FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

スイープセレリタス2戦目、タイムランクAでの快勝

2018/10/09 <レース結果>

 10/7(日)東京2R 2歳未勝利〔芝1,600m・14頭〕優勝[3人気]

まずまずのスタートから前走と同様に、5番手付近でレースを進めます。残り300mあたりから早めに先頭に立つと、そのまま脚色衰えず1.33.8の好タイムで待望の初勝利を収めています。

池添謙一騎手「返し馬に行くとまだ緩さを感じさせる走りではあるのですが、初戦よりもしっかりしてきましたね。自分からハミを取って走ってくれたので、特に促さなくてもいいポジションを取れました。少し早いタイミングで抜け出す形になりましたが、ソラを使うことなくしっかりと走れていました。お母さんは抜け出すとソラを使う馬だったので辛勝になることが多かったのですが、この馬はそう言った面はなさそうですね。スイープの仔で初めて勝てて本当に嬉しいです」

藤沢和雄調教師「虫を気にしてパドックで少し煩い面を見せるなどまだまだ幼い馬だけど、勝ててよかったです。6月生まれですし、調教で追い込みすぎないように競馬を使いながら徐々に育ってくれればと思います」



この馬についての思いや内容については、勝利時の記事に書いたので省きます。
ちなみに、このレースのJRA-VANのタイムランクは星8とかなり高評価でした。
グリーンチャンネルの先週の結果分析でもタイムランクAだったそうです。
優馬のサイトでは5点とそこそこでした。
まぁ、少しバラつきはありますが、総じてハイレベルな勝利だったと言えると思います。
私もブログで書いていますが、藤沢先生のコメントを見てもやっぱり6月生まれということであんまり強い調教を意図的にしていないようですね。
それでこの内容なので本当に今後が楽しみです。
私に重賞をプレゼントしてくれるくらいの馬になってほしいですね。
スポンサーサイト

スイープセレリタス2戦目で快勝!タイムはあのグランアレグリア以上!

この世代のドラフト1位スイープセレリタスが2戦目で勝ち上がりました!
初戦は5着でしたが、全く焦っておらず3戦目くらいで勝ち上がればいいというようなコメントを書いたと思います。
それくらい、まだまだ成長途上でこれからという馬でした。
今回も2戦目で良くなるとは思っていましたが調教も軽かったですし、まぁ3着以内に入ればいいかなと思ってましたね。
ただ、新馬戦の時の勝ち馬がレッドアネモスは次の500万も快勝しており、 4着馬、6着馬も勝ち上がっていますので、かなりレベルの高いメンバーでした。
その点からみると成長途上でも勝ち負けできるかもという期待はありました。

レースは、前目につけて直線先頭に立つと断然の1番人気が追い込んできたのに合わせてもう一伸びしての快勝。
タイムは1:33.8と昨日同じコースで行われたG3サウジアラビアRCで圧勝したグランアレグリアの1:34.0よりも早いという素晴らしいレースでしたね。
グランアレグリアはものすごい大物だと思いますが、向こうは1月生まれ、こちらは6月生まれでこのタイムですから、伸び代含めると負けていないはずです。
同じ藤沢厩舎ですし良いライバルとして頑張ってほしいですね。
ノーザンマラソンの賞品にもなった馬ですし、ここから大きな舞台で活躍する日が待ち遠しいです。

スイープセレリタス新馬戦、余裕のある馬体で見せ場あり

2018/08/27 <レース結果>

 8/25(土)新潟5R メイクデビュー新潟〔芝1,600m・16頭〕5着[2人気]

右側のみチークピース着用。まずまずのスタートを切ると、道中は5番手あたりからの追走、直線に入って勝ち馬を目標に追い出されると、最後まで差を詰め切れなかったものの、掲示板は確保しています。

池添謙一騎手「パドックでは結構尻っぱねをしていたので心配していたのですが、返し馬はスムーズに行えました。ゲートを出てすぐにスターターを見て、少し右に寄れてしまいましたが、道中は馬の後ろに入れれば上手く収まって走ってくれました。勝ち馬がすぐ前にいましたし、それを目標に追い出すと脚を使ってくれたので差し切れるかと思ったのですが、相手も迫ったら迫った分だけ脚を使い、最後まで差を詰め切れませんでした。6月生まれらしく、まだ全体的に緩さが目立ちますし、今日は素質だけで走っている印象です。本当に良くなってくるのはまだまだこれからだと思いますし、まずはこの時期に無事にデビュー出来たことを評価してあげたいですね」

調教助手「パドックでは尻っぱねをしたりして元気なところを見せていましたが、返し馬は問題なく行えていました。直線では差し切れるかなと思っていたのですが、捉えられそうで捉え切れませんでしたね。池添騎手も『まだ馬体が緩くて良くなってくるのはこれからですよ』と言っていましたし、今は無理をさせる時期ではありませんから、成長を促す意味も込めてレース後に直接ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきました」


この世代で1番の期待馬のデビュー戦でした。
ただ調教もずっと軽めでしたし、当日も496キロでかなり余裕のある馬体。
藤沢先生は新馬戦は仕上げないことでも有名ですから、今回は叩き台でしたね。
それでも見せ場はあり、前々で進めて最後まで頑張ったと思います。
かなりの遅生まれですし、個人的には3戦目くらいで勝ち上がってくれたらみたいなイメージですね。
じっくり育ててほしいと思います。

期待の2歳馬スイープセレリタスがデビュー!

2018/08/23 <所有馬情報>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで22日に時計
次走予定:8月25日の新潟・芝1,600m〔池添謙一〕

調教助手「22日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はスイープセレリタスが追走していき、最後はしっかりと同入してくれています。今週は札幌から池添謙一騎手に駆けつけてもらい、感触を確かめてもらったのですが、『自分からハミを取って走れていましたし、最後の反応も良くて動きは良かったです。モタれることなく真っ直ぐに、前向きに走れていましたし、こちらが促すとスッと反応してくれました。スイープトウショウの仔にこうやって騎乗できるのは騎手冥利に尽きますし、追い切りでは能力を感じましたから、レースでどんな走りをしてくれるのかとても楽しみです』と話していて、好感触を得てくれたみたいでしたよ。今週のレースを目標に特に頓挫なく順調に来ましたし、態勢は整っていると思うので、あとはレースでしっかりと力を出して欲しいですね」



この世代のドラフト1位のスイープトウショウの子スイープセレリタスがいよいよデビューします。
6月生まれという超遅生まれだったので出資するときは3歳デビューも覚悟していたのですが、こんなに早くデビューできるとは予想もしてませんでした。
それくらい順調に成長している証拠なのでうれしいですね。
メジロドーベルの娘レーヌドブリエのデビューは吉田豊騎手だったように、こちらも母に乗っていた池添騎手でデビューです。
こういう物語は好きなのでうれしいですね。
調教はまだ一杯に追ったりはしていないのですが、なかなか良さそうです。
特に稽古をしている相手が古馬1600万のディソーナや古馬1000万のキミノナハセンターなどばかりなのが好感もてますね。
一般的に併せ馬の相手が格上とやっている馬は期待が高いといわれています。
普通の2歳馬は2歳馬同士だったり3歳未勝利馬あたりとやるのが普通ですからね。

現在は2番人気の3倍ちょっとですね。
印はもちろんいっぱいついてますし、十分勝ち負けできると思います。
ただフルゲートで1枠というのはちょっと気になりますね。
たぶん、母親と一緒で後ろからいくタイプだとは思いますので、最後の新潟の長い直線できっちり差しきってくれたらと思います。
もちろん、こんなに早くデビューできること自体が奇跡的でしょうし、これからまだまだ成長するのでいきなり結果は出ないかもしれませんが、こういうロマンのある馬がいると本当にわくわくします。
走ると言われているノーザンマラソンの景品にもなった馬です、どんな走りを見せてくれるか楽しみです。
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ