まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

サルダーナ4戦目、断然の1番人気も着外・・・

2017/07/17 <レース結果>

 7/15(土)福島4R 3歳未勝利〔芝2,000m・15頭〕6着[1人気]

五分のスタートからやや掛かり気味になりながら、3番手のポジションを取ります。そのままの位置を追走し、直線を迎え追い出されましたが伸びがなく、6着に敗れています。

戸崎圭太騎手「あまりゲートのいい馬ではないと聞いていましたが、問題なく出てくれました。ポジションを取るために少し促していくとやや掛かりましたが、1コーナーに入るまでには収まってくれました。上手く流れに乗って福島コースで勝つためのセオリー通りの競馬をしているのですが、勝ち切るまでのスタミナがまだ伴っていなくて伸びきれませんでした。距離云々ではなくて、自分で競馬を作るよりは、前半はゆっくり行かせて終いを活かす競馬の方が良さそうです」

勢司和浩調教師「前走時の装鞍で煩い面を見せていたので、今回は厩舎装鞍にしたのですがとても大人しかったですし、パドックも落ち着いて周回できていましたね。いいテンションで競馬に臨めて、前半少し掛かったもののジョッキーが上手く宥めてくれて悪くない走りをしていました。ただ、最後に失速したところとこれまでの競馬を見ると、自分で競馬を作るよりは末脚を活かした方が良さそうですね。それに、直線でいったん左手前にしたもののすぐにまた右手前に替えていたところからも、最後の直線を右手前で走ることになる左回りの方がいいのかもしれません。今回は帰厩時から咳がひどく、追い切りも少し加減したものになったのが影響した可能性も否定できません。優先出走権が獲れませんでしたし具体的な目標は定められませんが、新潟の後半を目標にいったん放牧に出すことも考えています」


私の3歳馬たちはどうしてこうも勝ちきれないのでしょうか。
本当に苦しいです。
今度こそチャンスだと思っていたのですが、1番人気に応えられずに敗れてしまいました。
早めに前にいったのは良かったと思ったのですが、この馬には合わなかったようですね。
本当に競馬は難しいです。
残りも少なくなってきてしまいましたが、これだけの成績を挙げていながら勝ちあがれない可能性も出てきて胸が苦しいです。
スポンサーサイト
[ 2017/07/21 18:47 ] バイラオーラの14 | TB(0) | CM(2)

サルダーナ3戦目、悔しい2着

2017/06/05 <レース結果>
 6/3(土)東京6R 3歳未勝利〔芝1,800m・18頭〕2着[7人気]

出遅れ気味にスタートを切ると、道中は中団よりやや後方の外目でレースを進めます。直線は大外に持ち出して追われると、一完歩ずつ前との差を詰め、先頭を奪おうとした瞬間、そのすぐ内から鋭く伸びてきた勝ち馬に交わされ、惜しくも一馬身半差の2着でゴールしています。

柴山雄一騎手「返し馬からかなりパニックになっていました。ゲート裏では輪乗りをしている時も常歩ができず、ずっと速歩になってしまうので、動かさずに止めておきました。それでもゲート内では前回のようにガタガタすることなく我慢していました。ただ姿勢よく立っていたわけではないので、ゲートが開いても反応よく出られませんでしたが、道中の位置取りとしてはイメージ通りでした。向正面の前半部分は少しハミを噛んでいましたが、すぐに落ち着きましたので、脚を溜めることができましたし、終いは長く良い脚を使ってくれました。でも直線は内の方がゴチャつきそうだったので、それを避けるために、少し離れたところを通ったのですが、その空いたスペースを勝ち馬に突かれてしまいました。ここまできたら勝たせたかったですし、本当に悔しいです。それにしても勢司先生が言われたように、精神面が段々危うくなってきましたね。いい方に行けばいいのですが、悪い方にも行きそうな雰囲気があります」

勢司和浩調教師「いい形の競馬ができたのですが、勝てなかったのは本当に残念です。今日は装鞍所からかなりパニックになっていましたが、競馬では比較的リラックスして走っていました。中間の調教であまりプレッシャーを与えないように気を付けていましたし、柴山騎手もよく理解して上手く乗ってくれたと思います。東京開催の内にもう一度出走させたいところですが、メンタル面を考えると中1週は避けたいですし、中2週の最終週には適鞍が組まれていません。今後の予定は競馬の後の状態をよく確認してから、決めたいと思います」



う~ん、またまた2着です。
本当に勝ちきれないです。
今回は人気もそこまでなかったので2着でも十分という考えもあるかもしれませんが、未勝利戦もそんなに長くありませんし、勝てる時に勝っておきたいですよね。
良い脚をもってるのは初戦でわかっていましたし、これくらはやれる馬です。
ただ、なんか気性がかなり難しくなってきているようです。
その辺は、我々にはわからないところなので、何とも言えないのですが、馬体に問題がないなら権利があるうちに使ってほしいと思います。
[ 2017/06/10 09:06 ] バイラオーラの14 | TB(0) | CM(0)

サルダーナの2戦目は伸びきれず

2017/03/27 <レース結果>

サルダーナ
 3/25(土)中京4R 3歳未勝利〔芝2,000m・18頭〕7着[3人気]

やや遅れ気味のスタートから道中は馬群の内で馬をなだめますが、2コーナー過ぎまでかなり行きたがります。向こう正面でようやく落ち着き先行集団の後ろで脚を溜め、直線に向いてから追われましたが伸びきれず7着入線。

柴山雄一騎手「デビュー戦もゲート内で落ち着きがなかったですが、今回は長く待たされた分、前回よりもガタガタしていましたし、後ろにモタれた時にゲートを切られたので出遅れてしまいました。初戦と違ったのは、押していかないと進まないくらいだったのに、今日はかなり行きたがっていました。向こう正面でようやく落ち着いてハミも抜けたのですが、直線で追ってからはまだ余力がありそうだったのにもかかわらずなかなかハミを取ってくれなくて、ジリジリとしか伸びてくれませんでした。返し馬から他の馬を威嚇しに行くなど、ちょっと気持ちの部分で変なところを感じていたのですが、レースでも気の難しさを出してしまいました」

勢司和浩調教師「ゲート裏でトモを蹴られてしまい、それでかなり燃えてしまったようです。ゲート内でも落ち着きがなかったようですし、1コーナーではかなり引っ掛かってしまいました。しかも頭を上げてしまうから抑えるのが難しかったようです。元々そういうところがありそうなので、そうならないように気を付けて調教をしていたのですが、レース前のアクシデントもあり、悪いところが出てしまったようです。輸送中は大人しかったようですし、大きく体を減らすことなく出走できました。幸い馬体には目立った外傷もなく、蹴られたことによるダメージはなさそうです。ただメンタルの方も一度リフレッシュさせた方がいいと思いますので、トレセンでもう一度よく馬体をチェックしてから、一旦放牧に出す予定です。もうすぐ東京開催が始まりますから、そこまで待つ方がいいでしょう」


デビュー戦は良い脚で追い込んで3着でしたので、今回期待したのですが、こちらも期待通りにはいきませんでした。
どちらも柴山騎手なので、騎手のせいではないのですが何かひっかかりますよね。
ゲート裏で蹴られたとのことで、怪我など心配でしたが問題はないようですね。
まぁまだ2戦目なのでこちらも次に期待です。
[ 2017/04/07 03:59 ] バイラオーラの14 | TB(0) | CM(0)

サルダーナのデビュー戦は前評判を覆す走り

2017/01/30 <レース結果>
サルダーナ
 1/29(日)東京5R メイクデビュー東京〔芝1,800m・16頭〕3着[9人気]

やや遅れ気味のスタートを切ると、道中は12番手辺りを追走、直線入り口で大外に出して追い出されると、ジワジワと脚を伸ばしてよく追い上げましたが上位には届かず、3着でゴールしています。

柴山雄一騎手「返し馬から少しピリピリした感じがあって、ゲートの中でも落ち着きがなくて後ろにモタれた時にゲートが開いてしまったので、半馬身ほど出遅れてしまいました。気持ちが入っていたのでそこから引っ掛かって行くかと思ったのですが、こちらが思っていたほど進んで行かなかったですし、流れも遅くならなかったので引っかからずにちょうどいい感じで折り合うことができました。まだしっかりしていないので直線で追ってからエンジンかかるまでに時間はかかりましたが、最後はいい伸びでした。調教ではあまり動いていないと聞いていましたが、芝のフットワークがとてもよかったですし走ってくると思いますよ」

勢司和浩調教師「競馬場に輸送してきてからピリッとして気持ちが入りましたね。調教ではダートコースと言う事もあったと思いますが、ストライドが伸びない走りをしていたものの、今日は返し馬から全身を使っていつもとは全然違う走りをしていたので、これならばという気持ちで見ていました。騎乗した柴山騎手が『操縦性もよかった』と言ってくれていましたし、よく頑張ってくれましたね。競馬場で一気にテンションがあがりましたが、以前から我の強い面があることはわかっていましたし、特にメンタル面は慎重に接してきましたからトレセンへ戻ればまた落ち着いてくれると思います。ただ、権利を取ったからといって続けて使えるかどうかはレース後の様子を見てから判断したいと思います」



緑11

初めて追加募集で出資した馬のデビュー戦です。
予算は使い切っていましたが、血統もとく価格もお手頃だったので出資しました。
もちろん走ると思って出資したのですが、調教でも調教師先生からは良いコメントが出ずに、最後はもうレースで変わり身を見せてくれたらいいねって感じのとりあえず出してみようという期待のできない雰囲気むんむんでした。
なんと9番人気で単勝43,9倍は、私の愛馬のデビュー戦としては最も人気がありませんでした。
それでも、実は私は意外と期待していました。
レース前に有力ディープ馬が全部除外になったという幸運もありましたが、ずっと気になっていたことが一つあったのです。

2017/01/03 <調教タイム>
サルダーナ
  助 手 12.28 南D重 70.9- 55.3- 41.2- 13.8[4]G前仕掛け
   ベバスカーン(古500万)馬なりの内0.2秒遅れ
  助 手 12.31 南D良 71.3- 55.6- 41.0- 13.9[5]馬なり余力
   ノリノリコユキ(三未勝)馬なりの内同入
  助 手  1.3  南D良 71.3- 56.4- 41.7- 13.7[4]馬なり
2017/01/11 <調教タイム>
サルダーナ
 助 手 1.11南D良 69.5- 54.8- 41.0- 12.5[4]馬なり余力
  メイキャロル(新馬)馬なりの内に0.6秒先行4F付同入
2017/01/16 <調教タイム>
サルダーナ
 助 手 1.15南D良 86.6- 70.6- 56.5- 42.7- 14.8[8]馬なり余力
2017/01/18 <調教タイム>
サルダーナ
 助 手 1.18 南D良 68.7- 53.5- 39.8- 13.4 [3] 強目に追う
  メイキャロル(新馬)強目の内0.4秒遅れ
2017/01/25 <調教タイム>
サルダーナ
 助 手 1.25 南D良 70.0- 54.2- 39.9- 13.2[6]強目に追う
  メイキャロル(新馬)強目の内0.4秒遅れ


これがサルダーナの調教です。
確かにタイムも上がりもいまいちでコメントのテンションも上がらないのもわかります。
しかし、気になっていたのはそこではなく、全部ダートで調教していることなんです。
勢司厩舎は初めてなのでわからないのですが、おそらくこの厩舎はダート調教をメインでやっているんだと思います。
普通は坂路かウッドでやるところが多いのでそこがすごく気になりました。
別にそれが悪いわけではなく、ダートでしか調教をしていないので、仮に調教がいまいちでも単にダートが得意じゃないだけで、芝のレースでは全然走る可能性はあるんじゃないか?と内心思っていたのです。
そして、結果的にそれは当たりました。
あれだけ上がりが伸びなかった馬が、芝のレースでは上がり最速で突っ込んできたのです。
レースが終わったあと、ほらやっぱり走ったじゃん!という歓喜の気持ちと、馬券買っておけばよかった・・という無念の気持ちがありました。
勝ったのは1番人気のシルク馬インシュラー、3着に愛馬で9番人気のサルダーナ。
2着にも穴馬がきていたので、3連複のシルク馬2頭流しで十分当てれました。
配当も三連複で4万以上つきました。
よく見ている愛馬だからこそ気づいた要素を馬券でもうまく利用できればもっと良かったと反省しました。
とにかくサルダーナは能力があることを見せてくれたので今後が楽しみになりましたね。
[ 2017/02/02 13:13 ] バイラオーラの14 | TB(0) | CM(2)

突然ですがバイラオーラの14に出資しました

色々と頭を悩ませたシルクの第3回追加募集でしたが、結局バイラオーラの14に出資しました。
最初に募集が発表された時、この馬に出資する気がかなり高かったのですが、その後、値段やこの次期の募集などの点で色々と疑心暗鬼になりシルクからの回答も不誠実だったため、出資は断念しました。
なので、先行募集では出資しませんでした。

転機になったのは、意外なことに少し前に書いた収支表でした。
私は出資しないと言ったのは、色々な理由はありましたが1番の理由は今年の予算をもう使い切っていたからです。
30万という上限を決めた以上、そのラインは簡単に越えてはいけないというのがマイルール。
それを越えるならよっぽどの大きな理由が必要です。
今回、この段階でこの追加募集に出資するにはそこまでの大きな理由が足りなかった、というのが諦めた大きな理由。
しかし、収支表を書いていて気づきました。
私は収支表はかなり厳密に書いており、例えば一括振込みでの2%の割引や、ポイント5%も収入に計算しています。
なので、それを見て思ったのです、「あっ、あと2万5千円くらい余裕がある」、と。
バイラオーラの14かクラウンピースの14ならいけるのです。
まぁ、それでも先行募集で満口になってしまえばそれで終わりの話でした。
事実、締切日のシルクのコメントでもう300口以上きてるから抽選になるかもしれないみたいな発表もありました。
しかし、結局は満口にならずに残ってしまいました。
そこで、一度は諦めた出資検討を再開しました。
クラウンピースの14の最新の動画も出て、思ってる以上に調教が進んでいました。
ただ、馬体も走りもまだ幼くて躊躇しているうちに満口になりました。
残ったのは本命のバイラオーラの14。
この馬は欠点が少なく、ものすごい大物感はありませんが、うまくいけば短距離路線で1600万からオープンくらいまで楽しめるんじゃないかと思いました。
1番気にしたのは父ルーラーシップ。
期待の新種牡馬ですがまだサンプルは足りません。
これまで、デビューした産駒はすべてが一度は掲示板に入った経験があるという好成績でした。
初戦がダメでも2戦目にはちゃんと掲示板に入ったりしています。
そこに登場したのが、ダンビュライトです。
この馬は、ルーラーシップ産駒の中でも前評判のかなり高かった馬でした。
この馬の走りを見て、まだ残ってるなら出資を考えよう。
これが私の出した結論でした。
そして、ダンビュライトがあれだけの好メンバーを中を圧勝しました。
私は出資ボタンをクリックしました。

「安物買いの銭失い」という言葉があります。
値段が安いものは品質が悪いので、お買い得と思っても結局は修理や買い替えで高くつくということ。
今回の追加募集の馬にはこの言葉がものすごく脳裏をよぎります。
この時期の募集になったことには絶対何かマイナスな理由があります。
現時点の画像や動画ではそれはわかりませんのである程度解決はしています。
しかし、それが完全に解決したのか、再発しないのか?などはわかりません。
それを込み込みでのこの値段なのです。

母バイラオーラはキャロットの馬です。
もちろん、その子は母親優先制度のあるキャロットで基本的には募集されます。
今回、なんらかの理由で本来の募集時には募集できずに、追加募集のあるシルクに回ってきました。
この馬が、キャロットでこの値段で募集されたら100%即満口です。
ある意味で、シルクにいながらキャロットの馬に出資できたような珍しいケースです。
本来キャロットの会員になって、厳しい争奪戦を潜り抜けなければ出資できない馬に今回こんな割安な値段でシルクにいながら出資できたのですから、やっぱりお得なんです。
入会金も会費も払わず、×も集めず、キャロットの馬に出資できたと思って楽しみましょう。
そして、皮肉にもシルクならそういう馬が活躍しちゃうんじゃないかなぁと思ったりします。
出資された方はよろしくお願いします。
[ 2016/07/10 03:20 ] バイラオーラの14 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ