fc2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

残念桜花賞は過去の話

ロッテンマイヤー[父 クロフネ : 母 アーデルハイト]
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 6日に坂路で追い切り
次走予定:阪神4月10日 忘れな草賞・芝2000m[川田将雅]

池添学調教師「今朝(6日)、坂路で追い切りました。先週コースでしっかり負荷を掛けているので、今週は反応を確かめる程度で良いかと思っていましたが、この中間の状態がかなり良く、飼い葉をしっかり食べてくれていますし、これならもう少し攻めても大丈夫と判断して終いをしっかり追ってみました。全体の時計が52秒7の終い12秒2と、無理をせずこれだけ好時計が出るのですから、仕上がりとしては言うことありません。1勝馬の身ですが、引けを取ることはないでしょうし、十分勝負になると思っていますので、ここを勝ち上がってオークスに向かいたいですね」


いよいよ、明日忘れな草賞にロッテンマイヤーが出走します。
忘れな草賞といえば、桜花賞当日に行われる牝馬オープン戦なので、桜花賞に出られなかった牝馬が集まることが多く、以前は残念桜花賞などと呼ばれることもありました。
しかし、最近では桜花賞のようなマイルに距離適正のないオークス一本を目指す牝馬の出走も目立ってきました。
去年のミッキークイーンなんてその路線でここまできました。
ロッテンマイヤーはまさにミッキークイーンと同じローテーションでクイーンC→忘れな草賞→オークスという道のりを進もうとしています。
クロフネ産駒なので、距離が長いほうが良いイメージはありませんが、この馬の母系はあのビワハイジです。
今日も産駒がデビューしてあっさり勝ちあがりましたね。
中距離以上で活躍した馬がずらりといる母系ですから、むしろ伸びたほうがいいはずです。
調教も抜群ですし、おそらく1番人気になるんじゃないでしょうか。
ここは圧勝して、その後行われる桜花賞でオークスの相手になりそうなメンバーを見定めたいところです。
今年は愛馬が色々重賞出走し楽しませてくれていますが、このレースは重賞と同じかそれ以上にわくわくしています。
関連記事
スポンサーサイト



アフィニータいよいよデビュー戦!

アフィニータ[父 ハービンジャー : 母 パーフェクトマッチ]
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで6日に時計
次走予定:今週日曜の中山・芝2,000m(牝)〔大野〕

菊沢隆徳調教師「追い切りは坂路コースで追走・併入する形で行いました。手綱を持ったまま、馬なりで楽に上がっていましたよ。基本は前向きですが、抑えも効きますし、これといった癖もなく本当に乗りやすい馬です。経験馬相手になりますし、ゲートもそれほど速いわけではないので、後ろからになる可能性が高いと思いますが、距離は2000mですからじっくり構えて乗ってもらいます。本当に良くなるのはこれからだと思いますし、使いつつ上向いてくればと思っています」


いやぁ、長かったですね。
デビューが4月まで遅れるとは思いませんでした、骨折など頓挫もありなかなか順調にいきませんでした。
去年はデビューに関してはみんな早めにしてくれたのですが、今年はこの馬を含めて2頭遅れており、やっぱり焦りますね。
全頭勝ちあがりが1番の目標の私にとって、この出遅れはかなりのマイナスです。
ただ、能力はそれなりにしっかりあるとは思っています。
それでも、初出走はこの馬だけですし、なんとかまずは掲示板入りを目標にしたいですね。
芝の未勝利戦は権利取りが大事になってきますので、ここで権利を取って、それなりに通用する能力を見せてくれれば初戦としては大満足です。
ハービンジャー産駒ですし、ここでダメでも北海道の未勝利戦にもっていってくれれば十分チャンスはある気がします。
この厩舎はそういうことをしてくれるのかわかりませんので、とにかく目指せ掲示板!
そこそこ強そうなのが何頭かいますが、それ以外は二桁ばっかりのような馬ばかりなのでチャンスは十分にありそうです。
全姉を見てもダートはおそらく全くダメだと思いますので、とにかく芝の未勝利戦は権利です。
これだけは1年半くらい一口馬主をして学びました。
能力があったのに勝ちあがれなかった全姉の無念を妹は晴らす番ですね。
関連記事

レーヌドブリエここはチャンスだ!矢作マジック

レーヌドブリエ[父 ゼンノロブロイ : 母 メジロドーベル]
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道ら角馬場でハッキング、坂路でキャンター 6日に坂路で追い切り
次走予定:中山4月9日 野島崎特別 牝馬限定戦・芝1800m[吉田豊]

助手「昨日(6日)、坂路で追い切りました。とても良い状態で戻ってきたこともあって、こちらで進めている限り、全く不安なく調整することが出来ました。飼い葉もしっかり食べてくれていますし、長距離輸送を無事にこなせば競馬で力を出してくれると思います。10日の隅田川特別にも登録をしていましたが、野島崎特別が少頭数になりましたし、牝馬限定戦でもありますので、条件としてはベストだと思います。この頭数なら不利を受けることもないでしょうし、吉田豊騎手もこの馬に関しては特に気に掛けて貰っているので、いい競馬をしてくれるはずです」

矢作先生は、この馬のレース選択はものすごいこだわっています。
とにかく関東遠征ばっかり。
それは、吉田豊騎手を乗せるためでもありますが、相手関係もあると思います。
今回は、牝馬限定でたったの9頭立て、しかも全頭前走馬券外というメンバー構成。
ここはかなりの大チャンスです。
矢作先生はこういうメンバーの弱いレースを見つけるのは本当に上手です。
ブリエが500万を勝ったレースも本当に手薄なメンバーでした。
ここを勝って1600万へ、そしてオープンと一歩一歩上っていってほしいですね。
関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ