まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

ヴェロニカグレース3戦目、中途半端な騎乗も2着は確保

2018/01/09 <レース結果>

 1/8(月)中山5R 3歳500万下〔芝2,000m・12頭〕2着[2人気]

まずまずのスタートを切ると、8番手あたりで1,2コーナーを回りますが、ペースが遅かったため向正面で4番手まで位置を上げます。勝負どころで外から蓋をされ、追い出すタイミングが遅れたため、直線ではよく脚を伸ばしたものの先に抜け出した勝ち馬を捕えられず、2着でゴールしています。

津村明秀騎手「1,2コーナーでのペースがかなり緩かったので、向正面で自分から上がって行きましたが、その後内に入れずに外に付けたまま追走していった方が良かったかもしれません。勝負どころで外から蓋をされて、自分から動くことが出来なくなってしまい、勝った馬に先に抜け出されてしまいました。ヴェロニカグレースも脚を使ってくれているのですが、先にリードを作られた分だけ追い付くことが出来ませんでした。上手く乗れずに申し訳ありません。でもまだトモが緩い中でこれだけ走れるのですから力はあると思いますし、成長を促しつつ使っていけばこの先も楽しみだと思います」

武市康男調教師「少しチグハグな競馬になってしまって勿体なかったですね。ペースが緩かったので上がって行くのは良かったとしても、そのまま行き切ってしまった方が自分のペースで走れて良かったと思います。勝った馬に先に抜け出された分だけ、最後は差を詰めることが出来ませんでしたからね。この後はまだトモが緩かったりと全体的にしっかりしていないですし、無理せずいったん放牧に出してリフレッシュさせた方がいいと考えています」



黄色6

とにかくチグハグで中途半端な騎乗でした。
私はあまり騎手の批判はしないようにしているのですが、今回は批判されてもしょうがないでしょうね。
スローなので早めに上がっていくのは全然良いのですが、それは良い位置を確保するためで、早めに上がっていって結局包まれてコーナーで外出せずに追い出しが遅れるというのはさすがに厳しいですね。
もちろん、勝ち馬はかなり強かったので結果はわかりませんが、ヴェロニカも十分力のあるところを見せてくれました。
この時期は、マイルくらいまででしたら牝馬でも十分牡馬と戦えたりしますが、中距離だと牡馬のほうがやっぱり強いです。
その中で、こうやって牡馬と混ざって戦っていけるというのは本当に頼もしいですね。
桜花賞は、アーモンドアイやプリモシーンはお任せして、ヴェロニカにはオークスを目指してもらいましょう。
この1戦を取りこぼしたのは痛いですが、早めにもう1勝してオークスまでの道筋をつけていきたいですね。
関連記事
スポンサーサイト
まーくさんこんばんは。

昨日は初めてシルクで口取りが当たり、ヴェロニカグレースの勝利を信じて中山競馬場に向かいました。

結果は皆様ご存知の通り、消化不良な感じで2着となってしまいました。
ただ、牡馬混合の中距離戦で2着に来たことは評価出来ると思いますし、スポーツ報知の次回注目馬の記事で次戦にも2勝目が見えて来そうだとも書かれておりました!

次走は順調であれば、短期放牧を挟んで東京最終週のフリージア賞か2回中山開幕週の牝馬限定の芝1800m辺りになるかと思いますが、次こそは勝ってオークスへの道を切り開いて欲しいですね☆
[ 2018/01/09 22:38 ] [ 編集 ]
takeさん
こんばんは~
口取り当たっていたんですね、それはなおさら残念でしたね。
このクラスでは力は上位なのはわかりましたので、なんとか次で決めてほしいですね。
次は戸崎騎手に戻るといいですね。
オークスで会いましょう!
[ 2018/01/10 02:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ