まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

4月の2歳馬近況コメントランキングトップ5!

今月の近況から一気に動き出しましたね。
特に入厩に関する具体的な話が出てる馬が増えてきました。
早く入厩する馬は、順調な証拠なので基本的には高評価しました。

1位・・・セドゥラマジー [父 ダイワメジャー:母 ウイッチトウショウ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン20~14秒のキャンター1~2本、週1回周回コースでハロン25秒のキャンター1,600m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も至って順調で、3月に入ってからは週に1回は14-14の調教を行っています。初日こそ、少しスピードの違いに戸惑っているようでしたが、2日目からはハロン14秒のスピードにすぐに適応し、いまでは楽々上がってきています。調教の強度はこの時期の2歳牝馬としてはかなり負荷をかけていますが、馬体・脚元・飼い食いにおいて現時点で問題はありません。毎回で心苦しいですが、順調としか表現しようのない状態です。今後は4月入厩も視野に入れて進めていきます」馬体重517㎏



毎回上位のお馬さんですが、今月も文句なしの1位です。
この時期でハロン14秒で楽々というのもすごいですし、順調としか表現できなくて心苦しいなんてこれ以上ない賛辞です。
入厩も4月にはしそうで早期デビューも当然でしょうね。


2位・・・キューグレーダー [父 ダノンシャンティ:母 バグダッドカフェ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週1回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,800m

担当者「先月同様、好調をキープしていますし、馬体に余裕があるものの、この中間からハロンペースを15秒まで脚を伸ばしているので、徐々に馬体は引き締まってくるでしょう。走る前は行きたがる素振りを見せるものの、キャンターに入ると、馬が変わったように落ち着いて走ってくれますし、いつでもゴーサインが出せる状態にあるところが、この馬の長所ですね。他の馬が暴れたとしても、マイペースで走れるところなど、さりげなくセンスを感じるところがあります。3日にこちらを出発して5日に入厩する予定です」馬体重494kg


近況コメント自体は、特に目立つような大絶賛はありません。
しかし、重要なのはもう今日にも入厩のため移動するという部分です。
シルクのこの世代の脱北の第一号ですね。
当然、順調にきていて早期デビューも目指しているからでしょうから高評価しました。


3位・・・アリディブリラーレ [父 ディープブリランテ:母 タムロウイング]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間もすこぶる順調です。3月に入ってから坂路調教のペースを終い1ハロン16秒ペースまで上げて乗り込んでいますが、最後まで余裕をもって登坂しています。以前は調教中に幼さを見せていたのですが、今では落ち着きが出てきました。それでいて以前と変わらない前向きさがあり、動きは良好です。今年に入り急激に成長してきた一頭で、今後も適度にリフレッシュを挟みながら、成長を促しつつ進めていきたいと思います」馬体重417㎏


たぶん初めての登場です。
残口馬なので販促もあるかもしれませんが、個人的に評価しているフレーズがあります。
余裕をもって登板というところと今年に入り急激に成長した一頭という部分はかなり高得点になります。


4位・・・スーブレット [父 ゴールドアリュール:母 フラーテイシャスミス]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調で、日によって終い1ハロン15秒ペースまで上げていますが、最後までしっかりとした手応えで登坂しています。動きには更に力強さが増してきて、予定のペースに抑えるのが大変なほどです。冬毛も徐々に抜けてきて見栄えがよくなっていますし、飼い食いもよく、体調がいいのは間違いありません。脚元なども特に不安な点はないので、今の状態をキープしながら進めていきたいですね」馬体重471㎏


こちらも初登場です。
マイナスコメントがありませんし、予定のペースに抑えるのが大変というフレーズは高得点です。


5位・・・ヴィグラスファイア [父 サウスヴィグラス:母 ハッピーメール]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンター1~2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,600m

担当者「坂路でのペースをさらに上げていますが、ハロン15秒以上を求めても余裕でこなしてくれています。以前と比較するとトモの踏ん張りがしっかりとしてきて、ハミに頼る面も解消してきました。トモが流れることもあったのですが、それもなくなり真っ直ぐ走れるようになりましたね。早期デビューを目標に5月頃の入厩を目標に進めてきましたが、萩原調教師と相談して4月中旬に入厩させることになりました。肩回りの筋肉など素晴らしいですしダートはもちろんのこと、様々な条件で活躍してくれるタイプになってくれそうです」馬体重489kg


先月2位にきた馬でしたが、今月はもっと販促アピールしてきましたね。
4月入厩なのでそろそろ締め切るという最強の札をきってきました。
そのかいあって一気に満口になりましたね。
ただ個人的には販促見え見えなので5位までとしました。


私の出資馬が1位2位となりましたが、見ていただければわかる通り、特に私情を挟むことなく単純に入厩がどちらもトップクラスで早期デビューできそうだからです。
実は他にもキープシークレット(ウーマンシークレットの15)も矢作先生は4月中頃にしがらきに入れたいという文があり、上位にしてもよかったのですが、他が平凡なコメントだったので自重しました。
やっぱり入厩話が出てくると活気がでますね。
他にもサンチバを受ける馬も1頭くらいいたのですが、こちらは今はそこまで価値はないので特に高評価しませんでした。
おそらく北海道デビューを目指すのかと思いますのでもちろんマイナスコメではありません。
あとは、とにかくみんな怪我せず無事にいってほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ