FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク勝ち上がり馬レビュー【オブセッション】

この企画は、やってみて思ったのですが、なぜ出資しなかったのか?シリーズの要素が半分くらい占めてますよね。
結構好評のようで拍手もたくさんいただき、アクセスも増えているのでうれしいです。

では、まずは2勝目をあげたシクラメン賞を見てみましょう。

スタートはいまいちで後方からの競馬です。
ペースは平均くらい。
最後は追い出して1番人気だったダノンフォーチュンと一緒に上がってくるも脚色が別次元。
あっというまに突き放してのレコード勝利。
これで一躍クラシック候補に名乗り出ました。
次走は王道の弥生賞に向かうようです。

それでは募集時レビューを見てみましょう。

1 パーシステントリーの15 牡 鹿 4月20日 藤沢 和雄
ディープインパクト Smoke Glacken ノーザンファーム 1億 200,000
164.5 181.0 21.9 483

母はアメリカのG1馬。
産駒は、すべてディープインパクトが種付けされており、最初の全兄トーセンゲイルは未勝利で見所無し。
次のパーシーズベストはシルクの募集馬で2勝をあげ、紫苑Sでも4着と健闘。
繁殖能力はまずまずあると思うが、兄と姉のどちらが出るかが問題。
ディープインパクト産駒としては、サイズが大きめで立派な馬体。
ディープは小さくても走ると言われていたが、最近では大きいほうが良いというのが当たり前になってきた。
サトノダイヤモンドなんかも500キロ前後あり、この馬もそれくらいになりそう。
藤沢厩舎も好き嫌いが大きくクラシックに使ってもらえない可能性がかなり高い。
一昨年のシルクの最高額馬のラヴィエベールも能力はあるが結局クラシックに使わないで終わりそう。
それが我慢できるならという条件付きかな。
馬体はディープ産駒とは思えないくらい立派な馬で、これは褒め言葉。
歩様は特に問題ないけど前脚が少しばらつくかな。
でもやっぱり少し高いとは思う。
それでも、今回のディープ牡馬の中では1番良い。
総合評価:A


この馬に関しては、自分でどんな評価をしていたかあまり記憶がありませんでした。
今振りかえってみると、自分で言うのも何ですが素晴らしいレビューですね。
言ってることに間違いもありませんし、しっかりA評価をつけています。
心配してるクラシックもこのままいけば出してくれると思います。
大きなディープ牡馬というのがキーワードで、サトノダイヤモンドという名前も出ていますが、この馬も500キロ以上でデビューしています。
当時はまだ一つ上のステッドファストというキャロットの馬がデビューしていません。
この馬は結局全く結果が出なかったので、その後だったらこういう高評価ができなかったかもしれませんね。
「ディープ牡馬の中では1番良い」とまで言い切ってるのでこのレビューを見てくれた方はいけたかもしれませんね。
私は、そもそも予算オーバーなので出資対象外なのが残念です。

今後の期待度・・・95点
この馬の能力が高いのは間違いありません。
ただ、勝負って絶対値ではなく相対値なんですよね。
自分の力があっても相手も強ければ勝てないわけです。
弥生賞はダノンプレミアム、ワグネリアン、ジャンダルムなども出走予定しています。
ここで勝てば間違いなくクラシック候補1番手になるでしょう。
今から楽しみですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



ディープ牡馬では一番
こんばんは☆
この子は私も募集時のディープ牡馬では一番手評価でした。
でもこの値段ではよっぽど好きでないと手が出ませんね。

特にキャロット掛け持ちしていて全兄をみているだけに。。。
その全兄とは募集時からして全く違いましたから、そこを気にする必要はないんですけどね。
この血統はシルク募集のディープの姉には申し込みましたが、抽選で落選以来縁がありません。
ルーカスには兄が好きで高額でも目をつぶっていきましたが、流石にこの値段では。。。
キャロットだったらバツ2抽選ぐらいだったかもしれませんね。

この血統もいつか活躍馬は出ると注目はしていましたが、やっぱり出て来ましたね。
ルージュバックも血統が良かったのに上が走っておらず突然走りましたし。
同じように狙い時ではあるとは思っていましたが。。。

しかし牡馬クラシックにシルクが行くとなると、今後ますます馬が取りにくくなるでしょうね。
次の募集時が怖いです。

アーモンドアイの考察も見させて頂きましたが、まーくさんの考え方(思考回路)は結構似ている気がします。
私の方が若干捻くれてますけど(笑)

まーくさんはあと一歩でどーんと活躍馬引かれそうな気もします。
シルクにこう活躍馬が出ると、自分が乗り遅れている感で焦りますけど、
お互い流されすぎず上手に立ち回りたいですね。
[ 2018/01/12 19:23 ] [ 編集 ]
新企画、楽しめました!
3頭とも興味深く読みました。

カナロアの成功は予想してましたが走り過ぎですね。でも僕はダメなカナロアを引いてしまったようです。
乗り遅れはぼんちゃんさんだけじゃありません。残りの馬たちを信じましょう(^^;
[ 2018/01/15 15:58 ] [ 編集 ]
ぼんちゃんさん
この馬に関しては1次で完売していませんので、やっぱり値段と全兄が気になったんだと思います。
私は予算的に最初から狙ってもいませんでしたが、こういう馬にいかないとやっぱり牡馬クラシックは狙えないのかもしれませんね。
私もそろそろ重賞馬を体験してみたいですねぇ・・・
今年こそお願いします
[ 2018/01/16 03:07 ] [ 編集 ]
youknownameさん
楽しんでいただきありがとうございます。
カナロアはここまで走るとは思いませんでした。
まだデビューもしてないのに意外と高くて避けていました。
しかし、この活躍で種付け料も上がってしまい、今後ますます高くなるんでしょうね。
失敗したかもしれませんね。
まぁ2歳には1頭出資してるので楽しみにしています。
[ 2018/01/16 03:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ