FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

ポレンティア2戦目、初重賞は3着、次はフラワーC?

2020.01.14 レース結果

 1/13(月)中山11R フェアリーステークス(GⅢ)〔芝1,600m・16頭〕3着[5人気]

スタートでやや後手を踏みますが、その後すぐに盛り返して先行勢のすぐ後ろに付けます。直線では馬場の中ほどに持ち出され、ジワジワと脚を伸ばして、初めての重賞挑戦で3着に入線しています。

池添謙一騎手「勝った馬は逃げの手を打つと思っていましたし、出来ればそのすぐ後ろでレースがしたいと思っていたのですが、久々が影響してスタートの出が良くなかったのが悔やまれますね。何とか5番手あたりに取り付けることが出来ましたが、直線では最後まで止まらずに脚を伸ばしてくれただけに、もう一列前で競馬が出来ていればもっと良い勝負になっていたと思います。まだトモ等に成長の余地を残していますが、夏に乗せていただいた時よりも着実に馬が良くなっているのは実感しましたよ」

田中博康調教師「本来は逃げ馬のすぐ後ろに付けたかったようですが、久しぶりの競馬だったのが響いてしまい、スタートで行き脚が付きませんでした。その後は上手くリカバリーしてくれて、一瞬ハミを噛みそうになる場面があったものの、すぐにスッと折り合って進めることが出来ましたし、勝負どころもスムーズに捌いてくれました。今後のことを考えると、ここで賞金を加算しておきたかっただけに、3着に敗れてしまったのは悔しいですし、スタートが決まっていればと思う部分は正直あります。でも、池添騎手は夏よりも馬は良くなっていると評価してくれましたし、初めての重賞でも力のあるところは示してくれたと思いますから、今後も大きい舞台で活躍できるようしっかりと育てていきたいですね。トレセンに戻した後は、これまでの疲れを取るために一旦放牧に出させていただく予定です」


レースに関しては前回書いたので騎手や先生のコメントを中心に見ていきます。
個人的には3着は悔しい反面、よくやったという気持ちではあったのですが、騎手や先生は最低でも2着を取りたかったという気持ちが出ていて少し意外でした。
私が思っている以上に高い評価をされていたんですね。
もちろん、賞金を加算することは重要でしたが、それは今後重賞やクラシックに出るにはという面での話なので、陣営はそこまで考えている器だという判断をしている証でありうれしいですね。
次はアネモネSかフラワーCという話がでてるようですね。
ここからクイーンC、忘れな草賞、オークスというロッテンマイヤーで経験した路線もありますし、とりあえず賞金は加算したいですよね。
500万の自己条件は使うつもりはないという強気の裏にはそういうレベルの馬ではないと言う自信が見えて感激ですね。
ただ、裏目に出るとまた3着で賞金が足りないみたいなことになりかねないので難しいところです。
まだ足元には不安のある馬でもあるので、あまり数は使えなさそうなので、最善の選択を期待しています。
とりあえず、ゆっくり休んで次に備えてほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト



グロンフォール12戦目、芝で初掲示板

2020.01.14 レース結果

 1/12(日)中山10R 初咲賞〔芝2,200m・12頭〕5着[9人気]

ゲートが開いてからの反応が鈍く、鞍上が少し促して行き脚をつけましたが、道中は後方からの追走となります。勝負どころから徐々に動いて行き直線でもしぶとく伸び5着入線となりました。

F.ミナリク騎手「ゲートを他の馬と同じくらい出られたら、もっと前の位置で進めるつもりでしたが遅れてしまいました。少し押して行ったのですがあれ以上やると前走と同じような競馬になってしまうと思い、無理をせず後方で脚を溜めました。残り800mくらいから仕掛けて行くと反応して上がって行ってくれましたし、ゴールまで長くいい脚を使ってくれたと思います」

新開幸一調教師「前走が輸送で少し減っていましたし、今回はメンタル面重視での追い切りを行った分だけ体重は増えていましたが、動けない体ではなかったと思います。もう少し前に付けて早めに動ければ一番いいのでしょうが、このクラスの流れにも慣れて着実に末脚を活かすレースが出来るようになって来ましたね。それに、何よりも前走の内容を引き摺らなかったのは良かったです。この後はレース後の状態を見てからになりますが、東京コースは決め手比べになる確率が高いですし、ひと息入れて中山開催を目指した方がいいかなとは思っています」


芝に転向し3戦目となりました。
スタートがいまいちで後方から、最後はじわじわ追い込んで5着でしたね。
タイム差も0,4ですし、まずまずの結果だったと思います。
まだ、勝ち負けという感じでもないのですが、次は3着くらいを目指していきましょう。
超大型馬でやっと芝に対応してきた感じなのでゆっくりでいいので着実に進んでいきたいですね。
関連記事

グロンフォール11戦目

2019.11.25 レース結果

 11/23(土)京都9R 高雄特別〔芝2,400m・8頭〕6着[5人気]

まずまずのスタートから行き脚が付いて、2コーナー過ぎから自ら先手を取る形となります。先頭で直線に向きますが、直線半ばで脚が上がってしまい、6着でゴールしています。

和田竜二騎手「返し馬で力が上に抜けるような走り方をしていたので、スタート後に前に進めるよう少しサポートしてあげたら、思ったよりもハミを取ってしまいました。これまでの競馬の経験から一度ハミを取ると進んで行って良いと馬が覚えてしまっているので、止めようとしても止まりませんでした。最後はさすがに苦しくなってしまいましたが、能力はありそうですし、あとは脚の使いどころ一つだと思います。考えていたのと違う形のレースになってしまい、申し訳ありませんでした」

新開幸一調教師「スタート後に少し促してあげたら、ガツンとハミを取って行ってしまいましたね。あれだけの体格の馬ですし、一度走る気になってしまうと、なかなか止めるのは難しいですね。最近は調教でもハミ掛かりが結構良かったですし、そういった部分がレースでも出てしまったのかもしれません。この後はトレセンでの状態を見て、どうするか検討したいと思います」

関連記事

グロンフォール10戦目

2019.09.23 レース結果

 9/21(土)中山9R 九十九里特別〔芝2,500m・11頭〕8着[5人気]

ややゆっくりとしたスタートから道中は最後方を進みます。向こう正面でペースアップした際に馬群から離されましたが、徐々にエンジンが掛かると出走メンバー中最速の上がり3ハロン34.0を計時し8着でゴールとなりました。

内田博幸騎手「スタートしてから周りの馬のスピードに戸惑っていたので、無理に追い上げず後ろから差す競馬にしました。向こう正面でペースが上がった時に置いて行かれそうになったのでやや不安を覚えましたが、エンジンが掛かると徐々に差を詰め始めてくれました。直線で大外に出してからは本来のストライドの大きいフットワークで伸びてくれましたし、芝でも十分にやれると思います。前半に無理させていたら苦しくなって最後に交わされる競馬になっていた可能性もありましたが、今日のように後ろから差す競馬でしたら馬も自信を付けていってくれると思います」

新開幸一調教師「馬群から離されてしまった時は正直なところ大敗も覚悟したのですが、終いは差を詰めてきてくれましたし、芝の方がむしろいい伸びを見せてくれたと思います。エンジンのかかりが遅いタイプなので、器用さを求められる中山よりも直線の長い東京の方が合うかもしれませんね。選択肢の広がる競馬が出来たと思いますし、レース後の状態を見て今後どの路線に行くか考えたいと思います」

関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ