FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

骨折、骨折、骨折、骨折・・・

さぁ、シルクの1次募集もそろそろ始まるぞっていうときにモチベが最底辺まで落ちています。
ここ一ヶ月で過去経験したことがないレベルで愛馬が故障しまくっているのです。

・キューグレーダー

2019.06.13 所有馬情報
在厩場所:美浦トレセン/15日に北海道・ノーザンファーム早来へ放牧予定
調教内容:
次走予定:未定
骨膜が出ていた部分ですが、前回と同じ右前橈骨遠位端の骨折という診断がおりました。ただし、前回は外側でしたが、今回は内側の骨折ということで見舞金6ヶ月の対象になります。また、当初はノーザンファーム天栄へ放牧予定でしたが、社台ホースクリニックにてオペを行うことになったため、15日に直接ノーザンファーム早来へ放牧予定と変更しております。



・サンテローズ

2019.06.20 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:
担当者「この中間も坂路調教主体で進められていましたが、19日の獣医のチェックにて左前に熱感と腫れが見つかりました。そして、20日に詳しい検査を行ったところ左前第1指骨背側部分の骨折が確認されました。本来であれば、今週末ノーザンファームしがらきへ移動する予定でしたが取り止め、近日中に患部の骨片除去手術を行う方針です」



・ハーモニクス

2019.07.10 近況
在厩場所:10日に美浦トレセンへ帰厩
天栄担当者「帰厩へ向けて坂路調教のペースを上げていたのですが、先週末に右後肢の繋に腫れが見られるようになりました。しばらく様子を見ても変化がないことからレントゲン検査を実施したところ、第一趾骨の骨折が判明しました。こちらの獣医と相談したところ『骨折線が広がっていく可能性があることから、固定手術を行った方がいいだろう』ということになり、急遽ではありますが武市調教師に入厩検疫枠を確保してもらい10日に移動しました。美浦トレセン内の診療所で再度検査を行い、12日に手術を行う予定です」



・アーティファクト

2019.07.10 所有馬情報
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:10日に坂路コースで時計
古賀慎明調教師「10日に坂路コースで追い切りを行っている途中、手前を替えたところで乗り手が異変に気付き、最後は無理をさせませんでした。厩舎に戻って馬体を確認したところ、右前第1指骨の骨折が確認されました。骨折線が縦に入っているので、早急にボルトで固定する必要があり、本日中に手術を行う予定です。この状態から、未勝利戦がある内の復帰は難しいと言わざるを得ません。しばらくはトレセン内の診療所で入院することになりますので、退院し移動が可能となってから抹消の手続きに移ります。レースに向けて進めていた矢先にこのようなことになってしまい、誠に申し訳ございません。最後までアーティファクトのために最善を尽くしたいと思います」



先月の2頭の骨折だけでもかなり落ち込んでブログを1週間休んだくらいです。
それに加えて昨日また骨折。
しかも2頭も・・・

キューグレーダーは骨折からやっと復帰するぞっていうところでまた骨折・・・
サンテローズとハーモニクスは期待の2歳馬で早期デビューも楽しみだったところでの骨折・・・・
アーティファクトはデビューが遅れ、2戦目で3着に入り次は勝ち負けというところで骨折・・・
4頭ともにかなりショックの大きい骨折でした。
骨折はいつおきても残念な故障ではありますが、4頭ともに1番ショックの大きいタイミングで本当に萎えました。

1次募集に向けて、かなりブログも気合入れて書いてきていたのですが、さすがに昨日の2頭の骨折はきつすぎましたね。
運が悪かっただけなのか、それとも馬選びに問題があったのか。
特にやっぱりアーティファクトがショックがでかいです。
勝ちあがれそうだった3歳馬がこの時期に故障って天国から地獄ですからね。
他の3頭はまだ復帰後頑張ってもらえばなんとか・・・
好調なシルクの中で不幸を一身に背負ったかのようなこの骨折地獄。
なんとかカタログ発表までにモチベが上がる出来事が起らないものでしょうかね。
愚痴っぽい内容になってしまいましたが、まぁここまで骨折続きなのでお許しください。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/07/11 19:58 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)

インヘリットデール18戦目、ここにきて気性が

2019.07.08 レース結果

 7/7(日)中京10R 有松特別〔芝1,600m・15頭〕5着[3人気]

まずまずのスタートを切りますが、行き脚が付かず促しながらの追走となります。徐々にポジションを押し上げて行き、最後の直線で追い出しに掛かると、ジワジワ脚を伸ばしましたが、僅かに届かず勝ち馬とは0.2秒差の5着に敗れています。

川田将雅騎手「跨った瞬間に急にスイッチが入り、馬場入りをゴネてなかなか進んでいかず、返し馬でも自分から進んで走って行こうとする気持ちが見られませんでした。レースも同じで、促しながらやっと流れに乗っていくことが出来たぐらいでしたし、勝負どころで追い出しに掛かるとフォームが上擦って推進力に欠けた走りでした。そんな中でも5着に来るぐらいですし、ポテンシャルの高い馬なのは間違いないので、気難しさをどう改善していけるかに尽きますね」

担当助手「パドックでは大人しくしていますが、ジョッキーが跨るとスイッチが入ってしまうために、後出しで地下馬道を出てから川田騎手に跨ってもらいました。パドックから地下馬道を歩いている間は落ち着いていましたが、ジョッキーが跨った瞬間に気難しさを出して、馬場に入るのを嫌がってしまいました。返し馬も自分から進んで走って行こうとしていませんでしたし、走りに対して嫌気が差しているような感じでした。ジョッキーの話ではレース中も同じような感じだったと言っていましたし、力をしっかり出し切っていない感じですね。それでも大きく負けていないですし、力があるのは分かっているだけに、何とか改善出来るようにしていかないといけませんね。今後についてはトレセンに戻って調教師に状態を見てもらってから検討することになっています」


17戦目は大きな問題となった薬物問題で除外に。
結局、3着相当の賞金が入ることになったようで、ここ良い結果が出れば除外になって体調もより良くなり賞金もゲットとあの事件も悪くなかったということに。
ただ結果は5着と残念。
いい感じではあったのですが最後の伸び脚がいまいちでした。
気性も悪くなってきてるようで心配ですね。
残り半年くらいなのでもう1勝なんとか頑張ってほしいですね。
関連記事

インヘリットデール16戦目

2019.03.18 レース結果

 3/16(土)中山9R 鎌ヶ谷特別〔芝1,600m・10頭〕4着[4人気]

パドック先出し。まずまずのスタートから、道中は中団で構えます。そのままの位置で、直線は外に持ち出されるとジワジワと伸びて、人気通りの4着でゴールしています。

石橋脩騎手「以前に乗せていただいた時よりも、返し馬で力が入っていました。ただ、その部分がレースでも引きずっていた感じはありませんでしたし、レースで難しさを出すようになるまではあまり気を使わなくても良いと思います。今日は3コーナーから急激にペースが上がって、内で競馬を進めていた馬が上位を独占するような展開でしたから、この馬のように外目で競馬をさせられた馬たちにとっては少し厳しかったですね。ただ、距離短縮でも良いスピードを見せてくれましたし、今ならもっと距離を詰めても対応できると思いますよ」

高野友和調教師「今日は前半のペースが緩かったものの、急激にペースが上がって長く良い脚を使える馬でないと勝負にならない特殊なレースでした。それに、上位の3頭は最終的に内目を通ってきた馬たちですし、それを考えると外枠から終始外目を回されたこの馬は内容のある競馬をしてくれたと思います。今回は距離を詰めてみましたが、スピードは通用しそうですし、1,400mくらいまでなら問題なさそうですね。今後についてですが、まずはトレセンでの状態を確認して、予定を決めたいと思います」

関連記事

インヘリットデール15戦目

2019.02.18 レース結果

 2/17(日)京都9R 春日特別〔芝1,800m・8頭〕3着[2人気]

まずまずのスタートから2番手に取り付けていきます。持ったままの手応えで先頭に並び掛け、直線で満を持して追い上げにかかりますが、思いのほか伸び切れず3着でレースを終えています。

北村友一騎手「スッと良いポジションに取り付けることが出来ましたし、その後もリラックスして走ってくれました。レース内容としては悪くありませんでしたが、ペースが落ち着いたところでフッと気を抜いたりして、集中力が持続出来ないところが気になりました。勝負どころでも耳をギュッと絞って変なところを見せていたので、最後の直線ではワンテンポ追い出しを待って仕掛けて行きましたが、反応良く伸びてくれたものの、使える脚は一瞬だけでした。距離はもう少し短い方が集中力が持続すると思いますし、ペースが落ち着く外回りコースよりは、ペースが緩まないようなコース形態の方がこの馬には向いているかもしれません」

高野友和調教師「スタートからジョッキーがそれほど促さなくてもスッと好位をキープ出来ましたし、レースの進め方は良かったと思います。追い出しを待っていましたが、恐らく追ってからもそれほど脚を使える感じではなかったのでしょうね。勝った馬は確かに強かったと思いますが、2着馬にも1馬身以上の差を付けられて完敗でした。ここ数戦の内容からゴール前で使える脚が短くなっていますし、スタートからの行きっぷりを見ると、今はもう少し短い距離の方が合っているのかもしれません。次走に関してはマイルか、それよりも短い距離でも考えてみたいと思います」

関連記事

インヘリットデール14戦目

2018.12.17 レース結果

 12/16(日)阪神9R 蛍池特別〔芝2,000m・9頭〕4着[3人気]

まずまずのスタートから中団5,6番手あたりを追走、前に壁を作りながら最後の直線に差し掛かり、外に出して懸命に追われますが、思いのほか伸び切れず4着でゴールしています。

川田将雅騎手「前回はテンションが高かったようですが、今回はそのようなことは全くなかったですよ。厩舎サイドがテンションを上げないように工夫をしていたこともあって、返し馬からゲートインするところまで落ち着いていましたし、レースでも折り合いを欠くこともなく勝負どころまで理想の競馬が出来ました。ギリギリまで追い出しを我慢し、満を持して仕掛けに入りましたが、グッとくるところがあったものの、それは一瞬だけで最後はジリジリとしか伸びてくれませんでした。状態云々というよりは、距離が長い印象を受けたので、1,600mから1,800mぐらいがこの馬には向いているかもしれませんね」

高野友和調教師「今回は出来るだけテンションが上がらないように心掛けましたが、馬場入場から返し馬まで丁寧に行えましたし、ゲート裏でも落ち着きを保っていました。レースに行っても気負うことはなく、前に馬を置いて理想の競馬をしてくれましたが、思いのほか伸びなかったですね。手応えほど伸び切れなかったということはジョッキーが言うように距離が1ハロンほど長いのかもしれません。いい結果を出せなかったのは残念ですが、レース内容としては悪くなかったので、次走に気持ちを切り替えていきたいと思います。この後はトレセンに戻って状態を確認したうえで今後の予定を検討させていただきます」

関連記事

ジュエルインザサン5戦目

2019.06.24 レース結果

 6/22(土)東京2R 3歳未勝利〔D1,600m・16頭〕7着[6人気]

スッと行き脚を付けて、道中は好位の3番手あたりを追走、直線ではラチ沿いから脚を伸ばそうとしますが、ジリジリとした脚しか使えず、中団で流れ込んでいます。

丸山元気騎手「ゲート内での駐立はジッとしていませんでしたが、タイミング良く出られました。道中は良い位置でリズム良く運ぶことが出来ましたし、どこも悪かったところは見当たらないのですが、直線ではもう一つギアが上がりませんでした。広いコースの分、コーナリングはスムーズでしたが、直線に坂があり地力が問われる東京競馬場だと少し辛い部分があるのかもしれません」

和田正一郎調教師「意識的に前回よりスッキリさせて送り出したいと思っていたので、マイナス10㎏は想定通りでした。見た目には細く映りませんでしたし、状態的には悪くはなかったと思います。ただ、道中ずっと馬込みの中で競馬をするというのも、これまであまり経験がなかったことなので、その分直線での伸びに影響してしまったのかもしれないですね。この後はトレセンに戻ってよく状態を確認させていただいてから、どうするか検討したいと思います」


個人的には勝ち負けだと思っていたのですが良くなかったですね。
ちょっと勝ちあがりが心配になってきました。
ここら辺でもう一度芝を見てみたいところです。
北海道に移動して長めの距離の芝で見てみたいですね。
関連記事

ジュエルインザサン4戦目

2019.05.06 レース結果

 5/5(日)新潟1R 3歳未勝利〔D1,800m・13頭〕4着[3人気]

まずまずのスタートを切ると、道中は好位の3番手を追走、3,4コーナー中間あたりから促され、直線はジリジリと脚を伸ばしましたが、上位3頭と離された4着でゴールしています。

丸山元気騎手「ゲートでは結構煩いところを見せていましたね。立ち上がろうとしたり、逆に潜ろうとしたりとなかなかジッとしてくれませんでしたが、遅れずにスタートを切ることが出来ました。道中は良い感じに進められたのですが、右トモに弱いところがあるのか、左回りだとコーナーの走りがぎこちなかったですね。勝負どころでペースが上がるとモタモタして促して行けないといけなかったですし、最後まで頑張っているものの直線の脚もジリジリといった感じでした」

和田正一郎調教師「この中間はとても状態が良くて、このメンバーならもう少しやれると思ったのですが、4コーナーで手応えが悪くなってしまいました。ただ、スタートして促すと先行できましたし、最後も勝負根性を見せてくれて、レースを重ねる毎に内容は良くなってきていますね。あと、初戦以来の左回りだったのですが、少しモタれるような仕草を見せてしまいましたので、そこは修正いていかなくてはいけません。今後については優先出走権を手にしましたが、まずはトレセンでの状態を確認して決めたいと思います」

関連記事

ジュエルインザサン3戦目

2019.02.25 レース結果

 2/24(日)中山1R 3歳未勝利〔Ⅾ1,800m・16頭〕5着[5人気]

躓きながらもスタートを決めて、好位から競馬をします。道中もそのままの位置で進めると、最後は流れ込むように掲示板を確保しています。

F.ブロンデル騎手「前走と同様に砂を被ったところで嫌がっていましたが、レースを進めていく内に徐々に慣れてくれました。今日は促しながら位置を取ったにも関わらず、最後まで止まらなかったことを考えると、距離はもっと有った方が良いと思いますし、ゆったりと運べて砂を被らない位置ならこの馬の力を発揮できると思います。前回乗せていただいた時よりも心身共に成長を感じますので、これから更に良くなってくるでしょうし、今後が楽しみですね」

和田正一郎調教師「ゲート内で動いていた時に扉が開いたことで、躓くように出てしまいました。道中の行きっぷりは砂を被ったことでまだまだでしたが、前走よりは慣れてくれて全体的には良くなったと思います。外目の枠だったら手応え良く運べて、結果は違ったかもしれませんが、まだ少しずつ競馬を教えていっている段階ですし、これからもっと良くなってきてくれると思いますね。優先出走権を獲りましたが、あくまで馬の状態を優先したうえで今後の予定を考えたいと思います」

関連記事

ジュエルインザサン2戦目

2019.01.07 レース結果

 1/5(土)中山2R 3歳未勝利〔Ⅾ1,800m・16頭〕6着[7人気]

前走に続いてスタートで遅れてしまい、後方からレースを進めます。向こう正面で徐々に鞍上の手が動いて前との差を詰めますが、上位に食い込むまではいかず、初めてのダート戦は6着でゴールしています。

F.ブロンデル騎手「ゲートの出が遅かったので、スタート後は砂を被る形になりましたが、そこでかなり頭を上げて嫌がっていました。ですから、道中はキックバックを受けないように外目を追走していったのですが、直線も大外を回る展開になってしまい、とてもロスの多い競馬になってしまいましたね。それでも、最後まで脚色は良かったですし、長く脚を使ってくれましたから、能力はあると感じました。今日乗った感じですと、ゲートを出てすぐ分かるほど砂を被ることに対して嫌気が差していたので、それを考えれば芝の方が良いのかもしれませんね」

和田正一郎調教師「ゲートで待たされたことで、びっくりするようにスタートを切ってしまいましたね。後ろからの競馬になったことで砂を被る形になったのですが、とても嫌がって走っているように見受けられました。元々、嫌なことがあると前向きさを欠くタイプですから、今日はそういったこともあって序盤はなかなか進んでくれなかったのだと思います。また、ジョッキーも言っていたように砂を被らないために外目を追走したことでロスが多いレースになってしまいましたので、その点は痛かったですね。ただ、ダートの走り自体は悪くなかったと思いますし、今日は初めてのダート戦ですから、これから徐々に慣れていけばもっと上の着順を狙える馬ですよ。この後はトレセンに戻ってからの状態を見て、どうするか考えたいと思います」

関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ