まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

明暗くっきりのオルフェーヴルとロードカナロア

2歳世代が次々とデビューしていますが、この世代の注目の新種牡馬はオルフェーヴルとロードカナロアです。
どちらも現役時代は超一流の活躍をした名馬です。
その産駒たちがいよいよデビューしました。
しかし、その成績は明暗くっきり分かれています。
オルフェーヴル産駒は、4頭デビューして最高が4着。
あとは7着、10着、14着とぱっとしません。
それに比べてロードカナロア産駒は10頭がデビューし既に3勝。
負けても2着3着が多数とかなりのスタートダッシュを決めています。
ロードカナロア産駒は父に似てスピードがあるのと、仕上がりが早い印象です。
このままいくと2歳戦に強いダイワメジャーのお株を奪ってしまうかもしれません。
オルフェのほうは、デビュー自体がまだたった4頭と仕上がりに時間がかかる印象です。
もちろん、距離もカナロアよりは長いほうがいいでしょうし、2歳戦で活躍するタイプではないと思います。
なので、まだまだこれから十分に挽回してくる可能性はあります。
父ステイゴールドのように当たりとハズレがはっきりした一発大物を出すタイプなのかなとも思います。

デビューしてまだたった1ヶ月、この2大新種牡馬の判断を今からする必要性なんてありません。
本来なら1,2年じっくりみて考えればいいことです。
ただ、一口馬主の世界はそうはいきません。
特に今年のシルクは募集が2ヶ月も早まりました。
これによる弊害がもう一つあったのです。
つまり、新種牡馬たちの判断を少ないサンプル数でしなければならないということです。
今年もオルフェやカナロア産駒はいっぱいいます。
本当なら9月くらいまでこれらの産駒の走りをみてから判断できたわけですが、今年はもう7月いっぱいくらいで見極めなければならないのです。
既に結果の出ているカナロアはいいと思いますが、オルフェをどうするのか今の状態だと本当に難しいです。
募集開始時までこんな感じの成績だと、さすがにオルフェ産駒にいくのは躊躇します。
しかし、今年はオルフェ産駒に良い血統も多いんですよね。
それを逃して、結局来年のクラシックくらいの時期になればオルフェ産駒も活躍し始めて、なんだ単に仕上がりが早くなかっただけで能力はあるなとなるだけの可能性も十分あります。
募集開始のギリギリまで産駒の走りを見ていくしかありませんね。
逆にカナロア産駒は人気しそうですね。
募集もたくさんいますし、良血も多いです。
ただ、意外と高いのがネックなんですよね。
それもあって私は去年1頭もいきませんでした。
でも、この活躍を見るといっておきたい気持ちもあります。
そして、最後にもう1頭注目の新種牡馬だったノヴェリスト。
既に1頭勝ちあがっていますが、なんと去年も今年もシルクには1頭も募集馬がきませんでした。
ノーザンファーム系列で社台SSの種牡馬なのになぜか1頭もきません。
キャロットやサンデーには複数いってるのによくわかりません。
当たり種牡馬だからシルクにこなかったんだろうと後で言われないことを祈ります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/07/06 09:14 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(8)

クードラパン15戦目、痛い出遅れ

2017/07/03 <レース結果>

 7/2(日)函館12R 道新スポーツ杯〔芝1,200m・10頭〕6着[6人気]

やや体制を崩しながらのスタートとなり、出遅れてしまいます。前半は後方で競馬を進め、外から徐々にポジションを上げていきます。勢いをつけたまま直線に向き追われましたが、最後は脚が上がってしまい6着でゴールしています。

松岡正海騎手「ゲート裏の輪乗りの時点から他の馬を気にする素振りを見せていたので、競馬でも揉まれるよりは自分の競馬をした方がいいと思っていました。行ければ行きたい気持ちでいたのですが、ゲート内で他の馬が暴れているのに反応して馬が萎縮してしまいました。前脚を突っ張った状態で立っていたので、これでは出ないと思っていましたが、やはり遅れてしまいました。ペースが緩くなりましたし切れるタイプではないので、自分から動いて行ったのですが、内の馬も突っ張ってきて外々を回る厳しい展開となってしまいました。上がって行く時のスピードなどはこのクラスにいる馬のものではないですし、いかにスムーズな競馬ができるかがカギになりますね」


得意のスタートで失敗してしまい後ろからのレースになってしまいました。
そのわりに、いい感じで上がっていったのでもしやと思ったのですが、やっぱりそこで脚を使った分最後は伸びませんでしたね。
これくらいの馬になると、もう十分頑張ってくれているので結果にあまり一喜一憂しません。
負けても、うん、よし次頑張ってねっていう感じで特にガッカリもしません。
能力があるのはわかっているので、後はこの馬の得意な形のレースになるかどうかですからね。
怪我と体調だけには注意してまた次頑張ってほしいですね。
関連記事

デビュースマルト3戦目、最後までノドに苦しみ引退

2017/07/03 <レース結果>

 7/1(土)中京3R 3歳未勝利〔D1,200m・16頭〕16着[14人気]

好スタートを決めると、道中はスッと好位3番手に取り付けていきます。4コーナー手前で外から並びかけられると、息づかいが悪くなり、そのままズルズル後退して着外に敗れています。なおタイムオーバーによる出走制限のため、9月1日まで出走停止となっています。

荻野極騎手「スタートが良く、スピードを活かしてスッと好位に取り付けることができました。前向きさがありながら、上手く折り合ってくれたので、勝負どころまで理想の競馬ができたと思います。ただ4コーナー手前で外から並びかけられると、フッと気を抜いてしまい、そこから急に息づかいが悪くなってしまいました。最後まで気持ちが途切れていなければ、道中の手応えも良かったので、もう少しやれていたかもしれませんが、止め際はかなり喉が鳴って苦しそうでした。跨った感触は良い馬だなと思っていただけに、残念な結果になってしまいました」

角田晃一調教師「行きっぷりが良く、勝負どころまで理想通りの競馬をしてくれましたが、4コーナーを過ぎたあたりでバッタリ止まってしまい、2度目のタイムオーバーにより、9月1日まで出走制限を受けました。調教では以前より息づかいが良くなったとはいえ、レースであれだけバテてしまうということは、気持ちの面もあるのかもしれませんが、やはり喉の状態が影響しているのでしょう。馬っぷりが良く、あれだけの先行力があるだけに、能力を発揮することができないのが残念です」

レース内容や喉の状態を考慮して今後について協議した結果、今後も喉の症状が改善される見込みが薄く、会員様のご負担ばかりが増えてしまうことが予想されることから、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。近日中に抹消の手続きが取られ、6日(木)のサラブレッドオークションに上場する予定です。


ノド鳴りに苦しみ、手術もして望んだレースでした。
しかし、結果は以前と変わらず。
これで3戦全部が最下位と散々な結果となりました。
タイムオーバーもなり、このまま引退となりました。
スタートしてから先行できる脚を見ても走る能力は間違いなくあるはずです。
あの馬体を見ても誰もがフェルブラヴ産駒の牡馬は、成績が悪いことを知っていても1次で抽選になったほどの馬体です。
それでも体の内部まではわかりません。
ノドが苦しくなって最後まで走りきれないとは思ってもいませんでした。
同じく抽選になって落選したセダブリランテスは重賞を勝ちました。
当選した馬が全レース最下位、落選した馬は3連勝で無敗で重賞制覇。
皮肉なものです。
関連記事

ダーリンガール4戦目、勝ったかと思ったが

2017/06/26 <レース結果>

 6/25(日)函館1R 3歳未勝利〔芝1,200m・16頭〕4着[6人気]

まずまずのスタートから無理せず、道中は5番手辺りを追走、4コーナーで外を回って進出し前を射程圏に捉え、直線に向き追い出されますがジリジリとした伸び脚で前を捉え切れず、4着でゴールしています。

鮫島克駿騎手「スタートを出てくれましたし、促して行けばハナにも立てたと思いますが、前走のレースVTRを見ると折り合いに難しい感じがあるように思いましたし、返し馬で結構前向きなところを見せていましたから、馬のリズムを重視して進めました。ペースがそれほど速くなかったですし、外枠ということもあって終始外々を回らされる形になってしまいましたが、折り合いに関して行きたがるところはあったものの、何とか宥めながら追走することができました。勝った馬が道中楽をしていた感じだったので、勝負どころで気持ち早めに前を捉えに行きましたが、捉え切るまではいきませんでした。でも最後は久々だった分もあったでしょうから、一叩きした次はもっと良くなってくると思いますし、今の時期の未勝利クラスであれば力は上位ですので、噛み合えばチャンスは回ってくると思いますよ」

牧田和弥調教師「プラス16㎏でしたが、鮫島騎手は調教の時から動きが良くて感触は悪くなかったと言っていましたし、太くは映りませんでしたから、成長分が大きかったと思います。4コーナーを良い格好で回ってきてくれて、これはと思ったのですが、最後は久々だった分と終始外々を回らされたこともあって、脚色が同じになってしまいました。でも内容としては良かったと思いますし、こういうレースをしていけばきっと結果に繋がってくると思います。この後は気が入りやすいタイプですし、短期で放牧に出して精神的にリフレッシュしてもらいたいと思います。優先出走権のある内に戻して、また同じような条件で使っていく予定です」


正直、直線に入ってからの勢いで勝ったかと思いました。
しかし、最後は脚色が同じになってしまいタイム差無しの4着。
まぁ、見せ場はたっぷりの内容でした。
この馬は、私がブログで散々熱弁をふるってプレゼンした馬で、その後すぐに残口警報が出た馬です。
多少なりとも責任を感じています。
とにかくまずは勝ちあがってほしいです。
次で勝ち上がってくれるはず!
関連記事

ヴァンクールシルク4戦目、骨瘤に苦しみつつのレース

2017/06/26 <レース結果>

 6/25(日)東京9R 稲城特別〔芝2,400m・8頭〕5着[3人気]

スタートからダッシュよく、内の逃げ馬を見ながら2番手でレースを進めます。4コーナーで先頭に並びかけ、直線を向いて抜け出しを図りますが、ペースアップに対応できずズルズルと後退し、5着でゴールしています。

戸崎圭太騎手は「スタート良く、前半はいいポジションで進められたのですが、道中は道悪に脚を取られていました。その影響か直線はあまり脚を使えませんでした。跳びが大きいので、軽いきれいな馬場の方が向いているのだと思います。久々のせいか息遣いももう一つでしたし、距離も少し長いのかもしれません。でも久々を叩いて、次は順当に良くなると思いますよ」

木村哲也調教師「中間に順調さを欠き、久々の割には稽古量が少し足りなかったというのが正直なところです。また、前半スローペースで上がりの競馬になってしまい、切れる脚を使えないヴァンクールシルクにとっては不向きな展開だったと思います。久々の競馬でしたので、この後の状態をよくチェックしてから、次走について検討したいと思います」


骨瘤で長くお休みしていましたが、やっと復帰できました。
半年もかかってしまいましたね。
ただ、稽古も十分とは言えないままのレースで上がり勝負になってしまいましたので結果はしょうがないでしょう。
この世代は大型馬が多く、この馬も560キロを越える馬体になってしまいました。
そのせいか足元やノドに色々と問題がでてきてしまっています。
大きな馬体はそこまでデメリットではないとは思って出資していますが、今後はやっぱり頭にいれておかなければなりませんね。
この馬は、まだまだこれからの馬だと思うのでしっかり調整して次頑張ってほしいですね。
関連記事

ダンスウィズユー4戦目、見せ場なく最下位に終わる

2017/06/26 <レース結果>

 6/24(土)東京4R 3歳未勝利〔芝2,400m・18頭〕18着[15人気]

チークピーシズ着用。好スタートから前を窺い、2番手でレースを進めます。3コーナーで外から捲ってきた馬と併走して上がっていこうとしますが、4コーナーではすでに手応えが怪しくなり、直線も下がる一方で、最後方でゴールしています。

石川裕紀人騎手「返し馬ではガーッと行ってしまうタイプなので、競馬に向かう気持ちを溜めようと思い、スタンド前はずっとダクをして最後だけ軽くキャンターで流しました。適度に気合いが乗って雰囲気は良かったです。競馬では揉まれたくなかったですし、スタートも良かったので、最初にポジションを取りに行き2番手に付けることができました。道中はハミを取って良い形で回ってきたのですが、勝負どころでペースが上がると付いていけなくなりました。抱えている内は凄く良い走りをするのですが、直線で追うと走りがバラバラになってしまうし、最後は苦しがって内にモタれてしまいました。交わされて止めてしまったというわけではなく、最後までペースがあまり変わりませんでした。条件を大きく変えてみるのも手かもしれません」

木村哲也調教師「調教の動きからこれほど負けるはずではないんですけどね。調教時の雰囲気とは全く真逆で、上がりの地下馬道で物見をしたり、集中力に欠ける部分が見受けられます。前回同様、終いはバタバタになってしまったので、次は思い切って距離を詰めることも検討したいと思います。また、馬具でも何か工夫してみる方が良いかもしれません。レースを終えて上がってくる時のダート部分の走りは悪くないと石川騎手は言っていたので、もう一度ダートを試してみても良いと思いますし、地方交流戦も含めて検討したいと思います」


前目につけていい感じで進めていましたが、早々に下がっていって終わりました。
2戦前は1番人気になった馬でしたが、ここまで落ちてしまうんですね。
この馬は、牝馬のシンボリクリスエス産駒は結果がいまいちと知りつつ、あえて自分に言い訳をして出資しましたが、やっぱりダメだったかという印象です。
自分の決めたルールは守らないといけませんね。
関連記事

インヘリットデール4戦目、3度目の2着

2017/06/26 <レース結果>

 6/24(土)阪神6R 3歳未勝利〔芝1,800m・18頭〕2着[2人気]

まずまずのスタートを決めると、道中は好位5番手に取り付けていきます。先行馬を前に置いて上手く脚を溜めながら追走し、勝負どころから空いたスペースを狙って抜け出しを図りましたが、ゴール手前で外から差し切られたため、2着に敗れています。

川田将雅騎手「十分勝ちに等しいレース内容でしたが、今回も決め手のある馬に差し切られてしまいましたね。抜け出したところで勝ったと思いましたが、馬場の良い外からあれだけの脚を使われては、どうしようもありません。1戦1戦力をつけているのは確かですし、現時点ではしっかり能力を出し切ってくれているので、状態が良いうちに早く結果を出してあげたいですね」

高野友和調教師「これまでにないぐらい良い形でしたが、前走同様に決め手のある馬にやられてしまいましたね。上手く脚を溜めて、終いもしっかり伸びてこの結果ですから、相手を褒めるしかありません。ただ堅実に走ってくれていますし、体調を整えて良い状態でレースに臨めばすぐチャンスがあると思います。このあとはトレセンで状態を確認した上で、今後の予定を検討したいと思います」


本当にこの3歳世代はなかなか勝ちきれない馬が多いです。
特にインヘリットデールは、2着、2着、3着、2着と本当にやきもきするレースが続いています。
どれも勝ってもおかしくないのに最後負けてしまいます。
こういう成績なら、次は順番がくるだろうと楽観視もできますが、急に崩れだして結局勝ちあがれずみたいな馬も毎年います。
とにかく何としても次は勝ってほしいです。
願いはただそれだけ。
関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ