FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク2019年募集馬の全頭レビュー(6~10)

昨日はたくさんの拍手をありがとうございます。
たった1日で120以上というのは最高記録だと思います。
なので、張り切って今日は10頭くらい書こうと思ったのですがやっぱり時間がかかりますね。
通常は5頭づつ、時間のある時に10頭みたいな感じになりそうです。


6、レーヴディマンの18
牡 90,000円
父 ハーツクライ 生年月日 2018年5月16日
母 レーヴディマン 厩舎 美浦 田村康仁
母の父 Highest Honor 生産 ノーザンファーム
153.5 169.0 21.5 396
【血統評価】B-
母はフランス1勝馬、海外の産駒にはG1馬もいるようです。
近親にはレーヴドスカーの一族もいます。
産駒は日本で4頭デビューし勝ち上がりは3勝上げた1頭のみ。
4年連続ディープをつけている期待の繁殖のわりには成績はいまいちです。
この仔は、父がハーツクライに変わってどうかというところでしょうね。
サイズが小さめの子が多かったので、父がハーツに変わって大きくなれば成功でしょうね。
【馬体評価】B+
5月生まれのわりにトモも大きく見せますしボリュームがあっていいですね。
もう少し筋肉のメリハリがほしいですが、皮膚感はいいですよね。
測尺はまだそこまで大きなサイズではありませんが、数字以上に大きく見せるので良いと思います。
歩様は前を外に回しますがハーツ産駒なので問題ないです。
【総合評価】B
キャロットでずっと募集されてきましたが結果が出ずにシルクにまわってきました。
日本での産駒成績を見ると価格は高く感じます。
重要なのは父がハーツに変わってどうかという一点ですが、5月生まれということもあり肝心のサイズアップができたかわからないのが困りますね。
まぁ、管囲もありますしおそらく平均以上のサイズには成長すると思います。
今までの産駒のようにパッとしないで終わる可能性も高い反面、一発もありそうで難しい一頭です。


7、ピラミマの18
牝 100,000円
父 ハーツクライ 生年月日 2018年4月16日
母 ピラミマ 厩舎 美浦 藤沢和雄
母の父 Unbridled's Song 生産 ノーザンファーム
157.0 173.0 19.5 461
【血統評価】A+
母は未勝利。
産駒は6頭デビューし全頭勝ち上がりと超一流の繁殖です。
その中にはG1馬スワーヴリチャードをはじめ、バンドワゴンら4勝馬が3頭、あとは2勝とすべてが複数勝利です。
この仔はスワーヴリチャードの全妹で、全姉のエマノンも4勝しており相性も抜群ですね。
ただその分価格も高騰しており、しっかり回収できるかも見極めたいところです。
【馬体評価】C-
繋ぎが立ち気味で前脚が少し曲がっているように見えます。
馬体自体はバランスも良く本当に良い馬ですね。
測尺も申し分ありません。
歩様は、左後ろがかなり怖く感じます。
馬体が立派で馬体重もかなり増えそうなだけに、足元がとにかく怖く感じます。
【総合評価】C
血統評価が最高評価ですが、足元の評価が低く難しいですね。
能力はG1級でもおかしくない馬ですが、故障なくいけるかどうかになりそうです。
私が足元が怖いとかなり評価を下げた馬でも重賞勝った馬もいますし、ずっと調教もままならない馬もいます。
どちらに出るかはわかりません。
本来なら上位人気間違い無しの馬ですので、逆に少し取りやすくなるということはあるかもしれませんけどね。


8、プチノワールの18
牝 80,000円
父 ハーツクライ 生年月日 2018年4月23日
母 プチノワール 厩舎 美浦 新規開業
母の父 Singspiel 生産 ノーザンファーム
152.0 168.5 20.0 414
【血統評価】A-
母は未出走。
産駒は5頭デビューしており、4頭が勝ち上がりと好成績。
特にローブティサージュはシルクのG1馬で、残りの3頭も2勝しています。
ただ価格もかなり高騰しているので2勝では全く回収できておりません。
意外にもハーツクライの産駒は今回が初めて。
色々な種牡馬を付けていますが、特に傾向もなく種を選ばないタイプなので問題ないでしょう。
【馬体評価】B+
バランスも良く、トモも大きくて文句ありません。
この繁殖は良い子を出しますよね。
でも、そのわりに成績が1頭以外そこまでじゃないのが不思議です。
歩様は右後ろが少しカクカクしてるように見えるのですが、黒い馬体と影でよくわかりません。
よくわからないので今回は問題なしとしますが、ツアーで確認してみてください。
前は当たり前のように外に開きますね。
なんでハーツクライ産駒ってこれだけは100%遺伝するんでしょう。
【総合評価】B+
血統も魅力がありますし、馬体も文句ありません。
歩様だけ少し気になりますが、動画ではわからないのでツアーで確認してみてください。
全然問題ない可能性が高いとは思います。
シルクは後ろからの歩様の動画が短いんですよね。
とにかく、普通に良い馬だと思いますが、少し高い気もします。
あとは厩舎も気になりますよね。


9、リュラの18
牡 100,000円
父 ロードカナロア 生年月日 2018年1月28日
母 リュラ 厩舎 美浦 国枝栄
母の父 ステイゴールド 生産 ノーザンファーム
152.0 175.0 21.1 440
【血統評価】B+
母は未勝利でG1馬ハープスターの妹になり、祖母はヒストリックスターでベガの一族です。
初仔になります。
リュラの半姉にヒストリックレディがおり、その産駒にロードカナロアとの仔ラーレがいます。
つまり、同じような配合になりますが、地方で1戦のみで引退していますね。
ヒストリックスターの産駒もハープスター以外はぱっとしません。
確かに良血ではありますが、価格が高い印象です。
【馬体評価】B
まずまずのバランスでまずまずの筋肉量で何が悪いとは感じません。
ただ、小さくまとまってる印象が強いです。
測尺は体高が少し低めですが、1月生まれですしもう少し見栄えがしてもいいと思うのですが。
カナロア産駒は大きすぎないほうが良い傾向もあるので、これくらいがいいのかもしれませんけどね。
歩様はまずまずです。
【総合評価】B
血統が良いのはわかるのですが、10万円はやっぱり高いと思います。
母はレースでは全く結果が出ませんでしたし、だから母親優先があるのにキャロットではなくシルクにきたわけです。
悪い馬では全然ないのですが価格ほどの大物感には欠けると感じました。
それでも欠点は少ないので人気の一頭にはなりそうです。


10、パープルセイルの18
牝 56,000円
父 ロードカナロア 生年月日 2018年4月13日
母 パープルセイル 厩舎 美浦 古賀慎明
母の父 フジキセキ 生産 ノーザンファーム
144.5 169.5 18.8 397
【血統評価】C+
母は2勝、祖母はフランスの活躍馬のようですね。
初仔になります。
母の半姉のエルダンジュは繁殖としても成功しています。
キンカメ産駒のアドマイヤスピカは5勝、ロードカナロア産駒の4歳馬も勝ちあがっています。
同じような配合の活躍馬がいますので面白そうな一頭ですね。
【馬体評価】C-
単純にまずは小さいですよね。
特に体高が低すぎます。
4月生まれだと言っても体高はそこまで大きくなる保証はありません。
線の切れ目がくっきり出る馬が良いという話もありますが全然出ておらずメリハリがありません。
歩様は問題ありません。
【総合評価】C-
本来なら様子見して体高がどれくらい大きくなるか見てから出資判断をしたいところです。
今のシルクでカナロア産駒が売れ残るとは思えませんので無理でしょうけどね。
そういう馬にしては価格もカナロア牝馬としての通常レベルなので高く感じます。


ここまでの印象ですが、なんか今年は血統の字面は良かったんですが馬体が気になる馬が多いです。
特に体高の低い馬が多く、歩様もこれは問題ないとはっきり言える馬が今のところ結構少ないです。
動画も後ろからのは8歩、前からのが10歩と後ろの映像が短く、単にちょっとふらついたのかそういう歩様なのかわかりにくい気がします。
それにしてもこんなペースで終われるのでしょうか。
去年も結局後半は文章量を簡素化して完走しました。
今年はこの分量のまま最後までいきたいと思っているんですけどね。
明日もちょっと忙しいので5頭になると思います。
本当は動画の再生数とかの人気ランキングとかもやりたいんですけどね。
それはまた後日やります。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ