fc2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

ルシルクの13に出資しました

今年最後の出資でルシルクの13に出資しました。
ルシルクの13は、残口の中では優先順位2位としてずっと様子見してきました
この馬の馬体は最初からすばらしかったが売れ残り様子見が多かったのは2点大きな理由がある。

・尻尾が短くて競争に影響はないのか?
小さい頃下痢がひどく、尻尾を縛っていたら壊死してしまったことが原因で尻尾が短い。
これは意見が分かれている。
尻尾は虫を追い払うくらいのもので短くても問題なく、実際尻尾のないヴィルシーナの母は活躍したし、尻尾の短かったローズキングダムも走っている。
しかし、尻尾は走るのにバランスを取る重要なものという人もおり素人にはわからない。
となれば、結局実際走ってる映像を見るのが1番である。
映像を見る限り、尻尾が何か気になってることもなく、バランスが悪い走りになっている部分もない。
むしろ、躍動感もスピード感もありかなりすばらしい走りである。
なので、問題はないという結論になった。

・下痢がひどかったということは内臓系が弱いのではないか?
正直気にしていたのはこっちのほうが大きかった。
尻尾を縛らなきゃならないほど下痢ばかりだったというのは、どう考えても順調ではない。
ただ、検討会でも言っていたが、現在は何の問題もないそうだ。
内臓が弱く下痢ばかりしているようでは、こんなに体は大きくならず立派な体になるわけがない。
この立派な馬体が今はもう大丈夫だという証拠になると思う。
なので、内臓面の体調も問題なしと結論づけた。

それだけでは出資はまだできない。
この馬のみに当てはまる心配な点が解消されたにすぎないからだ

次に出資したポイントを挙げたい。
・兄グランシルクの走り
兄のグランシルクは新馬戦で見せ場たっぷりの2着、次戦3着で勝ち上がりも問題なさそう。
ルシルクはまだ産駒が少なくクロムレックはまずまず走っているので、もう1頭走りそうな産駒がいれば母親の力の材料になる。
そういう意味でグランシルクは目途がたったので、この母の産駒の安心感が増した。
もちろん祖母はキューであり先日追加募集された馬の父ブレイクランアウトの血縁になる。

・ダイワメジャー産駒
去年、ネオユニバース産駒がたくさん募集され検討会などでもネオユニバース産駒がシルクの鍵になるという話だった。
そして、実際今年ブライトエンブレムやネオルミエールなどネオユニ産駒が大活躍した。
今年は、ダイワメジャー産駒がたくさん募集され、検討会でも今年はダイワメジャーだという話があった。
なので、1頭はいっておきたいという気持ちがずっとあった。
その中で選んだのがクラウンピースだった。
ただ、こちらは落選してしまい未だにダイワメジャー産駒に出資できていなかった。
唯一残っていたのがルシルクの13である。
この馬は、先ほど書いたように残っていたのには理由があり、それが問題ないと判断した以上はむしろ真っ先に出資してもよかったくらいの馬となった。
ダイワメジャー産駒は今年もリーディング5位になり、2歳リーディング4位とすばらしい結果を出している。
期待のできる種牡馬である。

・馬体、調教のすばらしさ
馬体は、お尻は高くまだまだ成長しそうな体でありながらスピードがありそうな馬体になってきた。
足元などに何の不安もなく、牝馬としてはむしろ立派な体である。
調教では、スピード感、躍動感があります。
確かに長い距離向きではなさそうですが、マイルくらいまでならスピード勝負できそうです。
クラシックというよりは、NHKマイルカップを目指すような馬になってくれそうです。

最近になって急に売れ始めたのは残口警報がでました。
掲示板でも出資しましたという書き込みは増えています。
もしかすると年内に売り切れるかもしれません。
それくらい最新の動画内容もよく出資したくなる馬になりました。
出資する気がここまである以上、名付けに間に合うように今日の午前に出資を決め、名前を送りました。
これで13年産は6頭になりました。
あと1頭、ナイキフェイバーの13に行くか、キャンセル募集にいくか、他の様子見馬にいくか、追加募集にいくか・・。
予算的にはもうこれで終わってもいいくらいなので、よっぽど行きたくなる馬が出たときのみ検討しようと思います。
久々に出資を追加したのでわくわくした気持ちになりますね。
関連記事
スポンサーサイト



有馬記念の反省会と今年の馬券収支

有馬記念は消してもいいくらいとまで言ったジェンティルドンナが有終の美を飾りました。
競馬は本当に難しいです。
力があるのは誰しもわかっている馬でしたが、引退レースであり調子など専門家の評判もよくありませんでした。
ただ、あえて言わせてもらうと、私の本命にしたジャスタウェイが1番強かったと思います。
強い馬が必ずしも勝つわけじゃないのが競馬であり、そこを予想しきるのは難しいです。
いくらスローで上がりの競馬になったとは言えメンバー最速の33.4で中山で上がってくるのはやはり並の馬ではありません。
展開もそうですが、あのスローペースであの後方3番手くらいにいたのでは届かないのは当然かなと思います。
追い込みしかできない馬じゃないですしね。
ヒモにはトゥザワールドも入れていたので展開次第では当たってもおかしくなかったのになぁと思います。
シルクのラストインパクトも見せ場ありましたね。
この馬は本当に強くなってきてますので来年はG1取るかもしれません。
弟のスペリオルラスターも兄に続いて頑張ってほしいです。

有馬記念も終わったので今年の馬券の収支や反省をしたいと思います。
今年は一口馬主デビューしたこともあり、競馬を見る機会が増えました。
何より大きいのはグリーンチャンネルWEBの存在です。
うちは衛星放送がないのでグリーンチャンネルが見れなかったのですが、これがネットやスマホで見れるようになりました。
それによって、いつもはテレビ中継でメインレースしか見れなかったものが1レースから見れるようになりました。
さすがに、1レースから全部買ったりは結局しませんでしたが、メイン以外の特別レースなども買ってみたりしました。
結局は全然当たらずにメインの重賞くらいしか後半は買わなくなりましたが、馬券も試行錯誤した1年でしたね。
今年の馬券収支を発表します。
今はクラブA-PATというサイトがあるのでそこで見れば今年1年の収支がすぐにわかってしまいます。
こういうのは実際見ないほうが精神的にはいいです。
収支を見ないと万馬券とか大きいのを取った記憶が負けたことより大きいので、あんまり損していない気分なことが多いです。

購入レース数 133
的中レース数 44
的中率 33%
購入合計額 134100円
払い戻し 72500円
回収率 54%

どうでしょうか?回収率54%でマイナス6万くらいはひどいですね。
もともと、重賞1000円、G1で2000円、それ以外は500円とかしか買わないので1レースに何万とか使い人とは次元が違いますが、ぱっとしない結果でしたね。
ただ、実は今年は札幌2歳Sのブライトエンブレムを見に競馬場に行って4万ほど儲かりました。
その分はネット購入ではないので含まれていないので、合計は実際マイナス2万くらいかなと思います。
万馬券は2回的中でした。

一口馬主を始めてから馬券でも損してると競馬での支出が大きすぎるようになりました。
なので、来年は購入金額を減らすつもりです。
ワンコイン予想をメインにG1のみ千円とかそういうレベルにしようかなと思います。
今日の有馬を見てもわかりますが、本当に競馬は当たらないです。
だけど、買わないとつまらないのも事実です。
100円でも買ってるとの買ってないのでは熱さが違います。
なので、馬券は小額購入で楽しみつつ、メインは一口馬主の出資馬の応援にシフトしていこうかなと思います。
関連記事
[ 2014/12/29 01:33 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ