FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

キャロット1次募集最終結果・・・果たして入会できるのか?

【第1次募集最終結果】
<母馬優先対象馬>
A・母馬優先+最優先(過去2年最優先落選、前年最優先落選)および最優先希望枠(過去2年最優先落選)は当選、母馬優先+最優先(前年最優先当選)および最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選
10.バウンスシャッセの18

B・母馬優先+最優先は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選
該当馬なし

C・母馬優先+最優先は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選
70.マルティンスタークの18

D・母馬優先+最優先は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選
11.フロアクラフトの18
14.マリアライトの18
30.ロスヴァイセの18
33.ピュクシスの18
39.マイティースルーの18
58.ケルシャンスの18
67.ラフォルジュルネの18

E・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選
03.ラドラーダの18

F・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選
08.ディアデラノビアの18

G・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選
55.ペルレンケッテの18
56.カイゼリンの18

H・母馬優先+最優先および最優先希望枠内は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および一般出資枠内で抽選
05.サンブルエミューズの18
69.アンレールの18

I・母馬優先枠内および最優先希望枠内は当選、一般出資枠で抽選
15.ケイティーズハートの18
16.ローズノーブルの18
22.ブルーメンブラットの18
24.ヴィータアレグリアの18
25.ローガンサファイアの18
26.エカルラートの18
27.エンシェントヒルの18
38.ピースエンブレムの18
47.シシリアンブリーズの18
51.バイラオーラの18
52.フェルミオンの18
53.エルミラドールの18
59.ヴィートマルシェの18
60.グランデアモーレの18
61.シンハライトの18
63.シーザリオの18
64.リラヴァティの18
71.オリエンタルポピーの18
73.ユールフェストの18
77.リーチコンセンサスの18
78.スペクトロライトの18
79.ピンクアリエスの18
87.カイカヨソウの18

<母馬優先非対象馬>
A・最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選
該当馬なし

B・最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選
01.ヒストリックスターの18
20.ヒルダズパッションの18
46.アディクティドの18

C・最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選
42.ポロンナルワの18
48.リリサイドの18

D・最優先希望枠内は当選、一般出資枠内で抽選
07.アゼリの18
09.シユーマの18
13.ジュエルトウショウの18
19.アートプリンセスの18
29.イグジビットワンの18
31.マンドゥラの18
35.ビアンカシェボンの18
36.ヒカルアモーレの18
37.アビラの18
44.オーサムフェザーの18
54.フィールザレースの18
56.ボンジュールココロの18
65.ジュモーの18
66.イストワールの18
68.ツィンクルヴェールの18
72.ムーングロウの18
76.クルージンミジーの18
83.ダンスウィズキトゥンの18

※遅延歴がある場合、この限りではありません。予めご了承ください。

以下に挙げる募集馬は、既存会員では満口とならなかったものの、新規入会者の申込口数を含めると400口(地方入厩予定馬は100口)を超えたため、新規入会者内での抽選となります。

A・既存会員は当選、新規入会者の最優先希望枠内で抽選
該当馬なし

B・既存会員は当選、新規入会者の一般出資枠内で抽選
06.クルミナルの18
17.ヴァイスゴルトの18
18.ディアデラマドレの18
23.ピュアブリーゼの18
34.ディアマイベイビーの18
40.ヴェラブランカの18
80.カラベルラティーナの18
82.シーズンズベストの18



28.フォルテピアノの名前はありません。

はい、無事出資はできそうです。
一安心ですね。

残りの3頭はノーチャンスでした。
フィールザレースの18
エンシェントヒルの18
ジュエルトウショウの18
会員だったら一般でチャンスはあったようですが、新規には無理でしたね。

まぁ、とりあえず1頭は取れたということで書類などに不備がなければ入会はできそうです。
取れたフォルテピアノの18も堅実に楽しめそうな馬ですし良かったです。
もっと出資したくないようなレベルの馬に無理して出資して何とか入会するみたいなケースも考えていました。
しかし、この馬は【総合評価】B-で十分出資候補でしたし、値段も安くハズレを出さない堅実な繁殖で会員だったとしても申し込んでいたかもしれません。
牝馬ですし、将来は母親優先になるくらいの活躍を期待したいですね。

キャロット会員皆様どうぞよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/09/18 18:34 ] キャロットクラブ | TB(0) | CM(16)

2019年社台スタリオンの種付け頭数を見ながら色々考える

2019年 社台スタリオンステーション 種付け頭数
245頭 (-49) ロードカナロア
225頭 (-18) ルーラーシップ
224頭 (+4) エピファネイア
217頭 (+5) ハービンジャー
214頭 (+66) ジャスタウェイ
212頭 (-33) モーリス
207頭 (new) サトノクラウン
204頭 (-3) ドレフォン
184頭 (-106) ドゥラメンテ
180頭 (+6) ハーツクライ
177頭 (new) リアルスティール
164頭 (+12) キズナ
156頭 (+28) キンシャサノキセキ
155頭 (+19) ダイワメジャー
155頭 (new) マインドユアビスケッツ
144頭 (new) サトノダイヤモンド
142頭 (-28) イスラボニータ
142頭 (-17) ミッキーアイル
132頭 (new) レッドファルクス
118頭 (+82) リアルインパクト
110頭 (-20) キタサンブラック
90頭 (-28) サトノアラジン
90頭 (-7) ロゴタイプ
72頭 (+24) ノヴェリスト
52頭 (-84) オルフェーヴル
32頭 (-20) リーチザクラウン
24頭 (-173) ディープインパクト
12頭 (-9) ドリームジャーニー
0頭 キングカメハメハ
0頭 クロフネ

毎年恒例、今年の社台SSの種付け頭数が発表されたのでデータを拾ってきました。
来年産まれて、再来年シルクやキャロットで募集されることになる子供たちです。
キンカメ、ディープの2大種牡馬が亡くなりましたが、ディープは24頭だけ種付けしています。
まぁ、おそらく来てもシルクに1頭とかそういうレベルだと思いますけどね。
こうやってみると今年は少し数が抑えられてる気がします。
アメリカでは種付け頭数の上限を決めようかという動きもあるようです。
ディープ、キンカメが亡くなったことと種付け頭数の因果関係はわかりませんがある程度の上限は必要かもしれません。
去年はカナロアやドゥラメンテは290頭以上つけてますので、さすがにやりすぎだと思います。
今年そのせいかドゥラメンテはかなり数を減らしました。
局部に出血があってしばらく中止していたという話もありますが、やっぱり無理させないほうが長くたくさん産駒を残せる気がします。

それはさておき、頭数を見ていきましょう。
種付け料と数からいってもエースとなるのはロードカナロアです。
ただ、距離適正などを見てもクラシックタイプではないので難しいですよね。
今年のシルクでもカナロア産駒はいまいち人気がありませんでした。
そうなると安定した人気と実績のハーツクライでしょうね。
ハーツは永遠の2番手といった感じでずっと種付け数も180前後くらいで安定していますし価格も大きく変わっていないのがいいですよね。
次にハービンジャーなんかも人気でしょうね。
一時期は価格も暴落し100頭近くまで減らしたのにブラストワンピースなどの活躍もあって急上昇です。

安定して活躍しているのはダイワメジャーやルーラーシップでしょう。
特にルーラーシップはお手頃価格で重賞馬も出るのでいいですよね。
ダイワメジャーは喉鳴りリスクが高まってる気がして最近ちょっと敬遠気味です。
それでもアドマイヤマーズなど活躍馬もまだまだ出てるし好馬体なので魅力的ですね。
ジャスタウェイも一気に頭数が増えてますし、ハーツの後継としては歓迎ですね。
まずはヴェロックスに重賞やG1を勝ってもらえるともっと人気になるでしょう。

新しめの種牡馬ではキズナ、エピファネイア、リアルインパクトなんかは結果も出していますので、今後も楽しみです。
特にキズナは早々に重賞馬も出しておりディープ後継としての期待が高まります。
エピファネイアなんかもディープ、キンカメ以外の系統として需要がありますね。
モーリス、ドゥラメンテはまずは産駒がデビューしてからでしょうね。
ドゥラメンテは気性が激しく、繋ぎが立ち気味の産駒が多いのが少し気がかりです。
モーリス産駒は馬体が肉厚でボリュームのある産駒が多く短距離馬っぽい傾向がありそうです。

新種牡馬はサトノクラウン、サトノダイヤモンド、リアルスティール、レッドファルクスですね。
1番多いのがサトノクラウンというのはちょっと意外でしたね。
まぁディープやキンカメ系ではない海外系なのでつけやすいですよね。
サトノダイヤモンドは4歳以降の戦績が汚れてしまったのが嫌われたのかもしれません。
有馬を勝って引退していればものすごい好待遇だったんでしょうけど、有り得ないことですし難しいですよね。
レッドファルクスなんかも意外と人気していて、サクラバクシンオー以来手薄な短距離種牡馬として狙い目かもしれません。

海外系としてはドレフォンが堅実に数をつけています。
2年連続で200頭以上つけていますしかなり社台グループとしても力を入れているように思います。
マインドユアビスケッツはアメリカの短距離ダート馬ですから、サウスヴィグラスが亡くなった後を狙えるかもしれません。
ノヴェリストが数を増やしているのは意外でしたね。

逆に心配な種牡馬も見ていきましょう。
やっぱりオルフェーヴルですよね。
ステイゴールドの後継だけあって一発型の宿命といいますが、大物も出すけどアベレージが低いというのが嫌われているのでしょう。
ただ、あれだけ歴史に残る名馬ですし種牡馬としてもやっぱり成功して欲しいと思うのが競馬ファンというもの。
シルクのオルフェ産駒は結果も出てますし、こつこつ結果を出していけばまた数も増えるはずです。
あとは一発型のわりに種付け料が高いので一気に下げればまだまだ数も増えて大物が出るチャンスも増えるでしょう。
個人的にはオルフェ産駒は一発があるわりに価格がかなり下がっていて我々お買い得狙いには好きな種牡馬です。
今年もシルクで一頭出資していますし、キャロットでも2頭申し込みましたからね。
あとはキタサンブラックですよね。
こちらもちょっと価格が高いように思います。
もう少し下げればつけたい人はたくさんいると思いますね。

最後に個人的にはお世話になったクロフネですね。
先週もクロフネ産駒のコバルトウィングが圧勝して勝ちあがってくれました。
私にとって思い出深いロッテンマイヤーもクロフネ産駒でしたね。
他にもベルフロレゾン、ジェイポップなどクロフネ産駒にはたくさん出資してきました。
今年0頭ということでおそらく種牡馬引退なのかもしれません。
もう21歳ですしね。
あとはゆっくり長生きしてほしいですね。

今年は種牡馬の勢力図も大きく変化のある年でした。
ディープ、キンカメが亡くなり、今後どのようになっていくのでしょうか?
この2頭の後継が頑張るのはもちろん、その他の勢力や海外勢もいて混沌としていきそうですね。
逆に考えれば色々な種牡馬にチャンスが増えることになり、我々のような高額馬には手がでない人間には楽しみが増えるかもしれません。
絶対にいるであろう掘り出し物を逃さないようにする相馬眼と嗅覚を今から磨いておかないといけませんね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
[ 2019/09/18 15:01 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ