まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

第2キャロットクラブができる可能性

キャロットが予想通りすごいようですね。
80頭くらいの募集で60頭が1次でもう抽選というんですから半端じゃないです。
まぁ、去年全頭完売した会員さんがそのままいるでしょうし、ダービー制覇で会員も増えてるのは当然なのでこうなることはわかっていましたよね。
恐ろしいのは、これが来年以降もどんどん増える可能性があるということです。
会員が減らない限り前年以上の申し込み数になっていくのは必然ですからね。

そこで考えられるのは、第2のキャロットを作ったりできるのか?ということです。
今は入厩制限がありますので、募集馬はこれ以上増やすことはできません。
それがなければ、会員が増えたら募集馬を増やせばいいだけなんですけどね。
なので、募集馬を増やすためにクラブを新しく作るということが考えられます。
昔は、一口馬主クラブは簡単に作れなかったようですが、今はノルマンディーやワラウカド、バヌーシーなどどんどんできているので、おそらく緩和されたんだと思います。
そう考えるとありうる対策なのかなと思います。
私は以前から本家と言われている社台、サンデーの仕組みに興味を持っていました。
社台とサンデーは別クラブなんですが募集や会費などは共通でやってるんですよね。
実績も共通だと聞きました。
これをキャロットに応用できる気がします。

新たに一口馬主クラブ「ニンジン」を作ったとします。
キャロットとニンジンは別クラブですし、勝負服も微妙に違います。
しかし、会費は共通で月3000円のみ、募集も共通、最優先権や母親優先権も共通です。
社台、サンデーの仕組みがOKならこれでも可能な気がします。
そうすれば、キャロットで80頭、ニンジンでも80頭募集ができ、いくら会員が増えても大丈夫でしょう。
馬の数は、クラブが増えたら繁殖を増やしてノーザンがいくらでも生産できるでしょうから問題ないと思います。
制度とかルールとか全然把握してるわけじゃないので、机上の空論なのかもしれませんが、可能ならやりそうな気もしますよね。

この一口馬主のブームが続けばシルクも近い将来キャロットのようになる可能性が高いです。
会員がどんどん増えれば抽選でも当たりませんし、実績のハードルもどんどん上がります。
そうなったときに、こういう第2クラブを作って事務は一つにまとめるという方式がありえるのかどうか。
今のキャロットの現状を見るとそういう話が出てきてもおかしくないのかなと思いました。
スポンサーサイト
[ 2017/09/14 19:03 ] キャロットクラブ | TB(0) | CM(4)

キャロットクラブへの入会を考え中の皆さんへ

一口馬主界はシルクの1次募集も終わり、一大イベントであるキャロットの募集で話題は持ちきりです。
私のブログの右にある巡回ブログは基本的にはシルク会員の方のブログしかないのですが、タイトルだけ見てもキャロットという文字だらけになってしまいました。
それほどキャロットに入っている方が多いわけです。
それも当然で、今の一口馬主のブームはキャロットが巻き起こしたと言っても過言ではなく、シルクはそのおこぼれで売れ行きが好調なだけと言ってもいいでしょう。
それくらいキャロットの馬がここ数年大活躍しています。
それに加えて今年はとうとうレイデオロがダービーまで制しました。
そうでなくても去年の募集馬が全頭完売という快挙を成し遂げたのに、このダービー制覇でますます会員が殺到することでしょう。
なので、私は今キャロットに入ろうかなと悩んでいる一口馬主デビューの方にキャロットについて少しお話しようかなと思います。
ちなみに私はキャロット会員ではありませんが、それなりにわかっているつもりです。
そして、なぜキャロットに入らないのかもこれを読めばわかるかと思います。

まず、言っておかなければならないことはキャロットは新規に冷たいクラブです。
既に大人気でこれ以上会員が増えなくてもいいので、新規を増やそうなんて考えていません。
なので、募集も新規はかなり冷遇されており、既存会員の方々の申込みを処理した後で、残ってる馬だけ新規の方の申込みが反映されます。
つまり、1番最後の後回しにされますので、人気馬は100%取れないと思ってください。
なのでキラ星のごとく名簿にある良血馬たちの出資チャンスはありません。
そういう馬が欲しい場合は、とりあえず今年は人気の無い馬でもいいから何か出資してクラブに入会し、来年以降で勝負してください。

次に募集馬についてですが、これだけ活躍馬の多いキャロットですが勝ちあがり率はシルクと変わりません。
というかシルクより悪いことのほうが多く、今必死に未勝利戦を戦っている3歳世代なんて40%程度しかなく、シルクとは10%もの差があります。
つまり、80頭の募集があったとして40~50頭は1勝もできずに終わってしまうということです。
あれだけG1や重賞をバンバン勝つキャロットの馬なので錯覚しがちですが、勝ちあがれずに終わる馬は普通に多いのです。
一口馬主を初めてしようとする人は勘違いしがちな部分かなと思います。

そして、シルクとは違う特徴として、人気になった馬が活躍することが多いというのがあります。
キャロット会員の見る目がすごいのか、わかりやすい人気殺到の良血がそのまま活躍することが多いせいなのか、色々理由はあるとはおもいますが、人気と活躍が比例することが多いです。
もちろん例外はありますが、人気のない安い馬から掘り出し物を探そうとするより、人気殺到の馬に勝負を賭けることのほうが戦略としてはいいかもしれません。
つまり、新規さんはそういう馬に申し込むチャンスはありませんので厳しい戦いになるでしょう。

そして、それらの新規冷遇などにすべて繋がってくるのが会員が増えすぎているということです。
毎年のようにG1馬が出て、重賞をポンポン勝ち、ダービー馬まで出したわけですから当然会員はどんどん増えていきます。
しかし、募集馬の数はずっと増えていません。
入厩制限というものがあって同じ馬主さんの馬は一定数までしか入厩できない制度があるのです。
なので、会員が増えたなら募集馬も100頭や200頭したって売れるだろうからすればいいのにといかないのです。
つまり、商品の数は同じなのに欲しいお客さんだけどんどん増えているのです。
これがキャロットの強みだった最優先制度に歪みをもたらし始めています。
どうしても欲しい馬1頭は取らせてあげたいというのが最優先制度だったと思います。
しかし、会員が増えれば最優先の数も同じだけ増えていきます。
最優先の使用先がどんどんかぶるようになり、バツ1、バツ2とどんどん増えていくようになりました。
バツ1とは最優先を使って申し込んだけど申込みが多く抽選になって落ちてしまった場合に、来年普通の最優先より優遇しますよという権利です。
バツ2も同様に、最優先バツ1を使ったのに抽選になって取れなかった場合にもっと強い権利を来年あげますよということです。
バツ2でも抽選になることもあり、それで落選してもバツ3までは無いようです。
つまり、普通の最優先程度じゃ取れない馬がどんどん増えていき、バツ2でさえ取れないこともあるように相対的に最優先の価値がどんどん下がっているのです。

このように現在のキャロットは会員数が増えすぎて欲しい馬を取るために2年我慢してバツ2にして3年目にやっとそのバツ2を使って取れるかどうかという感じになっています。
じゃあ、人気のない馬で勝負しようかと言ってもキャロットは先ほども言った通り人気馬が活躍する傾向が強いし、そもそもそんなに売れ残る馬なんていませんからすぐに決断しなければなりません。
そうやって3年がかりでなんとか出資できた1頭や2頭が、活躍するかと言えば最初に言った通り半分は未勝利で終わります。
どうですか?
甘くない世界ですよね。
なのでキャロットに入るなら今回触れなかった母親優先制度も含めてかなりの長期的な計画で考えてください。
今年入って今年すぐ良い馬に出資できるというクラブではないということです。

ここまで読むとキャロットってかなりきついクラブですよね。
それでもこれだけ大人気なのは当然馬が活躍するからです。
最近、お祭りの出店のクジには当たりが入っていないということが話題になりました。
シルクには当たりは入っていますがゲームソフトくらいなものです。
しかし、キャロットにはPS4やNintendo Switchなどの大当たりがちゃんと入っています。
それを引き当てるためなら2年でも3年でも我慢できるという人が多いのでしょうね。

このようにキャロットは当たりはちゃんと入っていますが、それを引くためにかなりの我慢と運が必要になります。
そして、これだけ人気で馬が取れませんのでキャロットだけではなかなか頭数が確保できません。
毎年5頭くらいに出資して楽しみたいなぁと思っていてもキャロットだけでは難しいのです。
なので、最初に書いたようにキャロットとシルクのように掛け持ちする方が多いのです。
あとは予算やスタイルなど自分に合ったクラブを選んでくださいとしか言いようがありません。
今年はやっぱりレイデオロがダービーを勝ったことでキャロット入会を考えている人が多いと思います。
なので、一応キャロットはこういう現状ですよということを新規さんのために書いてみました。
[ 2017/08/24 22:23 ] キャロットクラブ | TB(0) | CM(14)

キャロットの第1次募集最終結果

とりあえずメモしておきます。
再来年にでもこの人気した馬たちが実際どういう競争結果になったか調べてみようと思います。


【第1次募集最終結果】
<母馬優先対象馬>
A・母馬優先枠内および最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選
44.アヴェンチュラの15

B・母馬優先枠内および最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選
対象馬なし

C・母馬優先枠内および最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選
対象馬なし

D・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選
対象馬なし

E・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選
04.クリソプレーズの15
15.ヴィートマルシェの15

F・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選
13.マルティンスタークの15
46.シーザリオの15
78.シシリアンブリーズの15

G・母馬優先枠内および最優先希望枠内は当選、一般出資枠で抽選
05.ラドラーダの15
06.ディアデラノビアの15
17.ペルレンケッテの15
18.フェルミオンの15
20.ブロードピークの15
45.リーチコンセンサスの15
47.ブルーメンブラットの15
54.ドルチェリモーネの15
57.ラフォルジュルネの15
61.ヴェルデライトの15
62.フォルテピアノの15
75.ティフィンの15

<母馬優先非対象馬>
A・最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選
41.ヒルダズパッションの15

B・最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選
14.クルソラの15

C・最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選
09.リッチダンサーの15
42.ココシュニックの15
43.アドマイヤキラメキの15
50.グレイトフィーヴァーの15
51.アディクティドの15
53.トゥザヴィクトリーの15
74.ラフィントレイルの15

D・最優先希望枠内は当選、一般出資枠内で抽選
03.イルーシヴウェーヴの15
08.バロネスサッチャーの15
11.カニョットの15
19.ロフティーエイムの15
24.シェルズレイの15
25.スプリングシーズンⅡの15
27.ヴィアンローズの15
31.ジュモーの15
40.コスモチェーロの15
52.シンハリーズの15
65.ピューリティーの15
66.グレイシアブルーの15
73.マチカネチコウヨレの15
[ 2016/09/15 20:51 ] キャロットクラブ | TB(0) | CM(0)

キャロット祭り

おそらく会員数ナンバー1のキャロットの1次申し込みの締め切りが近づいてきましたね。
私は、ほとんどシルク会員の方のブログしか巡回していないのですが、ブログの内容は9割キャロットで埋まっています。
それだけ、みなさん掛け持ちしてるんでしょう。
去年もそうでしたが、この時期のキャロット会員じゃない人間の疎外感は結構なものです。
これだけの熱気があるのも、キャロットが人気クラブなのはもちろんですが、キャロットの仕組みにもあると思います。
特徴的なのは、母馬優先制度と最優先制度が混在していることです。
これが、かなり複雑化させて難しくしています。
つまり、一般で取れるのか最優先を使えば取れるのかという票読みという作業が重要になるからです。
馬の良し悪しに加えて、他人の募集状況を考えなければならないのです。
その点、シルクはわかりやすいです。
高実績のお金持ちさんは、他人など気にすることなく根こそぎ申し込めばいいですし、低実績の零細会員は他人など気にすることなく抽選頼みです。
まぁ、どちらがいいかは意見が別れそうですが、個人的にはこの中間のシルクの制度に最優先を加えるってのがベストだと思いますね。
まぁ、シルクのことは置いておいて、せっかく私も仮想の申し込み馬5頭づつ10頭を先日書いたのでその馬の申し込み状況を見てみようと思います。

<母馬優先対象馬>
04番 クリソプレーズの15 524口 39口 15口 290口
05番 ラドラーダの15 211口 55口 39口 22口
06番 ディアデラノビアの15 233口 45口 35口 39口
13番 マルティンスタークの15 445口 43口 32口 163口
15番 ヴィートマルシェの15 1037口 74口 32口 538口
17番 ペルレンケッテの15 203口 14口 48口 28口
18番 フェルミオンの15 200口 8口 40口 29口
20番 ブロードピークの15 229口 17口 34口 52口
44番 アヴェンチュラの15 520口 118口 27口 189口
46番 シーザリオの15 476口 40口 21口 228口
47番 ブルーメンブラットの15 201口 28口 30口 41口
54番 ドルチェリモーネの15 221口 6口 21口 39口
57番 ラフォルジュルネの15 201口 15口 63口 16口
61番 ヴェルデライトの15 200口 5口 33口 34口
62番 フォルテピアノの15 270口 7口 12口 38口
75番 ティフィンの15 270口 10口 26口 105口
78番 シシリアンブリーズの15 568口 16口 53口 191口

※口数は左から「総申込」「母馬優先+最優先」「母馬優先(一般)」「最優先」となります。

<母馬優先非対象馬>
03番 イルーシヴウェーヴの15 293口 119口
08番 バロネスサッチャーの15 240口 82口
09番 リッチダンサーの15 355口 190口
11番 カニョットの15 240口 30口
14番 クルソラの15 836口 496口
19番 ロフティーエイムの15 500口 128口
24番 シェルズレイの15 460口 157口
25番 スプリングシーズンⅡの15 242口 69口
27番 ヴィアンローズの15 323口 61口
31番 ジュモーの15 232口 31口
40番 コスモチェーロの15 269口 115口
41番 ヒルダズパッションの15 812口 683口
42番 ココシュニックの15 404口 198口
43番 アドマイヤキラメキの15 534口 306口
50番 グレイトフィーヴァーの15 441口 195口
51番 アディクティドの15 426口 170口
52番 シンハリーズの15 277口 131口
53番 トゥザヴィクトリーの15 438口 285口
65番 ピューリティーの15 252口 54口
66番 グレイシアブルーの15 337口 82口
73番 マチカネチコウヨレの15 430口 136口
74番 ラフィントレイルの15 529口 154口

太字にしましたが、10頭中8頭はもう人気になってますね。
まぁ、予想していたことですがカタログ見ただけで、みんなが良いと評価した馬をこれだけ選べたのは良い練習になりました。
まだリストにないのはこの2頭。
28、アドマイヤドレスの15
67、ヴェラブランカの15
どちらも一発狙いで入れた馬です。
例年こっから倍くらいにはなるようなので、今リストにある馬は一般では厳しいでしょうが、一般抽選なら可能性あります。
どこに最優先を使うか皆さん頭を悩ませているでしょうね。
私なら最優先は
43番 アドマイヤキラメキの15 534口 306口
最優先で抽選になりますが、ダメなら×もらいでいいでしょう。
ツアーのレポも軽く見ましたが、やっぱり何の文句もありませんでした。
繁殖入りも間違いありませんし、母馬優先にも最適です。
まぁ、部外者なんでこれくらいにしておきます。
皆さんじっくり悩んでくださいね。
この中に重賞馬はもちろんG1馬もたぶん何頭もいますよ!
[ 2016/09/06 22:51 ] キャロットクラブ | TB(0) | CM(2)

キャロットクラブ2016年度募集馬、私が選ぶならこの5頭(関西編)

昨日は関東から5頭選びましたので、今日は関西から5頭選んでみます。
私の場合は、実際に出資しない妄想のくせに予算制限をしっかりつけているので、皆さんが期待するような高額馬を一切選ばないのでつまらない部分もあるかと思います。
でも、これがPOGなら全然いいのですが、一口馬主というのは価格との闘いでもあるので、絶対に無視してはいけない部分です。
走ることは走るだろうけど、価格に見合っただけのレベルまでいけるのかはちゃんと吟味しなきゃなりません。

最優先
・アドマイヤキラメキの15(父ディープインパクト)牝馬 12,5万円
母は重賞馬トーセンスターダムを始め、ネオスターダムなど活躍馬をどんどん排出しています。
その産駒はセールでものすごい高額でしたので、その活躍でもまだ回収できていないかもしれませんけどね。
父はディープインパクトで、現在の種付け料が3000万円になり、今後牝馬で5000万というのが下限になるでしょう。
今年も既になりつつありますので、そういう意味ではディープ産駒としてはこの価格でも安いほうです。
おそらくセールに出せば億にいくと思いますしね。
ずっと、セールに出していた馬なので急にキャロットにきて何か馬体に瑕疵があるのかと思いましたが特に問題は見当たりません。
なので、自信をもって最優先で勝負してよい一頭だと思います。

・グレイトフィーヴァーの15(父ハーツクライ)牝馬 6,5万円
母の産駒には3勝4勝5勝馬がずらりと並び重賞馬こそいませんが、かなりの優良繁殖です。
堅実さで言えばトップクラスの名繁殖といっていいでしょう。
かなり高齢で18歳の時の子ですが、15歳でシャルールを出していますので、尻つぼみの繁殖成績でもないので気にしなくていいでしょう。
父ハーツクライは、基本的には牡馬のほうが好ましいですが牝馬が全然ダメなわけじゃないので良しとします。
価格もこの繁殖実績でハーツ産駒ならお得なくらいで高齢割引でしょうか。
馬体も問題点もなく、筋肉量もありそうですし、測尺もバランスが良いです。

・ラフィントレイルの15(父ネオユニヴァース)牡馬 6,5万円
母の産駒には重賞戦線で活躍したブレイズアトレイル、全兄に4勝のジャイアントリーフとおり好成績です。
父ネオユニヴァースは、社台から出されましたが先日札幌記念を勝ったネオリアリズム、シルクで重賞勝ったグレンツェントなどまだまだバリバリトップクラスの種牡馬です。
特に牝馬より牡馬が活躍する種牡馬なのでこちらは牡馬ですから期待できます。
価格も、この繁殖成績で牡馬ならお得でしょう。
馬体は芦毛でよくわかりませんが測尺、足元ともに問題点は見当たりませんので個人的には最優先でもいいくらい。

・78、シシリアンブリーズの15(父ヨハネスブルグ)牡馬 6万円
初子なのでまだ繁殖成績はわからないので、他の部分から推察します。
母自身はスイートピー2着とまずまずの成績、なんといってもクロフネの妹であり、姉の子には今年スプリングSを勝ったマウントロブソンなどなど、これだけ充実した内容なら文句ありません。
父ヨハネスブルグは、なんかホウライアキコの印象が強く、ちょっと早熟かなと思うのですが先日障害転向し圧勝しましたし、そうでもないのかもしれません。
ネロなんかも先日アイビス惜しくも2着でしたし、それらの活躍を見て繁殖のレベルがあがったこの世代が勝負ですね。
価格も許容範囲で、馬体も問題ないですし穴人気しそうな一頭です。

・67、ヴェラブランカの15(父ルーラーシップ)牝馬 4万
まだ、産駒は一頭も勝っていませんが、デビューしてるのが2頭だけなので判断するのは早すぎます。
祖母は名繁殖アドマイヤサンデー、母父クロフネときてここでやっとキンカメ系との配合ですから、この馬が勝負です。
人気のルーラーシップ産駒ですし、この価格はかなりお買い得!
1月生まれで既に480キロありますが、腰も高くまだ成長しそうで大きくなりすぎだけは怖いですが、この血統で人気のルーラー産駒でこの価格なら狙いたい一頭です。

これで予算内37,5万(シルクの500口で30万換算)にしっかり収まりました。
母の血統を見ても、種牡馬の名前を見てもかなり充実した5頭になったと思います。
関東、関西含めて6万前後の馬を多く選びました。
6万くらいというと2500万前後の馬になります。
シルクで言えば一口5万くらいの馬で、牡馬なら芝のクラシック路線を狙える下限の価格、牝馬ならなかなかの良血にいける値段です。
そこを中心に、10万前後の大物を1頭、あと一発狙いを1頭という感じにしております。
とりあえず、こうやってオススメした10頭は、再来年の今頃3歳未勝利が終わるくらいの時期にどういった結果になったか一度振り返りたいですね。
まぁそこまで待たなくても新馬戦で圧勝したり重賞とか勝ったら、会員でもないですがあの時オススメしてたよ!って書くと思います。
ブロガーのジレンマとして、ものすごい気に入った馬を大絶賛すると、自分でも出資したいのに倍率が上がるかもしれないという部分があります。
だからといって、自分が1番出資したい馬を人気下げるためにボロクソに書くなんてことはできませんし難しいところです。
もちろん、私のブログにはまだそこまでの影響力はないかもしれませんが、有名ブロガーさんなら起こり得ることです。
そういう意味で、私はキャロット会員でもなく出資もしないので、純粋にただ良いと思った馬を良いと褒めることができる部分もあるのです。
なので、非会員のレビューは出資するわけじゃないので真剣度が低い部分がある反面、利害関係がないので素直に良し悪しを書けるかもしれません。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
つまらなかった方は逆にクリックしないようお願いします。
ランキング等関係ありませんが今後の参考にさせていただきます。
[ 2016/09/02 10:22 ] キャロットクラブ | TB(0) | CM(2)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ