まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

セドゥラマジー3戦目、転厩初戦は惜しくも2着

2018/02/26 <レース結果>

 2/25(日)阪神2R 3歳未勝利〔D1,400m・16頭〕2着[8人気]

まずまずのスタートを決めると、促しながら好位2番手あたりに取り付けます。3コーナーを過ぎたあたりから徐々に進出を開始し、先頭に並び掛けようとしますが、最後まで交わすことが出来ず2着に敗れています。

川田将雅騎手「なるべく揉まれないようにスムーズな競馬を心掛けましたが、スッと好位に取り付けることが出来ましたし、気難しいところも見せませんでした。久々の分、最後まで勝ち馬を捕らえ切れませんでしたが、内容としては上々だったと思います。以前に乗せていただいた時も良い背中をしている馬だなと感じていましたが、休養期間を経て更に良くなっているなと思いました。次はもっと反応が良くなってくるはずです」

池添学調教師「前走時と比較は出来ませんが、阪神競馬場に到着後はとても落ち着いていましたし、パドックでも堂々と周回していました。初ダートなので、ジョッキーにはなるべく砂を被らない位置でレースをしてほしいと指示を出していましたが、理想の競馬が出来ましたね。勝たせることが出来なかったのは残念ですが、久々のレースとしては悪くなかったと思いますし、次はもっと反応が良くなって、勝負どころでもスッと動けるようになると思います。馬体重はプラス22kgではありましたが、見た感じも太目感はなかったので、成長分だと思います。久しぶりの競馬でこれだけしっかり走ってくれたので、この後は状態をしっかり確認したうえで、今後の予定を検討していきたいと思います」


転厩初戦、ダート替わりでしたがしっかり結果を出してくれましたね。
あそこまでいったら勝ってほしかったのですが2着なら上出来でしょう。
期待馬がやっと力を見せてくれました。
あのまま転厩しなかったらどうなっていたかはわかりません。
ダート替わりが功を奏して同じような結果になってたかもしれません。
ただ、やっぱり転厩してよかったと思います。
競馬でタラレバを言ってもしょうがないので、実際の結果がすべてです。
今回しっかり結果が出ました。
その後も順調なようで続戦するようですので、次で勝ち上がってくれることを期待しています。
スポンサーサイト

1年前の調教を見比べてみよう!のコーナー

まずは、こちらの2つの動画を見てください。
名前とか出ちゃってますが、見て見ぬふりをしてくださいね。


2頭とも3月上旬の動画ですので、今の2歳馬たちと同じくらいの動画になります。
上は、ものすごい迫力とスピード感でとても2歳馬とは思えませんよね。
今年の2歳馬の中に入ってもトップクラスの調教の動きだと思います。
タイムもこの時期の2歳馬としては、かなり優秀で進んでいます。

それに比べて下はどうですか?
のっそのっそとまるでスピード感もなく、脚の動きもバラバラです。
今にも故障するんじゃないかっていうくらい脚が怖いです。
一目でこりゃダメかも・・・って思える調教です。

この動画から約1年たちました。
結果はどうなっているでしょうか?
上のセドゥラマジーはまだ未勝利です。
下のグロンフォールは新馬戦を大差の圧勝です。
本当に馬って難しいですよね。
調教の動きは確かに参考になりますが、この比較を見て下のほうが良いと思って出資できる人は少ないでしょう。
馬は成長するし、調教とレースは違うんですよね。

セドゥラマジーは明日出走します。
転厩し、調子もかなり上がっており、初ダートですがかなり期待しています。
何度見てもこんな調教してた馬が勝ち上がりに苦労するとは思えないのです。
1年後、結局この2頭とも大当たりでした~っていう結末を期待しています。

いきなりの転厩で不安が解消?

セドゥラマジーがいきなり転厩しました。

2018/01/19 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「この中間も帰厩に備えて坂路で15秒から速い日は14秒に近いところまで脚を伸ばすようにしています。ここまでじっくり時間を掛けたことで、脚元の状態も安定していますし、動きも軽快になってきましたので、態勢は整いつつあります。馬体重は549kgです」

ここに来て順調に進められていることから、吉田調教師に帰厩の打診を行ったところ、馬房の入れ替えがスムーズではなく、現時点でハッキリとした返事が出せないとのことでした。近日中の帰厩および今後のスムーズな入退厩が難しい状況であることから、牧場サイドも交えて今後について協議を行った結果、他の厩舎へ転厩して新天地での飛躍を目指すこととなりました。栗東・池添学調教師に打診したところ快諾を得られた為、近日中に転厩の手続きを行う予定です。ご出資会員の皆様には何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、来週の検疫が回り次第帰厩する予定です。


ビックリしましたね。
この馬は、とにかく吉田厩舎が嫌われて1次でも満口になりませんでした。
吉田厩舎の馬は、2歳馬もキンカメ産駒なのにまだ売れ残っているくらい嫌われています。
それくらい、管理馬の成績やその他色々問題があり、私もこの厩舎の馬には出資してはいけないという記事まで書いたことがあります。
それでも、私はこの馬をツアーで見て、その馬体の凄さに惚れて出資しました。
そんなツアーでも会員さんとスタッフさんの会話の大部分が厩舎への不安だったことが印象的でしたね。
馬はいいんだけどなぁ・・・皆さんそう言ってました。
そんなセドゥラマジーですが、調教に入ると抜群の動きで近況コメントも素晴らしく、私の近況ランキングでも常に上位にいました。
その後も、シルクでは2番目の速さで入厩までいきものすごい楽しみな馬でした。
しかし、入厩してから良い話が消えてしまい、気性や脚元にも不安が出てきてレースでも結果が出ません。
これがすべて厩舎の責任だとは思いません。
しかし、過去の実績が厩舎のせいかも?と思わせてしまうのです。

そんな時にこの転厩です。
理由は馬房の都合がつかないみたいな話になっていますが、事実上ノーザンかクラブからの不満による転厩でしょう。
池添厩舎は、まだ新しいところですがノーザンの期待馬がガンガン入っている期待の厩舎です。
ロッテンマイヤーでお世話になっていますし、ブエナビスタの子も入ったりしています。
これで、この馬の唯一の不安だった厩舎問題がいきなり解決したのです。
これが最初から池添学厩舎だったら間違いなく1次で争奪戦になっていたでしょう。
転厩したらいきなり大活躍できるかと言われたらそんな簡単にはいかないと思います。
それでも、仮にダメでも納得感が違うでしょうね。
もちろん、結果が良くなることをかなり期待していますし楽しみになりました。
ノーザンとクラブの英断に感謝し、これからの走りに期待したいですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。

セドゥラマジー2戦目、ゲートで終了

2017/07/10 <レース結果>

 7/9(日)中京1R 2歳未勝利〔芝1,600m・9頭〕7着[6人気]

飛び上がるようにゲートを出ると、道中は8番手あたりを追走。直線に入って追い出しにかかりましたが、ゲートの出遅れが響いてしまった為に7着でゴールしています。

川田将雅騎手「返し馬はスムーズに行えましたし、ゲートに入るまで落ち着いていたのですが、中に入った途端に煩いところを見せてしまいました。立ち上がったり、前扉を潜ろうとしたり態勢を整える前に扉が開いたことで、飛び上がるように出てしまいました。出てから初戦のようにムキになって走るところはなく、折り合ってくれましたが、前半スムーズな競馬が出来なかったことで最後は脚が上がってしまいました。レース内容としては悪くなかったですし、五分にゲートを出ていれば、勝っていたとは言い切れませんが、良い勝負をしていたと思います。ゲートの駐立が今後の課題ですね」

吉田直弘調教師「6日にゲート練習に行った際は大人しくして何もしなかったのですが、実戦で気難しいところを見せてしまいました。1番枠で待たされたというより、中に入った途端にやってしまっていたので、気の悪いところが出てしまったようです。レース自体はスムーズに折り合ってくれましたから、ゲートをしっかり出せるように調教で工夫していきたいと思います」


この世代1番期待していたセドゥラマジーでしたが、新馬戦で大敗しかなりのショックでした。
立て直しを図った2戦目でしたが、スタートで大きく出遅れて終わってしまいました。
ゲートに入ってからずっとそわそわしていて、1頭なかなか入らない馬がいたので嫌な予感がしていたのですがその通りになってしまいましたね。
それでもまぁ上がりは3番目の脚を使っていますし着順ほどは悪くなかったように思います。
それにしても、北海道にいた頃は文句のつけようもない近況だった馬でしたが、実際のレースになるとあれやこれやと次々に課題が出てきてうまくいきません。
本当に馬って難しいです。

自分のブログを自分でもう一度読めと言いたい、期待のセドゥラマジー新馬戦大敗

期待のセドゥラマジーは2番人気になるもブービーの9着でした。
この馬は、この世代ではもちろん、今までの出資馬の中でもトップクラスにデビュー戦から期待していました。
まさかこんな結果になるとは思ってもいませんでした。
だいたい愛馬のレースは2~3回は見直したりもするんですが、このレースは中継の1回しか見ていません。
それほど正直落ち込みました。
ここまですべてが100点満点にきて、こういう結果になるんじゃこれ以上どうすればいいのかわからなくなりました。
ただ、これだけ負けた以上は何らかの敗因を見つけなければなりません。
馬自体は、馬体、動き、調教を見ても能力がないとは思えませんし、今回の一戦だけでそこに揺らぎはありません。
騎手の乗り方や展開が悪かったとも思えません。

私は以前このようなブログを書きました。
出資してはいけない吉田直弘厩舎
吉田厩舎の馬には出資してはいけないという、私のブログでもここまで名指しで批判したのはこれっきりという内容です。
その中で問題点を3つ挙げました。
その一つ目の問題点にこう書いてあります。

1、新馬戦の成績がひどすぎる
吉田先生のシルク馬はデビュー戦でボロ負けしまくっています。
ポリアフ大差の12着、ジェイポップ10着、シロインジャー大差の14着、ガーランドワルツが12着と列挙しただけでもひどい成績です。
ノーザンファーム系列のシルクの馬が良血も多く新馬戦では人気になることが多く、負けても掲示板くらいに入ることも多いです。
その中でこの成績は目に見えてひどいものです。
これだけ新馬戦で大敗するというのは、どのレースでデビューさせたらいいか適正が見抜けないのもあるでしょうし、この馬がデビューする体になっているのかもわかっていない気がします。


このように、とにかく新馬戦の成績が悪いと書きました。
そして、今回セドゥラマジーは10頭立ての9着。
二桁着順ではありませんが、たった10頭立てですから同じようなものです。
これだけ新馬戦の成績が悪いのは偶然と言えるのでしょうか?
だからと言って外野から見てここが悪いから新馬戦で結果が出ないんだという具体的な何かがあるわけじゃありません。
具体的な証拠はないけど、こうやって成績だけ見れば状況証拠は揃っているという感じです。
このように、この厩舎の新馬戦は期待してはいけないと以前から自分でもわかっていたはずですし、事実自分でブログに書いていたわけです。
つまり、今回の敗因は新馬戦に弱い厩舎なのです。
半分八つ当たりにも近いかもしれませんが、それくらいしか考えられないのです。
ただ、新馬戦の成績はひどいですが、ポリアフ、バトルデゼルなどその後勝ちあがっているシルク馬はいます。
しっかり立て直して結果を出してほしいです。
新馬戦の成績が悪すぎると自分で書いていた調教師にわざわざ出資しておいて、新馬戦からものすごい期待して大敗して落ち込んでいるんだからどうしようもないです。
期待させてしまったブログ読者の方にも申し訳ないです。
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ