まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

アルジャンテの8戦目は無駄な一戦に

2017/03/13 <レース結果>
アルジャンテ
 3/11(土)阪神10R うずしおステークス〔芝1,600m・11頭〕9着[2人気]

好スタートを決めると、道中は6番手で脚を溜めていきます。勝負どころで両サイドから馬が押し寄せてくると、怯んでしまったためにブレーキをかけて後方まで下がってしまい、そのまま9着でゴールしています。

福永祐一騎手「出遅れないように気を付けていましたが、まずまず良いスタートを決めてくれたので、出たなりの位置で競馬をしていこうと考えていました。ただ、前にいた馬が思ったより控えてきたために、位置取りが悪くなり、それに3~4コーナーで両サイドからプレッシャーが掛かると怯んでしまって、ズルズル後ろに下がってしまいました。好位で競馬ができていればもう少し早めに抜け出せていたと思いますし、上手く捌き切れなかったことが悔やまれます。これまでスムーズな競馬しか経験していなかったこともあって、今回のようにプレッシャーが掛かるとモロさが出てしまいましたから、そのあたりは経験を積んでいく必要がありそうです」

尾関知人調教師「阪神競馬場への移動は上手く対応してくれましたし、馬体重はマイナス6kgと減ってしまいましたが、前走はプラス8kgで出走していましたから、元に戻ったものだと考えています。落ち着きがあり、いつものアルジャンテの様子でしたから、どのようなレースをしてくれるか楽しみにしていましたが、経験の浅いところが出てしまいました。これまでそのようなところを見せたことがなかっただけに想定外でしたが、こればかりは経験していくしかありませんから、今回の敗因を次走に活かせるように調整していきたいと思います」



2番人気にもなり、かなり期待していたのですが残念な結果になりました。
実際乗ってたジョッキーの言葉以上のものはないとは思いますが、レースとしては上手にいきませんでしたね。
内に包まれないように外に出したい出したいという感じでそのまま下がっていって位置取りが悪くなったように思います。
結局距離適正などよくわからないまま無駄な一戦となってしまいました。
まぁ、競馬はこういうものですよね。
うまくいくことのほうが少ないです。
骨瘤も出てきてしまったようで少し休むようです。
この馬は休んで成長して結果を出してきました。
今回もしっかり休んで次は実力発揮してほしいですね。
スポンサーサイト

アルジャンテ7戦目は惜しくも3連勝ならず

2017/02/13 <レース結果>

アルジャンテ
 2/12(日)東京9R 雲雀ステークス〔芝1,400m・10頭〕2着[3人気]

まずまずのスタートを切ると、道中は5番手辺りを追走、4コーナーから徐々に上がって行き、残り400m付近から追い出されるとしっかり脚を伸ばし一度は先頭に立ちますが、ゴール寸前で惜しくも勝ち馬に交わされ、2着でゴールしています。

横山典弘騎手「調教時にも感じていましたが、今日は道中ちょっと左に張りながら走っていました。でもそれが大きくレースに影響したというわけではないですし、特に大きな問題ではありませんでした。メンバー的にもそれほどペースは速くならないだろうと思っていて、案の定そうなったので前に付けていきました。4コーナーで自ら動いていって、よく脚を伸ばしてくれていますが、勝った馬とは瞬発力の差が出てしまいましたね。ただ昇級初戦だったことを考えると頑張っていますし、力をつけていますね。ここまで大事に使ってきたこともあって、まだ動きにモコモコしたところがありますし、もう一段階良くなってきそうな雰囲気がありますよ。そうなればもっとシュッとした脚を使えるようになるでしょう」

尾関知人調教師「惜しかったですね。典さん(横山典弘騎手)も前に楽をさせないように上手くマークしながら乗ってくれたのですが、最後あれだけ外からズバッと来られてしまっては抵抗しようがなかったですね。あそこまでいったら3連勝を決めて、気持ちよくオープン入りしたかったところですが、でも昇級初戦でしかも定量戦だった中でこれだけ走ってくれたのですから、よく頑張ってくれていますし、今後に向けて期待の持てる内容だったと思います。今後のことは、レース後の状態を見て判断させていただきたいと思います」



まずまずのスタートから積極的に前のほうにいきました。
横典騎手はこの馬を手の内に入れている気がしますね。
最後の直線では良い感じに先頭に立ちそのままいけるかと思いましたが、最後に差されて2着になってしまいました。
3連勝はできませんでしたが、このクラスでもいきなり通用しましたし、本当に楽しみになりました。
この馬は間違いなく力をつけています。
このクラスも早めに突破して年内に重賞にも顔を出せるようになってくれそうです。
それにしても今年はなんか2着が多いなぁ。
勝ちきれないもどかしさを何度も味わっています。

アルジャンテ6戦目は、会心のレースで2連勝

レース結果
アルジャンテ
10/16日(日)東京12R 神奈川新聞杯〔芝1,400m・15頭〕優勝[2人気]

やや出遅れ気味のスタートから徐々に追い上げて、道中は中団を追走、直線で早めに先頭に立ってから後続の追い上げを封じて、見事1着でゴールしています。

横山典弘騎手「ゲートはそれほど速くないと聞いていましたが、その通りでしたね。調教師から少し押して行って欲しいと言うことだったので巻き返して行きましたが、前も結構飛ばしていましたし馬群がばらけていたので、スムーズに追い上げて行けました。手応え十分で直線に向いて追い出したら伸びてくれましたし、後ろの馬が来るとまた頑張ってくれましたね。まだトモに緩さのある馬なので、器用さを求められるコースよりも現状はワンターンの競馬場の方が良いでしょう。まだまだ伸びしろのある状況でこの内容ですから、時間をかけながら育てて行けばもっと走ってくると思います」

尾関知人調教師「ゲートは予想通り遅れてしまいましたが、その後は上手く巻き返してくれましたね。ハンデが軽かったとは言え早め先頭からの押し切りですし、昇級戦ながら完勝だったと思います。徐々に体がしっかりしてきている段階なのですが、今週の追い切り後にカイバ食いが細くなるなど、まだまだ繊細な一面も残しています。レース後の状態次第では次開催の牝馬限定戦も考えていますが、今はまだ無理をさせる段階ではないと思うので、慎重に判断したいと思います」




オレンジ13

スタートは出遅れてしまいましたが、その後上がっていき中段で進めます。
最後の直線に入ると良い脚で伸びてきて先頭に立ちますが、内からも外からも有力馬が伸びてきて最後までドキドキしましたが、脚色が衰えることなく着差そのままでゴールしました。
本当に興奮しましたね。
アルジャンテは今年の初めにはフェアリーSの重賞にも出たりしていたのですが、いまいち結果が出ず、蹄の問題で半年も休養することになりました。
しかし、その休養が良かったようでしっかり成長し復帰初戦の500万を快勝しました。
そして、今回1000万クラスにきたわけですが、スターオブペルシャなど結構な強敵もいましたので、さすがにこのクラスの混合戦はいきなりは厳しいなぁと思っていたのですが勝ってくれましたね。
横山騎手もこの日好調で4勝目だったのですが、たまにやる気のないような騎乗もする騎手なので少し心配でしたがこの日は最後まで全力で追ってくれて頑張ってくれました。
これで2頭目の3勝馬の準オープンクラスになります。
もう一頭はクードラパンです。
どちらも、売れ残っていた馬で、調教の動画が出て走りの素晴らしさを見てから出資した馬です。
同じ時期くらいに出資しました。
今回の募集でシルクで満口になっていない馬にもこういう馬が必ずいます。
できれば調教動画が出るまで様子見して、出資を決めたいです。

皆さん走るのが速い馬を見つけて出資したいわけです。
立ってる姿や歩いてる姿を見たって結局わかることなんてたかが知れてるんです。
走るのが速い馬を探したいなら走る姿を見るのが1番に決まってるんです。
それでもわかることなんて微々たるものですよ。
小学生の徒競走を見て将来オリンピック選手になれるかどうか見極めようとするようなものです。
それでも、なんとく良い走りだなってのはわかったりするものです。
なので、個人的には調教動画が出るまで様子見したいのです。
でも、今のシルクならその前に売れちゃうんだろうなぁ。
第2のアルジャンテを見つける戦いはもう始まっています。

速報!アルジャンテが2連勝!レーヌドブリエも2着、アフィニータ5着

アルジャンテが500万、1000万と2連勝を達成してくれました。
さすがに、相手も強くなるしまずは経験かなと思っていたのですが、いきなり通用して快勝しました。
強い1番人気馬に差されるかと一瞬思いましたが、まったく譲らず着差そのままでゴールしましたね。
距離ももっと長くてもいけそうな気もしてきましたね。
詳しい振り返りは公式コメントが出てからにしますね。

レーヌドブリエも惜しい2着でした。
勝っても全然おかしくなかったんですけど、出しどころ探してもたもたして時間がかかった分届きませんでした。
最後の上がりは33,4ですからやっぱり良馬場なら切れますね!
アフィニータも5着と健闘。
こちらは3歳馬で未勝利勝ったばかりなので、成長しつつこのクラスに慣れて勝ちあがってくれそうな内容でした。
こちらも公式コメントがでてから振り返ります。

それにしても久々に予想公開したら惜しくもなんともなくて恥ずかしかったので、良い記事で上書きできてよかったです。

アルジャンテ連勝なるか?

2016/10/13 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで13日に時計
次走予定:今週日曜の東京・神奈川新聞杯〔横山典弘〕
尾関知人調教師「追い切りには簑島騎手に騎乗してもらい、追走し外に併せて同入しました。前走時の追い切りにも簑島騎手に乗ってもらっているので、その時と比較してもらおうと思いましたが、簑島騎手によると『絶好調だった前回に比べてしまうとやや落ちますが、どこが悪いということはありません。ただ前回は詰まって走っていましたが、今回は少し伸びた感じになっていました』と言っていました。乗り役の微妙な感覚では前走程ではないということですが、今回も決して悪いわけではありません。短期放牧を挟んでリフレッシュできていますし、馬体はフックラして良い状態です。脚質的にも東京は合っていると思いますし、軽ハンデを活かせれば昇級戦でも良い競馬をしてくれると思っています」

2016/10/13 <調教タイム>
アルジャンテ  蓑 島 10.13南W良 53.3- 39.6- 13.2[9]馬なり余力   
サクラディソール(古1000万)馬なりの外を1.0秒追走同入



復帰初戦を快勝してくれたアルジャンテが出走します。
1000万条件ですが、ここでも十分勝負になりそうですね。
強そうなのが2頭ほどいますので、おそらく3番人気くらいかなと思います。
印も結構ついてますし、いきなりもあるかもしれません。
一口馬主をはじめて収支も公開していますが、この1000万クラスが一つの目安になります。
これくらになると賞金も高くなりますし、特別戦なら2着でも未勝利戦の勝利より高くなります。
まぁ、アルジャンテはディープ産駒で7万円の高い馬なので全然まだこれで元がとれるわけじゃありませんけどね。
このクラスで終わる馬ではないと思いますが、まずは掲示板以内で目途が立てば十分かもしれません。
とにかく楽しみにしています。
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ