FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

シルクで出資するなら関東馬を狙え!

今年のシルク3歳馬は最強世代と名付けて勝手に呼んでいるわけですが、かなり特出した傾向があります。
それは関東馬にものすごく偏っているということです。
シルクの獲得賞金順に一口馬主BDで並べてみると15位までに関東馬が13頭、関西馬はたったの2頭しかいません。
こんなに偏るのは異常なことです。
その中でも関東馬の楽しみな馬をざっと列挙してみます。
アーモンドアイ、プリモシーン、ルーカス、ディロス、アンブロジオ、オブセッション、ヴェロニカグレース、グロンフォールなどまだまだいます。

基本的に競馬界はずっと西高東低といわれてきました。
その傾向は、だいぶ関東も頑張ってきているとは言えまだまだ変わっていません。
去年の調教師リーディングでもトップ10のうち関西7人、関東3人とはっきり差がありますし、関東は堀、藤沢、国枝といつものメンバーくらいです。
このランキングの傾向も毎年ずっとこんな感じです。
そんな西高東低の中で、このシルクの関東馬の活躍は本当に驚きなのです。
じゃあ、ノーザンが関東に力を入れているのでしょうか?
サンデーRのトップ15を見てみます、関東7、関西8と拮抗していますが、関東が上という感じは全然ありません。
関西にタイムフライヤー、ラッキーライラックというG1馬が出ていることもあり関西馬のほうが現状は上です。
キャロットも見てみますが、トップ15のうち関東6、関西9とはっきり関西のほうがまだまだ上です。
つまり、ノーザンが関東に力を入れているというわけではないようです。

これは3歳馬だけの傾向なのでしょうか?
シルクの4歳馬を見てみますと、活躍馬の割合は拮抗していますが、セダブリランテス、ポールヴァンドルなど世代を代表する活躍馬は関東から出ています。
シルクの5歳馬を見てみると、こちらも割合的には拮抗していますが、トップ3がグレンツェント、ゼーヴィント、アストラエンブレムと関東馬が占めており、重賞を勝っているのも関東馬になります。
こうやってみると、ずっとシルクは関東馬に活躍馬が多く、この3歳世代でそれが顕著になったと考えるのが自然です。

では、どうしてシルクだけ関東馬がこんなに活躍するのでしょうか?
そこは私にはわかりません。
ただ、シルクはノーザンと提携する前は福島にある天栄ホースパークを拠点に活動していました。
その天栄ホースパークはノーザンと提携後、改修されノーザンファーム天栄となりました。
ノーザンファーム天栄は、今やノーザン系列の関東馬をほぼすべて管理する外厩として大きな地位を占めています。
こうやって見ると、そういうことかもなぁ、というのを何となく感じませんか?
元々シルクの本拠地だった天栄を主要に使う関東馬に、シルクの期待の馬を多く入れたいという思いがあっても不思議ではありません。
仮説でしかありませんが、これらの事実関係を考えてみると、こういうこともあるかなという感じです。

では、シルクの関東馬の売れ行きはどうでしょうか?
現3歳馬の1次満口になったのは関東馬12頭、関西馬14頭になります。
つまり、売れたのは関西馬のほうなのです。
この傾向は毎年だいたいそうです。
なぜなら、関西のほうが有名厩舎が多いですし、そんな有力厩舎に目立った良血が入るので当然人気になるからです。
しかし、実際の結果は先ほどから書いている通りになります。
つまり、関東馬のほうが取りやすいし、関東馬のほうが活躍するのです。
こんな美味しい話はありませんよね。
この傾向が急に変わるとは思えません。
追加募集や今年の1歳馬募集でも関東馬ということにちょっと注目してみるのもいいかもしれませんね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/01/23 05:16 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(4)
おはようございます。
個人的には、関東の方が一流厩舎に入っている高額馬が安定して活躍している印象があります。
関西は他の馬のレベルが高くてなかなか出番が回ってこないのかも?
[ 2018/01/23 09:04 ] [ 編集 ]
オーナーによっては「有力馬は関西に入れる」という方がまだまだ多いので、
厩舎内の競争(競走ではなく)でシルクの馬が負けてしまうというのは確かにあると思います。
シルクはあからさまな西高東低には馬を預けないので、相対的に関東馬の方が厩舎内で優遇される位置にいることができてそれが新馬戦や未勝利戦快勝からの勝ち癖で関西馬相手にも快勝ということにつながるのかもしれません。
ラストプリマドンナとプロミストリープのいる和田正一郎厩舎だと3歳にディープインパクト産駒いませんからね…

私の愛馬はまーくさんの楽しみな馬8頭の中にいなかったのでこれから名前が出るように復帰戦快勝してほしいですね。
[ 2018/01/23 16:59 ] [ 編集 ]
まささん
こんばんは~
確かに関西の有名厩舎は良血だらけですから厩舎内の競争も大変ですよね。
関東も藤沢、堀あたりは同じようなものでしょうけど、他は頑張って結果を出してくれているように思います。
[ 2018/01/26 03:31 ] [ 編集 ]
みゅうげさん
やっぱり単純にリーディングで見ればやっぱりまだまだ関西のほうが上なので、高い馬はそっちにいれたいですよね。
まぁ、シルクの場合どこまでシルクの意向で厩舎を決めれるのかもよくわかりませんが、ノーザンとしてもシルクは関東に力をいれてるのかもしれませんね。
名前をあげた8頭はそこまで意味はないので、挙げていない馬も楽しみな馬はいっぱいいますよ~
[ 2018/01/27 05:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ