FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

「シルク」最後の冠名馬の引退と一口馬主のきっかけ

「シルク」という冠名をつけた最後の馬だったシルクドリーマーが屈腱炎で引退となりました。
9歳まで走って56戦5勝、回収率933%。
重賞を勝ったわけではありません、オープン勝ちもありません、それでもこういう馬に出資できた方は最高の喜びだったと思います。
ずっと基本的には短距離路線で活躍していた馬ですが、転厩もあり、去年あたりから芝の長距離で活躍し始めたのは本当にビックリしましたね。
本当に馬ってわからない存在だし、色んな可能性を秘めているんだと感じました。

私は、シルクの冠名がなくなってから入会しました。
なのでそこまで思いいれがあるわけではありませんが、この冠名が私を一口馬主の世界に連れてきてくれました。
この話は以前も書いた気もするのですが、最後ですし書こうかなと思います。

ある重賞にローブティサージュが出走していました。
G1も勝った馬ですしもちろん知っていたのですが、ふとした情報でこの馬がシルクの馬だと知ったのです。
あれ?シルクって冠名やめちゃったの?
シルクという一口馬主があるというのは知っていましたし、シルクジャスティスやシルクプリマドンナなど冠名をつけて活躍した馬もたくさんいました。
そんなシルクという冠名をなんでやめたのか?と思い、ネットで検索したのです。
そこでメジロドーベルの娘がシルクで募集されており、まだ残っているという広告と出合ったのです。
それが私が一口馬主をするきっかけです。
一口馬主をしようと思って調べたわけでもなんでもないんです。
シルクっていう冠名をなんでやめちゃったのか検索してただけなのです。

あの時、ローブティサージュをぼーっとテレビ中継で見てたら何も考えなかったと思います。
シルクの馬だとわかっても、「へぇ、そうなんだ」程度で終わっていたら調べることもなかったでしょう。
そして、そこにメジロドーベルの娘が募集馬にいなければ興味もわからなかったかもしれません。
そういった色々な偶然が重なり、今では一口馬主が私の生活の大きな部分を占める趣味となっています。
それもこれも、「シルク」という冠名が結びつけてくれたのです。
これでシルクという冠名はなくなりますが、シルクの冠名を背負って走ってくれた愛馬の活躍は消えません。
「シルク」には本当に感謝しています。

ただ、そうはいったものの一応最後のシルク馬はまだいます。
私の出資馬でもあるヴァンクールシルクです。
ただ馬名の由来は母名の一部なので、ルシルクからきたシルクなんですよね。
もちろん、ルシルクの産駒は今年もシルクにいましたからシルクという名前がつくかもしれません。
なので、その辺はまだグレーゾーンではありますが、シルクドリーマーの引退が一応最後のシルク冠名馬の引退ということなんだと思います。

シルクドリーマー本当にお疲れ様でした。
最後のシルク冠名馬として歴史に残る本当にすばらしい馬だったと思います。
そして、私を一口馬主の世界に連れてきた「シルク」という冠名も本当にありがとうございました。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2018/11/09 02:30 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(6)

サルダーナ13戦目、初ダートは上々の走り

2018/11/05 <レース結果>

 11/3(土)東京8R 3歳上500万下〔D1,600m・11頭〕7着[7人気]

五分のスタートを切ると、道中は中団7番手からの追走、残り400mあたりから追い出されると、順位を上げられなかったものの、馬群の間からジリジリと脚を伸ばして、初めてのダート戦を7着で終えています。

C.オドノヒュー騎手「初めてのダート戦だったようですが、道中は砂を被っても怯んだりせず上手く対応していました。脚捌きも良かったと思いますし、ダートでも問題なさそうですね。ゴール板を過ぎて大きく息を吐いていたように、少し体付きに余裕があったように思いますし、一叩きしたことで次はもっと状態が上がってくると思いますよ」

勢司和浩調教師「初めてのダートで変わり身を見せてくれればと思っていましたが、悪くないレースをしてくれたと思います。直線で内に切れ込んでいった時の脚には見所がありましたし、ジョッキーはとてもクレバーな馬で乗りやすかったと言ってくれました。この後はレース後の状態を見てどうするか判断させていただきたいと思います」


芝でなかなか結果も出ず、初ダートに挑戦しました。
結果は7着と可もなく不可もなくといった感じですが、個人的には悪くなかったと思います。
ただ、勝ち負けできるかと言われると結構厳しいようにも感じます。
この馬は芝での条件さえ揃えばしっかり結果の出せる馬です。
馬場や展開などに左右されるタイプなのですが、何度も出してそういう条件が揃うのを待つほうがいいのかもしれません。
関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ