FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。
月別アーカイブ  [ 2019年07月 ] 

シルクの実績制を武器に変えるには

昨日は実績制について長文で熱く書かせてもらいました。
たくさんの拍手、コメントありがとうございます。
色々な意見があるのは承知の上でしたが、結局は今ある制度の中でいかに上手に立ち回っていけるかということになると思います。
文中にも何度も書きましたが、実績制はおそらく当分無くなりません。
そうであるなら、その実績制と上手に付き合い、できればうまく利用したいものです。

以前にも似たような内容を書いたのですが、せっかくの機会ですしまた書こうと思います。
過去の実績ボーダーラインを見てみるとある程度実績の効力がわかってきます。
3年実績1000万が好きな馬を取り放題ラインとなります。
3年実績500万ですとずば抜けた必要実績の1~2頭以外なら好き放題に出資できます。
3年実績300万になると5頭前後が実績では取れなくなりますが、それ以外の60頭は取り放題になります。
300万という実績は年間100万の予算ということになり、それくらいの予算の方はそこそこいらっしゃると思います。

そして、3年実績100万となるとどうなるでしょうか?
私もそれくらいの実績となります。
年間33万円前後の予算ということになりますので、一口馬主としてもかなり多い層かなと思っています。
去年実績100万あれば取れた馬はどういう馬たちでしょうか?

5.サロミナの17  906,000
6.ポーレンの17  596,000
13.ウインフロレゾンの17  902,000
14.ウィズザフロウの17  508,000
27.レースウィングの17  574,000
28.ユキチャンの17  718,000
29.エンプレスティアラの17  766,000
31.シャンボールフィズの17  652,000
33.ポルケテスエーニョの17  866,000
39.マンビアの17  580,000
44.シャトーブランシュの17  950,000
51.モンローブロンドの17  412,000
56.サダムグランジュテの17  622,000
61.アーデルハイトの17  974,000
65.テーブルロンドの17  968,000

既に新馬勝ちをしているサロミナの17、エンプレスティアラの17も100万あれば取れたのです。
それ以外にもかなりの良血、期待馬が多数いることがわかります。
この年の1次満口は37頭、そのうち100万実績で取れた馬は15頭ということですから、実績100万あれば22頭以外は好き放題出資できます。
まぁ22頭は結構多いとは思いますが、その中からどうしても欲しい馬には抽優馬を使っていくのが良いでしょう。
このように上を見ればキリがありませんが、弱者でも選択と集中をすれば実績制度は利用できるのです。
同じ一口馬主の予算30万でも、シルクで30万毎年使えば実績100万程度になり武器となります。
しかし、複数クラブに分割してしまうとシルクでは15万くらいしか使えずに実績も50万程度では武器になりません。

実際、私も実績100万を武器に使って毎年馬を確保しています。
・2018年
6.ポーレンの17  596,000
27.レースウィングの17  574,000
33.ポルケテスエーニョの17  866,000
39.マンビアの17  580,000

・2017年
4.スイープトウショウの16  740,000
17.アンティフォナの16  482,000

・2016年
48.ウーマンシークレットの15 596,000円
58.ウインフロレゾンの15 366,000円

このように毎年実績で馬を複数頭確保しているのです。
あれだけ実績制に批判的でありながら、誰よりも実績を吟味し票読みをしうまく利用しているのです。
シルクでやっていく限り、この実績制度と付き合っていくしかないでしょう。
そうであるなら、是非自分の実績を改めて見直してみて、その効力の大きさを把握しておいてほしいのです。
予算10~15万で一口馬主をシルクで楽しまれている方もたくさんいらっしゃるでしょう。
ただ、3年実績30~45万では武器としては力がありません。
私の実績で取れた馬を見てもらえばわかりますが、実績60万でも結構取れていたことがわかります。
もし、無理なく予算を25~30万にできるのであれば、実績100万近くとなり結構戦える武器となるのです。
もちろん、人の予算に口出しをするつもりはありませんが、実例をして書いてみたまでです。
このように自分の予算を実績を想定して組み、その上で必要実績の票読みなどをし、うまく欲しい馬取れそうな馬を確保していくというのがシルクでの戦略となっています。

今年はシルク会員もますます増え、抽選部分の200口の争奪戦は激しさを増すと思われます。
会員数と抽優馬はイコールであり、会員が増えれば増えるほど抽優馬数も増えて取れなくなっていくからです。
その反面、個人的には実績はそこまで変動しないのではないかと思っています。
満口馬は増えるとは思いますが、実績は上位は異次元の戦いになるでしょうが、あとは平均化が起こるはずです。
会員は増えても馬の頭数が増えているわけではないので、全体の募集金額がそこまで変わりません。
全頭売り切れたと言う事はこれ以上実績の上限が増えることは少なく、その反面会員数が増えているため一人当たりの出資頭数が分散されます。
1000個の饅頭を100人で取り合えば平均10個ですが、1000人で取り合えば平均1個なのです。
饅頭の数が変わらない以上、取り合う人数が増えれば平均は下がっていくのです。
全く同じとはいきませんが、これに近いことが実績制でも起こってくるはずなのです。
実際は、頭数も少し増え、全頭完売も今年が初めてなので多少上がるとは思います。
それでも、今年は昨年と実績のボーダーはあまり変動はないのではないかと考えています。

私はこのブログを始めて5年以上が経ちました。
その間、飽きもせずずっとシルクというクラブのことを書き続けてきました。
確かに実績制には常に否定的な立場ではありますが、それでもシルクが好きでやっています。
今あるシルクの現状、制度の中でどうやったら上手な出資ができるのかを常に考えています。
今後も変わること変わらないことたくさんあると思います。
その時その時、臨機応変に弱者の兵法で楽しむ方法を見つけていきたいものです。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/07/05 22:05 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(8)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ