fc2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

プルーヴダモール12戦目は、感動の障害初勝利

レース結果
プルーヴダモール
 8/7(日)小倉4R 障害未勝利(混)[障2,860m・9頭]優勝[5人気]

スタートを決めて1つ目の障害飛越でハナに立ちましたが、襷コース手前で他馬が動いて2番手に控え、その後は飛越のたびに差を詰めて先頭を窺いつつ2・3番手を追走、2周目向正面なかばで先頭に立ってスパートを掛け、3馬身ほどのリードで直線に入ると、最後の飛越も無難にこなして後続を振り切り、見事に障害戦初勝利を挙げています。

植野貴也騎手「調教で一度跨らせていただきましたが、飛越は本当に上手でしたし、レースでも飛越する毎に一歩リードするぐらいでしたから、乗っている側としてもとても安心してレース運びが出来ました。ゲートを出て少しの間は掛かり気味に走ってしまったものの、すぐに落ち着いて自分のリズムで走ってくれました。2着馬に終始絡まれる形になってしまいましたが、リズムを崩さず走ってくれましたし、最後まで危なげないレースをすることが出来ました。コース形態も合っていたのかもしれませんが、森騎手が時間を掛けて調教してきたことが漸く実になってきたのかもしれませんね。良い時に乗せていただきました」

西園正都調教師「1番人気の馬が早々と脱落したことが有利に働いたと思いますが、運だけではなく、レース内容がかなり上達して強い競馬だったと思います。長距離輸送でもプラス体重で出走することが出来ているように、体調面が安定していることも良い方に出ているのでしょう。植野騎手がテン乗りでも上手く騎乗してくれたこともありますし、障害練習を始めてから森騎手が一生懸命調教を付けてくれたことが、今になって結果に表れてきているのだと思います。小倉最終週にOPのレースがあるので、もし状態に変わりがなければもう一度連れて行きたい気持ちはありますが、トレセンに戻って状態をしっかり確認してから検討したいと考えています」




黄5

まずは、とにかくレース動画を見てやってください。
この生き生きと頑張って走っている姿、そして芸術的な綺麗な飛越を見てやってください。
ジャンプのたびに相手との距離を縮めるくらい本当に飛越が上手です。
私が、プルーヴのことを誰よりも応援している気持ちですが、正直今回勝つとまでは思っていませんでした。
確かにメンバーは手薄ではありましたが、それでも力のありそうな馬もいますし、障害に転向してからそれなりに頑張ってくれていましたが、今まで勝ち馬とはかなりの着差がありました。
なので、今回はなんとか初めての掲示板に入ってくれたら上々だという思いでした。
それがなんと勝ってしまうのですから競馬はわかりません。
最後の直線に入って競り合ってた馬は寄れて届かないと確信した瞬間、目頭が熱くなりました。
一口馬主をはじめて勝利を喜んだことは何度もありましたが、感動で泣きそうになったのは初めてでした。
それくらいこの馬は今まで本当に苦しんできました。
感動の新馬勝ち後、色々あって全く結果が出ないレースが続き、異例の3歳牝馬の障害転向。
転向後、綺麗な飛越は見せてくれるものの最後に力尽きるレースが続き、なんとか入着はできるものの勝ち馬からは大差のレースばかりでした。
レース後は決まって掲示板などでは、もう引退させろという声が出てきます。
そんな声がだんだん大きくなってきていた時のこの勝利だったのです。
本当に良く頑張ってくれました。
そして、辛抱強く使い続けてくれた西園先生、この馬に飛越を教えてくれた森騎手、今回勝利に導いてくれた植野騎手、本当にありがとうございました。
障害は条件戦がありません。
未勝利を勝ったらもうすぐオープンです。
急激にレベルが上がってしまいます。
オープンですぐには通用しないと思います。
それでも、少しづつでいいのでオープンのレベルに慣れていき、いつか上位に食い込めるようになったらうれしいです。
頑張って続けていればいつかは報われるのです。
この馬には初勝利の喜び、勝てないことの苦しみ、そして、復活勝利の感動をもらいました。
私にとって一勝忘れることのない大切な一頭です。
関連記事

クードラパン8戦目、「これが私の生きる道」が見つかった勝利!

レース結果
クードラパン
 8/6(土)札幌12R HBC賞 1000万下(混)[芝1,200m・16頭]優勝[6人気]

好スタートを決めて先行し、道中は外目4番手あたりを追走、3コーナー過ぎから徐々に進出し、直線の入り口で先頭に並ぶと、残り200m手前で余力たっぷりに抜け出し、そのまま後続の追撃を振り切って待望の3勝目を挙げています。

菱田裕二騎手「外枠からいいスタートを切れましたし、多少ハミを噛むところはありましたが、なんとか我慢できました。最後まで頑張ってくれましたし、距離短縮も良かったのでしょう。それにしっかりと馬場にグリップして走っていたので、洋芝もいいのかもしれませんね。今日のように前に行く競馬も出来ますし、内枠だったら馬の後ろで溜める競馬も出来ると思います。体のしっかりした馬ですし、いい時に乗せてもらいました」

久保田貴士調教師「菱田騎手には、1200mだからと言って出していくとガツンと噛んでしまうから、フワッと行くように指示していました。それでもあれだけ行けるスピードがあるのですから、この距離が合っているのでしょう。今回は外枠でスムーズに行けたのも良かったと思います。内でゴチャついていたら、もっと力んでガーッと行ってしまったかもしれません。とにかく今後の路線がはっきりと定まったという意味でも、今回の勝利は大きかったと思います。血統を考えてもやはり適性は短距離なんでしょうね。この後は札幌に良い番組がないので、一旦美浦に戻します。状態に変わりなければ短期放牧を挟んで、9月24日の中山・セプテンバーSを目指したいと思います」


ピンク16
クードラパンは苦しんでいました。
私に初めてのG1を経験させてくれ、春のクラシック路線の重賞も色々楽しませてくれた大好きな馬です。
しかし、そこではなかなか結果が出ず、先生含め色々試行錯誤もしました。
それはすべて距離をもたせるための努力でした。
その努力は大事です。
マイルまで走れたほうが色々な可能性が広がります。
しかし、みんなどこかでわかっていました。
距離をもたせる努力をするくらいの馬なので、じゃあ短い距離で走ったらもっとやれるんじゃないか、と。
それを試したのが今回のレースでした。
前走後、結構掲示板などで騎手が叩かれたり、この馬の能力に疑問をもつ人は多かったです。
しかし、私はかなりポジティブでした。
その時のブログを読み直してみましたが自分でもちゃんとしたこと書いてるなぁと思いました。
http://reinedebriller.blog.fc2.com/blog-entry-541.html
そして、今回ちゃんと結果を出してくれました。
先生もおっしゃっていますが、路線がしっかりと定まったターニングポイントのレースになりました。

レースは動画を是非見てほしいです。
大外枠から好スタートを決め前にとりつきます。
もうコーナーでは手ごたえが全然違いますね。
持ったままで先頭に立ちそこから追い出して抜け出します。
最後は1番人気に詰め寄られますがしっかりと押し切って勝利しました。
ラパンのこういう走りは本当に久々に見ました。
この勝利は本当にうれしかったですね。
そして、私はこの距離短縮には自信があったので馬券も的中でき3万馬券をゲットできました。
賞金でも馬券でも貢献してくれて、これから次世代の出資にお金がかかるので助かります。
もう迷いはありません。
短距離路線で今後は進むでしょう。
これが私の生きる道、それが見つかったレースになりました。
関連記事

アフィニータ、3戦目で歓喜の勝ち上がり

アフィニータ
 8/6(土)新潟6R 3歳未勝利(混)[芝2,000m・18頭]優勝[3人気]

まずまずのスタートから中団に付け、道中は10番手あたりを追走、3コーナー付近から馬群の内目を進出し、直線に入って外に持ち出すと、そこから猛然と追い込んでゴール前できっちり前を捉え、鮮やかな差し切りで初勝利を挙げています。

石川裕紀人騎手「前回もそうだったようですが、ゲートの中では右に寄ったり左に寄ったりで、それを直そうとすると前掻きするし、とにかく落ち着きがなかったですね。ゲート内ですごく体が動けてしまうんですよ。それでも今日は何とかタイミング良く出てくれました。元々テンからグッと行ける方ではないようですが、道中は折り合いもスムーズで内からロスなく上がっていけましたし、直線も広いところに出したらしっかり伸びてくれました。ゲート以外は何も言うことはありませんね。能力的には上でも通用すると思いますが、今後の課題はゲートだけだと思います」


菊沢隆徳調教師「今日は上手く出てくれましたが、ゲートはやはりソワソワしていたようですね。一つ勝ってくれたことで時間的にも余裕ができたので、次走に向けてのゲート練習では軽く縛ってみようと思います。また、ゲートの心配があるから、あまりプレッシャーになることはしたくなかったので、今回は舌を縛りませんでした。そのせいか分かりませんが、石川騎手によると競馬中は気にならなかったけど、ゴール過ぎから上がりにかけて、喉が気になったようです。この後は天栄で一息入れるつもりなので、必要なら喉の検査をしてもらおうと思っています。とにかく今回勝てたのは本当に良かったと思います。まだキャリア3戦の馬ですから、今後も活躍できるように一つ一つ課題をクリアしていきたいと思います」




赤5

いやぁ、愛馬のレース後は必ず振り返りを書くことにしていますが、正直大敗の後などは気が重いのですがこういう日は張り切って書けますね。
前走、ゲート内で潜ろうとし、大きく出遅れるなどして横山騎手にも怪我をさせてしまうなど、ゲートに大きな課題が見つかりました。
しかし、その後のゲート練習ではそこまで悪さをしなかったようで縛ったりなどの対策はせずに出走となりました。
動画では後ろからの映像だったのでゲート内での動きはわからなかったのですが、騎手のコメントを見ると結構よくなかったようで、たまたまちゃんとスタートできただけだったようですね。
まぁ、それも時間が解決してくれるでしょう。
勝ち上がったということは、それだけの時間を与えてもらえるからです。
レースは本当に完璧で、そこそこのスタートの後、内で焦らずじっと我慢します。
直線に入ると少しづつ外に出して前が空くと追い出しを始めじょじょにスピードに乗り、最後は一気に交わし去りました。
これだけ上手な騎乗をしてもらったので、石川騎手にはずっと乗ってもらいたいですね。
この馬の全姉のパーフェクトビューは8戦して7戦が3着以上と誰がどうみても勝ち上がっておかしくない馬でした。
しかし、そんだけ能力があっても勝てない馬もいるんですよね。
結局、未勝利を勝ちあがれずに地方にいくもハービンジャー産駒はダートがダメですので結果もでずにもがいています。
一つ勝ってたら全然違った人生を歩んでいたでしょう。
歯車が噛み合わないとこんなことになってしまうんだという厳しい例です。
そんな姉の姿を見ていたので、この馬も能力はあるのはわかっていましたが、骨折などもあり出遅れてしまい、勝ちあがれないで終わってしまうのではないかという内心恐怖がありました。
しかし、今回その呪縛を解き放ってくれました。
今回、牡馬混合のフルゲート18頭の2000M芝というかなりハードなレースをこの内容で勝ちきってくれたのはものすごい価値があります。
もちろん、秋華賞に間に合うかもという淡い期待もありますが、喉の問題もありそうですし、まずはじっくりと1歩1歩上に進んでいってくれたらと思っています。
速報記事でも書きましたが、この時期の3歳未勝利戦はタイムリミットの迫った命がけの戦いです。
そこを勝ち上がった喜びは何物にも変え難いものがあります。
賞金だなんだというよりも、この馬とあと2~3年一緒に付き合っていけるんだという喜びが大きいのです。
あと残っているのはジュメイラリーフ、君だけです。
なんとかアフィニータに続いて勝ち上がってほしいと祈っています。
関連記事

プルーヴダモールも障害初勝利!祭りが止まらない!

いやぁ、昨日からまーく厩舎の愛馬たちはどうしちゃったんでしょう。
3頭出走して3頭とも勝っちゃいました。
しかも、どの馬も本当に貴重な貴重な勝利です。
アフィニータはタイムリミットの迫った3歳未勝利戦での最高の勝ち上がり。
クードラパンは上位の壁にぶつかって苦悩していた中で距離短縮での一発勝利。
そして、今日プルーダモールは新馬勝ち以降、本当に苦しんで苦しんで、障害に転向しそこでもなかなか結果が出ず、引退させろという声も大きい中での勝利でした。
今までのことを思うとちょっと泣きました。
やっぱり頑張り続けていたら報われるんですよ。
本当に頑張ったなぁ
応援してくれた皆さん本当にありがとうございます。
今日はお祭りです。
関連記事

今週末の重賞予想(レパードS、小倉記念),昨日は万馬券もゲット!

・レパードS
◎グレンツェント・・ここでは力は上位。昨日からシルクに勢いもある。前からでも後ろからでもいけるし3着は外さない。
○ピットボス・・ユニコーンSでグレント僅差で侮れない。
▲マイネルバサラ・・勝つまではなさそうだけど3着以内は十分
△ケイティブレイブ・・人気になってるが地方ダートで強くても中央でいまいちというのはよくある話。脚質も逃げで信用しきれない。
×1,2,3、11,13
新潟(日) 11R 3連複 フォーメーション
馬1:06
馬2:05,07,12
馬3:01,02,03,05,07,11,12,13

頭数も少なくグレンとケイティで堅く決まる可能性もあるが、少し荒れる気がしてる。
特にケイティはコメントにも書いたがそこまで信用できず、地方大将の可能性もある。
3着に何がきてもおかしくないので少し広めに抑えたほうが良さそう。

・小倉記念
◎ダコール・・個人的には何度も本命にして当たっている相性の良い馬。斤量は気になるがこの馬は重さに慣れている
○アングライフェン・・こういう条件戦上がりをあまり信用しないのだがこのメンバーなだ通用しそう
▲プランスペスカ・・前走は良かったが基本的には信用できる馬ではない。このメンバーなら3着はあるか
△ベルーフ・・近走不振も去年の2着馬。去年も休み明けできてるので同じこともありうる
×1,2,6,8

小倉(日) 11R 3連複 フォーメーション
馬1:11
馬2:04,05,12
馬3:01,02,04,05,06,08,12

堅い予想のわりにはあんまり自信なし。
サトノラーゼンは軽視した。
ダコールは毎回58なので斤量を気にしすぎる必要はない。


実は昨日の札幌メインと最終を買ったのですが見事に的中しました。
重賞以外は馬券ほとんど買ってないのですが現地に見に行くつもりだったので予想だけしてたので、せっかくなので買いました。
・札幌11R札幌日経OP
2016y08m06d_162139739.jpg
シルクのモンドインテロ本命で完璧に的中。
まぁ配当もたいしたことありませんが十分です。

・札幌12RHBC賞
2016y08m06d_162120659.jpg
こちらはクードラパン出走のレースでした。
私は、愛馬の出走レースも基本的に応援馬券はほとんど買いません。
出資することは単勝馬券や複勝を買ってるようなものだからです。
買うのは重賞に出たときくらいです。
なのでアフィニータの馬券も買ってなかったのですが、こちらは現地にいくつもりで予想してたので馬券を購入しました。
本命はクードラパンではなく、1番人気のアズマクィーンにしましたが、相手筆頭にラパンをしました。
個人的には自信があったので買い目も少ないです。
これで3万越えのビッグヒットを的中できたので最高ですね。
ここまで高配当になったのは、3着にきた13番人気のイーグルアモンがきたからです。
これを押さえられたかどうかが大事なのですが、私は愛用しているnetkeibaのタイム指数では結構上位だったんですね。
JRAVANのデータマイニング指数でもタイム型で6位でした。
こういう人気と指数の乖離がある馬は万馬券の期待がありますね。
まぁ、このレースはクードラパンのおかげなのでごちゃごちゃ理屈こねる前に馬券でも賞金でも稼いでくれたラパンに感謝です。
関連記事
[ 2016/08/07 11:37 ] 今週末の重賞予想 | TB(0) | CM(0)

祭りだ!クードラパンも復活の快勝!

最近不振だったクードラパンですが距離短縮で見事に復活勝利です!!
元々、力んで走ってしまうということでなんとか距離を持たせようと工夫してきた馬でしたが、もうクラシック路線も諦めたことで短距離路線に舵をきりました。
それが成功し、見事な勝利となりました。
札幌なので本当は現地に行くつもりでしたが、今日は暑かったのとオリンピックの開会式とか見てたらお昼過ぎになってしまい行くのをやめてしまいました。
愛馬の勝利を目の前で見れなかったのが残念ですが、たぶん私が行かなかったから勝ったのかもしれません。
この馬はこんなもんじゃないという思いがずっとあったのですが、適距離が見つかりここから反撃開始ですね!
関連記事

アフィニータ、課題のスタートを決めて勝ち上がり!

やりました!
前走ゲート内で潜ろうとしたりして大きく出遅れてしまったアフィニータですが、今回はまずまずのスタート!
フルゲートの多頭数の中、内でじっと我慢し直線追い出すと一気に伸びて勝利してくれました。
私にとっても久々の勝利。
そして、この未勝利戦のタイムリミットが迫る中での勝ち上がりは本当にうれしいです。
これでこの世代7頭出資し5頭目の勝ち上がりです。
一頭は事故で亡くなってしまったので、残りはあと1頭ジュメイラリーフのみになりました。
とにかくアフィニータ頑張ってくれました!
この頭数で牡馬混合の中の勝利ですから今後にも期待です。
関連記事

シルク2016年度募集予定馬に入らなかった予想馬

私が書いていたシルクの募集予想馬の答え合わせをしたいと思います。
募集されなかった馬は太字にしてコメントしていきます。

ディープインパクト産駒
・ラッシュラッシーズの15 牡 20万
この馬は募集予定馬として去年発表された馬でしたがリスト漏れしました。今年の目玉だったはずです。
こういう目玉の馬が募集から消えると出来が良いから取り上げられたのかと勘ぐる人もいますが、基本的には何か問題があって募集できないことが多いようです。それが、もし改善すれば追加募集でくるかもしれません。

・プチノワールの15 牡 14万
・ペンカナプリンセスの15 牡 14万
・パーシステントリーの15 牡 16万
・メジロツボネの15 牡 14万・・・セレクトセール購入馬

キングカメハメハ産駒
・メジロドーベルの15 牝 6万
個人的には期待していたドーベルの娘もきませんでしたね。
特にまだ行き先も決まっていないようですが、こちらも体調などに問題あるのかもしれません。

・アコースティクスの15 牝 6万
・ヒカルアマランサス 牝 6万

オルフェーヴル産駒
・ブラックエンブレムの15 牝 10万
・スイープトウショウの15 牡 8万・・・トウショウ牧場の目玉。他で募集がないので可能性高い
これは絶対くると思ったんだけどなぁ。トウショウ牧場が閉鎖してノーザンが繁殖などを引き受けた目玉です。
これがこなかったのが1番残念でした。

・レーヴドスカーの15 牝 6万・・・何をつけても走る名繁殖。サンデー、キャロで募集無しで来るかも?

ハーツクライ産駒
・カリの15 牡 8万
・アドマイヤテレサの15 牡 7万
・プリティカリーナの15 牝 5万
・ベルベットローブの15 牝 4万
・スナッチドの15 牝 4万
・エレンウィルモットの15 牝 4万・・・キャロットへ

ステイゴールド産駒
・ターシャズスターの15 牝 5万
・ディアジーナの15 牝 5万
・ラトーナの15 牡 6万・・・元シルク馬の子

ダイワメジャー産駒
・シルクプリマドンナの15 牡 9万
・キューティゴールドの15 牡 7万
・シルキーラグーンの15 牝 4万
この馬がこなかったのは予想外でした。
シルク以外で募集されるわけは無いので、何かあったのだと思います。

・グランプリエの15 牡 6万・・・元シルク馬の子
こちらも来ませんでした。
シルクの馬だから子供もくるという単純なことにはならないようです。

ロードカナロア産駒
・フサイチパンドラの15 牝 5万
・ユキチャンの15 牝 5万
・アフリカンピアノの15 牝 4万

ハービンジャー産駒
・ヒストリックレディの15 牡 5万
シルクのベガ牝系はこの馬だけなのでキャロットのハープスターみたいな馬を期待していたのですが募集されませんでした。

・エンジェルフォールの15 牝 4万
・ローザミスティカの15 牡 5万

ゴールドアリュール産駒
・ルシルクの15 牝 4万
・シーズライクリオの15 牝 3万・・・セレクションセールへ
・シーズインクルーデッドの15 牝 3万
地味にこの馬もきませんでした。

ルーラーシップ産駒
・サマーハの15 牝 4万

エイシンフラッシュ産駒
・アーデルハイトの15 牝 4万
ロッテンマイヤーの下だけにこの馬に期待していた人も多かったと思います。
去年の募集予定馬として発表されていたわけでリスト漏れしたのは何か問題発生したんでしょうね。

エンパイアメーカー産駒
・ベッラレイアの15 牝 4万

スマートファルコン産駒
・シルクユニバーサルの15 牡 4万

ワークフォース産駒
・チャイナドールの15 牡 4万・・・グリーンへ

ローズキングダム産駒
・アンティフォナの15 牡 3万

キンシャサノキセキ産駒
・ナイキフェイバーの15 牡 3万

タートルボウル産駒
・プリンセスフローラの15 牝 2,4万・・・元シルク馬の子
この馬もなぜか来ませんでした。

ネオユニヴァース産駒
・ゴールドティアラの15 牡 5万

ヨハネスブルグ産駒
・シーイズトウショウの15 牝 4万・・・他で募集がないのできそう
トウショウ牧場の2枚看板のこっちも募集無しでしたね。
そのかわり、ウイッチトウショウの15がきたのでそれはそれで満足です。

意外とハズレましたね。
特に去年発表されてた予定馬から2頭も消えたのは予想外でした。
そういえば、去年の募集でもデニムアンドルビーの妹のベネンシアドールの14がリスト漏れしました。
その後、追加でもこず現在確認してみると名前だけはついていますね。
まぁ、今回65頭発表されましたが、おそらく追加募集はあると思います。
そこに今回漏れた馬たちがどれくらい出てくるか楽しみにしたいですね。
関連記事

ノーブルクラウン突然の気性難

ノーブルクラウン [父 ゼンノロブロイ:母 クラウンピース]

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整/ゲート練習
次走予定:未定

木村哲也調教師「気難しいところが出てきました。運動中はラチにへばり付いて動こうとしなくなるし、調教中も止まってしまいますし、まともに調教できません。ですからゲートもまだ本格的には進められない状況です。どこか苦しいところがあるのかもしれません。何か工夫して、とりあえずゲート試験までは行きたいと思っています。それにしてもこんなに難しくなるとは思っていませんでした」



私は一応シルクの全頭の更新を見ているのですが、今日は珍しい近況があったので出資馬ではないのですが取り上げてみます。
この馬は、シルクの3次追加募集のクラウンピースの14で血統と価格の安さですぐに完売した馬です。
ですが、ここにきて急に気性の悪さを見せているようです。
まともに調教できないとまで言われるのはあまり見たことがないので結構な大きな問題かもしれません。
ただ、クードラパンなんかも当初は調教で騎手を落とそうとするみたいなかなり危なっかしい気性でしたので、まだ若いのでじょじょに大丈夫になっていくとは思います。
それにしても、追加募集馬がこういう状況になるとこれが原因で追加にまわったのか?みたいな勘ぐりもでてきますよね。
私が追加募集で出資したバイラオーラの14は「サルダーナ」という名前になりました。
結果が出ないと、馬じゃなくて猿だなと揶揄させるのは間違いありませんので頑張ってほしいです。
関連記事

シルク馬(フィアマロッサ)、注目馬のデビュー戦レビュー

【シルク馬】
・フィアマロッサ・・4人11着
シルクとしては唯一のアイルハヴアナザー産駒でダートで期待の一頭がデビューしました。
この馬は、私も1次募集で応募しましたが落選してしまった馬です。
なので当然期待しており本命で馬券も買って現地で応援しました。
しかし、結果は3コーナーに入る前くらいに急激に失速しタイムオーバーの大敗という予想外の結果に終わりました。
後でコメントを読むと熱中症の症状があったのが原因かもしれないとのこと。
馬が熱中症でレースであんなに後退していくのはあまり聞いたことはないのですがあるんですね。
どちらにしても、次のレースが大事になります。
これだけ大敗すると次走人気ないでしょうし、意外と馬券で美味しいかも?

【注目馬】
・コウソクストレート・・・1人1着
直線持ったままの圧勝ってこういうレースのことを言うんだというくらいの快勝でした。
本当にもったままでムチも使わず手もほとんど動いていません。
こういう圧勝をすると次走も当然人気するんですが、持ったままで圧勝したから、次追ってすごいかといえば案外というケースもあります。
次走も圧勝すると朝日杯の本命候補になるかもしれません。

・ユアスイスイ・・・1人2着
シルクで発表された募集馬のお姉ちゃんになります。
ケイティーズベストの15が募集されたので、その姉の走りも当然注目です。
2着に負けてしまいましたが、勝ち上がりは問題なさそうですね。
このように、募集馬の上の走りがこれからも増えてきますので注目です。

・ソウルスターリング・・・1人1着
フランスG1を6勝の母にG1を10勝の怪物フランケルの子供で大注目でしたね。
POGにも指名しちゃいました。
当日は、現地に行ったのでパドックでもじっくり見てきましたよ。
正直、馬体を見てもそんなものすごい良血かどうかなんて私にはわかりませんでした。
パドックでも大暴れしており、何度も立ち上がったりして周りの馬もビックリして離れたくらいです。
これはまだ子供だなぁと感じたのでPOGで指名したのに本命はアドマイヤマンバイにしました。
結果はなんとか差しきって勝ちましたが、まだまだ力は評価できません。
これからすごい馬になる可能性もありますし、ぱっとしないで終わるかもしれません。
ただ、個人的には大物になってくれたらということで新馬戦の単勝馬券を買って保存しておくことにしました。

パドック周回中に大暴れしてど真ん中までいっちゃいました。
IMG_3038.jpg
馬体はこんな感じです。
IMG_3045.jpg
ルメール騎手が乗ります
IMG_3075.jpg
藤沢先生も期待と不安です
IMG_3088.jpg

ルメール騎手はその後100勝達成しました
IMG_3091.jpg
関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ