FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

キャロットの馬名発表!果たして採用されたのか?

キャロットの馬名が発表されました。
私の出資馬は一頭だけでしたが、採用はありませんでした。

28 フォルテピアノの18
フォルトゥナータ
Fortunata 幸運(伊)。母名の響きから連想(伊語)

応募馬 : 28.フォルテピアノの18
希望馬名: ユースシンフォニー
馬名綴り: Youth Symphony
言語国名: 英語
意味由来: 音楽家ラフマニノフが作曲した交響曲ニ短調の通称。母名より連想

私の応募名はこちらです。
母名がピアノなのでピアノの有名な作曲家を調べてみました。
その中で有名なラフマニノフの楽曲にこういう通称の曲があるということで応募してみました。
結構かっこいいと思ったんですけどね。
採用名はなんかやっぱりキャロットぽいですよね。
全然違いますけどサートゥルナーリアを彷彿させるキャロットぽさがあります。
来年はもう少しその傾向も考えて応募したいですね。
スポンサーサイト



トラモント2戦目、強い内容で勝ち上がり

2020.02.10 レース結果

 2/9(日)東京2R 3歳未勝利〔D2,100m・15頭〕優勝[1人気]

ブリンカー着用。スタートで後手を踏み、道中は後方からのレースとなります。4コーナーで外を回って徐々に押し上げて行き、直線では大外から力強く脚を伸ばして先団をまとめて差し切って、嬉しい初勝利を挙げています。

F.ミナリク騎手「スタートはこの馬なりに出ているものの、大きい馬ですしなかなかスピードに乗っていくことが出来ませんでした。返し馬ではしっかりとしたフットワークで走れていて良い感触を掴んでいたのですが、スタート後もその良い印象通りの走りをしてくれて、しっかりと力を発揮してくれましたね。まだ課題は残るものの、今日は2戦目のレースでしたし、まだまだ成長してくれそうで楽しみです」

新開幸一調教師「馬体重は16㎏減っていましたが、無駄なものが削がれた分で、現状はあれくらいで丁度良いと思います。スタートは遅かったですが、それ以外は調教で感じていた良さをその通りに発揮してくれました。他馬がどんどん動いてくれて展開が上手く味方した面はあったものの、今日は完勝だったと思います。この後はしっかりと結果を残してくれましたし、一旦放牧に出させていただきたいと考えています」


1番人気でしたが前走5着でそこまで自信はありませんでした。
ただ先生は勝ち負けを期待していたのでその通りになりましたね。
スタートがかなり悪く大きく出遅れてしまい、この時点でもうかなり落胆気味。
そのまま後方から外外を回して、最後の直線で上がり最速で差しきりました。
思ってる以上に馬がよくなっており、かなり強い勝ち方でしたね。
スタミナはかなりありそうですし、スピードもあります。
距離適正がまだわからないのですが、ダートの中距離はあまりレース数がないのでマイルくらいまで対応できるといいんですけどね。
とにかくスタートの練習はもっと必要なので、そこが改善できればかなり楽しみな一頭になりそうです。
関連記事

トラモント新馬戦、見所のある5着

2019.12.23 レース結果

 12/21(土)中山6R メイクデビュー中山〔D1,800m・15頭〕5着[4人気]

チークピーシズ着用。もっさりしたスタートからで後方になります。向こう正面で好位まで上がると、直線でもジリジリ伸びてデビュー戦は5着で終えています。

三浦皇成騎手「ゲートを出るときに反応はしてくれているのですが、トモが緩くて突っ張ったように出てしまいます。そして、キックバックを嫌がってブレーキを掛けようとしており、促さないと後方へズルズル下がっていきそうな感じでしたし、精神面の幼さが出ていましたね。それでも、ペースが遅いと思い2コーナー過ぎから位置を上げていきましたが、終いは止まらずにジリジリと伸びてくれており、良い心肺機能を持っていますね。今日の内容であれば未勝利を勝てる力は十分にあるものの、少し息遣いの悪いところがありますので、今後はそこが悪化しないと良いですね。距離に関してはもっと延びても問題なさそうですよ」

新開幸一調教師「トモが緩いのでゲートはそこまで速くないだろうなとは思っていましたが、この馬なりには出てくれました。ただ、砂を被ると怯むようで、一気に下がりそうな雰囲気でしたね。でも、途中で動いていって手応えが悪くなりながらも、最後までしっかりと脚を使えていますし、心臓の強い馬だと改めて感じました。調教でチークピーシズを着けてみると反応が良くなりましたが、レースを見るとまだまだ幼いところが出ていましたから、次はブリンカーを着けてみるのも良いかもしれません。まずはトレセンに戻って馬体を確認させていただいて、今後の予定を決めたいと思います」

関連記事

ヴァルドワーズ8戦目、4着でも勝ちに等しい喜び

2020.02.10 レース結果

 2/9(日)小倉9R 4歳上1勝クラス〔芝1,200m・18頭〕4着[10人気]

パドックではパシュファイアを着用して周回しました。まずまずのスタートから後方で脚を溜めます。距離のロスがないよう内目で競馬を進め、直線でも内を突いて伸びましたが、勝ち馬には0.1秒及ばず4着でのゴールとなりました。なお、上がり3ハロン34.7秒は出走馬中最速です。

横山武史騎手「馬場入りは確かに気持ち悪い雰囲気でしたが、返し馬を終えてからは落ち着いていました。ゲートは他の馬と同じくらいのタイミングで出てくれましたし、道中はコントロールも利いていました。内の馬場が悪くて3コーナー付近で大きく躓いたのですが、外へ出せる位置取りでもなかったので、直線でも内へ行きました。上手く進路が開きましたし、追ってからは最後まで頑張ってくれました。小回りコースの方が前半から流れますし、この馬には合っていそうですね」

和田正一郎調教師「まずはとにかく馬場入りをスムーズに行い、平常心で競馬へ臨めるように装鞍から接していました。パドックではパシュファイアを着けて、馬場入りも他の馬が行ってから距離を置いて行いましたが、前走とは比べものにならないくらいスムーズに返し馬へ行けましたね。レースはゲートもまずまずだったと思いますし、ジョッキーの意のままに走らせることが出来ました。直線で追ってからも反応を見せてくれて、久々に良い内容だったと思います。この競馬がきっかけになるように、今後も工夫していきたいと思います」


骨折から復帰し、4戦連続で二桁着順。
普通にいけば、そろそろ引退も検討されてもおかしくない頃です。
ただ、出資者は皆この馬はまだまだやれる能力があると信じていました。
なぜなら、芝なら毎回上がり最速の脚を使えるからです。
スタートで大きく出遅れるせいで、それだけの脚を使っても二桁着順だったのです。
しかし、前走初ダートで大敗しましたがスタートはまずまずだったのです。
このスタートを芝でできれば・・・みなが思い描いていたレースがやっと今回できました。
スタートはまずまず、結局は後方からになりましたが出遅れて後方なのとは意味が全然違います。
しっかり脚を溜め、最後の直線は内を付き上がり最速で突っ込んできました。
結果は4着。
それでも、私にとっては勝ちに等しい喜びでした。
ここで仮に二桁大敗だったら引退していたかもしれません。
この4着が今後おそらく1年以上付き合っていける延長権となったのです。
滞在で続戦もしてくれることになり、次走も楽しみになりました。
関連記事

スイープセレリタス9戦目、不利の連続

2020.02.10 レース結果

 2/8(土)東京11R 節分ステークス〔芝1,600m・16頭〕8着[1人気]

まずまずのスタートを切ると、道中は中団からレースを進めます。直線では馬群の間から脚を伸ばそうとしますが、スムーズに進路を確保することが出来ず、中団で流れ込むようにしてゴールしています。

C.ルメール騎手「ある程度淡々とした流れの中の方が力を発揮できるのに、今日はスローペースになってしまったことで、あまり良いリズムで競馬が出来ませんでしたね。それに一瞬の脚を使うというよりも長く脚を伸ばしてくれるタイプなのですが、直線では進路が狭くなってしまう場面があり、今日はこの馬の能力を発揮することが出来ませんでした。1番人気に応えることが出来ず、本当に残念です」

藤沢和雄調教師「残念なレースになってしまいましたね。道中は流れに乗り切れなかったですし、直線ではスムーズに脚を伸ばすことが出来ず、力を出し切れませんでした。あくまでレース後の状態を見てから判断しますが、消化不良なレースになってしまいましたし、このまま厩舎において次走に向けて進めていくことも検討しています」


かなり期待しており、1番人気だったのですがかわいそうなレースになってしまいました。
最後の直線では行く方行く方で不利を受けて全くレースにならず、最後はゴール前にもうルメール騎手が肩をぽんぽん叩いてましたね。
藤沢先生も珍しく怒り気味のコメントで続戦することになりました。
次こそ勝ってほしいです。
関連記事

スイープセレリタス8戦目

2019.11.18 レース結果

 11/16(土)東京10R ユートピアステークス〔芝1,600m・12頭〕2着[1人気]

まずまずのスタートを切ると、道中は中団6番手あたりを追走、持ったままの手応えで直線に向き、残り300m付近から追い出されると、上がり3ハロン33.0秒の脚を使いますが、2着でゴールしています。

C.ルメール騎手「前走はハナに立つ形になりましたが、今回は道中も他馬の後ろでしっかりと折り合いが付いていましたし、良い感じで走れていましたね。直線でも長く良い脚を使ってくれていますが、勝負どころで少し離されてしまった分、残念ながら勝ち馬を捉えきるところまでいかなかったです」

藤沢和雄調教師「勝った馬には上手く乗られてしまいましたが、競馬自体は道中の抑えも利いていましたし、上手に走れていたと思います。こういった形のレースを続けていけば、いずれは順番も回ってくるでしょう。まずはレース後の状態をよく見させていただき、今後について検討させていただければと思います」

関連記事

ヴァンクールシルク17戦目、やはり調子がいまいち

2020.02.10 レース結果

 2/8(土)東京10R 箱根特別〔芝2,400m・11頭〕7着[7人気]

まずまずのスタートから無理せず、道中は中団からレースを進めます。4コーナーで外を回り、直線では脚を伸ばそうとしたものの、残り200mを切ったあたりで脚色が鈍り、7着に敗れています。

丸山元気騎手「スタートは出ているのですが、行き脚が付きませんでしたし、他馬の方が速いので、あの位置からの競馬になりました。道中の手応えは良かったですし、勝負どころでは勝ち馬を上手く閉じ込められるくらい良い感じで運ぶことが出来ましたね。ただ、直線では一瞬脚を使ってくれたのですが、それが長続きせず最後はジリジリとした脚色になってしまいました。脚質的に直線の長い東京よりは、小回りの競馬場の方が向いていそうな印象を受けました」

木村哲也調教師「調教を重ねていくに連れて、体調は徐々に上向いてきていましたし、直線では一瞬伸びてくれそうな感じに見えましたが、途中から脚色が鈍ってしまいました。最後はガス欠してしまったような格好でしたし、まだ内面が整い切っていなかったのかもしれません。この後はトレセンに戻ってからの状態を見て、どうするか決めさせていただきたいと思いますが、一旦牧場に戻して仕切り直した方が良いかもしれません」


調教の動きがいまいちだったので、今回は厳しいのではないかと思っていたのですが案の定でしたね。
切れ味のある馬ではないので、前目でレースができないと勝負になりません。
最近、出資馬に丸山騎手が乗ることが多いのですが、毎回馬なりで馬の特色に合った乗り方をしてくれないので不満ですね。
関東の上位騎手が怪我で不在なのが響いてる気がします。
関連記事

ヴァンクールシルク16戦目

2019.11.04 レース結果

 11/2(土)東京9R 南武特別〔芝2,400m・7頭〕6着[1人気]

スタート後、他馬に挟まれるような格好になり、後方からの競馬になります。3コーナー辺りから徐々に上がっていき、満を持して直線に入りますが、ジリジリとしか脚を使えずに6着で終えています。

C.ルメール騎手「後ろからの競馬になってしまったので、ワンペースであるこの馬の事を考えて3コーナー辺りで徐々に上がっていきました。直線ではもうひと脚使ってくれそうな感じでしたが、思ったよりも伸びてくれませんでしたね。体を持て余していたような走りでしたし、このメンバー相手だとある程度力を出さないと上位には来れません。以前にこの舞台で乗せていただいた時と同様で、特に難しい癖があるわけでは無いですし、体は大きいですが操縦はしやすい方だと思いますよ」

木村哲也調教師「スタート後に少し挟まれるような格好になったので、後方からの競馬になりました。ですから、ルメール騎手は道中上がって行ったのだと思いますが、それが結果的に裏目に出てしまいましたね。それに、飼い葉をモリモリ食べるので、想定していたよりも体重が増えてしまい、プラス8kgでの出走になりましたから、厩舎の調整ミスに尽きます。人気に応えることが出来ず、申し訳ございませんでした。今後については、トレセンでの状態次第でどうするか決めたいと思います」

関連記事

ヴァンクールシルク15戦目

2019.10.07 レース結果

 10/5(土)東京8R 本栖湖特別〔芝2,400m・7頭〕2着[5人気]

まずまずのスタートから促して好位につけます。前半の1000m通過が1.05.8と瞬発力勝負になりますが、直線でもしっかりと脚を使って昇級初戦を2着で終えています。

内田博幸騎手「スッと2番手につけられて、勝った時のような運びは出来ました。あまり切れるタイプでは無いので、4コーナー過ぎから少しずつふかしていくような形を取りましたが、直線に入ってもジリジリと伸びてくれて、上手く瞬発力勝負に対応してくれたと思います。今日は勝ち馬の決め手に屈してしまったものの、しっかり2着を確保出来ましたから、このクラスでも力は上位でしょうね」

木村哲也調教師「前走と同じく好位からの競馬で、リズム良く運べて内容は良かったと思います。今日は勝ち馬が強かったですが、それでもヴァンクールシルクは2着を確保していますし、上がりの速い競馬でも自分の力を出せるようになりました。このクラスにメドを立てられましたから、次は更に良い結果を出せればと思います。この後はトレセンでの状態を見てからにはなりますが、この暑さで頑張って走ってくれましたので、いったん放牧に出すことも考えています」

関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ