fc2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

クードラパン5戦目は重賞4着

クードラパン
 1/11(月)中山11R フェアリーS GⅢ[芝1,600m・16頭]4着[4人気]

まずまずのスタートから前に付け、道中は2番手を追走、そのまま2番手キープで4コーナーを回り、逃げ馬を追いましたが、なかなか差を詰めることが出来ず、ゴール前で後続に交わされ4着でゴールしています。

田辺裕信騎手「ポンとゲートを出て上手くスタートを切れましたし、気の良いタイプでスッと行き脚がついたので、無理に抑えるよりはと思い、2番手からレースを進めました。勝ち馬をマークしながら理想的な形で進められ、脚も溜まっていたのですが、最後の直線で差を詰めることができず、ちょっと力の差が出てしまった感じですね。前走からそれほど間隔が空いている訳ではなかったので状態は悪くなかったですし、スローペースで展開も向きましたから、勝つまではいかなくてもせめて連には絡んで欲しかったのですが・・。まだ体がしっかりしていないところがあるので、これから成長してくると思いますが、このクラスでは戦っていくためにはもっと力をつけていかないといけませんね」

久保田貴士調教師「スタートをポンと出て、道中上手く脚を溜めながらスムーズに競馬ができたんですけどね。スローの2番手で、しかも後ろがゴチャついて展開に恵まれた中でこの着順ですから、現状ではこのクラスで上位にくる馬との力の差を見せられた感じですね。調教で乗っていてトモに緩いところがあるし、まだこれから成長してくると思うので、このクラスで五分に戦っていける様に仕切り直していきたいと思います。厩舎に戻って馬の状態を見てから決めたいと思いますが、放牧を挟んで短期間に重賞を2つ使ってきましたので、この後は一旦放牧に出したいと考えています」

オレンジ13番クードラパン、14番アルジャンテ

正直、直線に入るあたりで先頭に並びかけたところで勝った!と一瞬思いました。
それくらい良い展開で勢いもありました。
しかし、直線は思ったほど伸びず、前に突き放され、後ろからも差され4着に終わりました。
アルジャンテとは違い、こちらは言い訳の少ない内容で力負けを感じずにはいられませんでした。
ただ、前走があまりにも負けすぎで今回どこか半信半疑なところがあったのですが、そう考えると4着は悲観すべき結果でもありません。
私にとっては重賞で初めての掲示板ですし、この馬には初めての経験をいっぱいさせてもらっています。
本当にクードラパンには感謝しています。
次はちょっと条件を変えて距離短縮なんかも検討してみるといいかもしれませんね。
このまま終わる馬ではありませんので、桜花賞は意識しすぎずに目先の1勝を確実に取りに行く感じのほうがいいかもしれません。
クードラパンお疲れさま!
関連記事
スポンサーサイト



アルジャンテの3戦目、初重賞は8着に終わる

アルジャンテ
 1/11(月)中山11R フェアリーS GⅢ[芝1,600m・16頭]8着[5人気]

出たなりで中団に付け、道中は8番手あたりを追走、3・4コーナー中間から外を回って進出し、直線では外目から前を窺いましたが、ジワジワとした伸びで大きく順位は上げられず、中団で流れ込んでいます。

戸崎圭太騎手「スタートしてからと直線で内からぶつけられましたし、道中も前の馬が躓いたことで下げたりして、スムーズな競馬が出来ず可哀想でした。それに、ペースが遅いと感じたので早めに動こうと思って3~4コーナーの半ばから促していったのですが、モタモタしてなかなか反応してくれませんでしたね。前走の方がスッと反応してくれたことを考えると、初めての右回りで戸惑う面もあったと思います」

尾関知人調教師「スムーズな競馬が出来ずに消化不良のレースになってしまいました。追い切り後までは気になる点がなかったのですが、パドックの歩様では少し右トモの踏み込みに緩さを感じたので、その辺りが勝負処の反応に影響したのかもしれません。トレセンに戻って状態を確認してから今後について考えたいと思いますが、右回りでも中山のマイルはトリッキーなコースですし、阪神などの大きな競馬場であれば直線勝負ができるので、また違った競馬も可能だと思います」


ちょっとかわいそうなレースになってしまいましたね。
外枠から常に外外を回す展開に小さな不利が何個もあり力を発揮できませんでした。
この馬は初戦も不利が多々あり、ついていないレースが多いです。
レースもスローで内枠の前残りレースなので向かない展開でした。
それでもまぁ8着入着ですから今後に繋げてほしいですね。
こうやって結果が出なかったレースは言い訳がたくさんあったほうがいいです。
次は自己条件の500万でしっかり結果を出してトライアル、桜花賞へと順調にいってくれたらうれしいですね。
現時点ではまだまだクラシックで勝負できるイメージではないので、着実に1歩1歩進むほうがいいように思います。
この馬は将来まだまだ活躍してくれる馬だと思いますのでじっくり育ててほしいですね。
アルジャンテお疲れ様!
関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ