まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

通常募集の心理から次の警報馬を考える

シルクの通常募集もやっと落ち着いてきましたね。
新たな名前も出てこなくなったので、警報もしばらく出ないかもしれません。
シルクの通常募集もかなり大盛況でしたが、そもそも通常募集ってどういう意図で参加するものなのでしょうか?
基本的には大きく分けて2つだと思います。
1、欲しかった馬が抽選で落選し代わりの馬を取る
2、様子見しようと思っていた馬の残口警報が出てしまいしょうがなく取る
まぁ、他にも近況や馬体画像などの更新もあったので、それを見て欲しくなったということもあるかもしれません。
ただ、大きく分ければその2つでしょう。
そもそも前から警報の出ていた馬は1の理由であれ2の理由であれ満口になってしまうのは当然として、新たに名前の出た5頭に今回は注目してみたいと思います。
マハーバーラタの2016
ラッドルチェンドの2016
シーイズトウショウの2016
ミュージカルロマンスの2016
リードストーリーの2016
この5頭は、私が次に警報が出そうだと書いたらその通り警報が出ちゃった馬ですが、なぜこの5頭だったのかと考えてみると来年以降の作戦が立てやすいかと思います。

・マハーバーラタの2016
この馬は一口36000円のハービンジャー産駒の牡馬になります。
そして、それがそのまま売れた理由だと思います。
つまり、お手頃価格でクラシック距離もこなせる牡馬という枠組みってかなり少ないんですよね。
そういう意味で人気になったのがウインフロレゾンの16であり、それに落ちた人が狙いたい馬の候補になります。
また、同じハービンジャー産駒で言えば、アーデルハイトの16も同じ価格で同じ種牡馬で大人気でした。
抽選で落ちた人もたくさんいたでしょうから候補になってくるでしょう。
この枠って毎年数が少なく人気が集中します。
そもそも牡馬は高いですし、短距離やダートに特化していない中距離をこなせる種牡馬の産駒となるとかなり限られてくるのです。
なので、このあたりのお手頃価格の中距離の牡馬は早めに確保しておくというのが重要になるでしょう。

・シーイズトウショウの2016
・リードストーリーの2016
この2頭は価格は少し違いますが同じダイワメジャー産駒の牡馬になりまります。
今年の目玉は明らかにロードカナロア産駒でした。
当然、カナロア産駒が大人気になったわけですが、抽選で落選した人もたくさん出ました。
また、同じダイワメジャー産駒のスナッチドの16はかなり出来がよく1次で大人気になり落選者も多数でました。
そうなると、候補に上がってくるのがこの2頭になるわけです。
それに加えてキンシャサ産駒のラフアップの16なんかも同じだったと思います。
つまり、マイルくらいまでの短距離種牡馬の産駒としてロードカナロア産駒やスナッチドの16に落ちた人が欲しくなる馬なのです。
今年はどういう産駒が人気になってて、その馬たちに抽選で外れた場合にどういう馬を欲しくなるのかということを考えるとこういう馬たちが浮上してくるとわかってくるかもしれませんね。

・ミュージカルロマンスの2016
ディープインパクト産駒の牝馬になります。
基本的にはディープ産駒はどのクラブでも目玉商品です。
ただ、今年のシルクはそこまでディープ産駒に人気はありませんでした。
それでも、一発があることには違いありません。
欲しい馬に抽選でハズレ、う~ん、ディープで一発狙ってみるかというお金持ち層がディープを確保しにきた動きかなと思います。
去年もピボットポイントが結構売れ残っていたのでシルクは意外と高い馬は1次で残ったりします。
それでも結局は売り切れるので様子見はそんなに期待しないで、欲しいなら1次から取るほうがいいでしょう。

・ラッドルチェンドの2016
この馬に関しては、血統的には良血ですし、去年の姉も大人気でした。
ただ、不確定要素が多く、まず現時点ではサイズが小さいこと、そしてオルフェ産駒の成績はどうなのかということがありました。
本当ならもっと様子見をして成長を見てから取りたいとは思いますが、抽選で落ちた人たちが良血を狙って取りにくるのはわかる話です。
何かの直接の代替ということではない感じがしますね。
なので予想という点からすると難しいかもしれません。


このようにある程度次にどんな馬が売れてきそうかはわかる気がします。
もちろん、他の再生数やアクセス数などを参考にするのも重要です。
こうやって予想することに直接なにか大きなメリットがあるわけではありませんが、通常募集で次に警報がでるかもしれないと備えておくことは重要で、様子見しようと待ってたらいつのまにか売り切れちゃったみたいなことを防ぐことができます。
警報が出てじわじわ売れていくなら間に合いますが、今のシルクはあっという間に売れてしまうということが普通にあります。
なので、1次が終わった段階で、この辺はまだ名前出てないけど売れてきそうだなという目星をつけておくだけでも、余裕をもって動けるはずです。
しばらくはキャロットの募集で盛り上がるでしょうから新たなな警報がでないかもしれません。
次に出るのはやっぱり手頃な牡馬でしょうね。
予想して名前を出すことで売れ行きが少しでも加速するのは避けたいのですが、一般論として手頃な牡馬ならサトノジュピターの16、リュナティクの16、アンナヴァンの16あたりかなと思います。
手頃でもトーセンホマレボシやワークフォースはまだこの段階では売れないかなと思いますね。
まぁ、とりあえずしばらくはゆっくりできるかなと思いますが、警報には注意していきましょう。
スポンサーサイト

シルク1,5次通常募集の結果と新たな残口警報

誰もが予想した通り、シルクのホームページが重くてどうしようもありませんでしたね。
ただ、私はこういう争奪戦に結構慣れていたので取れるんじゃないかと内心思っていました。
ネットで何かの限定品だったり、年末の福袋などの予約も同じように争奪戦になり、サイトが重くなったり落ちてしまったりするのによく参戦していたからです。
まず大事なのはログインをしておくこと。
そして、色々なページをブックマークしておくことだと思いました。
今回ならその馬のページ、募集馬一覧のページなど直接ブックマークしておくとトップページからより行きやすいところがあったりします。
このようにしっかり準備して望みました。

10時になって案の定重くて進みません。
PCとスマホを駆使してどっちか繋がりやすかったりしますので何度もチャレンジします。
1時間くらいたって、PCのほうが変なエラーが連発するようになり、一度閉じてしまいます。
これが大失敗でした。
そのせいでログインが解けてしまい、ログインし直さなければならなくなりました。
しかし、そのログインが全くできません。
なんとかログインして購入ページまでたどりつくも、ボタンが出てこなかったり、押しても反応しなかったりとなかなか進みません。
そして・・・・いつのまにか満口になっていました。
ジエンドです。
最後のあと一歩このボタンさえ押されていればというところまでいったのに・・・・
2017y08m15d_121752973.jpg
2017y08m15d_121742404.jpg
そうです、私が狙っていたのはグランプリエの16です。
ラトーナの16に落選した時点でこの馬を狙っていました。
当たりの出やすいシルク由縁の馬。
そして、ツアーでかなり良く見えた馬でした。
牡馬で上が新馬勝ちしたこともありラトーナの16を優先して1次でいきましたが、落ちた時点ですぐにグランプリエの16に狙いを変えました。
しかし、争奪戦に敗れてしまい縁がなかったようですね。
すごく残念ですが、過去この1次募集が終わって通常募集で焦って取りに行った馬は個人的に成績があまりよくないので冷静になれる時間をくれたのかもしれません。
まだまだ様子見馬はいるのでゆっくりいきましょう。


そして新たな残口警報がでました。

◆残り30口以下◆
33.ウイングステルスの16

◆残り50口以下◆
30.ショアーの16
62.ドリームスケイプの16

◆残り80口以下◆
15.ケアレスウィスパーの16

◆残り100口以下◆
2.ミュージカルロマンスの16

◆残り150口以下◆
5.リードストーリーの16
6.シーイズトウショウの16
45.ラッドルチェンドの16
54.マハーバーラタの16


なんと私が昨日危ないと警告した5頭がそのまま5頭とも残口警報が出ました。
netkeibaを参考にしたとは言え、こんなに完璧に予想が当たるもんですかね。
私が危ないと言ったせいで殺到したという可能性もあったりするかも。
そうでしたらすいません。
名前が出ちゃった以上は、もう様子見できませんので、狙ってた人は今すぐ申し込んでください。
私はもうしばらく休みます。
なんとも無駄な時間を使った気分です。
欲しい馬が取れた方はおめでとうございます!

明日のシルク通常募集に向けて

◆残り50口以下◆
3.ロジャーズスーの16
34.サロミナの16
36.キューティゴールドの16
50.グランプリエの16

◆残り80口以下◆
26.フサイチパンドラの16
57.トップライナーⅡの16

◆残り100口以下◆
30.ショアーの16
56.ラフアップの16

◆残り150口以下◆
15.ケアレスウィスパーの16
33.ウイングステルスの16
62.ドリームスケイプの16



明日、いよいよ1,5次の通常募集が始まります。
毎年、電話でしたが今年はネットのみでの開始となります。
100%繋がりにくいと思います。
ただ、電話の時も何時間かけても繋がらない状態だったので同じようなもんでしょうね。
根気強くアクセスし続けるしかないと思います。
繋がらないのはみんな一緒なので意外とすぐには無くならないと思います。
2時間くらいたってやっと繋がって、あれ?まだ結構残ってるなって感じになるような気がしますので諦めないほうがいいでしょう。
残り100口以下のあたりまでは明日中で完売すると思います。
そして、残り150口以下のやつが明日には残り50口以下とかになり、他に新しい残口僅かの馬は5頭くらいは出てくるでしょうね。
それが終わると一旦勢いが無くなって、少しづつ売れていき、残口警報がでたら一気に売れるみたいなパターンに入ります。
明後日くらいに新たに残口警報が出そうな馬を列挙しておきます。
マハーバーラタの2016
ラッドルチェンドの2016
シーイズトウショウの2016
ミュージカルロマンスの2016
リードストーリーの2016
この5頭は、netkeibaのサイトで直近24時間のアクセス数の多かった馬です。
つまり、明日の通常募集前に最後のチェックを多くの人がした馬でもあります。
基本的には、手頃な牡馬って数が少ないし、みんな欲しいので1次抽選で確保できなかった人は、まずは牡馬を確保したいはず。
そういう傾向がこのアクセス数にも見てとれます。
これらの馬が欲しい人は売れ行きには注意していきなり満口になって逃すなどないようにしましょう。
私も明日は1頭取りにいこうかなと思っています。
頑張りましょう!

早くもシルクが募集時期を前倒ししたメリットが

シルクのホームページを見ると早くも育成牧場に移動した馬について書いてありました。
それを見るともう既に移動した馬も多数いるようですね。
私は去年、この募集時期が2ヶ月早まることについて育成が早くできるようになるメリットについて書きました。
http://reinedebriller.blog.fc2.com/blog-entry-765.html
これが去年までのように10月の募集でしたらこうはなっていません。
ツアーがあるので、それまでは移動できずに育成も遅れていたでしょう。
こうやって既に移動していた馬たちが、去年まででしたらもう移動して調教開始できる馬体に成長しているのにツアーで展示しないといけないからそのまま移動できずにいたのです。
それが解消したことは大きな変化だと思います。
2ヶ月早く始動できれば早くから活躍できそうな馬たちは、2歳戦などでより早く活躍できるでしょう。
もちろんじっくり育てるべき馬はそのままじっくりやればいいだけなのでデメリットはありません。
移動している馬たちはやっぱり1月2月生まれのしっかりした馬体の子が多いですね。

現2歳馬は期待馬も多くディロスやアーデルワイゼは勝ちあがっていますが、なんか出遅れた感が強かったです。
キャロットと比べてもあちらは既に6頭も勝ちあがっています。
この差は、もちろん馬の質もあるかもしれませんが、育成に入る期間の差もあるとすれば、来年からはその差がなくなり、逆に有利になるかもしれません。
とにかく馬の成績が向上することは何でもやってみるべきだと思います。
出資の制度など色々不満も多いシルクですが、結局は出資馬たちが大活躍してくれれば納得する部分も多いです。
今回の募集の前倒しによって、確かに幼い馬体でどこまで判断できるのかという難しい部分にも直面しましたが、それによって育成が早くから開始できて早期から活躍できるようになるのであれば何の不満もありません。
来年の2歳戦でシルクの馬たちが早期から活躍してくれることを期待しています。

シルクの抽選結果を受けてと今後について

2017y08m07d_230042463.jpg

昨日はシルクも結構頑張ってかなり予定を前倒しで色々と発表し、抽選結果まで出してくれましたね。
まぁ、同じ時期に1次募集のあった東サラと比べてそもそも時間がかかりすぎという面もありますが、頭数も全然違いますし、実績制と抽選が混在してて手間もかかるでしょうから、前倒しして頑張ったことは評価してあげていいと思います。
自分の当落はもちろんですが、他のブロガーさんや読者さんが何に出資できたのかも結構楽しみに見ています。
全落したと嘆いている方を見るとこちらも悲しくもなりますし、みんなが喜べる結果が望ましいのが1番なのですがなかなかそうもいきませんよね。
それでも、それなりの頭数を申し込まれた方は何か1頭くらいは当たってる人が多い感じはしましたね。
三連単を1点買いして外れて、なんだ競馬全然当たらん、つまんねえって言われてもそれはしょうがないやんとしか言いようもない面もあるので、当てたいなら買い方をもっと工夫するしかないのかなと思います。
まぁ、1頭しか欲しい馬がいないというのであればしょうがないと思いますけどね。

残口僅かの発表もあったので載せておきます。
◆残り50口以下◆

3.ロジャーズスーの16
34.サロミナの16
36.キューティゴールドの16
50.グランプリエの16

◆残り80口以下◆
26.フサイチパンドラの16
57.トップライナーⅡの16

◆残り100口以下◆
30.ショアーの16
56.ラフアップの16

◆残り150口以下◆
15.ケアレスウィスパーの16
33.ウイングステルスの16
62.ドリームスケイプの16



この中で個人的に気になっているのはグランプリエの16とラフアップの16です。
私の場合は、低価格馬がすべて落選したこともあり、今後選ぶのそういう安い馬になります。
3万円台を中心に3頭くらい行こうかと思っています。
そういう意味でもこの2頭は気になります。
ただ、ラフアップの16はキンシャサノキセキ産駒ですから、私は既にアンティフォナの16に出資できているのでたぶん行かないですね。
それでもツアーで一際目立つ立派な馬体をしていたので、十分いく価値のある馬です。
気になるのは、繫殖成績だけですね。
グランプリエの16もツアーで目立っていた1頭です。
ツアーの出来の良さでここまで売れたといっても過言じゃないと思います。
シルクの当たり馬はシルク由縁の馬から出る法則からいけば、ラトーナの16に外れたならこっちにいくという選択も十分ありです。
こちらに関してはもう少し悩んでみます。
まだまだ様子見してる馬もいるので、ここで予算を使いすぎても後で厳しくなりますからね。

シルクは人気になった馬と活躍した馬がいまいちリンクしていません。
私は現5歳世代でシルクに加入しましたが1番活躍してるレーヌドブリエは売れ残っていた馬です。
4歳世代は抽選で全部落ちてかなり落ち込みましたが、残ってる馬から出資してク-ドラパンがG1の阪神JFに出走しましたし、ロッテンマイヤーは忘れな草賞を勝ちオークス出走、アルジャンテも3勝しています。
3歳世代は、1番活躍してくれているのがポールヴァンドルですが、この馬も1次では名前も全く出ない人気のない馬でした。
また、何度も書いていますが、シルクの重賞馬のグレンツェントやゼーヴィントも売れ残っていた馬です。

個人的にはシルクの勝負はここからだと思っています。
1次募集は確かに何に申し込みするかという面では実力もありますが、結局は実績や抽選の運に左右されてしまいます。
これからは、自分の目利きのみの勝負になります。
出資しようと思えばできる状況の中で、いかに走る馬を選べるかどうか。
たくさん売り切れたと言ってもまだ30頭以上残っています。
この30頭がみんな能力がないとは思えません。
必ずお宝は眠っているでしょう。
それを自分の実力で探し出す楽しみがここからスタートします。
抽選で外れて落ち込んでいる暇など無いのです。
前を向いて一緒に楽しみましょう!
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ