FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

最優先を使って落選したラウダシオンがG1を勝ったので愚痴りまくる

私は、ここ数年ずっと重賞を勝てないことを揶揄されてきました。
偉そうにレビューを書いているので、それは甘んじて受け止めています。
ただ、全くチャンスがなかったわけではありません。
以前、シルクの重賞馬を全頭振り返りましたが、その時にも書いたようにセダブリランテスは申し込んで落選しました。
それに関しては運というしかありません。
そんな中、先日とうとう落選した馬からG1馬が誕生しました。
NHKマイルCを勝ったラウダシオンです。
この馬は私が最優先である抽優馬を使って渾身の申し込みをした馬でした。
2018y08m06d_203524645.jpg
結果はこのように落選。
まぁ、抽優馬だけでも479口の申し込みのあった馬なので落選された方はたくさんいます。
当時のレビューはこんな感じです。

62 アンティフォナの17 牡 鹿毛 2月2日 斉藤 崇史
リアルインパクト 2500万 50,000
【血統評価】B+
産駒は2頭がデビューしどちらも勝ち上がっています。
一流種牡馬の子ではない中でこの成績ですから繫殖のポテンシャルは高そうです。
【馬体評価】A
カタログを見た瞬間この馬に申し込もうと決めたほどの好馬体です。
バランス、筋肉量共に文句ありません。
歩様は前脚が少し気になる程度。
【総合評価】A
正直ここまで人気になるとは思っていませんでした。
さすがにみなさん良く見てますね。
既に抽優馬必須の感じですので、この馬に使うかどうか最後まで悩みそうです。


最高の評価をしていた一頭ですね。
なので、シルクの抽優馬が初めて導入された年でしたが、この馬に使うことを決めました。
まぁ、シルクも人気クラブになりましたので、申し込んだけど落選した馬が重賞やG1を勝ったというケースは珍しくなくなりました。
なので、悔しさはもちろんありますが、よくあることでもあります。
だた、やっぱり普通に申し込んだのではなく抽優馬まで使っていただけにより悔しい気持ちはありますね。

そして、それに加えて私はこのアンティフォナという繁殖牝馬をずっと注目しており出資もしてきたという経緯があります。
アンティフォナの最初の子はグラドゥアーレで私は出資しています。
堅実に頑張ってくれていますが、まだ1勝です。
次の子はアンブロジオですが、私は唯一低評価をした馬になります。
募集時は400ちょいしかなく貧弱な馬体で評価が低く出資しませんでした。
しかし、結果は3勝しており大ハズレと言えます。
次がアーティファクトでこちらも出資しました。
大事な時期に骨折してしまい勝ちあがれずに引退と本当に悔しい馬でした。
そして、今回のラウダシオンになります。

このように、ラウダシオンまでの4世代のうち、2頭出資しておりラウダシオンにも抽優馬を使って申し込んだので3頭に申し込んでいるのです。
ずっと追いかけてきた繁殖からやっと誕生したG1馬に限って落選したのです。
実力もなければ運もなく、本当に嫌になります。
最近ブログでも愚痴っぽくなったなぁと自分でもわかっています。
結果が出ないだけではなく、チャンスを逃しているという気持ちが強くなっているんでしょうね。

先日の追加募集馬の必要実績を見ても私の実績で取れる馬はほとんどいません。
シルクの実績は100万あればそこそこ戦えると書いてきたのも遥か昔のようです。
今年の1歳の募集も厳しい戦いになりそうです。
おそらく、また落選した馬や申し込みすらできない馬から活躍馬が出ることでしょう。
また、こんな愚痴を書くことも増えそうです。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
スポンサーサイト



[ 2020/05/13 18:34 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(22)

最近気になるシルクの傾向(転厩と騎乗騎手)

私は、シルクの近況更新はほとんどチェックしています。
出資馬以外もほとんど見てる人はあまりいないように思いますが、だからこそ気づくことってあったりします。
今回、最近のシルクで感じた傾向を2点取り上げます。

1、西村厩舎から同じ理由で2頭も転厩

アルモニカ [父 ロードカナロア:母 アフリカンピアノ]
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒
次走予定:未定

厩舎長「引き続き坂路で15-15のペースで登坂しており、速い日はラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばしています。負荷を掛けても馬体重が増えているように調子が上向いてきています。態勢が整いつつありますので、移動に備えて乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は458kgです」

西村真幸調教師に今後の予定を相談したところ、馬の入れ替えがスムーズにいかず、現時点でハッキリとした返事が出せないとのことでした。近日中の帰厩および今後のスムーズな入退厩が難しい状況であることから、牧場サイドも交えて今後について協議を行った結果、他の厩舎へ転厩して新天地での飛躍を目指すこととなりました。そこで、新規開業の吉岡辰弥調教師に打診したところ、快諾を得られた為、近日中に転厩手続を行わせていただく予定です。ご出資会員の皆様には何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

吉岡辰弥調教師「転厩のお話をいただき、すぐ牧場で馬を見させていただきました。前走後も順調に調教が進められているようですので、来週の検疫が取れ次第、トレセンへ入厩させたいと思います。環境が変化することになりますから、馬の様子を見ながら次走の予定を相談させていただきたいと思います」


オーシャンスケイプ [父 ブラックタイド:母 ドリームスケイプ]
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:
次走予定:未定

調教主任「コンディションが上向き、それに伴って負荷を掛けた調教メニューに切り替えていますが、馬体もフックラとして調子が上がってきました。態勢が整いつつありますし、いつ帰厩の声が掛かってもいいように進めて行きたいと思います」

西村真幸調教師に今後の予定を相談したところ、馬の入れ替えがスムーズにいかず、現時点でハッキリとした返事が出せないとのことでした。近日中の帰厩、および今後のスムーズな入退厩が難しい状況であることから、牧場サイドも交えて今後について協議を行った結果、他の厩舎へ転厩して新天地での飛躍を目指すこととなりました。そこで、長谷川浩大調教師に打診したところ、快諾を得られた為、16日に転厩手続を行わせていただく予定です。ご出資会員の皆様には何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

長谷川浩大調教師「転厩のお話をいただき、牧場担当者に状態を伺いました。前走後も順調に調教が進められているようですので、検疫が取れ次第、トレセンへ入厩させたいと思います。馬房内で少し落ち着きがないところがあるようですから、馬の様子を見ながら次走の予定を相談させていただきたいと思います」



同じ理由で同じような時期に2頭も転厩になるのはかなり珍しいです。
人気の上位厩舎などではたまにある理由なのですが、西村厩舎も良い厩舎ではありますが続けてとなると何かあったのか?と思ってしまいます。
シルクやノーザンとの関係が悪くなったのかとも考えたのですが、期待の高い2歳馬ユリシスブルーはまだ所属していますしどうなんでしょうかね?
今後、この馬も転厩したら何かあったんだと思います。


2、今年のシルクは団野大成騎手推し?
最近、近況を見てるとかなりの頻度で団野大成騎手に依頼していますという文字を見ます。
私の出資馬はまだ乗ってもらったことはないのですが、かなり見かけるので数えてみました。
ちなみに以前、今年のシルクに良く乗せる騎手として丸山騎手の名前も出したので一緒に調べました。

団野騎手 17戦3勝
丸山騎手 16戦0勝

やはり二人ともかなり騎乗回数が多かったですね。
しかも団野騎手は3勝も挙げており、騎乗回数が増えるのも納得です。
現在19勝をあげており、リーディング14位ですからね。
2年目の新人ですがノーザン系クラブのシルクで重要視されてきているようですね。
ちなみに今週もシルクで3鞍も騎乗予定されており、本当に回数が増えています。
こういう若手にチャンスを与えるのは良いと思いますね。
結果も出しているようですし、私の出資馬もいつか乗ってもらいたいですね。


ちなみに2歳馬の近況が更新されましたが、ランキングは前回で終了ですので今回はしません。
もうかなり移動してる馬も増えてますからね。
私の出資馬は順調だったので良かったです。
そろそろ、第2回目の追加募集がありそうな気もするので、注意しておきたいですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2020/04/15 21:14 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(0)

なぜシルクのレース後のコメント更新は遅いのか?

今日、フラワーカップに挑戦したポレンティアですが残念な結果となりました。
直線で何度も田辺騎手の馬と接触しレースになりませんでしたね。
かなり激しいレースとなってしまい、結果も残念ですが馬体が大丈夫なのかが最も心配になりました。
そこで、今までシルクに感じていた不満が爆発しました。

シルクの馬のレース後の騎手や調教師のコメントは月曜日にまとめて更新されます。
それだけでも遅いのですが、その代わりツイッターやフェイスブックで騎手のコメントはその日に早めに更新されます。
しかし、現在コロナの影響でスタッフが近づけないそうで、その更新も止まっています。
それはそれでしょうがないかなとは思うのですが、他のクラブはできてるんですよね。

キャロット、東サラ、ノルマンディー、広尾など私が知ってる限り、その日のうちにホームページに近況としてレース後の騎手や調教師のコメントが更新されます。
なぜ、シルクだけはそれができずに月曜なのでしょうか?
そして、コロナの影響があっても他のクラブは今日レースに出走した馬のレース後コメントが更新されています。
同じフラワーカップに出走したキャロットのシーズンズギフトは、かなりの長文でしっかり更新されています。

普段ならまだいいのですが、こういうレース中に心配な出来事があった場合、月曜まで待っていられません。
特にこんな変則開催で金曜に行われたレースのコメントを月曜まで待つのはきつすぎます。
他のクラブにできることがシルクだけできないのが良くわかりません。
これだけトップクラスの人気クラブになったのですから、サービスもしっかりやってほしいです。
特に、一口馬主にとってレースの出走がメインであり、それに対するコメントは最重要の一つです。
レース後のコメントの更新はその日のうちにするように改善させることを期待しています。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2020/03/20 21:30 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(2)

シルク最強世代のG1馬四天王のこの時期の近況はどうだったのか?

昨日の近況ランキングは好評でたくさんの拍手ありがとうございます。
今後も時間があればそちらもたまにやってみたいと思います。

近況ランキングとは、近況の文面と実際の活躍には相関関係があるのかを調べることが目的の一つでした。
つまり、良い近況の馬は実際に活躍するのか?
それとも、そんなのはあまり関係ないのか。
出資者にとって唯一の情報である近況で愛馬が褒めてあれば当然うれしいことです。
ただ、その文面に対して意味がないのであれば喜びも無駄になります。
余裕がある、乗り味が良い、素質を感じるなどなど魅力的なフレーズの出た馬がはたしてその通り活躍するのかどうか?
今後も調べていきたいと思っています。

そこで今日は、シルクで現在活躍中の名馬たちのこの時期の近況を見てみたいと思います。
昨日の記事で、現2歳たちの上位の馬たちの近況を載せてあります。
それと比較してみると面白いと思います。

・アーモンドアイ

2017.02.02 所有馬情報

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン20~22秒のキャンター2,400m

担当者「この中間も乗り運動を継続しています。馴致から休まず乗り込まれてきていたので、少し疲れがあり先月はペースを維持して調教していました。年末年始にリフレッシュしたことにより、現在は体調が良くなり毛ヅヤも回復しています。坂路コースでの走りは、まだ体を持て余しているので、じっくりとフォームを固めていきたいですね。背丈が大きくなってきたのと体調面からペースを維持していましたが、現在は、調教しつつも馬体重が増えてきたように体調のバイオリズムが上がってきたので、これから調教量を増やしていけそうです。精神面は、少し気持ちが入るところを見せ始めてきたので、気持ちが入りすぎないようリラックスして走らせるように注意しています。上手に気持ちのコントロールをしていきながら、今後の調教を進めていきます」馬体重458㎏


現役最強牝馬ですが、この時期はハロン16でした。
全部同じ5歳世代なので書いておきますが、3年前はまだ募集時期が遅かったので調教の開始時期も遅かったのです。
なので現在の2歳馬と単純比較はできません。
ただ、レース体系はほぼ変わっていないわけで、この時期にこの内容でもクラシックには十分間に合うということではあります。
文面を見ても、特に最強馬になる素振りは感じられません。
強いワードもないので、この時期はまだそこまでではなかったのかもしれませんね。


・ブラストワンピース

2017.02.02 所有馬情報

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週2回周回コースでハロン25秒のキャンター2,500mの後、坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間、予定通りペース・調教量ともに上げて乗り運動を行っています。相変わらず素直で人の指示に対しての反応が速く調教しやすいです。馬房では元気一杯な面がありますが、調教時には切り替わって、しっかりと前向きに走るという珍しいタイプの性格です。精神面だけでなく、現時点で脚元・体調面にも問題がなく毛ヅヤも良好です。どちらかというと500kg近くになりパワータイプに成長してきていますね。坂路での動きもステップミスもなく、力強く最後まで真っ直ぐ登坂できています背中の感触も安定感があり、大きなキャンターで動けているので、更なるペースアップにも対応できそうです。今後は、坂路2本をメインメニューにして、疲労を蓄積しないよう注意しながらペースを上げていきたいと思います」馬体重496㎏


有馬記念や先日も重賞を制した馬ですが、こちらもハロン17までですね。
ただ、文面はアーモンドアイよりは良いフレーズは多いです。
パワーワードこそありませんが、褒める内容が多く素質を感じさせますね。
この馬はこの時期まだ売れ残っていたので、販促もあるかもしれませんが、この近況なら買いたくなりますね。
なぜ、買わなかったのか後悔してしまいます。


・インディチャンプ

2017.02.02 所有馬情報

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週4回周回コースでハロン24~25秒のキャンター3,200m、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続き、順調に周回コースでの乗り込みを中心に調教を進めています。調教時の動きは、先月から比べるとだいぶ体力が付いてきたようで、フォームもしっかりとまとまって走れています。ハミ受けも特に問題なく、ここまで進めてみた感じだとかなり乗りやすい馬だなという印象です。馬体の感じは、少しずつ冬毛が抜けてきており、徐々に見映えのするようになってきました。精神面もそこまでしんどいメニューを行っていないので落ち着いていますし、脚元も問題ありませんよ。今後はもう少し周回コースで乗り込んでから坂路入りを目指していきます。歩様の方は今のところ安定していますが、この先も注意しながら進めていきます」432㎏


去年のマイル王ですが、実はこの時期まだまともに調教すらできていませんでした。
トモに問題があり調教開始が遅れていたんですね。
実際デビューも年末と遅かったのはしょうがないですね。
それでもG1を2勝するまでになるわけですから、晩成タイプでもあったんだと思います。
こうやって出遅れても力があればここまでの馬になれるので、今遅れ気味の2歳馬もまだまだ大丈夫ですね。


・グローリーヴェイズ

2017.02.02 所有馬情報

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週2~3回周回コースでハロン25秒のキャンター2,500m、他の日は軽めの調整

担当者「引き続き周回コースと坂路を併用した調教を行っていますが、ハロン17秒ペースの調教に慣れてきましたね。体重は減りませんが増えもしませんし、もう少し力強さが欲しいところなのですが、トモの使い方はだいぶ改善されて理想的なフォームに一歩ずつ近づいてきていると思います。体の使い方がよくなったことで以前と比較すれば走っている時にフラフラするのもなくなってきました。今後も様子を見ながらペースアップするタイミングを図っていきたいと思います」馬体重436kg


こちらもハロン17までですね。
文面も目立ちません。
小さめの馬体だったこともあり、ゆっくり育成しているように思います。
実際、デビューも遅く年末でした。
それでも海外G1制覇をするまでになりました。


どうですか?
昨日の2歳馬たちと比較してもだいぶ遅いですよね。
現2歳馬はハロン15にいってる馬だけでも20頭以上いますからね。
育成が明らかに早まってるのはもちろんですが、この時期にこれくらいの馬でも問題ないとも言えます。
現2歳馬にもまだハロン16や17の馬はたくさんいます。
早期デビューは厳しいかもしれませんが、力さえあればG1馬にはなれますね。
特にインディチャンプなんてこんなに遅れていたのは意外でしたね。

また、1番気になったのは、将来のG1馬たちの近況のわりにかなり地味だったということです。
ものすごい素質を感じるといったようなフレーズが全くないのです。
唯一ブラストが多少良さそうなことが書かれているくらいで、あとは通常のフレーズばかりでしたね。
これを見てしまうと近況のコメントの信頼性もちょっと気になりますよね。
まぁ、ちょっと興味深い内容だったので面白かったですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2020/02/04 20:15 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(0)

シルクのノーザン提携後と提携前で回収率ランキングを比較してみた

シルクのここ2~3年の活躍は目ざましいものがあります。
それもノーザンファームと提携し、良血馬たちが次々に募集されているおかげなのは言うまでもありません。
ただ、シルクの過去の活躍馬たちをぼーっと眺めているとノーザン提携前でも結構活躍している馬も多いんですよね。
価格も安かったので、回収率の面で見ると実はあまり違いはないのではないかという気がしてきたので比べてみました。
もちろん、ノーザンと提携したのはここ10年くらいで、その前はもっと長いので年月は全然違います。

ノーザン提携後の回収率トップ10
1、アーモンドアイ 4502%
2、ブラストワンピース 2687%
3、ラストインパクト 1706%
4、シャトーブランシュ 1459%
5、ローブティサージュ 1270% 
6、インディチャンプ 1085%
7、グレンツェント 1074%
8、フェイマスエンド 996%
9、サムソンズプライド 938%
10、アンジェリック 934%

ノーザン提携前の回収率トップ10
1、シルクフェイマス 2733%
2、シルクメビウス 2251%
3、シルクフォーチュン 2156%
4、シルクジャスティス 1874%
5、シルクアーネスト 1712%
6、シルクネクサス 1518%
7、シルクブルックリン 1459%
8、シルクドリーマー 1341%
9、クイーンオリーブ 1241%
10、プレノタート 1183%

どうですか?
なんか意外な結果ですよね。
ノーザン前も全く遜色ないです。
ただ、上はほとんどがG1馬、重賞馬なのに下はそういう馬は少なく、あまり記憶にない馬もいます。
それなのにこういう結果が出たのは、もちろん年数の違い、頭数の違いが大きいです。
それに加えて募集価格の違いがありますね。
下はほとんど1000万台、600万や700万の馬もいます。
回収率を考えるとやっぱり安い馬に軍配が上がりますね。

もちろん、勝ち上がり率はノーザン後のほうが格段に良くなっており、重賞馬も一気に増えました。
ただ、私のスタイルはやっぱり下のランキングに入ってくるような馬を探していきたいですね。
ちなみに一口10万を超える募集価格5000万以上の馬の最高回収してる馬はモンドインテロの632%になります。
今年は高い馬にもチャレンジしていこうとは思っていますが、こういう数字もしっかり頭に入れて検討していきたいですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2020/01/16 22:56 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(6)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ