FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

オウケンムーンがG3共同通信杯勝利でヴェロニカグレースの株が上がる

オウケンムーンが共同通信杯を勝ちました。
圧倒的人気だったグレイルなどもおり、決してメンバーは弱くなかったはずです。
グレイルに負けたタイムフライヤーが、次にG1ホープフルステークスを制しており、そこで3着だったステイフーリッシュなどもいました。
そういう意味では、レベル的にはホープフルステークスと同等程度かと思います。
そんなレースをオーケンブルースリ産駒のオーケンムーンが制したわけですから面白いですよね。
こういうマイナー種牡馬の産駒がメジャーな産駒に勝つのは競馬の面白さでもあります。
と、普通でしたら重賞を振り返る内容としてはこんな程度だと思います。

ただ、このオウケンムーンの前走の2着馬はなんとヴェロニカグレースだったのです。
このレースはチグハグな内容でオウケンムーンが抜け出してから、その後ろに進路ができ、やっとヴェロニカも追い始めるという感じになってしまい、最後は脚色が一緒で届きませんでした。
そこに能力差はあまり感じませんでしたし、展開次第では逆転もあったと思います。
つまり、ヴェロニカグレースと同等クラスの馬が次走で重賞を制したのです。
それに加えてオウケンムーンは牡馬ですから、牝馬のヴェロニカが重賞を勝った牡馬と遜色がないということになれば、牝馬同士なら楽しみは広がりますよね。

もちろん、競馬はこんな単純ではありません。
AがBに勝って、BがCに勝ったからAはCより強いみたいな単純な物差しではわかりません。
しかし、この時期はまだ出走数も少なく、直接対決も少ないので、こういう物差しで力を測るのが一般的であり、そうするしかないということでもあります。
結果はどうなるかわかりませんが、自分の馬に勝った馬、負けた馬が次走どういう走りをするのかで力を推測するのが楽しいのです。


オウケンムーンの勝ったレースを並べてみます。
サトノソルタスがヴェロニカだったら差しきってるんじゃないのか?
そんな妄想まで膨らみます。
もちろん、これは出資者だから許されるかなり思い入れの強い想像であり、偏っていることは承知の上です。
しかし、個人的にはそういうレベルの馬とし騎手やローテーションを考えてほしいのです。
どうも調教師先生の動きが鈍いのです。
次はしっかり勝ってクラシック戦線に名乗りをあげてほしいです。
逆に考えると前走、余計な強敵に当たっちゃったんだなぁとさえ思います。
オウケンさんさえいなければ普通に勝ってますからね。
まぁそういうことも含めて競馬ですよね。
こうやってレースに出なくても勝手に株が上がっていくのもこの時期の楽しさかもしれません。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ