FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク2歳馬の近況コメントランキング(1月編)

今年もシルク近況ランキングやっていきましょう!
去年はこの時期にハロン15という文字があればそれだけでランクインでした。
リアアメリア含めたったの2頭でしたからね。
なので、まずはハロン15までいってる馬を抜き出していったのですが、なんと15頭もいました。
これは驚きの数字で、毎年この企画をやっている私だからわかる比較だと思いますが、明らかに調教の進度が早まっています。
ノーザンの早期デビューに対する考え方がはっきり表れていますのね。
これが去年のシルクの新馬戦8連勝にも繋がってきているのは間違いありません。
早期デビューの文字もかなり多くに見られますので5頭に絞るのが難しかったですね。
今回は、ハロン15までいっていて、近況の中にも褒める言葉やパワーワード重視でランク付けしました。

1位・・・フィエラメンテの18 [父 ジャスタウェイ:母 フィエラメンテ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「坂路と周回コースで鍛えてきたことで、明け2歳馬とは思えないほど基礎体力を感じますね。多少前向き過ぎるところはありますが、以前よりも落ち着きがあり、力みが無くて伸び伸びとしたキャンターをしていますよ。ストライドが綺麗で、飛ぶような走りをしていますので、現状は軽い芝で良さが活きそうな感じを受けます。また、前にも後ろにも馬を置く形で調教させても、集中力が散漫になることはありませんし、難しさは今のところ感じません。もうしばらくはこのペースで進めますが、更にペースを上げても難なくこなしてくれるでしょうから、その動き次第では早期デビューも可能ではないでしょうか」馬体重475kg


先月いきなり2位に入ってきた馬ですが、今月も大絶賛ですね。
出資馬ですが、ここまで褒められると期待も高まってしまいます。
特に太字にしたパワーワードはかなりすごいですね。
明け2歳とは思えない、飛ぶような走りなど去年のリアアメリア級のコメントが並んでおり一気に楽しみになりました。
早期デビューコメもありますし、6月デビューから2歳G1みたいな可能性も期待しちゃいますね。


2位・・・ヒストリックレディの18 [父 リオンディーズ:母 ヒストリックレディ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「行きっぷりが良すぎて焦ってしまうことがありましたが、落ち着いてスタートすることを教えると、リラックスして走れていますね。この中間はペースを上げましたが、まだまだ余裕があって、促せばいくらでも動きそうなくらいの感触ですよ。また、若干ピリピリする面を見せていますが、調教中に手を煩わせることはありませんし、適度に緊張感を持って何事にも臨めている間は良いと思います。そして、飼い葉をしっかり食べてくれて毛艶も良好ですので、体調面も問題ありません。先日、木村調教師が本馬を確認されて『順調に進められて何よりです。この調子で行けば早期デビューも視野に入りそうですね』とおっしゃっていました。ここまでは良い形で調教を積めていますので、早めに移動出来るよう進めていきます」馬体重495kg


1位のコメントが良すぎるので2位でしたが、普通なら1位で全然おかしくない内容です。
本当に良いコメントが並んでいます。
行きっぷりが良すぎてとか余裕があるみたいなコメントが良いですね。
早期デビューの打ち合わせをもう調教師さんとしてるというのも大きいですね。
抽優馬を使おうか迷った一頭なのですが、これもかなり期待できそうです。


3位・・・アナスタシアブルーの18 [父 モーリス:母 アナスタシアブルー]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「坂路で乗り込みを継続的に行っていましたが、徐々に体力が付き、手応えも良化傾向にあったことから、現在は1本目に17-17、2本目にハロン15秒まで脚を伸ばし始めています。負荷を強めてからも前向きな気性でスタートからグイグイと加速し、最後まで余裕を持って登坂しています。フットワークも力強く、併せに掛かると他馬が前に出るのを許さない気の強い一面を見せています。坂路で乗り出した当初はハミにモタれ掛かるようなところがありましたが、今では全体的に筋肉量が増え、体力が付いてきたことから、バランスよく走ることが出来ています。リフレッシュを挟む毎に一段と馬体に幅が出て、見映えが良くなってきましたし、ここまで順調に成長を促すことが出来ていますから、この調子で乗り込みながら鍛えていきたいと思います」馬体重523kg


ハロン15でも最後まで余裕をもって登板というのは良いですよね。
この馬は実績で取れそうだったので最後まで迷った馬なのですが、いっとけば良かったと少し後悔しています。
レネットグルーヴやアドマイヤテンバなんかも良さそうですしモーリス産駒は良い気がしています。


4位・・・アンティフォナの18 [父 キズナ:母 アンティフォナ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「ここ最近は馬体重が示す通り、体にボリュームが出てきてトモに力がついてきたことで楽に登坂することができています。フットワークにも改善が見られ、トモの動きも気にならなくなってきました。先月は動きの硬さがとれて、登坂時に余裕が出てくるといった変化が見られましたが、今月はその動きに軽さが出てきたのが一番の変化ですね。全身を使って上手に首を使いリズムよく走っています。精神的には少し敏感なところがあるのですが、集団調教ではそういう面は見せていませんし、全体的にはいつも落ち着いています。脚元にも特に不安はありませんし、毛艶も良好です。飼い葉食いもハロン15秒を行っても増えているくらいですから、順調そのものです。今後は疲れが出る前にリフレッシュを適度に取り入れながら、成長を促していきます」馬体重491kg


マイナスコメントもありませんし、やっぱり楽に登板できているのは大きいです。
キズナ産駒は好調ですし、人気の繁殖なのでこちらも期待できそうですね。


5位・・・カリスペルの18 [父 Dawn Approach:母 カリスペル]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も意欲的に調教に取り組んでいます。現在は基礎体力をつけるべく、ハロン15秒のペースでしっかり乗り込まれています。早めの日の登坂でも力むこともないので、動きに硬さもなく前向きに走ることができていますね。周回コースでは、前の馬との距離を保ってリズム良く走れていますよ。馬体面はリフレッシュ後に運動を再開してから数週間で一回り大きくなったように感じています。ペースアップにも問題なく対応するといったよりも、まだまだ走れるといった様子で馬体重も増えており心身ともに充実期に入ったようです。飼い葉も良く食べていますし、肌艶も良く脚元にもいまのところ問題はありません。今後も適度にリフレッシュを取り入れながら、基礎体力をつけていく運動を中心に焦らず進めていくつもりです」馬体重441kg


大きなパワーワードこそありませんが、マイナスコメントもなくハロン15をこなしていますね。
この馬は出資馬でもあるので動画も見ているのですが、それがかなり良いのです。

3頭合わせなのですが、1頭だけものすごく軽く飛ぶような滞空時間の長い綺麗な走りをしていますよね。
1次でそこまで大人気だった馬ではありませんが、これは期待できるかもしれません。
元々母はシャケトラなど活躍馬多数出してるサマーハの全妹なので、ポテンシャルはかなり高そうでした。
ちょっと楽しみになってきましたね。


私の出資馬が2頭入ってきましたね。
特に優遇しているわけではありませんので、自分で書いててうれしいですね。
ただ、セドゥラマジーのようにずっと1位でもダメだったという場合もあるので油断はできません。
それでもフィエラメンテの18はかなり注目ですね。
1次では私の実績でも取れそうな中から選んだ一頭だったので、正直絶対の自信をもって取った馬ではないのですが、こういう馬が大活躍してくれると今後のシルクにも夢がありますね。
とにかく全体的に調教がかなり進んでいるので、今年も2歳の早い時期はシルク馬が大活躍しそうな気がします。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
スポンサーサイト



シルク第1回追加募集の結果発表

71.ラヴイントーキョーの18 624,000円 (総お申し込み口数:754口)
72.ヴァナディースの18 862,000円 (総お申し込み口数:971口)
73.チアズメッセージの18 952,000円 (総お申し込み口数:1,064口)
74.トピカⅡの18 246,000円 (総お申し込み口数:530口)



シルクの第1回追加募集の結果はもう発表されていたので載せておきます。
もう当選者も発表されているようで、かなり迅速でしたね。
やっぱり4頭とも満口となりました。
必要実績は、まぁ100万いかないくらいという感じでそこまで高くなりませんでしたね。
出資できた方はおめでとうございます。
あとは順調にいってもらって活躍してくれるといいですね。

シルク追加募集の申し込み状況

第1回追加募集馬への出資をご検討いただきましてありがとうございます。12月4日(水)午後5時時点の会員様インターネット先行期間におけるお申し込み状況(250口以上の募集馬)は以下の通りです。

◆750口以上
73.チアズメッセージの18

◆650口以上
72.ヴァナディースの18

◆500口以上
71.ラヴイントーキョーの18

◆400口以上
74.トピカⅡの18



シルクの追加募集馬の申し込み状況が発表されたので見てみましょう。
チアズメッセージが1番人気なのはわかっていましたが、それでもなかなかの勢いですね。
個人的には何頭かいきなりは満口にならないのではないかと思っていたのですが、これだと確実に全頭満口なりますね。
私はレビューでもきびしめの評価をしたので、ここまで人気になるほどの馬だとは思わないのですが、やっぱりシルクの勢いなのかもしれませんね。
1次で思いように確保できなかった方々も多かったのかもしれません。
迷っていた方も、ほしいなら先行期間に申し込まないとダメなのでじっくり考えてみてくださいね。

シルク2019年1歳馬の近況コメントランキング(12月編)

前回がハロン16~17が1位でしたが、今回とうとうハロン15が出てきましたね。
やっぱりハロン15というのが一つの目安になりますよね。
これくらいで一度つまづくのか、それとも楽々とこなせるのかで期待値もなんとなくわかってきたりします。

1位・・・シーズインクルーデッドの18 [父 ドゥラメンテ:母 シーズインクルーデッド]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター1,800m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も坂路コースと周回コースでの乗り込みを中心に調教を進めており、今週から坂路コースではハロン15秒まで脚を伸ばしています。とても背中の良い馬なので乗り味は良好ですし、坂路での動きにも前向きさがあってしっかりと走れています。馬体的なバランスもとても良く、まだ緩さを残してはいるものの、逆に捉えればそれだけ伸びしろがあるということですから、今後の成長が楽しみです。時折、我の強い面を見せることがありますが、調教中は真面目に走ってくれていますし、今後は様子を見ながらペースアップを図っていきたいところです」馬体重465㎏


先月3位でしたが、今月は1位にしました。
ハロン15組の中でもコメントも良いのですからね。
乗り味が良いっていうコメントは曖昧ですが惹かれるワードですよね。


2位・・・フィエラメンテの18 [父 ジャスタウェイ:母 フィエラメンテ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,800m

担当者「この中間から徐々に坂路コースのペースを上げており、現在はハロン15秒まで脚を伸ばしています。調教をこなすに連れて、少しずつ筋肉が付いてきており、それに伴って走りにも力強さが増してきた印象です。気性面でも段々と落ち着きが出てきていて、運動に対する集中力も増し、走りがまとまってきて良い方に変化してきています。脚元には全く問題なく健康そのものですし、飼い葉もよく食べて順調に成長してくれていますから、この良い波を維持しながら今後も進めていきたいですね」馬体重483㎏


初登場になると思います。
出資馬ですが、そこまで早期から期待している馬ではなかったのですが、順調そうでうれしいですね。
ハロン15組で大きなパワーワードこそないものの、特に課題もなく良い内容なので2位としました。
ジャスタウェイ産駒はやっと重賞も勝ちましたし、評判は高いので楽しみですね。


3位・・・アーデルハイトの18 [父 ラブリーデイ:母 アーデルハイト]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター1,800m、残りの日は軽めの調整

担当者「徐々に運動量を増やしている段階ですが、疲れを見せることもなく、順調に調教が進められています。この中間から坂路で週2回ハロン15~16秒までペースを上げていますが、元気いっぱいに調教に取り組めていますし、運動後も飼い葉をよく食べています。成長期とあって馬体の幅は一層増してきましたし、力を付けてきたことで坂路の運動でも手応えが良くなってきました。性格は少しピリッとしていますが許容範囲内ですし、調教でも気持ちが逸れることなく一生懸命走ってくれます。ここまで順調に進められているだけに、今後も疲れや気持ちが逸れないように気を配りながら、調教を進めていきたいと思います」馬体重465kg


こちらもハロン15組なので3位となりました。
先月の1位なので、順調ですね。
目立ったコメントはないものの、ここまで進められていることが良い証ですからね。


4位・・・パーシステントリーの18 [父 ダイワメジャー:母 パーシステントリー]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「その後も順調に調教を続け、現在は週3回の坂路調教のペースをハロン16~17秒までアップし、日によっては終いだけハロン15秒も始めました。調教中は非常に前向きで、坂路コースではいつも余裕のある動きを見せています。柔軟性があって、体の使い方がとても上手ですね。まだトモに甘さが残るので、その辺りがパンとしてくれば、更に安定した走りができるようになると思います。馬体の状態も良く、まだ余裕がありながらも骨格にフィットした体つきをしています。これからの調教で筋肉量が更に増えてくれば、言うことはないですね。相変わらず気性面にやや難しいところがあるものの、以前と比べればだいぶ大人になってきたなという印象を受けます。体力的にも動き的にも不安な点はありませんので、早い時期の移動を目標に調教計画を立てていきます」馬体重441㎏


終いだけハロン15ということで1段階下がると判断し4位にしました。
ただコメント内容は1番良いくらいなので、1位でもいいくらいですね。
特にハロン15まで進めてる中で余裕のある動きというのは高評価だと思います。
ダイワメジャー産駒なので、そろそろ常連になってきそうな馬ですね。


5位・・・ビバリーヒルズの18 [父 リアルインパクト:母 ビバリーヒルズ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター1,800m、週2回トレッドミルで軽めのキャンター

担当者「坂路で乗り出した後も順調に進められており、現在は週1回周回コースでの運動と、週2回坂路でハロン16秒のペースで登坂しています。道中はやや前に重心が掛かった走りですが、その中でも前向きな性格から、行きっぷりが良く、最後まで頑張って走ろうとする姿勢が窺えますから、今後も体全体を使いながら走らせるようにフォームを意識した運動を継続していきたいと思います。以前より動きは確実に良くなってきていますし、トモがしっかりすれば、より良い力強さが見られるようになるでしょう。コンディションの方も皮膚病は治まり、それ以外も特に気になるところはありませんし、飼い葉食いも良いですよ」馬体重486kg


ハロン15までいってるのが4頭だけなので、最後はハロン16のこの馬にしました。
ハロン16~17はたくさんいますが、ハロン16だけなのはこの馬くらいでしたからね。
こちらも先月5位からの常連です。
コメント内容はまだ課題も多い感じですね。


先月コメントで教えていただきましたが、ノーザンファーム早来の馬が多いですよね。
やっぱり育成厩舎によっても進め具合なども違うということでしょうね。
そのあたりも注目して今後も近況をチェックしていきたいと思います。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。

シルク2019年第1回追加募集馬の全頭レビュー(71~74)

やっと動画が出たのでレビューを書いていきます。
血統評価を新しくしたこともあり、たった4頭ですが1時間以上かかってしまいました。


71.(外)ラヴイントーキョーの18
牡 一口出資額 48,000円
生年月日 2018年2月19日 厩舎 関東 新規開業厩舎
生産 加国産 父 マクリーンズ ミュージック
母 ラヴイントーキョー 母の父 ティズナウ
体高160.0 cm 胸囲187.0 cm 管囲20.2 cm 馬体重500kg
【血統評価】C+
初仔で産駒は未出走。
祖母も目立たないが、その兄弟が大物ぞろいなのでB+、よって母はC+と設定。
母は未勝利なので加点無し。
近親も活躍馬が少し遠いので加点無し。
父もよくわからないので加点無し。
【馬体評価】C+
バランスがまずまず良く、ムキムキしたタイプではありません。
パワーというよりはスピードタイプに見えます。
サイズは立派で測尺は文句ありませんね。
歩様は前脚をかなりコネて外に回すのが気になります。
調教はまだハロン17くらいで、バタバタしててこれからですね。
【総合評価】C
血統はよくわかりませんが、ダートの短いところが良さそうですね。
価格も海外セール購入馬なのでこれくらいでしょう。
ただ、シルクの追加募集の外国馬はいまいち結果が出ていません。
私も期待していたピラミッドムーンが新馬戦で大敗してしまい落ち込みました。
外国馬は賞金の加算がない部分があり、かなり良いと思った馬じゃないと避けたほうがいいですね。


72.ヴァナディースの18
牝 一口出資額 28,000円
生年月日 2018年3月26日 厩舎 関東 池上昌和
生産 レイクヴィラファーム 父 エピファネイア
母 ヴァナディース 母の父 ロックオブジブラルタル
体高155.0 cm 胸囲180.0 cm 管囲20.5 cm 馬体重446kg
【血統評価】D+
産駒成績は、(未勝)、(未勝)、未勝、未勝。
産駒が4頭もいて地方1勝くらいしかいないのでEと設定。
母は1勝なので若干加点。
近親にはラインクラフトなどがおり加点。
父エピファネイアは2歳活躍中で、この母の4頭の産駒の父と比べるとかなり良いので若干加点。
【馬体評価】B
筋肉量は少しまだ足りませんが、形は悪くありませんね。
大きなマイナスはないと思います。
測尺は牝馬としては十分でしょうね。
歩様は問題なさそうです。
調教はハロン15まで進んでいますが、首が使えておらずハミがしっくりきていないように見えます。
それでもスピード感のある走りなのは良いですね。
【総合評価】C-
とにかく産駒成績がひどいので強気にはなれません。
ただ、人気のエピファネイア産駒で、種付け料も大幅アップすることが発表されましたし、それを考えるとお手頃な馬ですね。
血統は筋が通ってますし、父も変わって勝ち上がり以上は期待しても良い気はします。
あまり頭数が確保できずに、安くてコツコツ楽しめそうな馬としてならありかもしれませんね。


73.チアズメッセージの18
牡 一口出資額 40,000円
生年月日 2018年4月27日 厩舎 関西 松下武士
生産 ノーザンファーム 父 ハービンジャー
母 チアズメッセージ 母の父 サンデーサイレンス
体高152.0 cm 胸囲173.0 cm 管囲19.5 cm 馬体重414kg
【血統評価】B+
産駒成績は、5勝、未勝、2勝、重賞、未勝、1勝、1勝、1勝。
重賞馬クリプトグラムがおり、勝ち上がり率も高く優秀ですのでB+と設定。
ただ、18歳と高齢なので若干減点。
母は重賞馬なので加点。
近親もまずまず。
父は初めての系統なので相性未知数。
【馬体評価】D
一度キャロットの募集リストにいたのに消えたので何かあると思っていました。
やっぱり小さいですよね。
遅生まれとは言え、この時期でこの馬体重は小さいほうです。
それ以外の測尺も物足りません。
繋ぎも若干寝気味ですし、頭が高いのも気になります。
ただ、動画の馬体はそこまで小さくも見えず悪くはありません。
歩様は左後ろ脚が外に反ってるように見えかなり怖いです。
調教はまだハロン20程度で始まったばかりでしょうね。
【総合評価】D+
重賞馬の母に人気のハービンジャーをつけて牡馬で4万円。
どうみても安すぎます。
個人的には馬体に気になる面が多すぎるので無いですね。
まぁ、血統もいいですし、ノーザンの育成で仕上げてくる可能性も十分にありますので賭ける価値はあるとは思います。


74.トピカⅡの18
牡 一口出資額 64,000円
生年月日 2018年2月7日 厩舎 関西 池添学
生産 栄進牧場 父 モーリス
母 トピカⅡ 母の父 ウィッパー
体高155.0 cm 胸囲178.0 cm 管囲19.5 cm 馬体重440kg
【血統評価】C-
産駒成績は、未勝、未勝。
産駒は、ほぼ地方なので判断しずらいもののD-と設定。
母は海外重賞馬なので加点。
近親に欧州の活躍馬が結構多いようなので加点。
父は相性未知数。
【馬体評価】C+
モーリス産駒らしくトモが立派でボリュームがありますね。
ただ、測尺を見るとそこまで大きな馬ではないんですね。
数字以上に良く見せるのは良いですね。
歩様は前脚がぎこちなくて、若干反ってる気がします。
調教は、ハロン16でイヤイヤしながら走っていて若いですが、バネを感じますね。
【総合評価】C-
セレクトセール購入馬ということもあり高めですよね。
厩舎も人気がありません。
血統は悪くなさそうですが産駒の結果が出ていないのが気になります。
馬体は4頭の中では静止画ならここの馬が1番良く見えます。
ただ動画は気になる部分もありそこまで高く評価できませんでした。


以上で、追加募集馬4頭のレビューを終わります。
個人的には、出資したいと思う馬はいませんでしたので申し込みしません。
まぁ、追加募集には色々とありますからね。
セール購入馬はノーザン生産馬のような血統の魅力が低い馬が多いです。
ノーザン生産馬は逆に何かあってこの時期の募集になった馬になります。
この4頭だけで比較せずに、1次募集の馬たちと比較して、その中に入っても出資したいと思える馬かどうかをしっかり考えて決めたいところですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ