうそこで終わってしまいます。
例えば、2歳新馬2着、大きく出遅れて2歳未勝利10着、ダートに変更するもダートが合わず3歳未勝利14着、その後骨折。
半年ぶりに3歳7月復帰戦9着で2ヶ月出走制限で引退。
普通なら故障明けの叩いて2戦目を期待したいのに使えずに終わるみたなケースが結構出てくると思います。
この2ヶ月制限とスーパー未勝利戦廃止のコンボはかなり強烈だと感じます。


以上が今回のJRAの変更について自分なりにまとめたものです。
個人的にはやっぱり降級廃止とスーパー未勝利廃止が気になります。
一口馬主にもものすごい影響があると感じています。
リステッドや賞金の部分はちょっとやってみないとわかりませんね。
なんか良い変更はあまり見当たりません。
女性騎手のところくらいでしょうか。
これも賛否はあると思いますけどね。
みなさんのご意見もご感想も教えてくださいね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2018/11/20 19:39 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(4)

プロミストリープが浦和桜花賞を快勝も賛否

プロミストリープが浦和の桜花賞を圧倒的1番人気で快勝しました。
私は地方競馬はあまり詳しくないのですが、結構厳しい位置からの勝利で力が抜けていたようですね。
この件については以前、ブログに書きましたので振り返ってみようと思います。

シルク新たな試み。中央から地方への転籍

私は、ブログをご覧いただいている方は知っていると思いますが、ダート牝馬に関して評価を少し下げています。
なぜなら、上にいけば行くほど番組が少なく稼げなくなるからです。
特に2歳、3歳時など牝馬限定のダート番組は上にいくとありません。
そもそも、牝馬限定に限らず3歳のオープンダートはかなり少ないのです。
それは、ダートで稼いでダービーに出走するなどしにくいようにしているとためと言われています。
今回、ダートで2連勝中のプロミストリープがなんと地方に転籍することになりました。
3歳未勝利で勝ちあがれなくて地方にいったり、古馬になって稼ぎにくくなって地方にいった例はあったと思いますが、3歳でバリバリ活躍中の馬がいくのはシルクでは私が入会してからは初めてだと思います。
これは、たまに個人馬主さんなどがやったりする方法で、地方重賞なども中央の枠ではなかなか競争率の高く出れないので地方に移籍して地方馬として重賞などに出したりしています。
それをノーザン系のクラブがやるんだから結構な事件だと思います。

個人的には賛成です。
特に牝馬は稼ぎにくく、数少ないダートオープンのヒヤシンスSなどで牡馬とガチンコ勝負しても旨味はありません。
それなら賞金もそこそこ高い南関に移籍すれば、牝馬限定の地方重賞ユングフラウから浦和桜花賞なども挑戦できるでしょう。
ただ、地方競馬ファンはこういう転籍を結構嫌ったりします。
他所からきた馬に、自分たちの競馬場の枠や賞金を取られるからです。
また、キャロットなんかは最初から地方馬として募集されている馬もいて、そことの住み分けも曖昧になります。
色々と意見や問題点はあるかもしれませんが、とりあえずやってみるのはいいと思います。
ダート向きの牝馬は売れ残りがちですが、こういう方法もやってくれるとわかればもっと売れるかもしれませんね。


移籍した当時はそこまで話題にもなっていなかったのですが、個人的にはかなり大きな出来事だと思って記事にしました。
結果的に、今回こうやって勝ったことでやっぱり色々と意見が出てきましたね。
私が予想していた展開になってしまいました。
netkeibaの掲示板でもかなり賛否両論で騒ぎになっています。
私の意見としては、上にもあります通り基本的には賛成です。
適したレースが無い以上、それを求めて地方にいくのもしょうがないのです。
しかし、地方競馬のファンの方が反対されることも理解しています。

やっぱり1番の問題はJRAの番組編成なんだと思います。
3歳のダート路線の番組が少なすぎるのです。
特に牝馬のダート番組が全く整備させておらず、今回のようにプロミストリープが地方にいくような事態になるのです。
これがちゃんと3歳ダート牝馬のオープンとかG3とかがあればそのまま中央でやっていると思うのです。
なぜなら、今回の浦和桜花賞はS1と地方の重賞で賞金も2000万と高額です。
だから、わざわざ移籍してでも出る価値があるのです。
それでも中央と比べてみると私の愛馬ロッテンマイヤーが勝った忘れな草賞が3歳牝馬オープンですが1900万円です。
ほぼ同じくらいなのです。
新しく作ったらこれくらいになるはずなのでわざわざ行かないでしょうね。

結局、上にもあります通りJRAはダートで稼いだ馬がダービー枠を埋めるのを嫌っているんだと思います。
それに関しては私もそう感じます。
そうであるなら対策をすればいいだけなのです。
クラシックの出走の賞金計算ではダートレース分は半額で計算するとか含めないとか決めちゃえばいいだけなのです。
今は、重賞でもなんでもないヒヤシンスSにあのケンタッキーダービーの出走ポイントを与えるようなよくわからない状況です。
誰が見ても3歳のダート番組が不整備なのは明白なのです。
クラシック出走の賞金計算はダートレース分を減らす仕組みにし、ちゃんと3歳前半のダート重賞や3歳牝馬のオープンなど整備すべきなのです。
しっかり整備されれば中央の馬は賞金の高い中央で頑張りますので今回のような軋轢は減るでしょう。
逆にこのまま整備されなければ、今回のような件がむしろ増えるでしょう。
今回あのノーザングループのシルクの馬がこういう方法に出たのです。
これが前例となってどんどん行くかもしれません。
JRAには今すぐ考えてもらいたいと思います。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2018/03/22 15:39 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(2)

仔馬の死・・・これがリアルなのか

以前にも少し書いたことがありますが、ニコニコ動画の企画でリアルダービースタリオンというものがあります。
あの有名競馬ゲームのダビスタの世界をリアルにやってみようというもので私も暇を見てチェックしています。
まずは、セールで繁殖牝馬をみんなの投票で決めシュシュブリーズをいう繁殖を購入しました。
キャロットの馬として走っていたお馬さんでなかなか面白いと思っていました。
その後、種付けする種牡馬をまた投票で決め、初年度になるホッコータルマエを付けることになりました。
しかし、残念ながら不受胎でした。
我々は一口馬主でもこの生産という現場には関わりはありません。
受胎するかどうかという緊張感を初めて味わった気がします。
その後、もう一度タルマエを種付けし、今度は見事に受胎。
動画でもみんなで祝福しました。

それからしばらくして、先月シュシュブリーズが出産しました。
その様子は動画でも中継され命の誕生にみな感動しました。
無事かわいい牝馬が誕生したのです。
その後は、多少色々ありながらも元気に動き回って成長していました。
23日にはその仔馬に名前をつけようという番組が決まっており、みんな楽しみにしていました。
そんな中、突然、昨日その子は命を落としてしまいました。
死因は腎不全からの循環不全で心不全とのことですが、正直私にはわかりません。
ただ、こうやって無事産まれても命を落として競走馬になれない馬が少なくないようです。

ゲームならリセットもできます。
しかし、これがリアルなんですね。
企画としても大変なことになりましたが、私もリアルということを突きつけられた思いです。
一口馬主というものは、馬券だけで楽しむよりはずっと馬というのもに愛着を持つようになります。
それでもやっぱり順位や賞金みたいな部分を求めがちになっていきます。
私も最初の頃よりだいぶ成績ばかりを求めるようになってきている実感があります。
もっと最初は順位よりもまずは無事に走り終えてほしい、というような気持ちが強かったです。
今でももちろんそういう気持ちは常にありますし、実際命を落としてしまった愛馬もいます。
ただ、こうやって生産現場のリアルを見るともっと自分に大事なものを感じさせてくれました。

無事に産まれること、そして無事に成長し競走馬になることがどれだけ大変なことなのか。
こうやって一口馬主の馬として募集されている馬たちはそういういくつものハードルを越えてきた尊い存在なんだと改めて感じました。
なかなか結果の出ない愛馬もたくさんいます。
それでも、まずは愛してあげたいと思います。
DYI5Fg8VwAIaj1P.jpg
それがまだ名前も付く前に亡くなってしまったこの子から学んだことです。
こんなにかわいくて元気だったのになぁと思うと涙があふれてきます。
ご冥福をお祈り申し上げます。
[ 2018/03/20 01:19 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ