FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

スイープセレリタス5戦目、母譲りの末脚で快勝

2019.05.06 レース結果

 5/5(日)東京5R 3歳500万下〔芝1,400m・9頭〕優勝[1人気]

スタート後は行き脚が付かず後方からの追走となります。直線で大外に出して追い出されると、メンバー最速の末脚を発揮して嬉しい2勝目を挙げました。

C.ルメール騎手「スタートは早くなかったけど、その後は流れに乗れました。3コーナー過ぎにハミを噛んで行きたがる場面はありましたが、そこも上手く宥めることが出来ました。以前は追ってからの反応が鈍くてモタモタするようなところがありましたが、今日は反応もとても速かったですね。パワーアップしているのを感じますし、もっと上のクラスでも走れる馬だと思います」

藤沢和雄調教師「体が増えて馬がだいぶ逞しくなってきました。今日は後方からの競馬になったけど直線ではしっかりと走ってくれました。まだまだ良くなる馬ですし、レース後の状態を見てから今後どうするか決めたいと思います」


久々に何度もレースを見返しました。
たぶん10回以上見ましたね。
それくらいうれしかったですし、興奮しました。
勝ち方が良かったですよね。
詳しくはレース後のブログでも書きましたが、最後方からごぼう抜きっていうのが母スイープトウショウみたいで最高でした。
その後、なんとなくスイープトウショウのレース動画も見まくってしまいました。

そうそうたる牡馬相手に勝った宝塚記念はもちろんすごいですが、このエリ女の最後の脚は今見ても鳥肌が立ちますね。
セレリタスにも少しでもこの偉大な母に近づいてほしいと願います。
スポンサーサイト

スイープセレリタス4戦目

2019.02.04 レース結果

 2/2(土)東京9R 春菜賞〔芝1,400m・15頭〕3着[1人気]

互角のスタートから中団で脚を溜めます。少しずつポジションが悪くなり、直線ではなかなかスムーズに馬群を捌くことが出来ません。それでも上がり最速の脚を使い、勝ち馬と0.1秒差の3着に敗れています。

C.ルメール騎手「初めて1400mを走ったので、ペースに戸惑ってしまいました。少し馬群を捌くのに時間が掛かってしまいましたが、ラスト200mは凄い脚で伸びてくれましたね。ただ、前を捕らえられるところまではいきませんでしたから、あと1ハロン延びた方が競馬はしやすいと思います」

藤沢和雄調教師「今日は直線で包まれる形になってしまい、脚を余してしまったことが敗因です。ただ、遅生まれですから、これからも大事に使っていきたいですね。この後はトレセンで状態を確認した後、ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきたいと思います」


スイープセレリタス、母譲りの末脚で快勝

スイープセレリタスが2勝目をあげました。
スタートは遅れ気味で最後方からのレースになりました。
そのまま、じわじわと上がっていき最後の直線に入っても持ったまま追い出しません。
よっぽど手ごたえが良かったんだと思います。
まだ前と結構差があるのに追い出しを我慢し400m過ぎからゴーサイン。
その後は、すごい加速であっという間に先頭に立って快勝しました。
今まで、前目でレースをすることが多く、スイープトウショウの子らしい切れ味を発揮できませんでした。
今回、後ろからのレースになったことで母譲りの末脚を見せてくれましたね。
ただ、この馬は藤沢先生もルメール騎手もマイルまでの適正ということで短い距離ばかり走っています。
スイープトウショウとハーツクライの子で短距離馬が出るとは思えないのですが、なんとか秋華賞を目標にやってほしいと思います。
6月生まれということで、成長はまだまだこれからすると思いますが、今回のレースははっきりと成長を感じました。
良血の片鱗をやっと見せてくれましたね。
今後が楽しみになりました。

スイープセレリタス3戦目、期待も3着まで

2018/12/03 <レース結果>

 12/1(土)中京10R こうやまき賞〔芝1,600m・9頭〕3着[2人気]

スタートでやや内の馬と接触しましたがすぐに折り合いがつき道中は3番手を追走します。直線で徐々に外へ進路を取り追い出されるといったん先頭に立ちましたが、ゴール前で後続に交わされ3着でゴールしています。

池添謙一騎手「返し馬ではピリッとしたのですがゲートは大丈夫でしたね。前半はややハミを噛んでいましたが、途中で抜けましたよ。ゴーサインに瞬時に反応してトップスピードで先頭に立つところまでは良かったのですが、まだ緩いのでその走り方を維持することが出来ず、最後は走りがバラバラになってしまったところを差されてしまいました。生まれの遅い馬ですし成長も他の馬と比べるとまだまだでしょうから、今日の内容は決して悲観するものではないと思います」

調教助手「早めに抜け出して目標にされてしまいましたが、初戦、2戦目よりも競馬へ向かう過程やレース内容は良化していると思います。輸送してきてからもとても穏やかでしたし、これからも経験を積みながら学習して行ってくれるといいですね」


現状この世代でクラシック候補になれそうなのはこの馬くらいなのでかなり期待していました。
ただ、残念ながら3着と少しトーンダウン。
それでも負けたのは牡馬ですし、6月生まれなのでこれからの馬でしょう。
今週も出走しますので、勝ってクラシックに名乗り出てほしいですね。

スイープセレリタス2戦目、タイムランクAでの快勝

2018/10/09 <レース結果>

 10/7(日)東京2R 2歳未勝利〔芝1,600m・14頭〕優勝[3人気]

まずまずのスタートから前走と同様に、5番手付近でレースを進めます。残り300mあたりから早めに先頭に立つと、そのまま脚色衰えず1.33.8の好タイムで待望の初勝利を収めています。

池添謙一騎手「返し馬に行くとまだ緩さを感じさせる走りではあるのですが、初戦よりもしっかりしてきましたね。自分からハミを取って走ってくれたので、特に促さなくてもいいポジションを取れました。少し早いタイミングで抜け出す形になりましたが、ソラを使うことなくしっかりと走れていました。お母さんは抜け出すとソラを使う馬だったので辛勝になることが多かったのですが、この馬はそう言った面はなさそうですね。スイープの仔で初めて勝てて本当に嬉しいです」

藤沢和雄調教師「虫を気にしてパドックで少し煩い面を見せるなどまだまだ幼い馬だけど、勝ててよかったです。6月生まれですし、調教で追い込みすぎないように競馬を使いながら徐々に育ってくれればと思います」



この馬についての思いや内容については、勝利時の記事に書いたので省きます。
ちなみに、このレースのJRA-VANのタイムランクは星8とかなり高評価でした。
グリーンチャンネルの先週の結果分析でもタイムランクAだったそうです。
優馬のサイトでは5点とそこそこでした。
まぁ、少しバラつきはありますが、総じてハイレベルな勝利だったと言えると思います。
私もブログで書いていますが、藤沢先生のコメントを見てもやっぱり6月生まれということであんまり強い調教を意図的にしていないようですね。
それでこの内容なので本当に今後が楽しみです。
私に重賞をプレゼントしてくれるくらいの馬になってほしいですね。
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ