FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

ヴァンクールシルク10戦目、低迷期

2018/10/09 <レース結果>

 10/7(日)東京6R 3歳上500万下〔芝2,400m・9頭〕7着[4人気]

ブリンカー着用。ゆったりとしたスタートから道中は後方で脚を溜めます。4コーナー辺りで外から追い出しにかかりますが、大きく脚を伸ばすことなく7着でゴールしています。

内田博幸騎手「直線向くまで手応えはそこまで悪くありませんでしたが、走りが重かったこともあり、追い出してから思ったよりも伸びなかったですね。また、体と走りが上手くマッチしていない感じでしたね。今までこの馬に乗ったことがないので、ブリンカーの効果は分かりませんが、初めてつけたということで、もう少し慣れが必要かと思います」

木村哲也調教師「今回からブリンカーを着用しましたが、あまり変わらない感じがしました。また、調教での脚色は悪くなかったのですが、まだ万全の状態ではないのかもしれません。レース後に東京競馬場から直接ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきました。1度リセットしてから次走については検討していきたいと思います」


この条件は1度快勝してるので力はあるはずなんですが、降級してからどうもうまくいきません。
個人的には一度なんらかの条件を変えてみてほしいですね。
かなりの大型馬でパワーもありそうなんでダートでも見てみたいですよね。
スポンサーサイト

ヴァンクールシルク9戦目、馬場が合わず?

2018/08/27 <レース結果>

 8/25(土)札幌9R 積丹特別〔芝2,600m・12頭〕8着[4人気]

スタートでやや立ち遅れると、最後方からの追走となります。2周目の向正面に入ると少しポジションを上げ、3,4コーナーで仕掛けつつ前を追いますが、直線は脚が止まり離れた後方でゴールしています。

木村哲也調教師「ルメール騎手によると、道中はかなりノメッていてリズムよく走れなかったようです。だから最後は脚が上がってしまったのでしょう。馬場が渋ってしまい、大跳びのヴァンクールシルクには向かない馬場になってしまいました。せっかく札幌まで遠征させていただいたにも関わらず、結果を出せず申し訳ありませんでした。レース後の状態に問題はありませんが、この後はいったん美浦トレセンに戻る予定です」


う~ん、馬場が合わなかったのかまた大きく負けてしまいました。
喉の話は出ていませんが、再発ということはないのでしょうか?
心配ですね。

ヴァンクールシルク8戦目、降級し同条件も完敗

2018/06/25 <レース結果>

 6/24(日)東京7R 3歳上500万下〔芝2,400m・9頭〕8着[2人気]

ゆったりとしたスタートを切り、道中は後方2頭目を追走、3コーナーあたりから鞍上の手が動き始めると、最後の直線では完全に脚が上がってしまい、後方に敗れています。

田辺裕信騎手「初めて乗せていただきましたが、とても乗りやすかったです。スタートを出てすぐ内の馬に前をカットされた場面はありましたが、途中までの走りは悪くなかったと思います。ただ3コーナーくらいから早々に手応えが怪しくなってしまって、直線は一杯になってしまいました。切れ味勝負になると分が悪いですし、今日のような湿った馬場はいいかなと思っていたのですが、まだ中身が本物ではない感じでしたね。でもこれで一叩きすれば、もっと良くなってきそうな印象を受けました」

木村哲也調教師「スタートで後手を踏み、位置取りが悪くなってしまったのは仕方ないとしても、直線も全く脚を使えず上位とあそこまで離されてしまったということは、熱発で頓挫したことが思ったよりも影響してしまったのかもしれません。ここはしっかり結果を出さなければいけないレースでしたが、申し訳ございませんでした。レース後の状態を確認してから、今後の方針を判断させていただきます」


前走同じ条件戦を快勝し、降級してもう一度でしたので普通に楽勝かと思いました。
しかし、うまくいかないものですね。
敗因もよくわかりません。
次に期待しましょう。

ヴァンクールシルク7戦目、今後が楽しみな快勝

2018/05/07 <レース結果>

 5/5(土)東京6R 4歳上500万下〔芝2,400m・8頭〕優勝[1人気]

五分のスタートを切ると、レース序盤は後方3頭目から追走していきます。向正面で外からポジションを押し上げ2番手まで進出、直線に向き追い出され、残り250m付近で先頭に立つと、徐々に後続との差を広げていき、見事に先頭でゴールを駆け抜けています。

C.ルメール騎手「スッと切れる脚を使えるタイプではないですし、ペースもゆっくりだったので、向正面で上がって前との差を詰めていきました。長くいい脚を使えるのがこの馬の長所ですし、今回も直線に向いて追い出すとその通りにしっかり脚を使ってくれましたね。また間隔を空けつつ使っているのもいいのでしょう、一回り力を付けた感じがします。以前はもっと緩くて頼りない印象だったのが、全体的にパワーアップして成長していると思います。喉についても特に気になりませんでしたよ」

木村哲也厩舎「ありがとうございました。馬体重も絞れていい状態でレースに向かえたと思いますし、ルメール騎手もスローペースなのを踏まえて早めに動き上手くエスコートしてくれました。クラス再編成前に何とかもう一つ結果を残したいと思っていましたし、一番人気に応えることが出来て良かったです。この後はレース後の状態を見てどうするか判断したいと思います」


喉の手術後の2戦目になります。
復帰戦でいきなり2着になり今回は1,7倍のだんとつの1番人気でした。
レースはスローの上がり勝負でしたが、早めに前にあがっていったルメール騎手はさすがでしたね。
あとは直線抜け出してそのままゴールの快勝でした。
ものすごい大型馬ですが、長めの距離で今後も活躍してくれそうですね。
実は、牡馬で2勝目を上げたのは初めてになります。
この馬には牡馬のエースになってもらいたいですね。

ヴァンクールシルク6戦目、喉も手術で改善し復活!

2018/02/19 <レース結果>

 2/18(日)東京6R 4歳上500万下〔芝2,400m・13頭〕2着[3人気]

大外枠から五分のスタートを切りますが、無理せず控えて後方3番手でレースを進めます。3コーナー過ぎからやや仕掛けつつ追走し、直線で外に出して追われるとしっかりと脚を伸ばしますが、先に抜け出した勝ち馬に1馬身及ばず、惜しくも2着に敗れています。

C.ルメール騎手「久々でまだ太かったですが、最後はいい脚を使ってくれました。ただ流れが遅くて前も止まらなかったですからね。喉の手術をしたということですが、レース中は全く気になりませんでした。休み明けでもいい競馬をしてくれましたし、このクラスでは能力は上だと思います。大型馬ですから一度叩いた上積みは大きいと思いますし、次はチャンスが出てくるでしょう」

木村哲也調教師「あと少しのところで勝ち切れず、申し訳ありません。大幅なプラス体重での出走となりましたが、これでも帰厩時に比べるとだいぶ絞れたんです。とにかくルメール騎手が『喉は気にならない』と話していたので安心しました。それさえ解消されれば、能力的にこれぐらい走って当然の馬です。叩いた次は更に良くなると思いますので、それに向けて態勢を整えていきたいと思います。レース後の状態を見てから、今後の方針を決めさせていただきます」


喉鳴りの手術などもあり、半年ぶりのレースとなりました。
+20キロとかなり増えていましたし、586キロとあのグロンフォールよりも大きくなってしまっていたので一度叩いてからかなと思っていましたが、調教はかなり良かったので期待もしていました。
結果は、上がり最速で追い込んできての2着。
勝ち上がりは早かったのですが、その後いまいちパッとせず、こんな馬じゃないはずなんだけどなぁと思っていたのですがやっと力を見せてくれましたね。
やっぱり、喉が問題だったようで、それも気にならないとルメール騎手も言ってくれたのでここからやっと本番です!
素質馬がいよいよ再始動です。
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ