FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク2020年1次募集で申し込んだ馬たち!

シルクの申し込みが終わりましたね。
最後まで色々考えて迷いました。
私の申し込んだ馬はこちらです。
2020y08m05d_210849083.jpg

申し込んだ理由などは今後書いていくとして、今日は確率的な見込みを書こうと思います。

・クロンヌの19・・・実績99%
こちらは満口になるかもわかりませんが実績で間違いなくとれると思います。
私のブログの読者様ならこの馬申し込みそうって思ってたかもしれませんね。

・ウルトラブレンドの19・・・実績95%
こちらも、ほぼ間違いなく実績で取れると思います。
レビューでは低めの評価でしたが、自分の評価を無視したら上位候補になりましたね。

・ラトーナの19・・・実績90%
こちらも実績で取れると思います。
上の馬とこちらは体質面の心配があるのですが、それは見てもわからない以上、評価に考慮しなかったら上位候補になりました。

・シルクユニバーサルの19(抽優馬)・・・抽優馬で抽選50%
最後まで抽優馬は迷いました。
この馬がどこまで抽優馬の申し込みが増えるか読みにくかったからです。
最終的には、牡馬に使いたかったことと、当初より高評価だったので勝負に出ましたね。

・ウインフロレゾンの19・・・実績90%
こちらも実績で取れると思います。
この繁殖の子はずっと追いかけてますので、今年も当然取りに行きます。
去年、この兄に抽優馬使って取ってるくらいなので実績で取れるなら大歓迎。

・ミスティックリップスの19・・・実績99%
こちらも実績で問題ないでしょう。
ボリュームが少し気になりますが、それは今年は無視しますのでそうなればこの繁殖の実績は信頼できます。

・ヒッピーの19・・・実績30%
こちらは最後まで抽優馬を使うか迷った馬です。
こちらに使えば高い確率で取れるだろうと思ったのでどちらにしようか困りました。
実績で取れる可能性もあるので、今回は勝負しましたが、おそらく当初の想定より票が伸びそうなので厳しいと思います。

・アドマイヤテレサの19・・・実績70%
牝馬で1番欲しいのはこの馬です。
抽優馬も考えたのですが、実績で取れるはずと信じて使わずに勝負します。
厩舎や高齢など嫌われる要素も多く、意外と伸びないと踏んでの予想です。

以上の8頭になります。
全部取れて8頭、ヒッピーがおそらく厳しいので外れて7頭、抽優馬も外れて6頭の3パターンになると思いますね。

今年は私の実績周辺に欲しい馬が多くかなり困りました。
他にも、マンドゥラ、ハイドバウンド、グローリアスデイズ、アーデルハイトなども最後まで候補でしたね。
その辺の取捨選択なども後日書くかもしれません。
あとは結果を待つのみですね。
皆さんお疲れ様でした。
当選しますように!
関連記事
スポンサーサイト



シルク2020年募集馬の申し込み数、抽優馬数、必要実績を完全予想!

今年も最終申し込み数の予想と抽優馬数の予想、必要実績の予想をしていきます。
まず、票読みのポイントを整理します。

1、申し込み数のついて
去年は中間発表で前年比50%でした。
そこからだいたい最終的には2倍になった計算です。
今年は前日比が既に70%と新規の申し込みが早まったこととツアーの中止の影響で既にかなり申し込みがされています。
私の予想ではここから1、5倍くらいになるのではないかと思っています。
2倍までいくと申し込み数が去年と比べても異常な数字になり、さすがにそこまで会員が増えたとも思えません。
基本的には1,5倍、追い込みかけてきそうなボーダーラインで1、8~2倍と予想します。

2、抽優馬について
抽優馬は申し込み数より若干少ない伸び率になると思います。
なぜなら、抽優馬は一人1回の権利ですし、新規が既に申し込み終わってるからです。
ただ、価格にも大きく左右され、そもそも申し込める人が限られる高額馬は伸びにくく、安い馬で200口ボーダー前後になりそうな馬が急激に伸びるでしょう。

3、必要実績について
必要実績は、基本的には申し込み数と比例するが価格にも大きく左右されるので、高額馬は少ない申し込み数でもハードルが上がり、安い馬は申し込み数のわりに実績は低かったりする。

4、今年の傾向としては、おそらく最近のシルクの活躍ぶりから入会して3年未満の新しい会員さんが多いと想定されます。そういう方は、基本的には実績はあまり積めていないことが多いと思うので、申し込み数や抽優馬数は去年よりも増えても必要実績は例年並みくらいではないかと考えます。

以上のことをふまえて、予想をしていきますが、あくまで個人のお遊びなのであまり参考にしすぎないようにご注意ください。
左から最終申し込み数予想、抽優馬数予想、必要実績予想

18.ルールブリタニアの19    3000口 1100口 1200万
60.ポーレンの19        2400口 750口 700万
59.ブラックエンブレムの19   2200口 750口 900万
11.ツルマルワンピースの19   2100口 800口 800万
09.ピラミマの19        2000口 800口 800万
64.ウィルパワーの19      1700口 550口 500万
37.ラダームブランシェの19   1600口 500口 350万
02.イスパニダの19       1500口 800口  1000万
61.スイープトウショウの19   1500口 500口 400万
30.シルクユニバーサルの19   1500口 350口 300万
34.ランニングボブキャッツの19 1400口 380口 280万
75.アイムユアーズⅡの19    1300口 270口 180万 
20.シャクンタラーの19     1300口 300口 200万
39.ジャポニカーラの19     1300口 240口 180万
03.サロミナの19        1200口 500口 300万
42.ミュージカルロマンスの19  1200口 450口 300万
31.ユキチャンの19       1200口 330口 180万
52.レーヌドブリエの19     1200口 400口 250万
23.シャトーブランシュの19   1100口 300口 200万
07.モルジアナの19       1100口 260口 150万
04.リアアントニアの19     1000口 270口 250万
67.メリーウィドウの19     1000口 150口 100万
41.ウェイヴェルアベニューの19  1000口 300口 200万
71.トレジャーステイトの19   1000口  200口 120万 
26.アイリッシュシーの19    1000口 200口 100万 
48.アーデルハイトの19     900口 180口 120万
57.グリューネワルトの19    900口 200口 150万
46.ショウナンパンドラの19   900口 300口 180万
43.ヒッピーの19        900口 200口 100万
06.マンドゥラの19       850口 200口 100万
29.シーイズトウショウの19   850口 100口 80万
51.プリティカリーナの19    850口 120口 90万
50.アドマイヤテレサの19    800口 150口 100万
14.ハイドバウンドの19     750口 150口 80万
13.ルシルクの19        750口 180口 100万
33.ウインフロレゾンの19    750口 100口 80万
44.パーシステントリーの19   750口 200口 120万
24.サマーハの19        700口 160口 100万
72.バシマーの19        700口 120口 70万
38.シャルルヴォアの19     700口 100口 70万
62.フェイトカラーの19     700口 100口 70万
68.エレンウィルモットの19   650口 60口 60万
53.レッドジゼルの19      650口 120口 80万
56.パープルセイルの19     650万 80口 70万
27.ラトーナの19        650口 100口 80万
65.ボシンシェの19       650口 100口 70万
15.シュペトレーゼの19     650口 100口 80万
63.アンティフォナの19     650口 100口 80万
32.グローリアスデイズの19   600口 60口 60万
49.レッドオリヴィアの19    600口 120口 80万
66.シャンボールフィズの19   550口 100口 70万
12.コケレールの19       550口 120口 80万
36.ミスティックリップスの19  550口 40口 60万
47.プチノワールの19      550口 100口 70万
19.クロンヌの19        500口 60口 
45.チアズメッセージの19    500口 80口
25.ウルトラブレンドの19    500口 60口
05.テルアケリーの19     500口 90口
58.ディープストーリーの19   450口 60口
01.イルーシヴウェーヴの19   500口 120口 
16.ルミナスグルーヴの19    500口 90口
73.ジュピターズジャズの19   450口 40口


今年の傾向として上位に申し込み数と抽優馬がかなり集中しています。
それ以外はかなり広く分散しており、中実績の方は結構取れるかもしれません。
上位の馬は実績もかなり必要になるでしょう。
下位の馬ほどこれから抽優馬を使う低中実績者が狙うので2倍以上は見たほうがいいでしょう。
私の予想では1次満口が60頭前後になります。
抽優馬200口越えが30頭前後になりましたが、予想以上に伸びてくる馬もいるので35頭は見たほうがいいかもしれません。
必要実績は私の完全な予想に過ぎませんが1000口100万という一応の基準を元に価格やネットケイバの人気なども見て出した金額です。
何度も言いますが、私の個人的な遊びなのでこれを元に取れる取れないを判断しないようにお願いします。
では、私もこれから申し込み馬選びを本格的に開始します。
関連記事

シルクの最終中間発表を申し込み数順に並び替えた

シルクの中間発表を申し込み順に並び替えました
こっちのほうが色々と便利ですからね。

18.ルールブリタニアの19    1,933 778
60.ポーレンの19        1,661 526
59.ブラックエンブレムの19   1,538 529
11.ツルマルワンピースの19   1,443 569
09.ピラミマの19        1,340 598
64.ウィルパワーの19      1,184 363
37.ラダームブランシェの19   1,106 326
02.イスパニダの19       1,072 618
61.スイープトウショウの19   1,055 327
30.シルクユニバーサルの19   984 228
34.ランニングボブキャッツの19 952 256
75.アイムユアーズⅡの19    868 180
20.シャクンタラーの19     856 204
39.ジャポニカーラの19     856 167
03.サロミナの19        813 354
42.ミュージカルロマンスの19  808 300
31.ユキチャンの19       765 229
52.レーヌドブリエの19     762 274
23.シャトーブランシュの19   708 221
07.モルジアナの19       697 173
04.リアアントニアの19     652 184
67.メリーウィドウの19     647 101
41.ウェイヴェルアベニューの19  646 207
71.トレジャーステイトの19   641 116
26.アイリッシュシーの19    641 134
48.アーデルハイトの19     623 108
57.グリューネワルトの19    601 128
46.ショウナンパンドラの19   597 216
43.ヒッピーの19        585 134
06.マンドゥラの19       556 138
29.シーイズトウショウの19   552 54
51.プリティカリーナの19    549 76
50.アドマイヤテレサの19    525 89
14.ハイドバウンドの19     509 79
13.ルシルクの19        502 93
33.ウインフロレゾンの19    501 40
44.パーシステントリーの19   493 120
24.サマーハの19        475 83
72.バシマーの19        471 62
38.シャルルヴォアの19     447 66
62.フェイトカラーの19     440 63
68.エレンウィルモットの19   429 37
53.レッドジゼルの19      429 70
56.パープルセイルの19     424 47
27.ラトーナの19        413 50
65.ボシンシェの19       393 57
15.シュペトレーゼの19     383 54
63.アンティフォナの19     378 49
32.グローリアスデイズの19   366 31
49.レッドオリヴィアの19    359 79
66.シャンボールフィズの19   351 62
12.コケレールの19       345 70
36.ミスティックリップスの19  339 15
47.プチノワールの19      334 42
19.クロンヌの19        331 32
45.チアズメッセージの19    309 46
25.ウルトラブレンドの19    308 38
05.テルアケリーの19      305 45
58.ディープストーリーの19   302 42
01.イルーシヴウェーヴの19   283 75
16.ルミナスグルーヴの19    279 45
73.ジュピターズジャズの19   259 18
関連記事

シルクの申し込み状況の最終中間発表

8月4日(火)午後4時現在、第一次募集で250口以上のお申込みがあった募集馬は以下の通りです。なお、これまでに昨年の第一次募集申込総数の約70%のお申込みをいただいております。

◆お申し込み状況◆
募集馬名           総お申込み口数 うち抽選時優先馬口数
01.イルーシヴウェーヴの19   283 75
02.イスパニダの19       1,072 618
03.サロミナの19        813 354
04.リアアントニアの19     652 184
05.テルアケリーの19      305 45
06.マンドゥラの19       556 138
07.モルジアナの19       697 173
09.ピラミマの19        1,340 598
11.ツルマルワンピースの19   1,443 569
12.コケレールの19       345 70
13.ルシルクの19        502 93
14.ハイドバウンドの19     509 79
15.シュペトレーゼの19     383 54
16.ルミナスグルーヴの19    279 45
18.ルールブリタニアの19    1,933 778
19.クロンヌの19        331 32
20.シャクンタラーの19     856 204
23.シャトーブランシュの19   708 221
24.サマーハの19        475 83
25.ウルトラブレンドの19    308 38
26.アイリッシュシーの19    641 134
27.ラトーナの19        413 50
29.シーイズトウショウの19   552 54
30.シルクユニバーサルの19   984 228
31.ユキチャンの19       765 229
32.グローリアスデイズの19   366 31
33.ウインフロレゾンの19    501 40
34.ランニングボブキャッツの19 952 256
36.ミスティックリップスの19  339 15
37.ラダームブランシェの19   1,106 326
38.シャルルヴォアの19     447 66
39.ジャポニカーラの19     856 167
41.ウェイヴェルアベニューの19  646 207
42.ミュージカルロマンスの19  808 300
43.ヒッピーの19        585 134
44.パーシステントリーの19   493 120
45.チアズメッセージの19    309 46
46.ショウナンパンドラの19   597 216
47.プチノワールの19      334 42
48.アーデルハイトの19     623 108
49.レッドオリヴィアの19    359 79
50.アドマイヤテレサの19    525 89
51.プリティカリーナの19    549 76
52.レーヌドブリエの19     762 274
53.レッドジゼルの19      429 70
56.パープルセイルの19     424 47
57.グリューネワルトの19    601 128
58.ディープストーリーの19   302 42
59.ブラックエンブレムの19   1,538 529
60.ポーレンの19        1,661 526
61.スイープトウショウの19   1,055 327
62.フェイトカラーの19     440 63
63.アンティフォナの19     378 49
64.ウィルパワーの19      1,184 363
65.ボシンシェの19       393 57
66.シャンボールフィズの19   351 62
67.メリーウィドウの19     647 101
68.エレンウィルモットの19   429 37
71.トレジャーステイトの19   641 116
72.バシマーの19        471 62
73.ジュピターズジャズの19   259 18
75.アイムユアーズⅡの19    868 180

関連記事

今年のシルクの傾向と抽優馬満口予想

この土日、カタログや動画などチェックしました。
それによって評価を一部修正しましたので、ご確認ください。
特に血統評価が前半と後半で基準がブレていたように感じたので結構直しました。
これで確定なので今後は一切評価は修正いたしません。

明日、最後の中間発表があり明後日が締め切りとなります。
そこで今年のシルクについてまとめてみようと思います。

まず、今年の傾向として申し込みが早まっていると感じました。
大きな理由は2点。
1、新規の申し込みがネット登録と郵送手続きがあり必着ということもあり早めに送る人が多いこと
2、毎年、締め切りギリギリに行われていたツアーが中止となったこと
これが、前回の中間発表の前年比30%もいった理由になります。

これはどういう意味があるでしょうか?
1の新規の増加は抽優馬の総数の増加になります。
つまり、前日の中間発表の抽優馬は新規分が多めに含まれていると考えられます。
2のツアー中止で早めに申し込む方は既存会員で実績の高い人が多いと考えます。
なぜなら、実績が低い人はやっぱりギリギリまで中間発表を見てから決めたいからです。

つまり、先日の中間発表は新規と高実績者の申し込みが多く含まれた数字だと考えます。
そして、これから増加するのは大多数の低、中実績者になります。
私を含むそれらの方が考えることは、取れそうな馬から掘り出し物がいないか?になります。
なので、ネットケイバのランキングですが中間発表に名前の出てこなかった馬たちがどんどん上位にきています。
これは、その馬自身の人気というよりは、そういう行動原理からランクが上がっているのです。
そして、その中から最後の中間発表で票の伸びてくる馬も何頭か出てくるでしょう。

それらを考慮して今回、抽優馬で200口埋まる馬を予想しようと思います。

・ほぼ確実に抽優馬だけで200口埋まる馬
02.イスパニダの19       523 317
03.サロミナの19        366 160
06.マンドゥラの19       266 74
07.モルジアナの19       303 83
09.ピラミマの19        651 317
11.ツルマルワンピースの19   648 312
18.ルールブリタニアの19    927 424
20.シャクンタラーの19     364 100
23.シャトーブランシュの19   262 72
30.シルクユニバーサルの19   420 89
31.ユキチャンの19       382 116
34.ランニングボブキャッツの19 373 102
37.ラダームブランシェの19   550 148
39.ジャポニカーラの19     412 73
42.ミュージカルロマンスの19  364 124
46.ショウナンパンドラの19   257 92
52.レーヌドブリエの19     385 163
57.グリューネワルトの19    281 60
59.ブラックエンブレムの19   734 266
60.ポーレンの19        833 281
61.スイープトウショウの19   492 158
64.ウィルパワーの19      553 164
71.トレジャーステイトの19   287 47
75.アイムユアーズⅡの19    388 75
ウェイヴェルアベニューの2019
リアアントニアの2019

・抽優馬だけで200口埋まる可能性の高い馬
26.アイリッシュシーの19    265 56
67.メリーウィドウの19     259 51
パーシステントリーの2019
ハイドバウンドの2019
ヒッピーの2019

これで全部で31頭になります。
30~35頭くらいは抽優馬だけで200口埋まると思いますね。
これらの馬は実績が無い人にとっては抽優馬のみチャンスがあることになります。
まぁ、明日の中間を見てからで全然問題ありませんが、抽優馬選びは慎重にいきましょう。

私が現状、抽優馬候補が3頭くらい、実績などで取れたらいいなという候補が15頭くらいまで絞りました。
ここから明日の中間発表を見て、そこから必要実績を予測し、抽優馬1頭とその他数頭を決定したいと思います。
長くやってるとこの票読みみたいなのも楽しいですよね。
単純に2倍、3倍すればいいわけではなく、そこに価格や牡馬牝馬など色々な要素が絡んできます。
総申し込み数は多いけど抽優馬はそこまで多くない馬などもいるので難しいですよね。
あと数日ですがじっくり悩みましょう!


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事

自分の全頭評価を無視して馬選びをします

全頭評価をここ数年ずっと書いてきました。
しかし、ある矛盾も感じていました。
それは、あくまでも現時点での評価に過ぎないということです。
現時点でのカタログの馬体や動画で評価をしているだけなのです。
今すぐレースをするならそれでもいいのですが、レースに出るのは1年後です。
つまり、その評価がどれくらい意味のあるものなのでしょう。

じゃあ、どうすべきなのでしょうか?
例えば5月の遅生まれの貧相な馬体の馬がいたとします。
普通に馬体評価をすれば現時点ではC程度が精一杯です。
なら遅生まれだし成長込みで考えてBくらいまでなら測尺みても楽しみなのでつけてみようか、現在の私はそこまではやってみています。
しかし、たぶんこの後トモがかなり成長し全体的にボリュームも出てそれでいてバランスも完璧になるだろう、みたいな希望的予測をしてA評価をつけることは現実的ではありませんし、すべきではないと思います。
それが、ありならほとんどの馬の馬体は希望的成長をしてくれるのでA評価になるでしょう。
つまり、現時点での馬体や動画で評価をするということは、あくまでも現時点のものなのです。
それでも、私はこの現時点での自分の評価を元に今まで馬選びをしてきました。
結果は、重賞に届かないでいます。

そこで、今年は私は自分自身の評価を無視します。
かなり思い切ったことを言っています。
ただ、全部ではありません。
これから大きく変化のしないものに関してはそのまま受け取ります。
血統評価、測尺の中でも体高や管囲、厩舎、価格などはそのまま使います。
ただし、馬体評価をかなり無視することにします。
特に見た目のボリューム感、馬体重などはこれからどうにでも変化するので無視します。
そして、脚元の危険性と歩様だけを使います。
つまり、自分の評価のうち
血統評価、脚元の危険性と歩様、測尺の中でも体高と管囲、厩舎、価格を重視し
馬体評価の見た目のボリューム感、トモの大きさ、バランス、馬体重など今後変化の大きい部分を軽視することにします。

これは新しい自分なりの馬選びになります。
そして、これは弱者の兵法でもあるのです。
現時点で見た目の良い馬は当然ながら大人気なのです。
私が馬体評価をAをつけた馬は全頭、中間発表で既に人気になっています。
つまり、今を見て選んでも勝ち目がないのです。
なら、今は見劣りしても将来を感じさせてくれる馬を選んでいくしかないはずです。

これが今年の私の戦略です。
自分であれだけ時間をかけて全頭評価をしておきなら、その一部を無視して馬選びをします。
うまくいくかはわかりませんが、レビューでぼろくそに言ってた馬に申し込むかもしれませんよ?
楽しくなってきましたね!


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ