まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク馬のデビュー戦レビュー(ヴィグラスファイア、ブルヴェルソン)

去年やってたデビュー戦レビューも今年もやろうと思います。
ただ、今年は少しメリハリをつけた内容にしたいと思います。
どの馬にも出資者の方がいるので、結局当たり障りのない内容しか書けずにつまらなくなって止めたというのがあるからです。
新馬戦だけでわかることなんて、たかが知れてますがそういう企画なので軽い気持ちで見てください。

・ヴィグラスファイア
3人気・・・2着
追加募集馬がこれだけ早くデビューできるのはうれしいですね。
レースは、良いスタートでしたが、押しても進まずに中段まで下がってしまいます。
それでも、最後は良い脚でつっこんできて2着まできました。
上がりも最速ですし能力を感じます。
ただ、もう少し時間がかかりそうな感じもするので、2着だからとすぐに次に勝つというよりは2着3着となかなか勝ちきれずに少しかかるかもしれません。
まぁ、そのほうがお金も稼いでくれるので良かったりもします。
勝ち上がりを心配する必要はなさそうなので安心ですね。

・ブルヴェルソン
2人気・・・7着
一口10万円のダイワメジャー産駒という高額馬です。
ショウナンパンドラの弟なので価格はしょうがないでしょう。
カタログ段階から繋ぎが立ち気味なのが気になっていた馬です。
レースはまずまずのスタートから良い感じで進めましたが、直線では伸びずにそのままゴール。
7着といっても11頭立てで結構離された7着なので厳しい結果だと言えます。
次走はダートにいくようですが、姉もダートで勝ちあがりましたし、立ち繋ぎはダート向きという定説もありますから良いとは思います。
ただ一口10万円出してダート馬となると相当な活躍が求められるのでどうでしょうか。
これでシルクのダイワメジャー産駒は2頭デビューしてどちらも完敗です。
順調にきてるからこそ、この時期のデビューができるわけですが、結果が出ていないのが気になります。

さて、これでシルク馬は3頭デビューしましたが勝ちはいません。
勝ちあがり1番乗りはどの馬になるでしょうか?
スポンサーサイト

ポールヴァンドル自己条件で快勝!インヘリットデールはデビュー戦惜しくも2着!

今日は個人的にも大注目していたレースが2つありました。
ポールヴァンドルは、ファンディーナという化け物が出てくることもあったのかG3フラワーカップを回避し、自己条件の500万クラスに出走しました。
前走勝ちあがりはダートだったこともあり、芝1600も初めてなのでそこまで人気しないかなと思いましたが、2、7倍の1番人気に支持されました。
レースは、好スタートから2番手につけ、直線あっというまに抜け出し、最後はそのまま押し切るという理想的なものでしたね。
これで2連勝となり、次はいよいよ重賞でしょうか?
この馬は、今まで5戦して3着を一度も外しておらず、レースも芝1600~2000、ダートも使ってのこの成績は立派の一言。
これだけ適正が広いと色々できそうですね。
何度も言うのも恐縮ですが、この馬は私の命名馬でもあり、思いいれも一際大きいものがあります。
これだけ活躍してくれて本当にうれしいです。
今後も楽しみですね。

また、もう一つの注目レースはインヘリットデールのデビュー戦です。
私のこの世代のドラフト1位の馬でしたが、ここまでデビューが遅れてしまいました。
しかし、きっちり2着と結果を出してくれて本当にうれしいです。
特にこのレースはかなりの強敵揃いで前走2着が2頭、3着が2頭とデビュー戦で戦いには厳しいメンバーでした。
その中での2着は本当に立派です。
レース内容も前目につけて最後までしっかり伸びてきたあたりに能力を感じました。
次はもっとよくなってくるでしょうし、こちらの楽しみですね。

シルク馬(バトルデゼル)、注目馬のデビュー戦レビュー

【シルク馬】
・バトルデゼル・・・5人5着
デビュー戦の成績が極端に悪い吉田先生ですが今回はまずまずの5着になりました。
いい感じかと思いましたが、直線に入るともうフラフラしてまともに追うこともできずに散々でした。
それでも5着に入ったのは能力の高さを感じます。
しっかり矯正してまともに追うことができればかなりの脚を使えるかもしれませんね。
ダノンシャンティ産駒は好きで、1歳馬は2頭も出資しており、吉田厩舎も1頭出資したので間接的にこの馬は応援しています。

【注目馬】
・アスティル・・・1人9着
ハープスターの妹ということで大注目でしたね。
ただ、リュラの全妹でもあり、結果としてはリュラのほうになってしまいました。
やっぱり、ステゴの牝馬が難しいんだと思います。
力はあっても発揮できない感じなんでしょうね。
ベガの牝系はこの母ヒストリックスター1頭にかかっていますが、牝馬をいっぱい産んでくれています。
この馬も成績がどうであろうと繁殖としては絶対残るので個人的には子供に期待しています。


・トゥザクラウン・・・1人9着
POGでも大人気のこの世代でもトップクラスの素質馬です。
ただ、思わぬ大敗を喫しました。
一口30万ですから出資者は絶句だったと思います。
敗因はノド鳴りだったようで、大型馬に多い症状です。
私も大型馬に多く出資してるのでノド鳴りは怖いですね。
ちなみに、このレースの馬券は美味しいく的中しました。
馬連で7000円以上つきました。
こういう血統的に大注目の1番人気馬なのに調教はいまいちっていう時は、その馬を消して勝負してみると結構美味しいです、
私は新馬戦は滅多に馬券買いませんが、このレースはたぶん飛ぶだろうと思って勝負しました。
手術をするようなので、戻ってきてからの活躍を期待したいですね。

・メイショウテンシャ・・・4人7着
この馬の母は重賞馬でG1でも大活躍したメイショウベルーガです。
この馬は天皇賞秋で競走中止してしまいました。
その時のnetkeibaの掲示板は今でも涙無しでは読めません。
よかったら一度読んで欲しいです。
みんなが、その悲しい現実に直面しながら、ベルーガの無事を祈る書き込みで溢れました。
そして、競走馬としてはもう無理だが命は助かったという情報でみんなが心からほっとする姿が本当に感動的なのです。
命が助かったことを知った池添騎手も安堵の涙を流したそうです。
そんな助かったベルーガの命は新たな命を生み出します。
その子がメイショウテンシャなのです。
騎手はもちろん池添騎手。
結果は7着でしたが、まだまだこれからに期待しましょう。
ベルーガには連続してディープインパクトを種付けしています。
今のディープの種付け料を考えるとオーナーの松本さんがこの馬に期待しているのがはっきり見えます。
たぶん、いつか一発大物を出すでしょう。
そういう物語が競馬の醍醐味だからです。

シルク馬(ネームユアポイズン、ノーブルクラウン、スナッチアイズ)、注目馬のデビュー戦レビュー

【シルク馬】
・ネームユアポイズン・・・1人4着
この世代で私が馬名1位に選ばせてもらった馬ですね。
1番人気でのデビューになりました。
スタートで出遅れてしまって、最後の直線だけの競馬になってしまいました。
それでも最後はかなり追い込んできて後ちょっとでした。
スタートさえ出られれば勝ち上がり以上は問題なさそうですね。

・ノーブルクラウン・・・3人13着
シルクの第3回追加募集の馬です。
調教でも気性の悪さを見せていたようですが、レースもかなりのものです。
レースでは前目につけてコーナーあたりまでは良かったです。
しかし、直線に入ると頭が高すぎてまともに追えないような状態で全く伸びません。
上向いて走ってるんじゃないかってくらい変な感じになっていましたね。
推進力が前じゃなくて上に向かってる感じなんですよね。
これはかなり時間がかかると思います。
特に頭の高さがかなり気になりますので矯正しなければいけないと思います。

・スナッチアイズ・・・6人5着
中段後ろあたりから直線勝負でなかなかの脚で伸びてきましたね
勝ち上がりは十分期待できそうです。
このレースはキャロット2頭出しでしたが人気のないほうが勝ちました。

【注目馬】
・コロナシオン・・・1人1着
名牝の子が必ずしも走るわけではありません。
この馬はブエナビスタの子として大注目でしたが、調教もいまいちで私はPOG指名もしませんでした。
しかし、やっぱりブエナの子って感じの最後の追い込みはすごかったですね。
これは本物かもしれません。

シルク馬(ポールヴァンドル、イストワールファム)、注目馬のデビュー戦レビュー

今週は月曜が休みで競馬もあったり、シルクの当落などもあり1週間が短かったですね。
デビュー戦回顧もまだしていませんでした。

【シルク馬】
・ポールヴァンドル・・・3人2着
愛馬なので別に記事を書いてありますので省略
http://reinedebriller.blog.fc2.com/blog-entry-707.html

・イストワールファム・・・2人3着
この馬は、去年1次で申込みをしようか最後まで悩んでやめた馬です。
あのハープスターの近親ですがローエングリン産駒というのが気になって断念しました。
レースは、そこそこのスタートも大外枠から行き脚がつかずに後方から。
大外をまわして最後の直線勝負にかけました。
上がり最速の33,1で3着まできた脚はすごかったです。
この馬は勝ち上がりは間違いありませんし、今後かなり上位でも楽しみな一頭になりました。

【注目馬】
・オンリートゥモロー・・・2人1着
シルクでも募集されるアコースティクスの産駒になります。
シルクの兄アフェットゥオーソが未勝利、シルクの姉タイムレスメロディが勝ち上がるも500万で苦戦中、そして、この妹はセレクトセールで売られて新馬勝ち、そしてその妹がまたシルク募集。
こういう流れを見るとなんとも複雑な気分になります。
この馬だけ出来が良かったからセールに出したという風にならないといいのですが。

・ヴィニー・・・2人6着
シルクのラヴィエベールの全妹になります。
馬主のキーファーズは武豊のスポンサーみたいな会社で豊のために高額馬を買っています。
去年もラルクなどいたのですが、まだいまいち当たりを掴めていませんね。
この馬も今後の成長次第ですが、どうでしょうか?
POGで指名しましたが失敗だったかもしれません。
勝ったリナーテはサトノダイヤモンドの妹ですが、ステゴ牝馬なので軽視していましたがちゃんと勝ちましたね。
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ