まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

ジェイポップ最終精算と出資反省会

かなり遅くなりましたがジェイポップの引退精算をしたいと思います。
一口5万円の一般的な牡馬が全く結果が出ずに引退したらどれくらいの赤字になるのかという良い例になると思います。
ジェイポップは最後に怪我で出走できずに終わり、オークションに出品できずに終わってしまいました。
なので、売却代金がありません。
出品してもたぶん100万もいかなかったとは思いますが、それがないのが結構いたいですね。
結果としては、出資金はもちろん維持費さえも回収できずに最初の出資金5万より多い赤字になってしまいました。
結果が出ずに終わるとそれくらいは赤字になるという目安で覚悟しておいたほうがよさそうです。

・ジェイポップ
3月 出資金 -50000円 維持費 -2130円 保険金 -1500円 ポイント +2500円
4月 維持費 -725円
5月 維持費 -760円
6月 維持費 -1059円
7月 維持費 -922円
8月 維持費 -1430円 メイクデビュー小倉2歳新馬混10着 +664円
9月 維持費 -945円 
10月 維持費 -1085円 装蹄費補助金 +33円
11月 維持費 -737円 保険金 -1050円 診療費装蹄費補助金 +97円
12月 維持費 -1406円 2歳未勝利混9着 +692円 2歳未勝利14着 +693円
2015年
1月 維持費 -1365円 合計 -60435円
2月 維持費 -759円 3歳未勝利混13着 +679円 合計 -60515円
3月 維持費 -1440円 3歳未勝利18着 +340円 診療装蹄補助 +61円 合計 -61554円
4月 維持費 -980円 合計 -62534円
5月 維持費 -895円 3歳未勝利12着 +679円 3歳未勝利7着 +1094円 診療装蹄補助 +50円 合計 -61606円
6月 維持費-1123 3歳未勝利8着+994 合計-61735
7月 維持費-1006 3歳未勝利5着+1399 合計-61342
8月 維持費-1216 3歳未勝利9着+692 診療装蹄補助+33 合計-61833
9月 +7254 9月が最終精算なので下記に詳しく書きます。
一口分づつ記載されてるわけじゃないのでまずは全体に入ったお金
・保険出資金戻し+175000
・預託料消費税戻し+718000
・見舞金+1500000
・装蹄費補助+30400
・診療費補助+3400

一口分配対象額 +4853(上の5つの合計額を500口で割った金額)
競走馬出資金消費税戻し +2380
JRA源泉税戻 +21
9月合計 +7254

ジェイポップの最終収支
-54579円

次に出資反省会に移ります。
成績を見ながら全部振り返っていこうと思います。
これはかなりの手間でこういう大敗ばかりの振り返りは苦痛でもありますが、将来この馬を思い出すときに必要になると思っています。

ジェイポップはデビュー前からちょっとゴタゴタしており、短距離向きじゃないというコメントしながらデビューが芝1400に決まり、苦情が殺到したのか急遽芝1800でデビューになりました。
調教もどんどん内容が悪くなり期待のできないデビューとなりました。

・2014/08/10 小倉 芝1800 2歳新馬 18.3倍 7人気 10着 田辺裕信
調教通りの結果といいますが、特に見所なく終わりました。
デビュー戦が期待できないとテンションはかなり下がります。

・2014/12/07 阪神 ダ1800 2歳未勝利 25.6倍 10人気 9着 川田将雅
初戦は大敗に終わり、成長放牧に出され期間をあけての2戦目になりました。
クロフネ産駒ということでダート変わりで期待したのですが結果はダメでした。
芝でもダートでもダメということで既にもう暗い気持ちですが晩成血統というのが最後の頼りとなりました。

・2014/12/20 阪神 ダ1800 2歳未勝利 38.7倍 11人気 14着 北村友一
続戦してみましたが、結果は全くダメでした。

・2015/02/22 小倉芝2000 3歳未勝利 23.1倍 8人気 13着 藤岡佑介
ブリンカーを着用し、ここにきて調教の内容がかなり上昇してきました。
初めて少し期待できるかも?という気持ちでレースを見ることができました。
しかし、結果は二桁着順・・・正直、半分諦め始めていました。

・2015/03/14 中京芝2200 3歳未勝利 91.6倍 14人気 18着 藤岡佑介
ポップロックの弟ということもあり、距離は伸ばしたほうがいいだろうと伸ばしてみました。
果敢に前からいくも結果は大差の殿負け。
タイムオーバーのおまけつきです。
いやぁ、振り返ってるだけでも胸が苦しくなるような惨敗の連続です。

・2015/05/17 新潟 芝2400 3歳未勝利 59.0倍 9人気 12着 松若風馬
12着と少し良くなったように見えますが12頭立てなので最下位です。
これで2連続最下位で正直引退を覚悟しました。

・2015/05/24 京都ダ1800 3歳未勝利 52.6倍 9人気 7着 小牧太
引退を覚悟した矢先でしたが、吉田先生の選択はなんと連闘でした。
いやぁ、この成績で使ってくれるだけで有難いです。
ダートに戻して、今回は後ろからのレースを選びました。
ここ2戦は前からいって直線前に力尽きて下がっていくだけというレースでした。
今回は小牧騎手に変わり後ろから最後に賭ける乗り方でなんと初めて入着の7着になりました。
ここからジェイポップの最後の意地が始まります。

・2015/06/20 阪神 ダ1800 3歳未勝利 52.2倍 8人気 8着 小牧太
続戦です。結果は8着でしたが今までを考えれば上出来です。
後ろからいって差しきる脚があるわけではないのですが、一応競馬になっているので満足です。

・2015/07/18 中京 ダ1800 3歳未勝利 24.4倍 8人気 5着 小牧太
最後方からじわじわ伸びて5着に食い込みました。
ここにきて初めての掲示板です。
この頃にはもうこの馬が大好きになっていました。
本当に頑張ってくれているし、そんな馬を諦めずに先生もよく使ってくれました。

・2015/08/02 小倉ダ1700 3歳未勝利 33.5倍 7人気 9着 小牧太
ずっと使い詰めだったせいでしょうか、ここにきて足元に不安がでてしまい9着に終わりました。

その後、芝に戻してラストランで勝負をかける予定でしたが、脚を痛めてしまいそのまま引退となりました。
最後にもう1レース見たかったのはありますが、勝つのは難しかったと思います。
それでも、結果的に10戦もしてくれ、一時は絶望的な状態から少しづつ着順をあげていってくれた時は本当にうれしかったです。
10戦して最高が5着なわけで、当たりかハズレかと言えばハズレだったのは間違いありません。
だけど、3戦くらいしかしないで最高が2着で終わった馬と比べたらジェイポップのほうが楽しめたと思います。
早来の横手厩舎で期待され兄にG1で2着多数のポップロックがいる血統というのは夢もあり出資した理由はありました。
しかし、こんだけ期待外れに終わるのだから競馬は本当に難しいです。
この馬はシルクに途中入会で残っていた馬から選んだわけですが、そこそこ経験値を積んだ今から思えば馬体が少し物足りなかったように思います。
トモのボリュームが足りないのがスピードの無さに繋がったんだろうと思いますし、ダートでもいまいちだった要因だろうと思います。
一口馬主の難しさと諦めないことの大切さを学んだ一頭でした。
スポンサーサイト

ジェイポップ突然の引退

ジェイポップ
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:角馬場でハッキング、坂路でキャンター
次走予定: 吉田師「今週の競馬に向けて25日にCWコースで追い切りを行いました。上がりも問題なく厩舎に戻り、いつもの様に馬体をケアしようと思っていたのですが、左トモの飛節が腫れていたので、今日の正午に獣医師に状態を確認してもらいました。骨や筋には異状は見当たらなかったものの、おそらく追い切りで捻ったのだと思いますが、飛節付近の筋肉をかなり痛めている様で、今週は勿論のこと、来週の競馬もかなり厳しいとの診断でした。何とか最後まで諦めずに努力いたしましたが勝利できず、会員様には誠に申し訳ありませんでした」 疾病の程度を考慮すると、小倉開催の未勝利戦に出走することは不可能な状況であり、またこれまでに10戦しており限定未勝利戦への出走資格がないことから、今後について協議した結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。28日に抹消の手続きが取られ、今後は乗馬となる予定です。

今週、引退を賭けたラストランをする予定だったジェイポップが怪我のため出走できずにそのまま引退となりました。
前走後から左トモがちょっとおかしいようなコメントがあったのですが、やはりダメだったようです。
最後に芝の長距離戦で後ろからいってみてレースを見てみたかったのですが、ちょっと無理をさせてしまったようですね。
スペリオルラスターと違いジェイポップはある意味覚悟していたので、残念なのはもちろんですがそこまでの落ち込みはありません。
もちろん、デビュー前はかなり期待していた馬ですし、こんな結果になるとは思いませんでした。
戦績を改めて見直してみても、引退はしょうがないですし、よくここまで使ってもらえたなぁという感謝しかありません。
ただ、オークションにも出せずに引退となってしまい、本当なら地方にいけばそれなりに活躍できたろうにと思うと残念です。
それにしても、牧場での評判や兄弟の活躍を考えてもなぜ勝ちあがれずに終わってしまったのでしょうか?
晩成の血は確かで、だんだんとよくなってきていたのは間違いないのですが、それでも勝てそうというレースは一度もありませんでした。
これでこの世代の5頭のうち2頭が引退となってしまいました。
しかも、どちらも値の張る牡馬です。
これは一度反省を兼ねて考えなければなりません。
ジェイポップの今後が心配ですが、次の人生を頑張ってほしいです。

ジェイポップ10戦目は心配していたことが・・・

ジェイポップ
 8/2(日)小倉3R 3歳未勝利[D1,700m・16頭]9着[7人気]

行き脚が一息で、道中は後方2・3番手あたりを追走、向正面なかばから徐々にポジションを上げて中団に取り付き、直線では馬群の内目からジワジワと差を詰めましたが、上位を窺う脚色はなく中団で流れ込んでいます。

小牧太騎手「今日は返し馬の段階から左トモの踏み込みが甘く感じていましたが、レース後の上がりも少し気になるところがありましたね。小回りコースだったので、どれだけ対応してくれるか半信半疑なところがあったので、前半はロスのない様に追走させ、勝負処も上手く内を突いて追い出しました。疲れからくるものなのか、時計の速い馬場が影響したのかわかりませんが、何事もなければいいのですが・・・」

吉田直弘調教師「前日の競馬を見ても全体的にダート戦の時計がかなり速かったので、どこまで対応出来るか心配な所はありました。小牧騎手も小回りコースに対応出来るようにロスなく追走してくれましたが、それでもついて行くのに精一杯だったようです。左トモを気にしていた様なので、すぐに診療所で検査を行いましたが、特に骨や筋には異状は見られませんでした。トレセンに戻ってからもう一度検査を行い、その状態を確認してから次走について検討したいと思います」

前走初めて掲示板に入り頑張っているジェイポップ。
ただ、そうやってがんばっても一度着外になるとやり直しで厳しい条件となります。
結果は9着と心配していたことが現実になりました。
しかし、疲労もたまっているようで脚にも違和感が出たようです。
幸い故障ではないようですが、リミットも迫っている中ですので厳しくなりました。
ずっと続戦して頑張っていたので、さすがに疲労もたまります。
本当にこの時期の3歳馬は心身ともに大変だと実感します。
その後の情報で、小倉の最後に賭けたいということなので、何とかそこまでに体調戻して頑張ってほしいです。
ここまで頑張ってきたので、人も馬も報われてほしいと心から思います。

ジェイポップ9戦目は初めての掲示板

ジェイポップ
中京3R 3歳未勝利 ダ1800m 5着

小牧騎手は「ゲートを上手く出てくれたのですが、テンが全然進んで行きませんでした。でも4コーナーを回る時は結構手応えがありましたし、最後はよく脚を使ってくれましたね。段々とレース内容に進歩が見られる様になってきていますよ」と話していました。


私はこの馬が大好きです。
出来の悪い子ほど愛情がわくという言葉もありますが、出来が悪いままでしたら愛情はわきにくいです。
しかし、ジェイポップは頑張り続け、そして、少しづつですが目に見えて成長しています。
こんなに愛着のわく馬がいるでしょうか。
本当ならあの芝の大敗3連発13着、18着最下位、12着最下位の時点で決断されてもおかしくなかった。
そこで引退となっていたら、私の中でこの馬は負のイメージのまま終わったでしょう。
しかし、そこで諦めずにもう一度ダートに戻し、そして後ろから追い込む形に変えてみました。
すると、7着という初めての入着。
その次も8着でなんとか入着。
そして今回初めて5着と掲示板に入ったのです。
最後方からでしたが、じわじわ伸びて5着まできました。
コーナーあたりの上がりっぷりは興奮さえ覚えました。

この後この馬がどうなっていくかはわかりません。
結局、その後ダメで引退抹消になるかもしれません。
奇跡の勝ち上がりを成し遂げて、その後晩成の血でどんどん成長して重賞までいくかもしれません。
頑張るも勝ちあがれず、ただ、成績は向上してるので地方出直しもあるかもしれません。
個人的にはそれが1番ありうるかなと思っています。
どうなるかはわかりませんが、現時点で私はこの馬に出資して良かったと思っています。
収支はまだ全く回収できていません、3着以内にもきてもいません。
しかし、これだけ感動させてくれています。
やっぱり、諦めちゃダメなんです。
そして、1番諦めていないのが吉田先生です。
人も馬も諦めずに頑張り続け、そして、それが目に見えて結果として出始めている。
このプロセスを楽しめるのが一口馬主です。

諦めないジェイポップ

ジェイポップ[父 クロフネ : 母 ポップス]
ジェイポップ
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:角馬場でハッキング、坂路でキャンター
次走予定:中京7月12日 ダート1800m[佐藤友則]

吉田師「中京7月12日のダート1800mを使う予定ですが、来週の頭数次第では再来週にまわる可能性もあります。状態も変わりなくきていますし、確実に使いつつ競馬を覚えているので、未勝利戦があるうちに勝利を目指したいと思います。乗り役は地方競馬所属の佐藤友則騎手に打診しています」

吉田先生の言動をずっと見ていると、この馬への期待は我々よりもずいぶん高いように感じます。
二桁連発やタイムオーバーや最下位など正直いつ見切られてもおかしくない成績ですが、先生から悲観したり諦めるような話はほとんどありません。
最近の使い方を見ても、着外になればすぐ放牧がどの厩舎でも当たり前になりつつある現状で、少しづつよくなっているとはいいつつも掲示板にはまだ1度も入っていない馬の使い方ではありません。
権利が取れたので続戦はよくありますが、一度も権利なんて取れてもいないのに、今回で4続戦目になります。
この結果内容で、こんなにいっぱい使ってもらえるというのは使っていけば必ずよくなるという信念が感じられます。

今回のコメントでも「未勝利戦があるうちに勝利を目指したい」という部分がすごく気になりました。
わざわざ、このように言うということは、未勝利戦があるうちに勝ちあがれなくても、地方転厩などで続戦する前提のような言葉です。
なぜなら、未勝利戦が完全なタイムリミットと考えているのであれば、勝利を目指したいなどという言い方はせずに、目指すしかないのです。
そのことからも、もっと長いスパンでこの馬を考えていらっしゃるのではないかと思ったのです。
時間をかけて成長させていけば絶対に力を発揮して勝てるようになるという思いが感じられます。
佐藤騎手は、レーヌドブリエを勝たせてくれた騎手で期待できます。
小牧騎手同様、腕力のある地方騎手に早めから動いてずっと追いっぱなしみたいなパワーのいるレースが向いていると思いますので楽しみですね。
結果はどうなるかわかりませんし、結局見切られて終わるかもしれませんが、現時点では、こんなに使ってもらえて感謝しています。
そして、少しづつではありますが、レース内容もよくなっているのも事実です。
出資者のほうが先に諦めてしまっている人も多い成績の馬ですが、先生は諦めていないというのは本当に心強いです。
結果はどうあれ、納得できることが一口馬主としてストレスなく楽しめる大事な要素だなぁと感じています。
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ