FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク馬に異常事態?

最近シルクの近況と見ているとかなりの頻度であの恐怖の文字が出てきます。
一口馬主をしてて1番見たくないワード「屈腱炎」です。
この文字が出てしまうと引退か1年以上の休養という恐怖の二択になってしまいます。
なので、出資馬は当然のこと出資していない馬であっても見たくありません。
そこでここ最近屈腱炎が本当に多いのか調べてみました。

・10月

ジャックローズ [父 ハービンジャー:母 ローザミスティカ]
在厩場所:栗東トレセン/19日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの運動
次走予定:未定

斉藤崇史調教師「帰厩した翌日から調教を開始し、今週から仕上げていこうと思っていたところ、16日の早朝に馬体チェックを行った際、右前肢に張りと熱感が確認されました。その後も症状が改善されなかった為、18日に詳しく検査を行ったところ、残念ながら浅屈腱炎の診断がおりました。レースに向けて進めていこうとした矢先にこのようなことになってしまい申し訳ありません。19日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出し、その後は北海道の牧場へ移動して経過観察を行う予定になっています」



カリンバ [父 ルーラーシップ:母 アフリカンピアノ]
在厩場所:18日に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧予定
調教内容:
次走予定:未定

田中剛調教師「こちらに帰厩後は体調面に特に問題はなかったので調教を行っていたのですが、13日の運動後に右前脚に腫れ・熱感が確認されました。翌日になっても症状が改善されなかったため詳しく検査を行った結果、浅屈腱炎を発症していることが判明しました。次走に向けて調整を始めた矢先にこのようなことになってしまい、本当に申し訳ございません。この後はいったん北海道の牧場へお戻して、経過観察を行っていく予定となっています」



ドレーク [父 ルーラーシップ:母 ディアアドマイヤ]
在厩場所:栗東トレセン/13日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:
次走予定:未定

藤岡健一調教師「11日に追い切りを無事に済ませ、その日は特に異状なかったものの、12日の朝に馬体チェックを行ったところ、左前肢の繋ぎに腫れと熱感が見られました。午後に診療所で詳しくエコー検査してもらったところ、残念ながら浅屈腱炎の診断がおりてしまいました。程度としては軽くはないとのことです。牧場の獣医師と相談した結果、ノーザンファームしがらきへ戻し、もう一度詳しく検査を行ったうえで、今後の方針を決めることになりました。次走は良い競馬が出来ると思っていただけに、このような結果になってしまい申し訳ありません。13日にノーザンファームしがらきへ移動する予定です」



・9月

ロジャーズクライ [父 ハーツクライ:母 ロジャーズスー]
在厩場所:22日に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動
調教内容:
次走予定:未定

国枝栄調教師「22日になっても右前脚に熱感があり腫れもひかないためエコー検査を行ったところ、浅屈腱炎を発症していることが判明しました。程度も軽いものではなく縦の範囲もやや広い状況です。今週の追い切りまでは順調にいっていましたし、初戦の内容からしても今日のレースに出ていれば勝ち負けをしていたと思うだけに、本当に残念ですし申し訳ございません」

検査の結果、浅屈腱炎を発症していることが判明しました。現在、本馬の今後について関係者で協議を行っておりますが、決まり次第速やかにご案内させていただきますので今しばらくお待ちください。



バトルデゼル [父 ダノンシャンティ:母 メイショウアゲハ]
在厩場所:栗東トレセン

吉田直弘調教師「7日に帰厩し、8,9日と2日間調教を行ったのですが、9日の午後の馬体チェックで右前肢の裏筋に腫れと熱感が見られました。全休日を挟み、11日も軽めの運動に控えていましたが、腫れが一向に引かなかった為、12日に診療所で詳しく検査を行ったところ、残念ながら右前浅屈腱炎の診断がおりました。これからレースに向けて仕上げていこうと思っていた矢先のアクシデントだけに、本当に申し訳ない気持ちで一杯です」



・8月

ローズサクシード [父 ワークフォース:母 ロゼカラー]
在厩場所:栗東トレセン

吉村圭司調教師「23日の追い切り直後は特に気にならなかったのですが、今朝の馬体チェックの際、右前肢の筋に張りが見られました。獣医師に詳しく検査を行ってもらったところ、浅屈腱炎の診断がおりました。ここ最近は脚元の状態は気にならなかったですし、追い切り自体もそこまで負荷を掛けてのものではありませんでしたが、このようなことになってしまい申し訳ありません」



クワッドアーチ [父 Archarcharch:母 Elizabits]
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:舎飼
次走予定:未定

池上昌和調教師「その後も右前脚の腫れは引いてこなかったので、23日に詳しい検査を行ったところ、浅屈腱炎を発症していることが判明しました。ただ屈腱炎と言っても、エコーの画像を見ると損傷している範囲はごく一部で、獣医によるとこれまでの症例と比べても程度としては軽度のものであるそうです。前走は大きく敗れてしまいましたが、500万クラスで続けて2着にきているように力はある馬ですから、脚元をしっかり治せばまだ活躍してくれるはずです。少しお時間をいただくことになってしまうのは申し訳ございませんが、早期復帰に向けて牧場サイドと連携を取りながら進めていきたいと思います。今後は都合が付き次第、一度牧場へお戻しさせていただく予定です」



ブライトエンブレム [父 ネオユニヴァース:母 ブラックエンブレム]
在厩場所:札幌競馬場
調教内容:

小島茂之調教師「その後も左前の状態に変化が見られなかったことから、1日に詳しく検査を行ったところ、浅屈腱炎の診断がおりました。以前に発症したのと同じ箇所であり、また症状も重度とのことです。復帰するまでにかなりのお時間をいただいたにも関わらず、このような形となってしまい誠に申し訳ございません。何とか札幌2歳ステークスを勝った時のような走りをもう一度と思いここまでやってまいりましたが、実現できず非常に残念ですし悔しい気持ちでいっぱいです」



これ以外にも発症は6月ですが今月ゼーヴィントが屈腱炎で引退しています。
本当にここ数ヶ月多いですね。
こればかりはどうしようもないことだとは思いますが、これだけ多いと出資馬が複数なってしまった方もいると思います。
本当に気分が落ち込むんですよね。
今回のブライトエンブレムのように結局復活は難しかった馬もいますし、ロッテンマイヤーのように勝ち負けできるくらいまで復活できる馬もいます。
引退せずに治療を選択した馬についてはとにかく長い目で見守ってあげてほしいと思います。
とにかくもうこの文字だけは見たくありません。
スポンサーサイト
[ 2018/10/19 05:57 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(2)

シルクの馬名応募や追加募集はいつ頃になるのか?

シルクの募集馬ですが、ベッライリスの17も満口になり順調に完売に近づいていますね。
様子見できる状況もないので、基本的には暇になっていまします。
なので、今後のスケジュールがどうなるのかを去年を参考に書いてみようと思います。

まずは、みなさん気になっている人も多い馬名の募集です。
こちらの去年のスケジュールを見てみましょう。
・11月1日応募開始
となっています。
馬名採用された場合の賞品は先着1名となっているので、とりあえずもう馬名は考えておいたほうがいいでしょうね。
開始と同時に応募できるようにしておきましょう。

次にきそうなのは第1回追加募集馬発表です。
去年はシルクのパーティで発表されました。
・10月29日のシルクパーティで発表、11月28日にホームページで発表
ちなみに今年のシルクパーティは10月14日の秋華賞の日です。
アーモンドアイが3冠達成して盛り上がるパーティで発表するんでしょうかね?
ただ去年より結構時期が早いので必ずあるかはわかりません。

馬名応募があれば次は馬名決定ですが
・1月19日に発表がありました

次にあるのはキャンセル再募集ですね
・3月12日
まぁ基本的にはほとんど当たらないのですが意外と盛り上がります。

第2回追加募集馬発表があったのは
・4月16日です。まぁ結構最近のことですよね。

そして、突然あったのが2回目のキャンセル再募集です。
・5月24日でした。

最後に1歳馬の募集予定馬のリストが出たのが
・6月6日

以上が去年~今年の主なシルクのスケジュールです。
今年も同じくらいになるかはわかりませんが、一応なんとなく覚えておくといいと思います。
とりあえずは、馬名の応募と第1回追加募集ですよね。
今週末のパーティで発表があるのか大注目しておきましょう。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2018/10/11 22:25 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(0)

サラキアの秋華賞の騎手問題について

サラキアの秋華賞の騎手について色々とバタバタしてましたね。
そもそもは、ローズSで2着となり権利を取ったので池添騎手で本番の秋華賞もいく予定でした。
こういうトライアルで乗る場合は、基本的には本番とセットになっていて権利を取ったら騎手もそのままというケースがほとんどだからです。
なのでローズS後の近況では

2018/09/19 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの運動
次走予定:京都10月14日 秋華賞(GⅠ)〔池添謙一〕


と次走予定にしっかり池添騎手の名前が出ています。
しかし、その翌日の近況で

2018/09/20 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの運動
次走予定:京都10月14日 秋華賞(GⅠ)〔J.モレイラ〕

当初は池添謙一騎手を予定していましたが、モレイラ騎手に騎乗依頼を行ったところ快諾を得られたため、モレイラ騎手で秋華賞に向かうことになりました。


これが各所で賛否が大きく分かれている騒動の始まりでした。
そもそも、予定してる騎手が決まってるのに他の騎手に依頼を行うこと自体が失礼ですし、この文章がどうかと思うのです。
もっと何か池添騎手に配慮する書き方はなかったのでしょうか?
まぁ、書き方は置いておくとして、この乗り替わりについては私は出資者ではないので何とも言いにくいところがあります。
ただ、一つ言えるのは池添騎手はサラキアのメイン騎手ではあると思いますが、今までずっと乗り続けていたわけではありません。
ローズSの前の2レースは北村騎手が乗っています。
なので、ずっとコンビを組んできたのに本番直前で下ろされたみたいなのとも違うんですよね。
ですが、個人的には池添騎手でいくべきだったと思っています。
私は騎手をコロコロ変えるのがそもそも好きではなく、同じコンビでやっていくからこそ物語も生まれると思うからです。
ただ、モレイラ騎手に替わって喜んでいた方も全然普通だと思います。
モレイラ騎手の実力は疑いようもなく、彼に乗ってもらったほうが勝てる確率が上がるというならうれしい人もいたと思います。
でも、こういう賛否のある騎手の乗り代わりとかでちょっとゴタゴタするとうまくいかなかったりするんですよね。
替えて良かったぁ、となったケースの記憶があんまりなかったりします。

そして、案の定そのままとはいきませんでした。

2018/10/09 <所有馬情報>
騎乗予定でしたJ.モレイラ騎手が騎乗停止となったことから、秋華賞(GⅠ)は池添謙一騎手で出走することになりました。


モレイラ騎手が騎乗停止になってしまったのです。
サラキアに誰が乗るんだ?と各所で話題になっていました。
もちろん、池添騎手の名前が真っ先に出ますが、彼はサラキアを下ろされて秋華賞に出れないので東京で騎乗馬も決まっていました。
そもそも、いったん下ろされて、モレイラ停止になっちゃったから、やっぱり乗ってと言われてプライドが許すのかという問題もあります。
それでも、池添騎手はサラキアに乗ることを選びました。
色々な葛藤があったと思います。
シルクではブラストワンピースという菊花賞でも楽しみな馬の主戦もしています。
そこでゴタゴタするとこちらにも影響がでる可能性もあります。
サラキアの調教師が弟だということもあるでしょう。
色々考えたと思いますが、大人の判断でサラキアに乗ることを決めてくれたと思います。
そもそも、秋華賞は同じシルクのアーモンドアイが大本命であり勝つことは難しいはずです。
それでも、自分を下ろした関係者を見返すにはこの馬で勝つことかなと思います。
私も先日スイープセレリタスで池添騎手に乗ってもらって勝たせてもらいました。
それ以外にも最近は池添騎手はシルクの馬でかなり勝っています。
今回の秋華賞、私は馬というよりは池添騎手を応援したいと思います。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2018/10/10 19:59 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(2)

シルクの各世代の最高額馬の成績をまとめてみた

一昨日、シルクの1億円馬のサラミスがデビューしました。
結果は残念な10着。
相手も揃っていましたし、太めの仕上げ、馬場も悪かったと色々原因はあったと思いますが、1億円馬のデビューとしてはやっぱり残念な結果だったと思います。
もちろん、まだまだこれからなので立て直してくれると思います。
シルクでは、よく最高額の馬は活躍しないという話があります。
サラミスはもちろんその年の最高額の馬でした。
というわけで、シルクがノーザンと提携してからサラミスまで最高額馬の成績を調べてみました。

・2010年産
ジューヴルエール(5000万)・・・32戦2勝
2勝ですがこれだけ出走してくれたら悪くはないと思います。
これが一口4万円くらいの牡馬だったらたくさん走って楽しませてくれてありがとうという存在です。
ただ一口10万となるともう少し上での活躍を期待していたと思います。
もちろん収支は全くペイできていません。

・2011年産
ヴィッセン(5000万)・・・35戦3勝
まだまだ現役で頑張っていますね。
前走も2着ですし勝ち星を増やせる可能性は十分あります。
掲示板率も高く賞金の収支だけで見れば回収率は100%越えています。
もちろん、維持費も含めるとまだまだ赤字ですが個人的には全然悪くないと思います。

・2012年産
コートオブアームズ(7000万)・・・21戦3勝
デビューも遅れて最初は人気も着順もかなりひどくてとても最高額馬という感じではありませんでしたね。
それでもなんとか勝ちあがって、その後は少しづつ力をつけて3勝しました。
最初矢作厩舎でしたが出されてしまいましたが、骨折引退するまで頑張ったと思います。
ただ、やっぱり価格からみると物足りなく大幅な赤字だったと思います。

・2013年産
ラヴィエベール (8000万円)・・・10戦3勝
10戦3勝とだけ見れば普通かもしれませんが、10戦9連対と聞けばすごいと感じると思います。
一度4着があるのみであとは連対してるのはさすがだと思います。
能力は間違いなくあると思います。
ただ、今は屈腱炎で長期休養中です。
無事復帰できるのか?復帰して以前のように活躍できるのか?
しっかり回収できるかどうかもそこにかかってくるでしょう。

・2014年産
キラーコンテンツ(10000万円)・・・11戦3勝
まだまだ4歳馬ですからこれからだと思います。
前走でもしっかり2着にきており、これからも勝っていくでしょう。
ただ、1億円の馬と考えると現状1000万下にまだいるのは少し物足りないかもしれません。
早く上に上がって重賞で活躍してもらいたいところですよね。
この金額を回収するには最低でも重賞を取らないといけないのでなかなかハードルが高くなってしまいます。

・2015年産
ピボットポイント(12000万円)・・・8戦1勝
先日、8月のギリギリになってようやく勝ちあがることができました。
出資者のみなさんもほっと一安心だったと思います。
この金額の馬が未勝利で終わったら困りますからね。
あとは、ここからどれだけ活躍してくれるかにかかっていますね。

・2016年産
サラミス(10000万円)・・・1戦


まぁ、わかっていたことですが最高額の馬は全部ディープインパクト産駒の牡馬になります。
こうやってみるとどうでしょうか?
そこまで悪いという感じはしませんよね。
全頭しっかり勝ち上がっているのは立派ですし、ほとんど複数勝ちもしています。
ただ、そこまで目立った成績でもなく、重賞馬も出ていません。
この金額ですと重賞を取らないと回収できないので、全頭かなりの赤字なのは間違いないでしょう。
回収を考えると最高額の馬はオススメできないと言えます。
ただ、出資馬として楽しむのが主であれば悪くはないとも言えます。

まぁ私は予算的にもこういう馬に出資することはありません。
一口20万円の馬に出資するなら4万円の馬5頭に出資したいタイプですしね。
ただ、予算に余裕もあって夢を見たいならそこまで悪くない選択かもしれません。
シルクの最高額馬は走らないと言うほど悪い成績でもなく、かといって良い成績というわけでもないという曖昧な結果となりました。
今年、シルクの最高額の募集馬はモシーンの17(15000万円)です。
どういう結果を残してくれるか注目ですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2018/10/01 05:05 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(2)

ツアー申し込み、ダービーの結果、キャンセル再募集結果など

なんか書く項目いっぱいあったのでまとめちゃいます。
とりあえず今日は募集馬ツアーの申し込みでしたね。
しっかり12時にスタンバイしてすぐに申し込みました。
サイトは少し重くなってましたけど、すんなり申し込み完了。
初日の金曜日にしました。
毎度のことですが、いち早くレポできたらと思います。
今みたらまだ全日空きがあるみたいですから、今回は定員も多いのかもしれませんね。
個人的には一口馬主を始めたらツアーには是非行ってほしいと思います。
もちろん、道外からくるにはお金も時間もかかりますけど、やっぱりカタログと生で見る印象ってかなり違います。
特に募集が早くなって、カタログからツアーまでわずかな期間であってもかなり成長していますからね。
私は、首筋撫でながらお前に申し込むからな!って心の中で言うのが恒例になっています。
当たるかどうかは別ですけどね。
個人的にはまだの人は是非申し込んでみてくださいね。


また、昨日はダービーがありました。
シルクからはブラストワンピースが出走し2番人気とかなり人気になっていましたね。
結果は残念ながら5着。
直線でうまく前をさばけなかったことが痛かったです。
ダービーは1番運の強い馬が勝つと言われていますが、こういう部分なんでしょうね。
実力はあっても、最後はすべてが完璧にスムーズにいく運が必要なんです。
そういう意味では、勝ったワグネリアンは完璧なレースでした。
私はワグネリアンを本命に買っていたので興奮したのですが、2着も3着も買っておらず逆に悲しい結果になりました。
福永騎手は、やっぱりお父さんから繋がる物語もありますし、ダービージョッキーになれて良かったですね。
ブラストワンピースについては、私が思っていたよりもずっと強い馬でした。
後は大きな馬体なので足元にだけは注意して菊花賞で頑張ってほしいですね。
売れ残っていた馬ということもあり、結構目利きのできるブロガーさんが多く出資されている馬でもあるので、興奮がブログからも伝わってきて羨ましかったですね。


最後にキャンセル再募集の結果が出ていました。

◆再募集馬一覧(募集馬名・募集口数・申込口数)◆
6.シーイズトウショウの16  10口  570口
15.ケアレスウィスパーの16  10口  180口
25.ユキチャンの16  2口  36口
28.ヒカルアマランサスの16  1口  32口
36.キューティゴールドの16  10口  115口
45.ラッドルチェンドの16  1口  75口
49.プチノワールの16  10口  754口
61.クレヨンルージュの16  1口  42口
63.スカイクレイバーの16  1口  184口
64.カラヴィンカの16  1口  65口


私は申し込んでいないので、あれですがやっぱり人気になりそうな2頭に票が集まりましたね。
皆さんのこの購買意欲を見ると次の1歳馬募集が本当に怖いです。
最優先の話は前回書きましたが、今のうちに売れ残り馬に出資して実績を少しでも上げておくというのもアリかもしれませんよ。
それくらいしないと本当に馬が全然取れないかもしれません。
今週からもう新馬戦が始まります。
1年が本当に早く感じますね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
[ 2018/05/29 00:14 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ