fc2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

明日シルクの通常募集開始!電話するべきかどうか?

さて、明日いよいよシルクの通常募集が開始されます。
1次で思うように抽選などで出資できなかった人は、電話するかどうか検討中だと思います。
ちなみに、去年電話でどれくらい満口になったのか振り返っておきます。

1次で残口僅かになった馬
◆残20口以下◆
 57.アビの14
◆残50口以下◆
 3.スカイディーバの14
 5.リップスポイズンの14
 9.アフリカンピアノの14
◆残80口以下◆
 46.ナイキフェイバーの14
◆残100口以下◆
 21.シャンパンマリーの14
◆残120口以下◆
 1.エレンウィルモットの14
 10.パーフェクトマッチの14
 48.ベルベットローブの14

電話やネットで応募開始されたその日の18時の状況
◆満口◆
 3.スカイディーバの14
 5.リップスポイズンの14
 9.アフリカンピアノの14
 21.シャンパンマリーの14
 46.ナイキフェイバーの14
 48.ベルベットローブの14
 57.アビの14

◆残80口以下◆
 1.エレンウィルモットの14
 10.パーフェクトマッチの14

◆残120口以下◆
 16.サンスプリングの14
 47.スナッチドの14

ご覧の通り、残口僅かと名前の出てた馬はほとんど完売しております。
ただ、名前の出なかった馬がいきなり完売することもなさそうなので、まだ名前の出ていない馬に焦っていく必要もなさそうです。


なので、今年の状況を見て見ると
◆残り60口以下◆
 1.パーシステントリーの15

◆残り100口以下◆
 7.アートプリンセスの15
 55.ミュージカルウェイの15
 59.フラーテイシャスミスの15

◆残り120口以下◆
 25.バグダッドカフェの15
 63.ロゼカラーの15

パーシステントリーの15が欲しい人は100%電話してください。
後の馬は、おそらくネット開始時くらいまではまだあると思いますが、絶対欲しい人はもちろん電話してください。
ここに名前がない馬はあせらなくても大丈夫でしょう。
ただ、途中経過の発表もあるので、そこで新たに名前が出てくる馬も当然何頭かいます。
そういう馬は注意しておきましょう。
逆に明日が終わって名前が出てこなければ当分安泰の可能性が高いです。
そこから様子見モードに入ることができます。
私は、とりあえず電話は参戦しません。
ここに名前の出ていない馬で3頭ほど気になっています。
その名前が出たら確保しにいくかもしれませんが、3頭ともいける予算もないので様子見してからどれかに絞りたい感じですね。

ちなみに電話は全然つながりません。
家電と携帯を両手に持ってリダイヤルを繰り返して頑張ってください。
人気のライブチケットを取るような感覚です。
一昨年、私が参戦した時は15分くらいで繋がりました。
たぶん、30分~1時間くらい頑張ればいけると思います。
また、電話がこのように繋がりません。
それは、皆さん同じですので、電話だけの段階では意外と売れ行きもゆっくりです。
30分くらい繋がらなくてもうダメだと諦めずに頑張ってみてください。
繋がってみると案外いっぱい残ってて取れることが多いようです。
ただし、15時のインターネットで解禁されると勢いが違います。
もちろん、サイトには繋がらないし、繋がっても進まないし、どんどん売り切れるしで厳しい戦いになります。
欲しい馬がいるなら電話を絶対してください。
たぶん14時くらいに電話すれば、インターネットで争奪するより繋がりやすく簡単に取れる気がします。
ちなみに、残口警報馬オススメするなら、お金がある方は1.パーシステントリーの15、お金がない方は25.バグダッドカフェの15ですね。
バグダットカフェの15は私も出資していますので、かなり期待しています。
新馬戦で2着と期待しているグラドゥアーレと似ていて本当に馬体が大好きです。
それでは健闘を祈っております!


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが今後の励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



アルジャンテ6戦目は、会心のレースで2連勝

レース結果
アルジャンテ
10/16日(日)東京12R 神奈川新聞杯〔芝1,400m・15頭〕優勝[2人気]

やや出遅れ気味のスタートから徐々に追い上げて、道中は中団を追走、直線で早めに先頭に立ってから後続の追い上げを封じて、見事1着でゴールしています。

横山典弘騎手「ゲートはそれほど速くないと聞いていましたが、その通りでしたね。調教師から少し押して行って欲しいと言うことだったので巻き返して行きましたが、前も結構飛ばしていましたし馬群がばらけていたので、スムーズに追い上げて行けました。手応え十分で直線に向いて追い出したら伸びてくれましたし、後ろの馬が来るとまた頑張ってくれましたね。まだトモに緩さのある馬なので、器用さを求められるコースよりも現状はワンターンの競馬場の方が良いでしょう。まだまだ伸びしろのある状況でこの内容ですから、時間をかけながら育てて行けばもっと走ってくると思います」

尾関知人調教師「ゲートは予想通り遅れてしまいましたが、その後は上手く巻き返してくれましたね。ハンデが軽かったとは言え早め先頭からの押し切りですし、昇級戦ながら完勝だったと思います。徐々に体がしっかりしてきている段階なのですが、今週の追い切り後にカイバ食いが細くなるなど、まだまだ繊細な一面も残しています。レース後の状態次第では次開催の牝馬限定戦も考えていますが、今はまだ無理をさせる段階ではないと思うので、慎重に判断したいと思います」




オレンジ13

スタートは出遅れてしまいましたが、その後上がっていき中段で進めます。
最後の直線に入ると良い脚で伸びてきて先頭に立ちますが、内からも外からも有力馬が伸びてきて最後までドキドキしましたが、脚色が衰えることなく着差そのままでゴールしました。
本当に興奮しましたね。
アルジャンテは今年の初めにはフェアリーSの重賞にも出たりしていたのですが、いまいち結果が出ず、蹄の問題で半年も休養することになりました。
しかし、その休養が良かったようでしっかり成長し復帰初戦の500万を快勝しました。
そして、今回1000万クラスにきたわけですが、スターオブペルシャなど結構な強敵もいましたので、さすがにこのクラスの混合戦はいきなりは厳しいなぁと思っていたのですが勝ってくれましたね。
横山騎手もこの日好調で4勝目だったのですが、たまにやる気のないような騎乗もする騎手なので少し心配でしたがこの日は最後まで全力で追ってくれて頑張ってくれました。
これで2頭目の3勝馬の準オープンクラスになります。
もう一頭はクードラパンです。
どちらも、売れ残っていた馬で、調教の動画が出て走りの素晴らしさを見てから出資した馬です。
同じ時期くらいに出資しました。
今回の募集でシルクで満口になっていない馬にもこういう馬が必ずいます。
できれば調教動画が出るまで様子見して、出資を決めたいです。

皆さん走るのが速い馬を見つけて出資したいわけです。
立ってる姿や歩いてる姿を見たって結局わかることなんてたかが知れてるんです。
走るのが速い馬を探したいなら走る姿を見るのが1番に決まってるんです。
それでもわかることなんて微々たるものですよ。
小学生の徒競走を見て将来オリンピック選手になれるかどうか見極めようとするようなものです。
それでも、なんとく良い走りだなってのはわかったりするものです。
なので、個人的には調教動画が出るまで様子見したいのです。
でも、今のシルクならその前に売れちゃうんだろうなぁ。
第2のアルジャンテを見つける戦いはもう始まっています。
関連記事

レーヌドブリエ16戦目は音速の末脚爆発も届かず2着

レース結果
レーヌドブリエ
10/16日(日)新潟10R 粟島特別[芝1,800m・17頭]2着[3人気]

五分のスタートから無理せず控え、道中は後方4番手を追走、直線は前が開かないことから大外に持ち出し、満を持して追われると鋭い伸び脚を見せますが、勝ち馬に僅かに届かずクビ差の2着となっています。

丸田恭介騎手「3コーナーで少しハミを噛んだぐらいで、道中は折り合って良い感じで進めていました。溜めれば弾けると思っていたので、元々早めに動くつもりはなかったのですが、直線は前が壁になってしまい、外に出そうにも外にも馬がいてなかなか広いところに出せず、こちらが思っていたよりも追い出しを待たされてしまいました。上手くコントロールして乗っていれば勝っていたレースです。申し訳ありませんでした」

矢作芳人調教師「外枠でしたし道中も外目を追走していたのに、直線の入口で内側に行ってしまったのはもったいなかったですね。結局2回も立て直すことになってしまい、その分差し切れませんでした。権利があるうちに出走させたいのですが、脚質的に福島が合うとは思えません。中1週で新潟、もしくは京都という選択肢になりますが、京都も適鞍が中1週にしかありませんし、今日も体が減っていましたので、レース後の状態を見てどうするか決めたいと思います」




オレンジ14 レーヌドブリエ  黒3 アフィニータ

いやぁ、勝ったと思いました。
あれで差しきれないのかと・・・。
直線に入って出しどころを探してウロウロしていた分、最後届きませんでしたね。
それにしてもものすごい脚でした。
新潟とはいえ上がり33,4は立派です。
これで2回目の惜しい2着。
早く勝ち上がって上のクラスで見たいです。
それにしても、ここ2戦結果が出ませんでした。
それを見てnetkeibaの掲示板などでは能力を疑問視するような書き込みも増えていました。
しかし、私はその掲示板でもこのブログでも一貫して、今回負けたのは馬場が原因だと言ってきました。
その時のブログを見てもらいたいくらいです。
過去の走りをみれは明白だったからです。
ここ2戦はどちらも馬場がかなり悪かったです。
だから、力を発揮できなかっただけなのです。
今回は新潟の開幕週で綺麗な良馬場でした。
今までそう主張してきた以上、今回結果が出ないと困るわけです。
そして、ブリエは結果を出してくれました。
負けはしたものの、ブリエの責任は全くなく、内容では完勝してるレースです。
これで「この馬はやっぱりかなりの能力がある、ただ馬場が悪くなると力を発揮できない」、そう皆さんが認識してくれたと思います。
次どうなるかはわかりませんが、そろそろ勝ってほしいです。
名馬メジロドーベルの娘、それだけにファンの多い馬です。
みんながブリエの勝利を楽しみにしています。
関連記事

アフィニータの4戦目はクラスに慣れる一戦

レース結果
アフィニータ
10/16日(日)新潟10R 粟島特別[芝1,800m・17頭]5着[7人気]

まずまずのスタートを切るも、無理せず道中は中団の内目をキープ、直線は馬場の半ばに出して追われますが、前との差は詰まらず5着でゴールしています。

勝浦正樹騎手「ゲート内では激しく前掻きをしていましたが、体を大きく動かすことはなく、他馬に迷惑をかけることはなかったですし、ゲートもまずまず普通に出てくれました。菊沢先生からはテンは無理せず直線勝負と言われていたので、出たなりで道中はスムーズに運べたのですが、追ってからは思ったほど反応してくれずジリジリでしたね。最後は脚が上がってしまいました。確かに息遣いは気になりましたが、昇級戦ということを考えると悪くない内容でしたし、何より一番の課題であるゲートをクリアしてくれて収穫のあるレースだったと思います」



ゲート内でごちゃごちゃ動いてるので少し嫌な予感がしたのですが、スタートはそこそこでしたね。
後方から進んで最後の直線勝負でしたが、じわじわ伸びて5着という感じでしたね。
内容は決して悪くなかったですし及第点だと思います。
ちょっと、こういう新潟の直線の切れ味勝負は向いていないかもしれませんね。
まぁ、それでも、何戦かすればこのクラスは勝ちあがれるんじゃないかと思います。
骨折もしてますし、息使いがどうこうという話もありますし、まだたった4戦目なので経験を積ませつつ大事に進めてほしいですね。
関連記事

ダンスウィズユーの2戦目は1番人気になるも10着

レース結果
ダンスウィズユー
10/15日(土)新潟2R 2歳未勝利[D1,800m・12頭]10着[1人気]

スタート直後に挟まれる不利があり、道中は中団で追走、勝負処で追い出しに掛かるも前とは差が詰まらず、直線も下がる一方で上位とは大きく離されてゴールしています。

柴山雄一騎手は「スタート直後に挟まれてしまい、思っていたよりも後ろの位置取りになってしまいましたが、道中は砂を被っても平気でしたし、良い感じで追走できました。ただ抱えている内は良かったのですが、勝負処で追い出すと支点がなくなったような感じになり、パラパラとした走りで進んで行かなくなりました。トモなど、まだ全体的に力が付いていないので、ダートは合わないのかもしれません。また、輸送してプラス10㎏でしたが、2戦目ということを考えるともう少しスッキリしても良いのかなとも思います。ただそれにしてもこれだけ負けてしまうと、敗因はダートしか考えられませんね」

木村哲也調教師「柴山騎手はダートが合わなかったと言っていましたが、それにしても大きく負けてしまいましたね。まだトモに弱いところがあったりと全体的にしっかりしてくるのはこれからなのでしょうが、現状では芝で使っていく方が良いのでしょう。馬体重はプラス10㎏でしたが、調教をかなりハードに積んでのもので、攻め不足ということはなかったと思います。うちの厩舎ではあまり坂路で追い切ることはないのですが、今までと同じことをしていても仕方がないと思い、この中間は少しでもピリッとしてくればと考えて坂路で追い切りを行ったりと工夫して調整してきたものの、上手く結果に結びつきませんでした。もっと走れる能力があるのがわかっている分、今回の結果は歯痒く、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、今後も色々と工夫しながらレースで力を発揮できるように努めていきたいと思います。レース後は直接、ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきました」




今回は完全にダートが合いませんでした。
私は、この馬は確かに切れるスピードはないけど、ダートが向くような感じにも思えませんでした。
なので、期待時にはレース前に近況含めて記事を書くのですが、この馬に関しては書いていません。
正直、不安のほうが大きかったからです。
ただ、他の皆さんは違ったようでなんと1番人気に支持されました。
もし、チャンスがあるとすれば逃げてそのままゴールという感じかなと思っていたのですが、レースでは後方からになってしまいました。
これではもう勝負になりません。
ただ、私はこれはこれで良かったと思います。
この馬を決して見限ったわけではありません。
1番人気に支持されるだけの素質は秘めています。
ただ、ダートは全然ダメだっただけなのです。
この時期にダートがダメだとわかったというのはプラスです。
これが、3歳未勝利戦のギリギリの段階になって芝に見切りをつけてダートを試してみてのこの結果だったら絶望しかありません。
スペリオルラスターなんてそんな感じで失敗してしまいました。
しかし、今はまだ2歳ですよ。
これから1年弱も時間があります。
その間にじっくり鍛えて、ちょっと大きすぎる馬体をきっちり仕上げて、来年の春から夏くらいのローカル芝の2000以上のレースとかで勝ち上がってくれるようなイメージです。
こんな560キロもある牝馬なんですから時間がかかるのは折り込み済みですし、きれるタイプじゃないのもわかりきってます。
芝の長距離レースで先行か逃げて押し切るタイプでしょうから、そういうレースができるようにじっくり育ててほしいですね。
関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ