FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

まーくの募集馬レビュー改革・・・【血統評価】編 その1

私が募集馬レビューを書くようになって6年くらいになります。
当初は2行くらいのコメントにAとかBとか評価と書いていただけのものでした。
それからコメントの分量がかなり増えていきました。
そして、今の形になったのが去年からです。
【血統評価】【馬体評価】【総合評価】の3つを記載する形ですね。

その中で最も問題があると思っているのが【血統評価】です。
すべてが曖昧でわかりにくいと自分でも感じています。
書いていることはカタログを見ればわかるようなことで、牝系図を文字化した程度のものに過ぎません。
だからと言って私はインブリードやクロスなどの配合理論はあまり重視していませんので書く予定もありません。
では、どうすればいいのかずっと考えていたのですが、まずは基準や目安を決めることが大事だと感じました。
血統評価Aって言われてもAって何なの?っていう部分もできるだけ明確化したいのです。

ただこれは曖昧だからこそ書きやすい部分も大きいのも事実なのです。
そもそも数値化できるものではなく、同じ馬は一頭たりともいない中でいかにバランスの良い基準を作るのかというのは難題です。
なのでまずは血統評価とは何なのかを定義づけします。

【血統評価】とは、繁殖牝馬Aと種牡馬Bの仔に現実的に期待し得るポテンシャルの評価。

例として言えば、繁殖牝馬ウインドインハーヘアと種牡馬サンデーサイレンスの仔は現実的に重賞以上の活躍をするポテンシャルの期待ができるという評価ということです。
現実的にという部分が意外と大事で、希望的すぎても主観的すぎてもダメなのです。
また、ポテンシャルという部分も重要で、イコールではないのです。
そのポテンシャルを引き出せるかどうかが馬体評価にかかってくるわけです。

そして、次にA~Eというアルファベットの評価の意味を定義づけします。
私は基本としてまずは勝ちあがることを重要視しています。
なので基本となる評価Cを「勝ち上がりが期待できる馬」に決めます。
そして、大当たりと考えているのは重賞馬なので評価Aは重賞級とします。
そうやって考えると以下になります。
評価S・・・G1級 
評価A・・・重賞級(A+~A-・・・重賞複数~OP複数)
評価B・・・複数勝利(B+~B-・・・OP勝ち~2勝)
評価C・・・勝ち上がり期待(C+~C-・・・1勝以上~1勝止まり)
評価D・・・勝ち上がり微妙
評価E・・・勝ち上がり絶望的

評価Sというのが新設されましたが、これはほとんど現れないとは思いますが便宜上必要になりました。
評価D、Eがあまり差がないように感じますが、そもそも血統の期待値がここまで低い馬はノーザン生産馬にはほぼいないのです。
ある程度の競争成績、または良血しか繁殖入りできませんし、種牡馬もほぼ社台SSの一流馬なので仔の期待値は必然的に上がります。
なので、上は+や-の差をつけて厚くし、下はほぼいないので単純化します。
良血なのに産駒は未勝利ばかりみたいな場合にたまに評価DとかEが出てくるかもしれません。
あとはノーザン生産馬以外の場合は結構いるかもしれませんね。

これで血統評価と評価の定義づけが完了しました。
ここまでは勝手に決めるだけなのである意味簡単です。
これを実際の馬たちに当てはめていかなければなりません。
ここをしっかりとした基準と客観性を入れられるかが大事になってきます。

まず、自分が血統評価に含めているものをすべて洗い出す作業から始まります。
1、繁殖能力
2、母の競争成績
3、祖母の競争、繁殖成績
4、近親の競争成績
5、種牡馬
6、父と母の相性

大きくわけてこの6つになります。
そして、すべてのベースになるのが1の繁殖能力です。
2,3,4に関しては繁殖能力を割り出す時の補完情報になりますね。
この繁殖能力をどうやって割り出すのかが難題なのです。
ある程度産駒がデビューし走ってくれていればわかりやすいです。
例えば産駒が5頭デビューし全部重賞馬となれば仔の期待値も重賞級なので評価Aと簡単に付けられます。
ただ実際はそう簡単にはいきません。
産駒成績は当然バラつきます。
その場合の考え方を統一しておかなければなりません。
そして、初仔や産駒が未出走のケースも多々あります。
そのケースは2,3,4から割り出すことになりますがそこの考え方も決めておきます。
だいぶ長くなりそうなので、何回かに分けて書いていこうと思います。
その後、馬体評価に関しても決めていきますし、それらを総合した総合評価も定義していこうと思います。

それらをきっちり決めた後、広尾の追加募集馬のレビューで実践投入してみようと思っています。
レビューは私のブログも根幹企画であり、楽しみにしてくださっている方も多いです。
今まで曖昧な部分が多すぎたのでここで一度しっかり決めていこうと考えています。
個人的には結構大きな改革作業なので、3,4回くらいの連載になりそうですが、興味のある方はお付き合いください。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/10/16 15:49 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ