FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

サルダーナ7戦目、不良馬場に泣く

2017/10/23 <レース結果>

 10/22(日)東京6R 3歳上500万下〔芝1,600m・16頭〕12着[11人気]

五分のスタートを切ると中団よりやや後方で脚を溜めます。直線は外目から追い上げようとしますが、前との差は開く一方で後方のままゴールしています。

柴山雄一騎手「この馬場はかわいそうでしたね。持っているうちはまだ良かったのですが、追ってからは下が滑ってしまい空回りしているような感じでしたから、馬も最後は嫌気をさしてしまったようです。この馬場状態では今後に向けての参考にはなりづらいですが、道中の折り合いはスムーズでしたし、マイル戦が向いているように思いました」

勢司和浩調教師「今日は馬場状態があまりにも酷かったので、内側を避けてなるべくきれいなところを走ってもらうように指示しました。そういう意味では上手く乗ってくれたと思います。返し馬でも滑って走りにくそうにしていましたし、競馬でも最後は嫌になってしまった感じでしたね。道悪で無理やり走らされると競馬が嫌いになってしまう馬がいるのですが、今回はそれほど無理をしたわけではないですから、次に向けて悪影響にはならないと思っています。レース後の状態を確認してから、今後の方針を決めたいと思います」


この馬は元々かなり非力なタイプで、ダート調教でさっぱり走らないのでデビュー戦も9番人気だったという馬です。
しかし、実際芝で走らせてみるとなかなかの切れ味で勝ち上がることもできました。
そういうタイプの馬ですからこの馬場は無理ですよね。
出走取り消しにしてもらってもよかったくらいですが、さすがにそれは無理なので最後は無理させずに走らせてくれて良かったです。
今回は度外視ですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ