まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

レーヌドブリエ25戦目、堅実に頑張ってくれています

2017/09/04 <レース結果>

 9/2(土)新潟10R 弥彦特別〔芝1,800m・11頭〕3着[3人気]

互角のスタートから道中は後方2番手で脚を溜めます。徐々に進路を外に取って直線でも伸びましたが交わされてしまい3着でゴールしています。

吉田豊騎手「久しぶりに乗せてもらいましたが、以前とは別馬のように精神的にどっしりして成長を感じました。返し馬が終わってからも周りに気を使うことなく、気持ちよさそうにゆったり歩いていましたし、道中も全然引っ掛かる感じではなかったです。以前東京で勝った時に早めに抜け出してから遊ぶ感じがあったので、追い出しを少し我慢しました。いい感じで伸びてくれたのですが、勝ち馬には一気に交わされてしまいました。それでも2着はと思っていたのですが、ミルコの馬と並んだ時にタイミング悪くステッキを叩き落されてしまい最後までしっかり追えませんでした」

矢作芳人調教師「折り合いもスムーズでしたし、最後までしっかり脚を伸ばして頑張って走ってくれましたが、勝ち馬には及びませんでした。堅実に走ってくれていますし、何とか1000万クラスは早めに勝ち上がらせたいですね。この後はトレセンに戻って状態を確認したうえでそのまま続戦させるか、短期放牧を挟むか検討したいと思います」


久々に吉田豊騎手が乗りました。
やはり、メジロドーベルの娘ですから騎手が吉田豊というのはわかるんですけど、結果は出ていないので厳しい声が多いですね。
まぁさすがにちょっと後ろすぎたとは思いますが、このクラスになると断トツで能力が抜けていない限りは色々な要素がかみ合わないとなかなか勝てませんね。
それでも堅実に2着、5着、3着、5着、2着、3着と惜しいレースが続いていますし、いっぱい走って頑張ってくれてますよ。
このクラスになれば2着とかでも未勝利戦勝ちよりも賞金は多いですからね。
すでに25戦しており、シルクの5歳馬の中では1番走っています。
回収率もこの世代のシルクでは5位ですし、こういう馬にいっぱい出資できることが大事ですね。
レースに出れるのもあと半年ですし、血統的に繁殖入りはほぼ確定でもあります。
この馬の走りを一戦一戦楽しんで、できればあと1回くらいは勝つところを見たいですね。
スポンサーサイト

レーヌドブリエ24戦目、内を割ってくるも惜しくも2着

2017/08/14 <レース結果>

 8/12(土)小倉10R 宮崎特別〔芝2,000m・12頭〕2着[3人気]

まずまずのスタートを切りますが、じっくり折り合いをつけながら8番手あたりを追走。3コーナーあたりから前を窺いに行き、直線に入って追い出しにかかると、勝ち馬にもう少しのところまで迫ったものの、捕らえ切ることが出来ず惜しくも2着に敗れています。

川田将雅騎手「ハミに敏感なところがあると聞いていたので、返し馬の段階からなるべく気を付けながら行いました。ゲートを出てからも馬のリズムを大事にしながら追走していきましたが、あれ以上抑えたり促したりするとガツンとハミを噛んでしまう気配がありました。勝負どころではスッと反応して上がって行くことが出来ましたし、差し切れる手応えはありましたが、最後の直線で3着馬がフラフラしてなかなか抜け出すことが出来なかった為に、勝ち馬を捕らえ切ることが出来ませんでした。あそこを上手く捌けていれば十分差し切っていたと思うだけに、本当に悔しい結果になってしまいました。今回ぐらい我慢して追走することが出来れば2,000mは問題ないと思います」

矢作芳人調教師「これまで1,800mまでしか経験していなかったので、どれだけ対応してくれるか半信半疑なところがありました。位置取りが少し前過ぎるかなと思って見ていましたが、川田騎手が上手く折り合いをつけながらレースを運んでくれたことで、もう少しのところまで差を詰め寄ってくれました。勝負どころで上手く捌けていれば勝ち負けしていたと思いますが、こればかりは結果論ですから、次走に向けて気持ちを切り替えたいと思います。長距離輸送のあとなので、トレセンで状態をしっかり確認したうえで、今後の予定を検討したいと思います」



緑8

いやぁ、本当惜しかったです。
なかなか勝てませんね。
狭い内を割って突っ込んできましたが2着まででしたね。
それでも2000mは初めてでしたから、全然問題なく対応できたのは今後の番組選びも幅が広がりましたね。
個人的には芝2000の牝馬限定重賞あたりに最後はチャレンジできるくらいになってほしいので、残り時間はあまりないのですが、最後まで楽しみにしています。

レーヌドブリエ23戦目、遠征疲れかな?

2017/05/29 <レース結果>
 5/27(土)東京10R 葉山特別〔芝1,600m・12頭〕5着[3人気]

五分のスタートから中団でレースを進めます。直線は外目に出して追われると、まずまずの伸び脚を見せますが、上位を窺うまではいかず、5着でゴールしています。

戸崎圭太騎手「道中は折り合いもスムーズで良い感じで進められましたし、直線もよく頑張って脚を使ってくれました。いつも堅実に走ってくれるようですが、今回もその通りに一生懸命に走ってくれましたよ。ただ使い詰めできているようですし、マイナス体重も小柄な牝馬にはかわいそうに感じました」

矢作芳人調教師「馬体重はマイナス10㎏と考えていた以上に減ってしまっていましたが、そこまで細くは映らなかったですし、走れる態勢にはあったと思います。この距離であれば折り合いも問題なかったですし、この馬なりに最後まで頑張って走ってくれていますが、今回は相手関係も強かったですね。ここまで続けて使ってきましたし、この後は一息入れる方向で考えています」


う~ん、こちらもなかなか勝てませんね。
特に関東に遠征すると成績が悪いです。
矢作先生は、相手関係を見て遠征もガンガンするタイプなんですが、この馬は遠征はあまり良くないですね。
馬体重が減ってしまうので残りも半年くらいですし、腰を据えて遠征無しで勝負してほしいですね。

レーヌドブリエの22戦目は勝ちきれず3着

2017/05/15 <レース結果>

 5/14日(日)新潟11R 赤倉特別〔芝1,800m・14頭〕3着[1人気]

好スタートを切りますが、末脚を活かすために徐々に後方へ下げていきます。道中ややハミを噛む場面はありましたが我慢し、直線では大外から伸びましたが、先に抜け出した勝ち馬から離された3着に入線しています。

坂井瑠星騎手「好スタートからスーッと下げて、最初の2ハロン目くらいまでは非常に上手く走れていたのですが、内から外に出てきた馬に反応して途中から掛かってしまいました。前走が早めに動いて末を無くしていましたし、同じように行かせてしまうと直線の長いコースでは最後に止まるだろうなと思い、そこは引っ張って我慢させました。最後は伸びてくれましたが、外々を走らされてしまいましたし、結果的に流れも向きませんでした」

矢作芳人調教師「あれだけスタートが良かったのですから、無理に控えなくても良かったと思いますが、折り合いを気にしてあの位置取りになったのでしょう。相手関係を見る限り、ここは負けられないと思っていましたが、結果的に先行した馬に強い競馬をされてしまいました。でも、レーヌドブリエも最後までしっかり脚を伸ばしてくれましたから、力は見せてくれたと思います。長距離輸送の後なので、この後はトレセンに戻って状態をしっかり確認してから、このまま続戦させるか一旦放牧に出すか検討したいと思います」



好スタートから下げて最後の直線勝負もするも捕らえきれずに3着でした。
近況からもおそらく調教師先生などから後ろに下げて直線勝負をするように言われていたんだと思います。
若手騎手なので、先生にそう言われたらどんなに好スタートでもそうするしかないでしょう。
ベテラン一流騎手ならそう言われてても展開によって指示なんて無視して勝負するんですが、若手だとそうはいきません。
裏目に出て負けたらもう乗せてもらえないかもしれませんからね。
本当に競馬は色々難しいです。
この馬の力は十分に発揮しているのですが、ちょっと噛み合わないだけでなかなか勝利にはなりませんからね。
次に期待しましょう。

レーヌドブリエ21戦目は伸びきれず5着

2017/05/01 <レース結果>
 4/29(土)東京9R 秩父特別〔芝1,600m・11頭〕5着[2人気]
まずまずのスタートを切るも控えて後方3番手から追走。3コーナー手前から徐々に進出し、直線入口では大外に持ち出し残り400m付近から追い出しに掛かると、一旦は先頭に迫りますが、残り100mで脚色が鈍り5着でゴールしています。

M.デムーロ騎手「折り合いに気を付けて乗りましたが、その点はスムーズでした。テン乗りなので過去のVTRを見直したところ、ジリ脚だと思いましたし、更に競馬のペースが遅かったので早めに動いていきました。ただそれは失敗だったかもしれません。今更ですが、東京コースですしもう少しじっくり構えているべきだったと思います。そうすれば最後はもっと脚を使えたと思います。申し訳ありません」

矢作芳人調教師「動くのが早いですよね。あれではコーナーで外を回ることになってしまいますし、案の定最後の最後で止まってしまいました。特に引っ掛かったわけではなく、ペースが遅いと思い意識的に動いたそうです。勝ち馬はその時には内でジッと脚を溜めているわけですから、直線の伸びが違ってくるのは当然でしょう。今回はマイナス4㎏で収まり輸送は上手くいきましたし、状態も良かっただけに残念です。帰厩後は飼い葉をよく食べてくれていますから、この後馬体に変化がなければこのまま続戦したいと思います」



早めに動いた分、最後脚が無くなってしまいましたね。
まぁ、どんな展開でも勝ちきれずほどこのクラスになると簡単ではありませんのでしょうがないです。
続戦するようなので、次に期待しましょう。
それにしてもこの馬は頑張り屋さんで丈夫ですよね。
ドーベルの子供は体質が弱いなんて前評判もありましたが、既にもう過去のドーベル産駒の出走数では1番になっています。
なんとかあと2勝くらいして重賞出走する姿をもう一度みたいですね。
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ