FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク2019年1歳馬の近況コメントランキング(10月編)

毎月恒例のシルク近況ランキングです。
やっと馴致も終わって坂路調教を開始した馬も増えてきましたね。
その分、今までは褒め言葉ばっかりだった部分が課題も増えてきました。
少し頓挫してお休みした馬もいましたが大きな怪我は今のところありません。
ただ、皮膚病の文字が結構多く見かけたので気になりましたね。
まぁ調教などに大きな問題はない部分ですが、やっぱりストレスとかもあるんでしょうね。
今月は調教の進み具合でランク付けしました。
面白い傾向が見えた気がします。


1位・・・アナスタシアブルーの18 [父 モーリス:母 アナスタシアブルー]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「乗り出した後も問題なく、順調に進められていたことから、この中間から周回コースでの運動に加えて坂路にも入れています。現在は坂路でハロン18秒のペースで登坂していますが、まだ開始したばかりとあって、左右にフラフラとして力強さに欠けるところが見られますね。ただ、大きな馬体を活かした歩幅の大きな走りが出来ていますので、力を付けていくにつれてより良い動きが期待されます。体力的にはまだ足りていないところがあり、後半になっていくと走りが重くなってしまいますが、真面目な性格なので、最後まで諦めずに頑張って走ってくれます。ここまで調教を進めても性格は基本的に穏やかで、運動後もリラックスした様子が窺えます。飼い葉もよく食べているので、これから筋肉と体力を付けて成長していけば、今後がとても楽しみですね。」馬体重516kg


ハロン18秒でできてるのはこの馬だけですね。
この馬は私の実績でも取れそうで最後まで出資を迷った馬ですがちょっと後悔するかもしれません。


2位・・・レネットグルーヴの18 [父 モーリス:母 レネットグルーヴ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「この中間はロンギ場での運動を経て、坂路調教を開始いたしました。週3回ハロン18~19秒ペースを行っていますが、ウォーキングマシンや夜間放牧で体力強化を図ったことで、体力面に心配はありませんね。フォームも良くて力強い走りをしてくれるのが本馬の長所だと思います。気性に関しては少し我の強い部分はありますが、概ね問題ありません。心臓も強いタイプのような気がしますし、これから鍛え甲斐がありますね」馬体重483kg


ハロン18~19ということとその他の文面も悪くないので2位にしました。
モーリス産駒ではかなり人気になった馬で私もレビューで高評価した馬ですね。
大物になりそうな予感がします。


3位・・・アドマイヤテンバの18 [父 モーリス:母 アドマイヤテンバ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「現在は、週3回坂路コースでハロン18~19秒のキャンターを2本、週1回は周回コースで軽めのキャンター2,500mを中心に進められています。まだ体を持て余したような走りではあるものの、とても前向きですし、良い動きを見せていますよ。ただ、普段からピリピリしているところがあり、時折騎乗時も気の悪さを出すことがありますので、そこは今後の課題です。また、この中間に皮膚病が出てしまいましたが、ペースを落として休ませたことで今はその心配は要らないですね。今後も適度に休みを挟みつつ、良い状態をキープして進めていきたいと思います」馬体重499kg


こちらもはろん18~19まで進んでいます。
ただ気性の課題や皮膚病もあるので3位にしました。
ここでもう気づきましたよね。
1,2,3位と全部モーリス産駒です。
モーリス産駒は仕上がりが早い可能性が高く、これは今後の参考になるはずです。


4位・・・シャトーブランシュの18 [父 キングカメハメハ:母 シャトーブランシュ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「調教場の馴致に至るまで、特に手こずることなくスムーズに進み、現在は週1回周回コースをハッキングで1,500m、週2回は坂路コースをハロン18~20秒のキャンターで1~2本登坂しています。最近はようやく本格的な調教に入ってきましたが、凄く前向きで芯のしっかりした走りを見せていますので、これから調教を進めていくのが楽しみになりますね。また、他の馬の先頭に立って隊列を引っ張っていってくれるので、こちらとしてもとても助かっていますよ。ここまでの印象から非常に優秀な子だと思います。馬体も順調に成長していますし、良い状態をキープできています。非常に前向きな馬なので、その長所を活かせるように、競馬に必要な身体づくりをしてきたいです」馬体重484㎏


ハロン18~20ということでランクインです。
それ以外コメントも素晴らしいのでコメントだけなら1位でもいいくらいですね。
こちらもレビューで高評価した馬ですので期待できそうです。


5位・・・ローブティサージュの18 [父 ハーツクライ:母 ローブティサージュ]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「その後も馴致の方はスムーズに進めることができ、現在は週2回屋内坂路コースでハロン18~20秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整といったメニューをこなしています。まだトモに頼りないところがありますが、周回や坂路での運動時は頑張って後肢を使って走ってくれています。物覚えが良く順応が早いですし、馬房の中でも大人しくしており、心配していた精神面にも問題は見られませんね。十分な調教をこなしながら、飼い葉も食べていることから、馬体重が示すように良い感じに成長してくれています。フットワークには柔らかさがありますし、これにパワーが付いてくればさらに良い動きを見せてくれそうで楽しみにしています」馬体重451㎏


こちらも18~20まで進んでいます。
課題もありますが素質は高そうですね。
こちらもレビューで最高評価をつけた馬ですので楽しみです。


今回はかなり特徴の出たランキングになりました。
1,2,3位がモーリス産駒というのは絶対に覚えておいたほうが良いでしょう。
新種牡馬ですが、仕上がりが早く早期デビューが見込めるタイプの気がします。
4位、5位は私もレビューで高評価した馬になりました。
レビューで高評価ということはカタログ段階から馬体の出来が良かったということでもありますから、必然的に調教も進みますよね。
この世代、新種牡馬はドゥラメンテのほうが注目が高かった印象ですが、ドゥラメンテ産駒は気性に関するコメントも多く繋ぎが立ち気味で少し課題が多い感じがしてきています。
逆にモーリス産駒は当初から馬体に厚みがありダイワメジャー産駒に近い印象があったので、やっぱりダイワメジャーのように2歳戦から活躍できそうな感じがしますね。
1位、2位、3位どれも出資候補にしてはいた馬でしたが、この後どうなっていくか注目したいと思います。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ