まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

レーヌドブリエ27戦目、勝ったと思ったのに

2017/10/16 <レース結果>

 10/14(土)京都11R 清水ステークス〔芝1,600m・11頭〕2着[3人気]

まずまずのスタートを決めると、道中は無理せず8番手を追走、3コーナーの下りで折り合いを欠くシーンがあったものの、最後の直線で追い出しに掛かると最速の上がりで抜け出しを図りましたが、ハナ差届かず惜しくも2着でゴールしています。

四位洋文騎手「追い比べではギリギリまでこちらが抜けていましたが、ゴール板だけ相手のハナが出ていましたね。勝利を確信して検量前に戻ってきただけに、悔やんでも悔やみ切れません。初めて騎乗させていただきましたが、スタートして流れが落ち着くまではとてもリズムよく追走してくれていたものの、3コーナーから下りに差し掛かるところでペースが緩んだので、手綱を引っ張って抑えようとすると、反発して折り合いを欠くところがありました。それでも最後の直線では、瞬発力を活かして脚を伸ばしてくれました。結果を出せなかったのは悔しいけど、すぐチャンスはあると思います」

担当助手「ここ最近は本当に状態が安定していて、今回もしっかり調教を積んで馬体重の変動なく、良い体付きで出走することが出来ました。レースでは若干ハミを嫌うところを見せていましたが、初めてレーヌドブリエに騎乗した割には、四位騎手が上手く宥めて乗ってくれました。最後は勝ったと思っていただけに、残念ではありましたが、このクラスでも差のない競馬をしてくれましたし、いい状態でレースに臨めば結果も出るはずです。この後はトレセンに戻って調教師に状態を確認してもらってから、今後の予定を検討することになっています」


重賞に挑戦するか、自己条件を使うかを迷ったようですが、矢作先生は自己条件を選択しました。
府中牝馬SはヴィブロスやアドマイヤリードなどG1馬も多数いてさすがに厳しすぎましたからね。
自己条件といっても昇級したばかりで、いきなり通用するのは難しいかと不安もありました。
レッドアヴァンセやサロニカなど強敵もいましたからね。
それでも、勝ったと思ったくらい素晴らしいレースをしてくれました。
本当に最後の脚は凄みを増しています。
最後は本当に首の上げ下げだけで運がありませんでしたね。
ここでこれだけ通用するようですと引退までに重賞勝利という夢も広がってきましたね。
関連記事
スポンサーサイト
惜しかったですね
勝ったと思ってガッツポーズしたのですが悔しい上げ下げでした
伸びきった状態と一番縮んだとこが丁度ゴールとは運がなかった

にしても、まだまだ成長途上の段階だと思ってるので春で引退はホントに勿体ない
まあ、あと何戦できるか解りませんが全力で応援しますよ
[ 2017/11/03 09:27 ] [ 編集 ]
クリアアサヒさん
本当に首の上げ下げでしたね。
運がなかったとしか言いようがありません。
ただ、いきなり通用したのはうれしかったですね。
引退までなんとか重賞で活躍してほしいですね。
[ 2017/11/06 19:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ