fc2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

ダンスウィズユーのデビュー戦は超スローに泣く

2016/09/12 <レース結果>
ダンスウィズユー
9/11日(日)中山5R メイクデビュー中山[芝2,000m・8頭]4着[3人気]

まずまずのスタートから前2頭を見ながら、道中は外目の4番手を追走、3,4コーナーで前との差を詰めにかかるも、直線ではスローペースで脚を溜めていた勝ち馬に更に差を広げられる形になり4着でゴールしています。

柴山雄一騎手「返し馬からやる気が感じられましたし、それでいて競馬ではこのスローペースでもリラックスしていて凄く乗りやすかったです。スタート後は行こうと思えば行けたのですが、前の馬がフラフラしていて危なかったので近づきませんでした。ただ上がりの競馬になってしまい、切れる脚がない馬には不向きな展開になってしまいました。抜け出すと物見をすると聞いていたので、それを意識するあまり、前を楽に逃がしてしまいました。早めに前に並びかけるぐらいに積極的に行くべきだったと思います。申し訳ありませんでした。前に馬がいれば物見をすることもなかったですし、後ろから来ると反応もしましたし、道中の雰囲気はとても良かったです」

木村哲也調教師「乗り役には一頭になると物見をすると言っておいたのですが、それが却って意識させ過ぎる結果になったのかもしれません。スタート後はもっと前に行けるはずなのに、前を見ながらという感じが見受けられました。それでも普通のペースなら良かったのですが、超スローペースでヨーイドンの競馬になってしまいましたから、尚更対応できませんでしたね。ただ直線で勝ち馬に引き離されてしまったことは、調教の動きからすると物足りなさを感じました。この後のことは状態を確認してから考えます」




黄5

思っている以上に前評判も高く、調教など見ても同じ週デビューのグラドゥアーレのほうがずっと期待できそうだったのですが、やっぱり重賞で活躍したブラックバゴの下というのが大きいんでしょうね。
8頭立てとメンバーに恵まれたこともあり、僅差の3番人気と思ってる以上に人気しましたね。
540キロもある超大型の牝馬ですし、調教でもまだほとんど一杯に追ってないので今回はとりあえず軽く仕上げてレースを使うという感じで思っていたので、意外と皆さん初戦からかなり期待していたので驚きました。
まぁ、もちろん新馬戦は楽しみで期待して当たり前なのですが、期待しすぎると負けた後に反動で荒れる人が出てくるのが嫌なんですよね。

レースは、まずまずのスタートで前目につけましたが、なんと1000mが1分8秒近くともうありえないくらいの超スローになってしまいました。
こうなるともう、最後の直線に入ってからヨーイドンになっても、前も疲れていませんのでそのままの順番でゴールになりました。
通過順とゴール順がほぼ変わらないという何とも残念なレースになりましたね。
これでは、良いも悪いも何も評価できません。
柴山騎手もこれが3歳のスーパー未勝利戦だったら勝ちにいくために早めでもガンガン仕掛けたでしょうけど、新馬戦からそこまで無理もできませんし、一頭になると物見をするといわれていたので動けなかったんでしょうね。
これはしょうがありません。
まぁこの馬に関しては、超大型馬ですからまずは無事に一戦使えて、これでどう変わってくるかというところでしょう。
このレースで何か期待が下がることもありませんし、これからどう育てて使っていくかが大事になると思います。
関連記事
スポンサーサイト



グラドゥアーレのデビュー戦、能力を見せ付けた2着!

2016/09/12 <レース結果>
グラドゥアーレ
9/10日(土)中山5R メイクデビュー中山[芝1,600m・13頭]2着[2人気]

スタートで出遅れ、道中は内目の9番手を追走、3,4コーナーで狭いところを割って先団に取り付き、直線では外から来る勝ち馬に馬体を併せて食い下がりましたが、僅かに及ばず2着でゴールしています。

田辺裕信騎手「追い切りに騎乗した時は、まだ緩いなと思いましたが、実戦では思ったよりも頑張ってくれましたね。また、硬さもあるから芝はどうかなと思っていたのですが、返し馬の感じが良かったので、これなら大丈夫だと思いました。スタートもそうですが、前半はトモの嵌りが悪く、行き脚が付かなかったのですが、嵌ってからは良い脚を使ってくれました。4コーナーでガチャガチャしたので、それがなかったらとも思いますが、それは勝ち馬も同じだったので言い訳にはできないですね。実際はまだ緩いですし、そういう意味ではまだまだ伸びしろがあると思いますよ。トレセンでは馬運車に入ろうとしなかったようですし、ゲートでも枠入りを渋ったりして、苦しいところが出てきているのかなという印象を受けました」

小西一男調教師「センスがありますね。出遅れはしましたが、二の脚がありましたし、4コーナーでは狭いところに入りながらも最後はしっかり伸びてくれました。勝ち馬も強いと評判の馬でしたし、最後は瞬発力勝負で負けはしましたが、次に繋がるレースだったと思います。今日は馬運車を嫌がったり、装鞍所やゲートでも周りに気を使っていましたが、そのせいか出遅れてしまいましたね。ここに来て少し神経質になっているようなので、続戦するよりは一旦リフレッシュ放牧に出し、気持ちを抜いたあげた方がいいと思います」




白1

勝ったかと思ったのですが、最後惜しくも競り負けて2着でした。
しかし、見所たっぷりの内容で次は必勝でしょうから楽しみな敗戦でした。
レースは、ゲート入りから少ししぶっていて結局スタートで大きく出遅れてしまいました。
それでもすっと上がっていけるあたりにまずセンスを感じます。
その後コーナーあたりから馬群の厳しいところを上がっていき、最後の直線へ。
直線に入ると良い脚で前をとらえ先頭に立ちますが、外の馬との競り合いに惜しくも破れ2着でした。
最後は、出遅れて脚を使った分、甘くなっただけなので力的にはこちらが上だったと思いますよ。

まだまだ緩いとの評判で、これだけ出遅れてもこの内容のレースができるのですから本当に楽しみになりました。
この馬は、私がじっくり様子見して馬体と動きを重視して出資した馬になります。
血統などを重視しがちな私ですが、様子見に入ると馬体や動きを重視する比率を上げていきます。
そんな中で、母の初子で父もまだ産駒が少ししか走っていなかったダノンシャンティということで血統だけでは出資できない馬でしたが、様子見をするうちに私の中でどんどん評価が高まっていた一頭でした。
詳しくはこちらに書いてあります
http://reinedebriller.blog.fc2.com/blog-entry-397.html
なにより、私の大好きな一口36000円という牡馬にしてはかなりお手頃な馬になります。
この値段でこの走りを見せてくれたらもうバンザイ。
まぁ、まずは勝ち上がってくれないと困るので喜ぶのは勝ってからにしましょう。
次走に期待大です!
関連記事

ジュメイラリーフ6戦目は3着も、繋がった未来と人間の努力

2016/09/12 <レース結果>
ジュメイラリーフ 9/10日(土)阪神4R 3歳未勝利〔D1,800m・16頭〕3着[3人気]

五分のスタートを切り押っ付けながらポジションを取りに行き、道中は外目5番手あたりを追走、3コーナー手前で流れが速くなったあたりで仕掛けに入り、4コーナーを回ると先頭に立って早め抜け出しを狙うものの、残り100m手前で力尽き3着でゴールしています。

中谷雄太騎手「厩舎サイドがこの短期間で一から立て直してくれたこともあって、前回騎乗した時とは雰囲気も良くなっていましたから、こちらも気持ちで負けないように心掛けて騎乗しました。返し馬もスムーズで、ゲートで待たされてしまったものの、落ち着いて変なことは全くしなかったので、しっかり出していくことができました。揉まれないように外目に取り付けて、内の馬を見ながらレースをすることができました。平均ペースのまま勝負処に入りたかったものの、外から捲ってくる馬がいたので、そこで引いてしまうと嫌気を差してしまうと思い、早仕掛けは覚悟のうえで強気に押し上げていきました。最後まで諦めずに頑張ってくれたものの、手前を変えなかったところもありましたし、仕掛けが早くなってしまったために、もうひと伸びすることができませんでした。まだまだ教え切れない中でこれだけ変わり身を見せてくれましたから、時間を掛けてあげれば500万クラスでも十分良い競馬をしてくれる馬だと思いますよ」

西村真幸調教師「競馬場に到着後も特に入れ込むこともなく、いい状態で競馬に向かうことができたと思います。返し馬もスムーズでゲートの駐立も全く問題なかったですね。中谷騎手が調教を手伝ってくれたこともあり、手の内に入れてくれていたことで、揉まれずスムーズな競馬ができましたから、あのままの流れで直線に入ることができていれば良かったのですが、外から無理に捲ってきた馬がいた為にペースが速くなってしまったのが痛かったですね。この短期間でどこまでこの馬の力を引き出せるか正直不安なところがありましたが、これまでの中では一番良い競馬をしてくれたと思いますし、時間があればまだまだ良いところを見せてくれるはずです。トレセンに戻って状態を確認したところ、右前に疲れが出ているので、数日経って改めてエコー検査を行う予定です」
未勝利戦への出走資格がなくなったことから、今後については脚元の検査結果を見て判断させていただきます。



今後がずっと気になっていたのですが、続戦の方向のようで一安心しました。
足元に疲れが出ているようですが、検査の結果で問題なければ続戦し、地方移籍からの出直しになると思います。
もし、引退なら足元がどうであろうと引退って発表して終わりですからね。


黄10

せっかくなので、レースをじっくり見ていこうと思います。
結果だけ見ると離れた3着で力不足のように思う人もいるかもしれません。
しかし、背景などじっくり考えてからレースを見ると全然違って見えます。
まず、大前提としてこの時期の3歳のスーパー未勝利戦であり、勝たないと意味がないこと、そして、入着しても1回きりの最後のレースであること。
つまり、良いレースも次に繋がる善戦も意味がないのです。
そうであるなら、勝つためのライバルになりそうな相手を見なければなりません。
手薄なメンバーでしたが、その中でも前走3着で単勝1、7倍の1番人気スターリットナイト、前走2着の2番人気ウインウェルスが強敵になるだろうことははっきりしていました。
この2頭に勝つこと、まずはそれを最優先しなければなりません。
あとの13頭は前走掲示板にも入っていないので無視してでも、この2頭に照準を絞るしかないのです。
レースは、まずまずのスタートの中、1番人気スターリットナイトがいい感じで上がっていき2番手あたりにつけました。
ジュメイラリーフはこの馬をしっかりマークする形でその後ろにつけました。
その隊列で落ち着きかけたところに、2番人気のライバルのもう1頭が一気にまくって上がってきました。
相手も今日勝たなければならないので必死に勝負をかけてきます。
前には1番人気、外からが2番人気がまくってくる中、勝つためにここで引くわけにはいかないのです。
ジュメイラーリーフも早いのはわかっていてもコーナーでもうスパートをかけます。
そのまま直線に入り、ジュメイラリーフは人気のライバル2頭を競り潰し先頭に立ちます。
しかし、早めに仕掛けざるをえなかったため、最後は後ろからきた2頭に差されて3着にやぶれました。
結果だけ見ると3着ですが、負けた2頭は別の競馬をしており、大事なのは同じ競馬をしていた人気馬2頭に完勝したということなのです。
だからこそ、中谷騎手も西村先生もこれだけ内容を褒めているし、続戦の可能性は出たわけです。
心配なのは、足元の疲れですね。
本当に疲れだけでしたら何の問題もなく続戦になると思いますが、故障などであれば、完治してから地方へみたいな猶予はくれないかもしれません。

一度は競馬のやる気をなくしてしまった馬です。
連続して二桁の大敗をし、もうダメかもと思った馬です。
しかし、その土壇場になって転厩されるという荒治療に出たクラブの好判断。
そして、そのたった1戦の付き合いになるかもしれない付き合いの薄い馬へ西村調教師自ら何度も乗って調教をつけ気持ちと力を整えてくれたことへの感謝。
中谷騎手もこの馬の騎乗経験からのアドバイスもしてくれましたし、レースでも勝ちにいった良い騎乗でした。
それが、3着ではありましたが、ここ2戦とは見違える内容で、今後のチャンスに繋がったのです。
もちろん、馬の能力が大事ではありますが、人間のやる気でここまで結果が変わるんだという本当にすばらしい例になったと思います。
後は、足元の無事を祈ってジュメイラリーフが今後も活躍できるように願っています。
関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ