FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

広尾サラブレット倶楽部2019年度1歳馬全頭レビュー

(追記7/16)
シルクのレビューを書くにあたり、見直したところ甘い評価が多かったため少し修正しました

先日、オススメのクラブとして紹介した広尾のカタログが届きました。
来週にはシルクの馬体や測尺も発表されそうなので今のうちにレビューしておきます。
広尾の特徴としては、遺伝子型の検査結果が出ていることですね。
この精度がどの程度なのかわかりませんが、こういう最先端の情報は面白いですね。
また、動画がシルクのようにしっかりまっすぐ歩いていないものが多くわかりにくかったです。
ただ、放牧中の走り回っている動画もありそちらは面白かったですね。
それを見て良し悪しは全くわかりませんでしたけどね。
当歳馬も見たのですが単なる仔馬にしか見えませんでした。
正直全く良くわからずレビューするのはやめました。
出資も1歳馬からにしようと思います。


・バスラットアマルの18 
牡馬 父キズナ 母の父:New Approach
矢作芳人厩舎 3月25日生  一口価格 17,000円
体高153cm、胸囲175cm、管囲21.5cm
【血統評価】B
母は未勝利、母の姉シリアスアティテュードは北米5勝のG1馬で産駒には重賞2勝のスティッフェリオなど。
この馬が初仔になります。
父キズナは産駒が今年デビューでまずまずの成績。
4頭が勝ちあがっていますが、すべて芝の1600以下と適正は短めかもしれません。
矢作先生が自ら数百頭の中から探し出してきた馬で期待も高い一頭。
【馬体評価】B+
広尾には遺伝子検査の結果もあるので載せておきます。
CT型の中距離タイプ。
馬体は筋肉量豊富でダイワメジャー産駒のようなガチムチタイプ。
キズナ産駒の傾向はまだわかりませんが、ディープ系統の産駒の馬体には見えませんよね。
測尺は、馬体重は不明ですがサイズはまずまずですし、芝のマイルくらいで活躍しそうな印象です。
歩様は重そうにのっしのっししてますが鍛えていけば問題ないでしょう。
広尾は放牧の動画もありますが、これを見て良し悪しの判断はできませんがこちらは軽快に走ってますね。
【総合評価】B+
血統面、馬体面ともに期待のできそうな一頭です。
特に今回矢作厩舎は3頭いますが先生が探してきた馬はこの1頭なので期待度も高いでしょう。
価格は3400万とキズナ産駒にしては少し高い印象です。
400万は矢作プライスの上乗せでしょうか。
それでも十分に出資候補になりうる一頭ですね。


・マルヴァーンスプリングの18
牝馬 父:ドゥラメンテ (母の父:Silver Deputy)
武幸四郎厩舎 2月14日生 一口価格 16,500円
馬体重440kg、体高157cm、胸囲176cm、管囲20cm
【血統評価】A
母は未勝利、祖母は北米8勝のG1馬。
産駒は、4勝、2勝、3勝、地方10勝、地方7勝、3勝、1勝と大物こそいないがかなりの繁殖成績。
安定してこれだけ複数勝利馬を出せるのはかなりの繁殖能力を秘めています。
父ドゥラメンテは人気種牡馬で種付け頭数も多く、先日のセレクトセールでもかなり高額になっていました。
こういうサンデー、キンカメどちらも入っていない良繁殖に最もつけたい種牡馬でしょうね。
外れを出さない良繁殖に期待の新種牡馬の組み合わせですから楽しみしかありません。
【馬体評価】B+
CC型の短距離タイプ。
馬体はスラリとして脚が長く綺麗なバランスですね。
そのわりに、欲しい部分には筋肉量もあり瞬発力がありそうです。
ただ、もう少しトモにボリュームが欲しいところです。
個人的には短距離というよりは芝の中距離タイプかなと思います。
測尺は体高もあり牝馬としては大きめで申し分ありません。
歩様はキビキビしていて問題もなく良いと思います。
放牧も元気に走り回っていますね。
【総合評価】A-
個人的に仔出しの良い繁殖の産駒が大好きで種牡馬も文句ないので当然の高評価です。
価格も今のドゥラメンテ産駒の高さを考えると許容範囲でしょう。
シルクで募集されたら1次満口確実の上位人気になるレベルの馬だと思いますね。
広尾なら1次完売はないでしょうけど、私は真っ先に申し込みます。


・ハイアーラヴの18
牝馬 父:ジャスタウェイ (母の父:Sadler's Wells)
林徹厩舎 5月13日生 一口価格 14,000円
体高149cm、胸囲173cm、管囲19cm
【血統評価】B
母は英1勝、産駒は3頭が日本で走りクレッシェンドラヴが5勝。
クレッシェンドラヴは広尾のクラブ馬で先日のG3七夕賞でも2着と活躍中。
ただそれ以外の2頭はいまいちで、ハーツクライをつけた兄が4戦未勝利なのでジャスタウェイもどうかという疑問もあります。
それでも重賞級を1頭だしているので期待はできそうですね。
【馬体評価】C+
CC型の短距離タイプ。
5月生まれということもあり、体高が低めで全体的にコロンとしています。
筋肉量はあるが、胴が短く見るからに短距離が得意そうなタイプ。
測尺は物足りないですが、これから成長すれば大丈夫でしょう。
歩様はかなりのがに股歩きでハーツクライの血を感じます。
これは遺伝なので特にマイナスにしなくても良いでしょう。
【総合評価】C+
クラブの兄が重賞戦線で活躍中というのは大きなプラス材料です。
ただ、繁殖成績に安定性が欠けるので多少一発型の要素がありギャンブルですね。
馬体も5月生まれのため現状そこまで目立ちませんので様子見して成長を待ちたいところです。
価格は上も活躍中ですからこんなところでしょう。


・ステラリードの18
牡馬 父:モーリス (母の父:スペシャルウィーク)
矢作芳人厩舎 2月19日生 一口価格 9,000円
体高154cm、胸囲171cm、管囲20.5cm
【血統評価】C
母は広尾の貴重な重賞馬。
産駒は2頭デビューし未勝利。
クラブとしても待望の牡馬のようです。
母は重賞馬と言っても新馬、函館2歳と連勝しその後はさっぱりとかなりの早熟タイプ。
産駒の成績も良くないので、牡馬に変わってもどこまでといった印象。
父モーリスは新種牡馬で未知数なので一発に期待。
【馬体評価】C-
TT型の長距離タイプ。
短距離で勝った母とモーリスの産駒からこんな遺伝子タイプが出るのは意外ですね。
馬体は、バランスもまずまず、肉付きもまずまずといった感じ。
測尺もまずまずですね。
強調点に乏しいが悪い馬ではありません。
歩様は前からの動画がまっすぐ歩いていないのでわかりませんが特に問題はなさそう。
【総合評価】C
重賞馬の母にモーリスをつけて牡馬で1800万というのはかなり安く感じます。
それに加えて矢作厩舎ですし、特に馬体に問題もなさそうですからお買い得な馬ですね。
ただ、大物感を感じないので1,2勝してあとは入着しつつ長く稼げたらというタイプかもしれません。
そうなると矢作厩舎ってすぐ転厩になるんですが広尾ってどうなんでしょうね。


・スイートマカロンの18
牡馬 父:スピルバーグ (母の父:Tale of the Cat)
尾関知人厩舎 3月19日生 一口価格 6,000円
体高153cm、胸囲173cm、管囲20.3cm
【血統評価】C-
母は中央未勝利。
産駒は4頭デビューし2頭が勝ちあがり。
期待値は高くありませんが、堅実な繁殖と言えます。
父スピルバーグは今年産駒デビューしておりまだ未勝利。
全体的にそこまで爆発力の感じない配合です。
【馬体評価】C
CT型の中距離タイプ。
ガッシリしたタイプでダート馬ぽいですね。
母も産駒もダートで勝ってますし、この感じですとダートかもしれません。
測尺もまずまずですが、ダートならもう少し筋肉量も欲しいですね。
歩様は普通です。
【総合評価】C
一つ上の全姉と比べてもかなり価格が安くなっています。
全兄弟で牡馬に変わって安くなるというのは聞いた事がありません。
何か問題があるのかなと思ったのですが、私にはわかりませんでしたね。
何も問題がないのであれば単純に安くなってお買い得になったわけです。
この価格なら全然楽しめそうな一頭だと思います。


シルクでは毎年70頭近くレビューしているのですが、久々ということもありたった5頭でも1時間以上かかりました。
広尾の馬は初めてでしたが、思ってたよりやっぱりレベルが高いと感じます。
確かに活躍馬は少なく、勝ちあがりも良くありませんが、募集馬の質は上がっていると思います。
このクラブは何度も書いていますが、4口まで無料で出資できます。
今回レビューした5頭のうち、4頭までなら無料で出資できるわけです。
上の2頭はかなり個人的にも気に入っており出資候補です。
それ以外の馬も悪くないのでタダなら4頭いっちゃってもいいかもしれませんね。
まぁ、既に4口以上出資していて有料ならもっとじっくり検討すべきですけどね。

広尾には新規紹介キャンペーンがあり、私のブログを見て入会された方にはお互い1000Pもらえるようです。
なので、入会の経緯の欄に広尾っ仔応援ブログというところに私のブログ名を書いていただくとポイントがもらえます。
ただ、これが目的で広尾の記事を書いているわけではありません。
実際、私は無料分しか出資していないのでポイントをもらっても使う場所もないのです。
それでも、たくさん貯まれば使い道もあるでしょうからもし良ければよろしくお願いします。

東サラも募集も始まり、結構面白そうなラインナップだったのでオススメ馬だけでもレビュー書こうかなと思っていたのですが、広尾もありましたし、そろそろシルクも始まります。
キャロットのラインナップも見せてもらいましたが、今年はキャロットのレベルがかなり高いように感じましたね。
今年は特にキャロットに力を入れているなぁと感じました。
もちろん、シルクも全然悪くないのでカタログが楽しみですね。
ただ、これだけシルクは人気クラブになりましたし馬の頭数の確保は大変になることは想定されます。
そういう時に、今回書いた広尾などで少し穴埋めできたら一口馬主としても楽しめるかなと思います。
特に上の2頭はシルクに来ても人気になっていたレベルだと思いますので楽しみですね。
さて、来週からシルクのレビューが始まると思います。
今年は頭数も多いので途中で確実に泣き言を言うと思いますが、なんとか全頭書き終えたいと思います。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
スポンサーサイト

今紹介したい一口馬主クラブその名も「広尾サラブレット倶楽部」

露骨な宣伝タイトルに驚かれたと思いますが、今回は広尾という一口馬主クラブを紹介しようと思います。
もちろん、一切クラブとは無関係ですし、当然一銭ももらっていません。
では、なぜこんなことをするかと言えば本気でこのクラブこれから面白いんじゃないかと思っているからです。
一口馬主をやってみたいと思われる方にとって広尾という選択肢はおそらくほぼありません。
今ならシルクかキャロットの活躍をみてやってみたいと思うでしょうからね。
広尾には誰もが知るような代表馬もいません。
そもそも頭数も少なく、興味を持つ機会のかなり少ないクラブなのです。
でも、実際勉強してみると今の広尾ってこんな感じになってるんだと驚かれると思うのです。
だから紹介しようと思います。

私が正式に入会したのは去年です。
なので一頭もまだデビューはしていません。
それでもこのクラブに期待しているのです。
広尾というクラブは2000口というかなり大きな口数のクラブです。
入会金もかかりませんし、会費も口数に応じて、ポイント還元も多いので本当に庶民的なクラブになります。
馬も今日の七夕賞で2着にきたクレッシェンドラヴやハナズレジェンドなどそこそこ上でも見かける馬がいます。
ただ、私がオススメしたい1番の理由があります。

・4口まで出資金無料
とにかくこの制度がすごいのです。
1口づつ4頭に無料で出資できるのです。
シルクと同じ口数に合わせたいなら1頭に4口無料で出資すれば500口の1口と同等になります。
一口2万円の馬だったとして4口で8万円が無料になるのです。
一口2,5万円、1万円、2万円、1、5万円の4頭に出資すれば7万円が無料になります。
あとは、会費と維持費だけはかかりますが無料で4頭も出資馬として楽しめるならうれしいですよね。

・募集馬の種牡馬のレベルが高い
いくら無料でも活躍しないんじゃ意味がありません。
地味な血統の繁殖にマイナー種牡馬をつけた募集馬ばかりで無料ですと言われても出資意欲はでませんよね。
しかし、先日今年の募集馬が発表されました。
そのラインアップを見て驚くと思います。
全頭、社台スタイリオンの種牡馬の産駒なのです。
社台SSと言えば日本を代表する種牡馬しかいません。
当歳の3頭は、ロードカナロア、モーリス、キタサンブラックの産駒です。
1歳馬の5頭は、キズナ、ドゥラメンテ、ジャスタウェイ、モーリス、スピルバーグの産駒です。
スピルバーグは今は出されてしますが当時は社台SSにいましたからね。
さすがにノーザンファ-ム生産ではありませんがシルクで募集されてもおかしくない種牡馬のラインナップなのです。

・預託厩舎がすごい
価格も無料、種牡馬も一流、あと気になるのは厩舎ですよね。
マイナークラブは下位厩舎ばかりということもよくあります。
今年募集が発表された8頭のうち3頭がなんと矢作厩舎になります。
矢作厩舎は数を使ってくれることもあり一口馬主では人気ですが、今年シルクの馬を一頭も預かっていません。
それがなんと広尾の馬を3頭も預かるのです。
その中の1頭は矢作先生が自ら牧場を回って探し出してきた馬です。
そのパターンは去年もあり、その馬が私が始めて出資した馬でもあります。
その他の厩舎も池江厩舎、武幸四郎厩舎など上位、人気の厩舎になります。

どうでしょう?
ここまで読むと広尾というクラブに少しは興味がわくのではないでしょうか?
4頭まで無料で、人気種牡馬の産駒に出資できるのです。
一口馬主は大金のかかる趣味です。
基本的には軽々しく人に勧めたりはしません。
無料だから書いているのです。
仮にダメでもリスクがほとんどないからなのです。

シルクで狙ってたキズナ産駒取れそうもないなぁ
じゃあ、広尾で無料だし出資してみるかぁ
そんな感じで補完するクラブとしてもいいかもしれませんね。
今回8頭の募集馬が発表されました。
募集開始は7月20日になります。
たった8頭なので私も全頭レビューを書く予定です。

広尾というクラブは本当にマイナーですし、私自信もまだ新参です。
それでも募集馬や厩舎を見ても近々重賞を取るような馬が出そうな予感がしています。
そして、それが無料で手に入るのです。
だからわざわざこんなブログを書いてみました。
私は広尾の回し者ではありません。
むしろ、無料分しか出資していない会員なので有難くない人間かもしれません。
それでも出資馬が活躍してくれたらお金を出して追加をしても良いと思っています。
クラブとしても無料にしているのはそういうことを期待しているからでしょうしね。
もし、興味があったら広尾のホームページなどを見て無料のシステムの詳細や募集馬のカタログを見てみたらといいのかなと思います。
https://www.hirootc.jp/
システムも募集馬も面白そうなクラブなのに全然知られていないと思ったので今回は紹介記事を書いてみました。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。

すべてが0円のあの馬はどうなったのか?

入会金も0円、会費も0円、出資金も0円という驚くべき企画で募集された広尾の0革命会員。
その馬は、フッフールという名前で現在3歳馬になりましたが今まで取り上げたことがほとんどありません。
それもそのはず、一度も走ってないからです。
骨折などもありなんとこのスーパー未勝利戦の最終週でやっとデビューすることになりました。
正直言って全く期待していませんでした。
そもそもこの時期にデビュー戦というのが無謀ですし、レベルの高い馬の多いスーパー未勝利戦で通用すると思えません。
アリバイ作りのために、なんとかギリギリデビューを間に合わせたとしか思えなかったからです。
それは、みなさんも感じたのでしょう単勝は13番人気の126倍です。
私の出資馬でデビュー戦で単勝万馬券になるような経験も初めてです。

しかし、レースは悪くありませんでした。
まずまずのスタートで頑張って前についていきます。
それでも、コーナーくらいでズルズル下がっていってあとは大差でゴールかなと思いました。
しかし、意外なほどにくらいつき最後の直線でも前のたれた馬をかわしていき7着でゴールしました。
もちろん勝ち負けというレベルではありませんが、デビュー戦としては健闘とも言える内容でした。
これが2歳だったら楽しみだったに違いありません。
しかし、1年も違うんですよね。
2歳がどんどんデビューしてるこの時期に3歳馬のデビュー戦だったのです。

フッフール 18.10.02
 栗東トレセン在厩。レース後も大きな反動が見られないことから、近日中にもいったん競走馬登録を抹消し、名古屋・角田輝也厩舎に転籍のうえ、年内2勝を目標に再ファンド(地方出戻り策)による中央再登録をめざしていく方向で移動の準備を進めていくことになりました。なお、出資会員の皆様には、抹消に関する諸手続きが完了し次第、詳細を書面にてお送りいたしますので、発送まで今しばらくお待ちください。



しかし、クラブとしてもこの1戦で可能性を感じたのでしょう、地方からの出直しが決まりました。
シルクなどのクラブよりはずっと地方出直しになる馬は多いわけですが、それでも英断だったと思います。
ただ、この馬は0円の馬ですから再ファンドはどういう手続きになるのかわかりません。
余計なお金がかかるのであれば考えますが、このままいけるのであれば続けていこうかと思います。
タダより高いものはないということわざもあります。
このままいけば、0円といいながら維持費だけ払って可能性のない1戦で終わるところでした。
しかし、デビュー戦は見所がありましたし、この後も走ってくれるなら十分0円以上の価値はあるのかなと思います。
私にとっては、ロイヤルアフェアに続いて地方出直しがこの世代2頭目になりました。
地方での走りも見逃せませんね。

完全に忘れていた出資馬が散々な状態

ブログのカテゴリーを整理しようかとチェックしていたら完全に忘れていたものがありました。
それが、広尾の0革命会員として0円で出資した馬です。
出資した1年半くらい前にその記事を書いたっきりになっていましたので本当に忘れてました。
募集してたのが当歳だったのでデビューまで2年もあったということもあったと思います。
0円で出資したベイビーローズの15は、いつのまにか「フッフール」というかわいらしい名前もついていました。
そこまでなら別にいいのですが、近況コメントを見て愕然としました。
ノド鳴りで手術しようかどうしようかという内容があった次には、骨折してボルト手術をしたという内容でもうデビュー前からボロボロです。
デビューできるのかすら不明です。
0円ですから、しょうがないと思うしかないのかもしれませんが、維持費は払っているのでせめてデビューして何戦かはしてほしいですよね。
昔から、安いものにはワケがある、安物買いの銭失いなどの言葉もありますが、やっぱりそうそううまい話はないのだと思いました。
ただ、こちらは4000分の1口なので、それを2口まで無料で出資できたのですが、なんとなく出資馬というよりは感覚的にスターズファンドの馬たちに近いです。
それでも、出資した以上は責任を持って応援すべきであり、忘れていたなど馬にも失礼だと思いました。
骨折も今の時期でしたら、まだまだ治りますし3歳にはデビューできると思います。
今後はしっかり近況などチェックし、ブログでも取り上げていこうと思います。

広尾サラブレット倶楽部でゼロ革命会員になりました

以前ブログで紹介した広尾サラブレット倶楽部のゼロ革命という0円で出資できる企画に出資してみました。
内容は、入会金も0円、会費も0円、出資金も0円というゼロ革命というもの。
ベイビーローズの15というスマートファルコン産駒が0円で出資できる。
4000口募集で2口まで無料で出資できるので、実質2000分の1口。
それでも無料なんだから文句はないよね。
この企画のすごいところは、会費も0円というところだ。
0円で出資できるというエサで会員になってもらって会費で稼ぐというならよくありそうな話。
しかし、これは会費もかからない。
かかるお金は維持費の年間1800円のみ。
月じゃなくて年間だからね。
一口馬主って出資馬が走らないと面白くない。
シルクで年間5~7頭くらい出資しても毎週走ってくれるわけではない。
そういう意味でこういう遊びの出資馬が合間に走ってくれると結果が良くても悪くても楽しめるよね。
私のブログでこれを知って申し込んだという人も何人かいるのでみんなで楽しみましょう。

残口わずかなのでまだの人は急いで申し込んでみてください。
詳しくはこちら
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ