まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

キープシークレット5戦目、初ダートはまずまず

2018/02/05 <レース結果>

 2/3(土)京都2R 3歳未勝利〔D1,800m・8頭〕5着[5人気]

モッサリしたスタートを切りますが、押っ付けていくとスピードに乗り、逃げる他馬に並び掛けながら向正面に差し掛かります。流れが速くなったあたりで置かれ気味になり、最後の直線も盛り返すほどの脚が使えず、5着に敗れています。

中谷雄太騎手「今回は刺激を与えるために、バテてもいいから先行していこうと調教師と話し合いました。スタートこそ速くありませんでしたが、押っ付けていくとスピードに乗って先行することが出来ました。道中は気持ちよく走っていましたし、勝負どころまでいい感じで追走できていましたが、最後の直線に入ると左右に気が反れて置かれ気味になってしまいました。でも気合いをつけて追い出していくと、それに応えてもう一度ハミを取ってジリジリ脚を伸ばしてくれました。ゴールを過ぎた後も目一杯走ったという感じはなく、まだ余力が残っているようでしたので、最後まで真面目に走ればもっと良い競馬をしてくれると思います。スタミナはある方だと思うので、今回の条件は合っていると思いますし、集中させる意味でもブリンカーを試してみるのも手だと思います」

矢作芳人調教師「これまでと同じ競馬をしてもいい結果に繋がらないと思ったので、中谷騎手には積極的なレースをしてもらいました。スタートこそ速くなかったものの、諦めずに気合いをつけてくれたことで、これまでと違うレース運びが出来ました。最後は集中力を欠いたために上位の馬と差が開いてしまいましたが、まだ目一杯に走っていないようですから、そのあたりを上手く修正できればもっといい走りをしてくれるはずです。今回は馬具を着用せずに、この条件を試してみましたが、勝負どころで気が反れていたようなので、次走はブリンカーを着用することを考えています。トレセンに戻って状態を確認した上で、今後の予定を検討させていただきます」


調教はいいんですが、レースになると気の悪さを出してしまいます。
今回はダートを試してみました。
結果は5着。
5着といえば掲示板なのでまずまずと言いたいところですが1着とはだいぶ離れていたのでそこまで喜べません。
それでも、最後までちゃんと走ってくれたのは収穫かなと思います。
矢作先生は、こういう馬でも色々試していっぱい使ってくれるので有り難いですね。
次はブリンカーを試すとのことですから期待したいですね。
スポンサーサイト

キープシークレット4戦目、とにかく走る気がない・・

2018/01/22 <レース結果>

 1/20(土)京都5R 3歳未勝利〔芝1,600m・16頭〕11着[13人気]

まずまずのスタートを決め、押っ付けながら位置を取りに行こうとしますが、ハミを取らなかったことで徐々にポジションを下げます。流れが速くなったところで置かれ気味になり、最後の直線は流れ込むようにゴールしています。

小牧太騎手「これまでの競馬を振り返ると、後方からレースを運んで結果が振るわなかったようなので、今回は気持ちが切れないようにゲートから追っ付けて良いポジションを取りに行きました。ただ、気合いをつけても全くハミを取ってくれず、反応してくれませんでした。勝負どころでは徐々に置かれ気味になり、何かしら不安が出たのかなと思うぐらい止まってしまいそうな雰囲気でした。上がりの歩様などはまったく問題なかったですし、やはり気持ちの問題が大きいのかもしれないですね。馬具を試して少しでも集中できるように工夫していく方が良いと思います」

矢作芳人調教師「マイナス14kgでしたが、前走余裕があったのが絞れたものですし、あとは筋肉が付いて皮膚が薄くなれば理想の体型になってくると思います。パドックでは我慢して周回していましたが、徐々に気持ちが途切れて何度か立ち上がろうとする素振りを見せていたものの、担当者が上手く宥めていたことで、そこまでテンションは高くなりませんでした。返し馬もスムーズに行えましたし、あとはレースに行って気持ちが悪い方に向かなければ良いなと思っていましたが、ゲートの出は良かったものの、全くハミを取っていなかったですね。能力は良いものを持っているだけに、何かしら対策を練っていかないといけません。距離を詰めてブリンカーを試すなり、色々考えていきたいと思います」


走るたびにどんどん悪くなっているのでどうしようもありません。
もう能力の問題ではなく気持ちの問題なんでしょうね。
ただ、矢作先生はまだ諦めていませんし、能力は良いものを持っていると言ってくれているので建て直しに期待したいです。

キープシークレット3戦目、気性がかなり問題

2017/11/20 <レース結果>

11/18(土)京都4R 2歳未勝利〔芝1,600m・15頭〕15着[10人気]

まずまずのスタートを切ったものの、追っ付けて行くと気難しいところを見せた為に、ポジションを徐々に下げて中団よりやや後ろを追走、流れが速くなったあたりでは後方まで下がり、最後の直線も見せ場なく15着でゴールしています。

藤岡佑介騎手「ずっと入れ込んでいたようですし、跨った時も気が張ったままでしたので、気難しいところがかなり邪魔をしていますね。返し馬からゲート裏に到着してから少しリラックスしてくれていたので、これなら大丈夫かと思いましたが、発走前にゲートの誘導員に引っ張ってもらっていたところ、急に反抗して立ち上がろうとしました。ゲート内では大人しくしてくれていたので、まずまず出てくれましたが、追っ付けていこうとすると突っ張って気の悪さを出してしまい、徐々についていけなくなりました。何とか離されないようにハミを掛け直していったのですが、そこでも反抗して内にグッと逃げようとしていた為に追走に苦しみました。適性云々というよりは、走りに対してネガティブなところをどう修正していくかがカギになりそうです」

矢作芳人調教師「前回取り消しになった経緯がありましたので、馬運車内では出来るだけ最善を尽くしましたが、立ち上がることはなかったものの、終始入れ込んで発汗がかなりきつかったですね。競馬場に到着後も馬房内では落ち着きを欠いていたので、レース前に相当な体力を消耗してしまっていたと思います。ゲートの駐立は問題ありませんでしたが、いざレースに行くと気難しいところをずっと出していたようですから、まったく能力を出し切らないまま終えてしまっています。ジョッキーは間隔を空けて、気持ちを落ち着かせていく方が良いと言っていましたが、今回は放牧明けだっただけに、間隔を空けたとしても同じような結果になる恐れがあります。それなら競馬を覚えさせる意味でも、出走させながら経験させていくのも一つの手だと思いますので、トレセンに戻って状態を確認して、変わりないようであれば続戦させる方向で考えています」


ダイワメジャー産駒は、難しいと言って避ける一口馬主さんって結構いますよね。
私は、クードラパン、ポールヴァンドルとうまくいっていたのでこの世代でもダイワメジャー産駒に2頭もいきました。
しかし、とうとうその難しいと言っていたわけがわかった気がします。
馬体とか能力の前に気性が災いして力を発揮できないんですね。
この馬も相当期待していたのですが、走るごとに悪くなってきていて今回は最下位です。
前回は、輸送中に暴れて怪我として取り消ししたくらいですし、よっぽどだと思います。
牡馬なら間違いなく去勢する展開だと思いますが、牝馬なのでどうしようもないですね。
なんとか馬具や調教で工夫して頑張ってもらうしかありません。
馬って本当に難しいです。

キープシークレット2戦目、難しそうな馬

2017/08/07 <レース結果>

 8/5(土)小倉2R 2歳未勝利〔芝1,800m・11頭〕7着[7人気]

五分にスタートを決めたものの、流れに乗ることが出来ず、中団辺りを追走します。3コーナー手前から前を窺いに行きますが、先団に取り付けることが出来ません。最後までジリジリ脚を伸ばしたものの、7着でゴールしています。

松山弘平騎手「出来れば2,3番手辺りでレースをしようと思い、ゲートも五分に出てくれたので行き脚を付けていきましたが、外枠だったこともあり、考えていたより後ろ目になってしまいました。向正面で外から捲ってきた馬と一緒に上がって行こうとしたのですが、ジリっぽさがあってスッと上がって行けませんでした。上位馬を捕まえ切れるほどの脚はなかったですが、内枠でもう少しスムーズな競馬が出来ていれば、もっといい競馬をしていたと思います」

矢作芳人調教師「パドックでは少し落ち着きがないところを見せていましたが、この馬なりにだいぶ集中してくれるようになりましたし、いい雰囲気で臨めたと思います。返し馬もスッと入っていけましたし、あとはレースで物見などしなければ力を見せてくれると思っていました。もう少しスムーズな競馬が出来れば違った結果になっていたと思いますが、外枠でスムーズに立ち回れなかったようですし、勝負どころでスッと同じように上がっていけなかったことで、上位馬との差が出てしまったようです。決して能力がない馬ではありませんし、スムーズな競馬が出来れば巻き返し十分だと思うので、トレセンに戻って状態が変わりなければ、このまま続戦させる方向で考えています」


能力云々よりも能力を発揮させることが難しいタイプの馬ですね。
気性が鍵になりそうです。
う~ん、今年のダイワメジャー産駒は2頭とも難しいです。

キープシークレット新馬戦、心配が的中

2017/07/03 <レース結果>

 7/2(日)中京5R メイクデビュー中京〔芝1,600m・15頭〕8着[4人気]

好スタートを決めましたが、行き脚が付かず中団あたりでレースを運びます。3コーナー手前から徐々に前を窺いに行きますが、終始周りを気にしながら走っていたことも影響し、ジリジリとしか伸び切れず8着でゴールしています。

武豊騎手「返し馬の段階から周りの馬に気を使って走っていましたし、レースでも終始同じような感じでした。スタートが良かったので、もう少しポジションを取りに行きたかったのですが、全く進んでいく感じではなかったので、出来るだけ集中力を切らさないように追走していきました。最後もジリジリと脚を伸ばしてくれましたが、フォームがグッと沈んでこなかったこともあり、あれ以上いい脚を使えませんでした。ただ乗り味は良かったですし、柔らかいキャンターをする馬なので、使いつつ集中が出てくるようになれば、いい競馬をしてくれると思いますよ」

矢作芳人調教師「周りを気にしやすい馬なので、これが競馬に行ってどう出るか心配していましたが、確かに集中力のない走りだったものの、ジョッキーも少し構え過ぎた感じがありましたね。次のレースに活かすためにも、もう少し競馬を教えてほしかったというのが本音です。レース後は疲れることなくケロッとしていたようですし、ダメージはおそらくないと思います。残念な結果になってしまいましたが、調教の動きからここまで負けるような馬ではありません。この後はトレセンに戻って状態を確認した上で、次走の予定を検討したいと思います」


私の2歳馬の中で2頭目のデビューとなりました。
デビュー前にはメジャーエンブレム級という取り上げ方もされた馬です。
ただ、調教では坂路は動くのですが、ウッドになるとぱっとしません。
慣れが必要という話でしたが、そこが心配の種でしたね。
レースはやっぱりかという感想で、何度かレースに出して慣れさせることが必要かもしれません。
また、坂路では動くのでダートのほうがいいということもあるかもしれませんね。
武豊騎手でのデビュー戦ということで、個人的には最高だったのですが、武騎手は無理だとわかったら無理させないタイプなので今回も最後は流し気味でしたね。
これで期待のダイワメジャー産駒の2頭がどちらもいまいちなスタートになってしまいました。
ダイワメジャーの牝馬にしては高額だったのですが、どちらも期待できると思ったので両取りしたんですが現時点では失敗だったのかもしれません。
まだまだ期待はしているので、天下の矢作先生ですから建て直しを楽しみにしています。
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ