まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

ロイヤルアフェア2戦目、やっぱり良いことは続かない

2017/10/02 <レース結果>

 9/30(土)中山1R 2歳未勝利〔D1,800m・16頭〕4着[1人気]

まずまずのスタートを切るも行き脚付かず、後方集団の外目で1,2コーナーを回ります。向こう正面に入ると促しつつポジションを上げて先行集団の外に取りつき、3,4コーナーでのペースアップにもステッキを入れながら食らいついていくと、直線もジリジリと脚を伸ばしますが上位には及ばず4着でゴールしています。

戸崎圭太騎手「気持ちがゆったりとしていて、ゲートを出てもあまり行き脚が付きませんでした。ある程度前にいないと勝負にならないと思い、向こう正面で促しながら上がっていったのですが、勝負所でペースが上がると反応はしているものの、その反応もゆっくりとしたもので置かれてしまいました。それでも直線はまずまず脚を使っていました。ダートの走りは悪くないですし、砂を被っても大丈夫でしたが、使いつつもう少し気持ちがピリッとしてくればいいですね」

古賀慎明調教師「コーナーで外々にふられたということもありますが、全体的に気持ちが乗っていない感じでしたね。中間の調教では気持ちが入ってきたと感じていましたし、装鞍所でも初戦に比べるとピリッとしていたのですが、レースではいくらか前進を見せてくれたものの、まだ気持ち的に一本芯が入っていない感じがしました。でも初戦よりはいくらか上向いていましたし、今後も使いつつ良くなっていくと思います。ただゲートでソワソワしていたのは、今後気を付ける必要があるでしょう。キックバックは大丈夫でしたし、今後もこの路線になると思いますが、レースの翌日になり、左トモ球節が腫れているのが確認されたので、検査をしたところ左第一趾骨剥離骨折が判明しました。今後獣医師と相談し手術をするかどうか判断させていただきます」


ダート代わりで母はあのダートの名牝ゴールドティアラということでいきなり1番人気になりました。
ただ、レースはずっと大外を大きくまわるような形になり距離ロスはものすごいかったですね。
そのわりには最後まで頑張って4着だったので慣れてきたら勝ち上がりがいけそうだなと思っていました。
しかし、ここできましたか、毎度の骨折です。
本当にシルクの馬は骨折が多い気がします。
この世代はあんまりいなかったので、ほっとしていましたがここで自分の愛馬に骨折です。
毎年何頭か必ず骨折します。
嫌なことなのに慣れてしまいました。
手術をするかこれから考えるということなので、おそらく結構軽症だと思います。
それでも3ヶ月以上はレースは無理ですね。
ただ、この馬はまだちょっと成長させたほうがいいと思うので、これを成長のチャンスにして来年の復帰を待ちたいと思います。
こういう怪我などで休んだことで成長して見違えるようになった馬はアルジャンテなどたくさんいます。
ピンチをチャンスに変えていきましょう!
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ