fc2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

もしシルクがキャロットのような最優先制度だったら

シルクの制度に色々な不満があるのは確かですし、シルクの運営もわかっているようです。
ツアーの2次会のレポなどでそういう話をしたという記事も見かけました。
ただ、キャロットの制度が最高かと言えば私はそうとも思えません。
キャロットは、1~2年かけてでも絶対に欲しい1頭を確実に手に入れる制度です。
逆に言えば、あれもこれも欲しいなぁということができません。
シルクは、実績を積めばある程度取れるが、後は抽選の運頼みな制度です。
実績がなければ運だけの勝負で抽選で0頭になる可能性も十分にあります。
0頭もあるけど、2~3頭とれる可能性もありうまくいけば欲しい馬が複数取れます。

では、キャロットの最優先制度をシルクでやったらどうなるでしょうか?
わかりやすく母親優先制度、実績制度は無くします。
ただ、あくまで仮定であり、どの馬に最優先はどれくらいいくかなどわかるわけもないので申込み数から想像します。

まずは、私の今年の申込み結果はどうなったでしょうか?
○出資確定、△抽選次第、×出資できず

・今年のシルクの実際の結果(実績約80万)
○キラーグレイシスの15・・・満口にならず確定
×プリティカリーナの15・・・抽選落選
×サマーハの15・・・抽選落選
○バグダッドカフェの15・・・満口ならず確定
×ピラミマの15・・・抽選落選
○ウーマンシークレットの15・・・実績により確定
○ウインフロレゾンの15・・・実績により確定
○ラッドルチェンドの15・・・抽選で当選

・これがキャロットだったら(×無し最優先しかない、最優先はプリティカリーナに使用)
○キラーグレイシスの15・・・満口にならず確定
○プリティカリーナの15・・・最優先使用で出資確定
×サマーハの15・・・最優先内での抽選により参加できず
○バグダッドカフェの15・・・満口ならず確定
×ピラミマの15・・・最優先×2内での抽選により参加できず
△ウーマンシークレットの15・・・最優先確定、一般で抽選
△ウインフロレゾンの15・・・最優先確定、一般で抽選
×ラッドルチェンドの15・・・最優先内での抽選により参加できず

こんな感じになるでしょうね。
違いをまとめると、サマーハ、ピラミマ、ラッドルは最優先を使っていないので最初から当選確率は0になります。
その代わり、最優先を使ったプリティカリーナに確実に出資できました。
後は、実績制度はないので、実績で取れた2頭も抽選になり不確定になりました。


次の例を考えます。
実績はないが運よく抽選でたくさん当選した場合。
ある方の実際の当落の結果を少し修正してわかりやすくしてあります。
・シルクの制度の場合(実績0円とします)
○モシーンの15・・・抽選で当選
○ユキチャンの15・・・抽選で当選
○ルシルクの15・・・抽選で当選
○メジロフランシスの15・・・抽選で当選
×トゥハーモニーの15・・・抽選で落選
×サロミナの15・・・抽選で落選
×ピラミマの15・・・抽選で落選

・これがキャロットだったら(×無し最優先しかない、最優先はユキチャンに使用)
×モシーンの15・・・最優先内での抽選により参加できず
○ユキチャンの15・・・最優先使用で出資確定
△ルシルクの15・・・最優先確定、一般で抽選
△メジロフランシスの15・・・最優先確定、一般で抽選
×トゥハーモニーの15・・・最優先内での抽選により参加できず
×サロミナの15・・・最優先×1内での抽選により参加できず
×ピラミマの15・・・最優先×2内での抽選により参加できず

シルクの制度では幸運にも人気どころを抽選で複数ゲットできました。
しかし、キャロットの制度だと最優先のユキチャンは確実にゲットできたものの他はほぼチャンスすらありませんでした。


次の例を考えます。
なかなかの高い実績があったので実績でたくさん確保した場合。
ある方の実際の当落の結果を少し修正してわかりやすくしてあります。
・シルクの制度の場合(実績200万円とします)
○プリティカリーナの15・・・実績により確定
○サマーハの15・・・抽選で当選
○ユキチャンの15・・・実績により確定
○プチノワールの15・・・実績により確定
○サロミマの15・・・抽選で当選
×ピラミマの15・・・抽選で落選
○ウーマンシークレットの15・・・実績により確定
○マザーロシアの15・・・満口ならず確定

・これがキャロットだったら(×2最優先所持、最優先はピラミマに使用)
△プリティカリーナの15・・・最優先確定、一般で抽選
×サマーハの15・・・最優先内での抽選により参加できず
△ユキチャンの15・・・最優先確定、一般で抽選
△プチノワールの15・・・最優先確定、一般で抽選
×サロミマの15・・・最優先内での抽選により参加できず
△ピラミマの15・・・最優先×2内での抽選
△ウーマンシークレットの15・・・最優先確定、一般で抽選
○マザーロシアの15・・・満口ならず確定

×2の最優先を使ってやっとピラミマの争奪戦に参加できましたが、抽選次第ばかりになりました。
実績制度の強さを感じます。


最後の例を考えます。
実績もあまりなく抽選でも全部落選した場合。
ある方の実際の当落の結果を少し修正してわかりやすくしてあります。
・シルクの制度の場合(実績30万円とします)
×ブラックエンブレムの15・・・抽選で落選
×サマーハの15・・・抽選で落選
×ピラミマの15・・・抽選で落選
×レーヴドスカーの15・・・抽選で落選
×モシーンの15・・・抽選で落選
×リビアーモの15・・・抽選で落選

・これがキャロットだったら(×無し最優先しかない、最優先はブラックエンブレムに使用)
○ブラックエンブレムの15・・・最優先確定、一般で抽選
×サマーハの15・・・最優先内での抽選により参加できず
×ピラミマの15・・・最優先内での抽選により参加できず
×レーヴドスカーの15・・・最優先内での抽選により参加できず
×モシーンの15・・・最優先内での抽選により参加できず
×リビアーモの15・・・最優先内での抽選により参加できず

このパターンは結構いそうな気がします。
まだ実績があまりないので、人気どころをたくさん申し込んでどれか抽選で当たれ!と思ったけど全部外れたというケース。
もちろん、このパターンで抽選でどれかに当たったという人も多いとは思います。
これが、キャロットなら最優先でどれかにチャンスが生まれます。
ただ、今回はブラックエンブレムにしたので確定にしましたが、他ですと最優先内で抽選ということになり、結局全滅もありえます。


どうでしょうか?
色々なケースで最優先を導入したらどうなるかをやってみました。
どちらも一長一短があり、どちらが優れているとも思いませんし、劣っているとも思いません。
その人の予算とスタイルによるのかなと思います。
私は、それなりに頭数が欲しいタイプなのでキャロットでは厳しいです。
欲しい馬を複数取れるチャンスがないからです。
逆に、1頭でもいいから欲しい馬を確実に取りたいならやはりキャロットになります。
それでも、キャロットに比べてシルクに不満が多い気がします。
その大きな理由はシルクにはチャンスがありすぎるからだと思います。

シルクは全頭チャンスがあるだけに、申込みが多くなり、その分落選も増えて不満が大きくなるのです。
すごくいっぱい落選した気分になりますので腹が立ちます。
キャロットは最優先があり母親優先もあるので、もう中間発表くらいの段階で無理な馬がたくさん出てきます。
無理な馬には申し込みませんので、落選も減ります。
でも、実際は申込みすらしても無駄な時点で落選と同じなのです。
結果は同じでも気分が違うのです。

そして、最後にシルクには抽選の公平性の問題があります。
新規優遇などの問題もあり、信頼感がありません。
すべての根源はこの信頼性なのかもしれません。
新規を優遇するのは、まだまだ会員のほしいクラブとして理解できます。
そうであるなら、抽選200口のうち30口は新規にあてますなど明言してしまえばいいのです。
そのあたりに改善点があるかもしれません。

どちらにしても制度の問題、信頼の問題あると思いますが、完璧で誰の不満もないやり方って難しいなぁと思います。
あとは、少しでも不満の少ない自分にあったクラブに加入するということしかないのかもしれません。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが今後の励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



シルク馬(ポールヴァンドル、イストワールファム)、注目馬のデビュー戦レビュー

今週は月曜が休みで競馬もあったり、シルクの当落などもあり1週間が短かったですね。
デビュー戦回顧もまだしていませんでした。

【シルク馬】
・ポールヴァンドル・・・3人2着
愛馬なので別に記事を書いてありますので省略
http://reinedebriller.blog.fc2.com/blog-entry-707.html

・イストワールファム・・・2人3着
この馬は、去年1次で申込みをしようか最後まで悩んでやめた馬です。
あのハープスターの近親ですがローエングリン産駒というのが気になって断念しました。
レースは、そこそこのスタートも大外枠から行き脚がつかずに後方から。
大外をまわして最後の直線勝負にかけました。
上がり最速の33,1で3着まできた脚はすごかったです。
この馬は勝ち上がりは間違いありませんし、今後かなり上位でも楽しみな一頭になりました。

【注目馬】
・オンリートゥモロー・・・2人1着
シルクでも募集されるアコースティクスの産駒になります。
シルクの兄アフェットゥオーソが未勝利、シルクの姉タイムレスメロディが勝ち上がるも500万で苦戦中、そして、この妹はセレクトセールで売られて新馬勝ち、そしてその妹がまたシルク募集。
こういう流れを見るとなんとも複雑な気分になります。
この馬だけ出来が良かったからセールに出したという風にならないといいのですが。

・ヴィニー・・・2人6着
シルクのラヴィエベールの全妹になります。
馬主のキーファーズは武豊のスポンサーみたいな会社で豊のために高額馬を買っています。
去年もラルクなどいたのですが、まだいまいち当たりを掴めていませんね。
この馬も今後の成長次第ですが、どうでしょうか?
POGで指名しましたが失敗だったかもしれません。
勝ったリナーテはサトノダイヤモンドの妹ですが、ステゴ牝馬なので軽視していましたがちゃんと勝ちましたね。
関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ