まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

シルクは賛否のある馬名の馬が活躍する説

先日、シルクの2歳馬たちの馬名が決まりました。
今年は無難な名前が多かった印象ですね。
しかし、シルクは毎年、馬名で荒れるのが恒例となっており、2~3頭はかなり賛否のある馬名がいたりします。
そんなあまり気に入らない馬名をつけられた出資者はさぞお怒りかもしれません。
しかし、朗報です。
そういう、馬名の馬ほどシルクでは大活躍するのです。

昨日、シルクでは2頭の3歳馬が大活躍しました。
ゆりかもめ賞で2連勝を飾り一躍クラシック候補になりつつあるブラストワンピースと、G3きさらぎ賞で惜しくも2着になったグローリーヴェイズです。
この2頭とも、馬名が発表された当時はかなり批判の多かった馬名です。
ブラストワンピースは、突風+ワンピースという名前で、なんだそれはパンチラでも期待してるのか?というよくわからない名前でした。
しかも、ワンピースってついてるのでやっぱり牝馬っぽいですもんね。
グローリーヴェイズはこの世代では1番批判の多かった名前で、栄光のツボというこちらもよくわからない名前でした。
母のツボネから無理やりツボの部分だけをとってくるのも批判がありましたね。
しかし、この2頭とも立派にクラシック候補となり大活躍中ですので、出資者の方も大満足でしょう。
名前がどうだと今言ってる人はもういないと思います。

4歳世代を見てみましょう。
この世代でも賛否のあった馬名は何個かあります。
その中でブロードアリュール、ネームユアポイズンという馬がおり、どちらもしっかり勝ち上がっています。
ブロードアリュールは、ゴールドアリュールとブロードアピールをくっつけただけという安易な名前で賛否がありました。
ネームユアポイズンは慣用表現ですが、パッと見では「あなたの名前は毒だ」みたいな感じに見えるのでこちらも賛否ありましたね。
どちらも大活躍とまではまだいきませんが、しっかり勝ち上がってくれていますし今後に期待できます。

5歳世代はどうでしょうか?
この世代はシロインジャーという強烈な馬名がありましたが、こちらは残念ながら活躍もできませんでした。
しかし、ロッテンマイヤーも当時は賛否がありました。
私の出資馬でもありますが、ハイジから連想するのは当然としてもロッテンマイヤーさんはハイジではいじわるなおばさんのイメージが強く、そんな人の名前をつけられるのがやっぱり嫌でした。
しかし、見事にOPの忘れな草賞を勝ちオークス出走まで果たしています。
十分大活躍といっていいでしょう。

6歳世代も見てみます。
やっぱり賛否のあったのはブラックバゴでしょうか。
父バゴに毛色のブラックをつけただけという名前ですから、かっこいい!という名前ではないですよね。
しかし、今や立派なオープン馬で重賞も狙える位置にいます。
活躍すると馬名が気にならなくなってむしろ好きにさえなるのものですね。

このように毎年賛否のある馬名の馬は活躍しているのです
いくらシルクといっても賛否のある馬名なんて年にたった1~3頭程度のもんです。
たったそれだけの中でこのようにほとんどが活躍しているのは特筆すべきことです。
もちろん、その活躍に要因などあるわけもなく、単なるオカルト話ではあります。
それでも、ちょっと馬名気に入らないなぁと思ってる方は、そういう名前のほうが活躍してるんだって思えば気分も良くなるはずです。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
スポンサーサイト
[ 2018/02/05 23:51 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(6)

シルク新たな試み。中央から地方への転籍

2018/01/31 <所有馬情報>

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄/1日にミッドウェイファームへ移動
調教内容:
次走予定:未定

オープン入りを果たし今後の活躍が期待される本馬ですが、中央競馬でダートの3歳オープン・重賞は番組が少なく、交流重賞も中央所属馬の出走枠が限られており、中央競馬在籍のままではコンスタントな出走が困難になる可能性が高いことが予想されます。これを受けて今後について協議した結果、さらなる飛躍の場を求め、ダートの3歳オープン・重賞の番組や賞金面が充実している南関東の地方競馬(大井・藤田輝信厩舎)に転籍することとなりました。なお、地方競馬ではミッドウェイファームからレース当日に輸送して出走する「外厩制度」を活用する予定となっております。本馬は1月31日に中央登録を抹消し、2月1日に地方競馬の馬体検査を受検する予定です。詳しくは出資会員の皆様に書面をもってご案内させていただきます。


私は、ブログをご覧いただいている方は知っていると思いますが、ダート牝馬に関して評価を少し下げています。
なぜなら、上にいけば行くほど番組が少なく稼げなくなるからです。
特に2歳、3歳時など牝馬限定のダート番組は上にいくとありません。
そもそも、牝馬限定に限らず3歳のオープンダートはかなり少ないのです。
それは、ダートで稼いでダービーに出走するなどしにくいようにしているとためと言われています。
今回、ダートで2連勝中のプロミストリープがなんと地方に転籍することになりました。
3歳未勝利で勝ちあがれなくて地方にいったり、古馬になって稼ぎにくくなって地方にいった例はあったと思いますが、3歳でバリバリ活躍中の馬がいくのはシルクでは私が入会してからは初めてだと思います。
これは、たまに個人馬主さんなどがやったりする方法で、地方重賞なども中央の枠ではなかなか競争率の高く出れないので地方に移籍して地方馬として重賞などに出したりしています。
それをノーザン系のクラブがやるんだから結構な事件だと思います。

個人的には賛成です。
特に牝馬は稼ぎにくく、数少ないダートオープンのヒヤシンスSなどで牡馬とガチンコ勝負しても旨味はありません。
それなら賞金もそこそこ高い南関に移籍すれば、牝馬限定の地方重賞ユングフラウから浦和桜花賞なども挑戦できるでしょう。
ただ、地方競馬ファンはこういう転籍を結構嫌ったりします。
他所からきた馬に、自分たちの競馬場の枠や賞金を取られるからです。
また、キャロットなんかは最初から地方馬として募集されている馬もいて、そことの住み分けも曖昧になります。
色々と意見や問題点はあるかもしれませんが、とりあえずやってみるのはいいと思います。
ダート向きの牝馬は売れ残りがちですが、こういう方法もやってくれるとわかればもっと売れるかもしれませんね。
私もダート牝馬としてディアジーナの16に出資しているので、プロミストリープには良い見本になってほしいですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2018/02/01 11:16 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(2)

シルクで出資するなら関東馬を狙え!

今年のシルク3歳馬は最強世代と名付けて勝手に呼んでいるわけですが、かなり特出した傾向があります。
それは関東馬にものすごく偏っているということです。
シルクの獲得賞金順に一口馬主BDで並べてみると15位までに関東馬が13頭、関西馬はたったの2頭しかいません。
こんなに偏るのは異常なことです。
その中でも関東馬の楽しみな馬をざっと列挙してみます。
アーモンドアイ、プリモシーン、ルーカス、ディロス、アンブロジオ、オブセッション、ヴェロニカグレース、グロンフォールなどまだまだいます。

基本的に競馬界はずっと西高東低といわれてきました。
その傾向は、だいぶ関東も頑張ってきているとは言えまだまだ変わっていません。
去年の調教師リーディングでもトップ10のうち関西7人、関東3人とはっきり差がありますし、関東は堀、藤沢、国枝といつものメンバーくらいです。
このランキングの傾向も毎年ずっとこんな感じです。
そんな西高東低の中で、このシルクの関東馬の活躍は本当に驚きなのです。
じゃあ、ノーザンが関東に力を入れているのでしょうか?
サンデーRのトップ15を見てみます、関東7、関西8と拮抗していますが、関東が上という感じは全然ありません。
関西にタイムフライヤー、ラッキーライラックというG1馬が出ていることもあり関西馬のほうが現状は上です。
キャロットも見てみますが、トップ15のうち関東6、関西9とはっきり関西のほうがまだまだ上です。
つまり、ノーザンが関東に力を入れているというわけではないようです。

これは3歳馬だけの傾向なのでしょうか?
シルクの4歳馬を見てみますと、活躍馬の割合は拮抗していますが、セダブリランテス、ポールヴァンドルなど世代を代表する活躍馬は関東から出ています。
シルクの5歳馬を見てみると、こちらも割合的には拮抗していますが、トップ3がグレンツェント、ゼーヴィント、アストラエンブレムと関東馬が占めており、重賞を勝っているのも関東馬になります。
こうやってみると、ずっとシルクは関東馬に活躍馬が多く、この3歳世代でそれが顕著になったと考えるのが自然です。

では、どうしてシルクだけ関東馬がこんなに活躍するのでしょうか?
そこは私にはわかりません。
ただ、シルクはノーザンと提携する前は福島にある天栄ホースパークを拠点に活動していました。
その天栄ホースパークはノーザンと提携後、改修されノーザンファーム天栄となりました。
ノーザンファーム天栄は、今やノーザン系列の関東馬をほぼすべて管理する外厩として大きな地位を占めています。
こうやって見ると、そういうことかもなぁ、というのを何となく感じませんか?
元々シルクの本拠地だった天栄を主要に使う関東馬に、シルクの期待の馬を多く入れたいという思いがあっても不思議ではありません。
仮説でしかありませんが、これらの事実関係を考えてみると、こういうこともあるかなという感じです。

では、シルクの関東馬の売れ行きはどうでしょうか?
現3歳馬の1次満口になったのは関東馬12頭、関西馬14頭になります。
つまり、売れたのは関西馬のほうなのです。
この傾向は毎年だいたいそうです。
なぜなら、関西のほうが有名厩舎が多いですし、そんな有力厩舎に目立った良血が入るので当然人気になるからです。
しかし、実際の結果は先ほどから書いている通りになります。
つまり、関東馬のほうが取りやすいし、関東馬のほうが活躍するのです。
こんな美味しい話はありませんよね。
この傾向が急に変わるとは思えません。
追加募集や今年の1歳馬募集でも関東馬ということにちょっと注目してみるのもいいかもしれませんね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2018/01/23 05:16 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(4)

なぜシルクはラストインパクトを種牡馬にできないのか?

去年末、長年シルクの看板を背負ってきたラストインパクトが引退しました。
近走は、衰えも見えて結果も出ていなかったので引退はしょうがないと思います。
しかし、残念だったのは種牡馬入りできずに乗馬になるということでした。
成績で言えば、重賞3勝、ジャパンカップ2着、ドバイシーマクラシック3着と十分すぎるほど立派な成績です。
ジャパンカップではゴールドシップやラブリーデイ、ドバイではあのハイランドリールにも先着しています。
ただ、おそらくこのままじゃ種牡馬になれないんだろうなということは薄々気づいてはいました。
晩年は衰えが見えているにも関わらず引退せず、ダートに挑戦したりと何とかもう一花咲かせようと必死だったからです。
一つでもいいから何かタイトルを取らないと・・・そんな焦りを感じました。

シルクの募集馬で種牡馬入りできたのは、ノーザン提携後はまだいません。
それ以前ですとシルクジャスティスとシルクフェイマスくらいでしょうか。
シルクジャスティスはG1馬なので当然としてシルクフェイマスはラストインパクトと似たような成績でした。
重賞3勝、宝塚記念2着、有馬記念と天皇賞春3着になります。
こちらも立派な成績ですが、惜しくもG1タイトルは取れませんでした。
種牡馬入りすることはできたものの種付け数は伸びず、ほんの数頭の産駒しか残せませんでした。
それでも、その中にオープンまでいったフェイマスエンドがいます。
数は少なかったものの種牡馬入りしてその産駒に出資できたことは出資者や会員にとっても喜びだったと思います。

今回ラストインパクトは種牡馬になれませんでした。
成績的には先ほども書きましたがG1タイトルこそありませんが、日本の最高峰のG1で2着、世界最高峰のG1で3着しているのです。
また、血統的にも日本最高の種牡馬ディープインパクトの産駒であり、母系には祖母にナリタブライアン、ビワハヤヒデを産んだパシフィカスがいる日本でこれ以上ないといってもいいくらいの血統です。
これでも種牡馬になれないのでしょうか?
確かにG1を取れなかったというのは致命的でした。
しかし、G1をとっていなくても種牡馬になっているケースはいくらでもあります。
社台SSに入ることが難しいというのはあるかもしれませんが、日高ならどこか欲しいところがあるのではないでしょうか?
日高で種牡馬入りさせてもらって、シルクの募集用に何頭か種付けもさせてもらう方法はないのでしょうか?
同じディープ産駒でG1も勝っていないながら種牡馬になったトーセンホマレボシ産駒なんか今年もいっぱい募集されて売れ残っていますが、それがラストインパクト産駒なら絶対売れるし出資者も会員もうれしいと思うのです。

キャロットではG1馬はもちろん種牡馬になっていますが、G1を勝っていないトゥザワールドやトゥザグローリーあたりも種牡馬入りしています。
サンデーRでもディープ産駒でG1を勝っていないワールドエースなんかも種牡馬になっています。
どれも社台SSには入れなかったものの日高で種牡馬入りし100頭近い種付けもしています。
同じノーザン系のクラブとして考えてもラストインパクトが種牡馬になれないのはなぜなのでしょうか?
今後ラストインパクトのような成績を残せる馬はそう簡単には出てきません。
この馬が種牡馬になれないじゃシルク馬が種牡馬になって産駒を楽しむという可能性はかなり薄いということです。
私はラストインパクトの出資者でも何でもありません。
しかし、シルク会員として大舞台で活躍しているラストラスパクトがとても誇らしかったです。
そして、私が競馬を好きになるきっかけだったナリタブライアンの血筋が種牡馬として残ってほしかったのです。
私はラストインパクトが2着になったジャパンカップを目の前で見ました。
首差でショウナンパンドラに差された瞬間、種牡馬としての未来も閉じてしまったのかもしれません。
本当に残念でなりません。
[ 2018/01/08 07:38 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(2)

新年そうそうシルクの勢いがすごい

2018年になり最初の重賞だった昨日の中山金杯をセダブリランテスが勝ちました。
そして、今日フェアリーSをプリモシーンが制しました。
これで二日続けての重賞勝利です。
そして、明日のシンザン記念も有力馬としてアーモンドアイが控えています。
もしかすると、3日連続の重賞勝利なんていうことも十分あります。

去年の前半はなかなか重賞を勝てずに「シルクにいる限り愛馬が重賞を勝つ確率はかなり低い」というブログを書いたほどでした。
その時のブログを一部載せます。

そこで私が入会した世代からのシルクの重賞勝ち馬を挙げてみようと思います。
つまり、現3歳~5歳の馬になります。
・ブライトエンブレム・・・札幌2歳
・ゼーヴィント・・・ラジオ日経賞
・グレンツェント・・・レパードS、東海S

以上になります・・・

なんとたった3頭しかいません。
私が重賞馬の出資者になるには3年200頭くらいの中から、この3頭いずれかに出資していないと無理だったのです。
しかもブライトエンブレムは私が入会した時には既に満口でしたし、ゼーヴィントは一口10万のディープ産駒なので現実的に出資できた可能性がある重賞馬はグレンツェントのみなのです。
この1頭をピンポイントで出資していないと、私は現時点で重賞馬の出資者にはなれないのです。

ただ、惜しかった馬はたくさんいます。
今日のリゾネーターもそうですが、上位人気になってチャンスありそうだなっていうレースはいくつもありました。
・モンドインテロ・・・アルゼンチン共和国杯(1人4着)、ステイヤーズS(2人3着)
・グランシルク・・・NHKマイル(1人5着)、ダービー卿(2人3着)
・ブラックバゴ・・・京成杯(1人2着)
・ワンダフルラスター全日本2歳(2人4着)

・アストラエンブレム・・・ニュージーランドT(1人4着)、京都金杯(2人4着)
・ストロングタイタン・・・中山金杯(2人9着)、小倉大賞典(1人5着)

・ナイトバナレット・・・ファルコンS(1人11着)
・トリコロールブルー青葉賞(2人7着)
・クライムメジャー・・・サウジアラビア(1人3着)、ニュージーランドT(1人8着)
・アズールムーン・・・兵庫ジュニア(1人5着)

1,2番人気になるも勝てなかった馬がこれだけいます。
3人気まで含めるともっといます。
これらの半分でも勝ってたら全然印象も違ったでしょう。
シルクの馬は重賞結構勝ってるなぁというイメージになっていたと思いますが、これだけ取りこぼせばさすがに印象は悪いです。
シルクの馬を特に注目している私みたいな人間からすると重賞になると勝てないというイメージを持つのは当然と言えます。


この記事は去年の5月に書いたものです。
その後、セダブリランテス、ゼーヴィント、グランシルクが重賞を勝ちました。
それでも、この記事の内容を覆すほどとまではいきません。
しかし、今年は違います。
1番の違いは現3歳馬の活躍です。
2歳馬の時から勝ち上がり数も多く、勝ちっぷりもすごい馬が多数いました。
それが3歳になり、クラシック世代としてこれからたくさんある重賞、そしてG1に有力馬として出てくるのです。
そして、既にフェアリーSを制し、明日もチャンスがあります。
その後もまだまだ出てきます。
これからはシルクの最強世代の3歳馬たちが牽引していくでしょう。
その波に乗り遅れないように自分の出資馬も頑張ってほしいです。
そして、このシルクの馬たちの活躍を喜ぶと同時に、この活躍が続けば会員も増えていきますます馬が取れなくなるんだろうなぁという不安も大きくなってきましたね。
この活躍なら今の残口馬の売れ行きも上がりそうなので様子見している人は注意したほうがよさそうです。
まぁ、なんにせよ自分の入っているクラブが好調なのは良いことなのでこれからも楽しみですね。
[ 2018/01/07 19:02 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(2)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ