FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

去年までの抽優馬のない制度だったらどの馬に申し込んでいたのか?

去年までは抽優馬という最優先はありませんでした。
今年から導入されたこの抽優馬には良くも悪くも結構振り回されたというか影響は大きかったと思います。
その大きな要因は、抽優馬だけで200口を超えた馬は、抽優馬を使わない限り申し込みすらできない(意味がない)ということです。
今までは金額的に諦めるという馬はいましたが、今回からは人気だから諦めるという現象が起きました。
申し込みさえすれば、かなり低い確率であっても一応チャンスがあったものが無くなったのです。
逆に、抽優馬を使えばその低い確率がかなりアップするというわけで、もちろん一長一短だと思います。
そういうわけで、自分は去年までの制度だったら1次にどの馬に申し込んだんだろうか?と考えてみました。

アドマイヤセプターの17
アイムユアーズの17
シーイズトウショウの17
アンティフォナの17
タイタンクイーンの17
ウルトラブレンドの17
レスペランスの17

ポルケテスエーニョの17
ポーレンの17
フラニーフロイドの17

仮定の話ではありますが、結構リアルに考えたメンバーです。
上の7頭は抽優馬だけで満口確実の馬で、下の3頭はおそらく実績で取れるだろう馬です。
上の7頭のうち実際に抽優馬を使って申し込んだアンティフォナ以外の6頭は、今回申し込みすらせずに諦めた馬になります。
これだけ申しこんで、うまくいけば上の7頭から2頭くらい、まぁ1頭とれるかどうかだとは思います。
全滅も十分にあります。
それプラス下の3頭という形の出資になっていたでしょう。
アイムユアーズの17
シーイズトウショウの17
ポルケテスエーニョの17
ポーレンの17
フラニーフロイドの17
こうなれば十分満足いくドラフトと言えます。
ただし、
ポルケテスエーニョの17
ポーレンの17
フラニーフロイドの17
この3頭だけになる可能性ももちろんあります。
実績で勝手に取れると思ってますけど、実際この3頭すら取れないのもいるかもしれません。
そうなると大失敗なわけです。

では、実際今回申し込んだのにこのリストにない馬が4頭います。
なぜ、去年までの方式ならこの4頭に申し込まないのでしょうか?
それは抽選になる上の7頭が当たりすぎてしまったら予算的に困るからです。
これが絨毯爆撃の難しいところです。
当選確率は低いんだからたくさん申し込んでどれか当たってくれ、と思いつつも当たりすぎてしまったら困るので確実に取れそうな馬は少なくしなければならないのです。
これはこの4頭の優先度が低いというわけでもなく、金額やバランスを考えて諦めた馬になります。

去年までの方式でこのように申し込んで1番人気が当たったとします。
アドマイヤセプターの17
ポルケテスエーニョの17
ポーレンの17
フラニーフロイドの17
1次ではこの4頭の出資になりました。

では、今年の実際の申し込みを希望的観測も含めて抽優馬も当たり、実績でわずかに足りずラトーナは外れたとします。
アンティフォナの17
ポルケテスエーニョの17
ポーレンの17
フラニーフロイドの17
レースウィングの17
マンビアの17
テーブルロンドの17
1次ではこの7頭に出資できました。

どちらの満足度が高いかと言えば私は絶対的に後者です。
やっぱり去年までの不確定要素が多すぎるが故に、たくさん申し込まなければいけないのに当たり過ぎたら困るから確定部分はセーブしなければいけないというジレンマが思ってる以上にきつかったのです。
私は、正直今年の抽優馬導入で最初はいいかなと思っていたのですが、途中でものすごいストレスを感じていました。
アドマイヤセプターの17もアイムユアーズの17も本当に良い馬だと思うのに、金額的にも出せない馬でもないのに、申し込みすらしないで終わるのかというストレスはかなり大きかったです。
ただ、こうやって考えてみると不確定要素が減ったというのは結構メリットがあったんだと感じます。
取れないものは最初から取れないとわかりますし、抽優馬を使えばかなり確率は上がるわけです。
あとは、自分の実績や申し込み状況を見て取れそうなところからじっくり選べばいいのです。

制度については、後日もっとくわしく検証しようかと思っています。
今回は、去年までの制度だったらどういう申し込みをしていたかを考えてみました。
すると、思ってた以上に実は今年のほうが良い馬選びになったんじゃないか?とすら思えてきました。
もちろん、人それぞれ違うとは思いますが、皆さんも一度去年までだったらこう申し込んでただろう、そしてこういう結果になってたかもしれないというのをやってみたら面白いかもしれませんよ。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



今札幌に来ています。
明日はクードラパンの応援に行きます!
[ 2018/08/04 12:05 ] [ 編集 ]
こんにちは。
今回は私は抽優を意識せず一般でアドマイヤセプターを追加したりなど
「とりあえず欲しい馬の名前は書いておく」スタンスで申し込んだのですが
抽優がなければ無風をあえて行ったワイオラを今回見送ったシーイズトウショウに変えていたと思います。

会員が増えても総口数は増えませんし(売れ残り口数は減りましたが)
会員全員に均等に割り振って1人3口程度しかないのですから、
年4口以上の人がたくさんいる分2口以下の人もたくさんいて、
そういう人が殺到すれば、年3口の私でも実績で引っかかる馬がいるかもしれません。
ただ該当馬が私の申し込んだ馬と一致する可能性は抽優のアイムユアーズが当選する確率よりも低いと思うので、変に期待せずまずは残口馬の検討です。

結果が楽しみですね。
[ 2018/08/04 12:22 ] [ 編集 ]
同じく
こんにちは☆
同じく今回のシルクの馬選びはワクワクよりストレスが多かったです。
特に今年は募集リストの段階で色々配合を考えカタログや馬体を見るのを楽しみにしていたので、最終全部白紙に戻して2日程でバタバタと取れそうな所追加しました。
実績ない人はディープとかの超高額馬に行くか、血統はいいけど少しリスクの高い怖い所に行くか、安馬から穴っぽい所狙うかしかないですもんね。

私の場合はつい出資が多くなり過ぎていたシルクなので、相手からノーと言われて丁度いいかもしれませんが。。
これでは来年はもっとテンションダウンしそうです(苦笑)

ま!おっしゃるようにこの制度で結果いい馬選びになっていることを願ってます。
[ 2018/08/04 13:31 ] [ 編集 ]
関係のないコメントをしてしまいごめんなさい
ちょっと気持ちが先走って書いてしまいました。
[ 2018/08/04 15:11 ] [ 編集 ]
抽優枠を超えてる馬が多すぎて、単に抽選に参加する権利にしかなってないような気がします。せめて既存会員は実績順で構わないのでとりあえず1頭ずつ出資させてもらいたいものです。
[ 2018/08/04 15:14 ] [ 編集 ]
抽優馬の難点は一人10口最大申し込み出来る点でしょうか?
口数の上限を5口くらいにして欲しいですね。
高実績の方は抽優馬いらないんじゃないかな
[ 2018/08/04 17:07 ] [ 編集 ]
初めまして
募集馬ツアーレポートを読ませて頂きました。
たくさんの写真と詳しくコメントがあり、分かりやすかったです。
シルクの募集ツアーは、昔2回行きましたが最近は行っていません。
まだ当歳募集馬がいた時です。種牡馬見学とかもありました。
アンティフォナは、弱小会員なので無理だと思いますが・・・
レースウィング、マンビアあたりはご一緒できるかもと思っています。
[ 2018/08/05 07:35 ] [ 編集 ]
こばさん
私も今日は札幌競馬場きてますよ。
ベルフロレゾンとクードラパン応援にきました。
勝ってくれるといいですね!
[ 2018/08/05 11:53 ] [ 編集 ]
ベルフロレゾンは残念でしたがクードラパンに頑張ってもらいましょう。
[ 2018/08/05 15:11 ] [ 編集 ]
こんばんは。
もともと安馬・不人気馬狙いの私の場合、おそらくほとんど変わっていなかったと思います。
敢えていうなら、やや人気しているメジロアリスの17を諦めていたかもしれません。
私のようなタイプからすると、抽優馬によるデメリットはあまりありませんね。
[ 2018/08/05 18:58 ] [ 編集 ]
まーくさん、こんばんは^^

僕は抽優馬制度が発表になった時から、こういうことになるだろうなぁと予測していて、あまり喜べなかったですね( 一一)
でも、周りは結構喜んでる方が多かったので、そんなに改善されるだろうか?と思ってました(^-^;
僕は新規の扱いがずっと気になっていたのですが、同じ条件だと聞いてガッカリしましたね(;´Д`)
当然去年のままならアイムユアーズには行ってたと思います('◇')ゞ
[ 2018/08/05 21:02 ] [ 編集 ]
みゅうげさん
こんにちは~
やっぱり新しい制度の初年度ですから色々難しいですよね。
みなさん実際それくらいの予算でやってるのかもなかなかわかりませんし、予想するのは難しいですよね。
1頭でも希望馬が多く当たってるといいですね。
[ 2018/08/06 23:48 ] [ 編集 ]
ぼんちゃんさん
こんにちは~
実績が足りない人は、欲しい馬から選ぶというよりは取れる馬から選ぶってことが多くなっちゃいますね。
どちらがいいかは一概には言えないのですが、少しづつ改善はされてると思うので、良い方向に進むといいですね。
[ 2018/08/06 23:51 ] [ 編集 ]
フランケルさん
やっぱり結局は実績が強すぎるってのはあると思いますね。
もうこれだけ売れるクラブになったんだから1次で申し込めるのは5頭までとか制限をしてもいい気がしますね
[ 2018/08/06 23:52 ] [ 編集 ]
こばさん
そうですね、口数の制限も難しいところですね。
10口づつしか出資しないという高実績者さんもいるみたいなんでなかなかできないんでしょうね。
私みたいな一口づつの人間にとっては制限してほしいと思ってしまうんですけどね
[ 2018/08/06 23:53 ] [ 編集 ]
アイスさん
はじめまして~
ツアーはやっぱり実馬を見れるので良いとは思いますが、結局見てみてきても出資できないってことが増えてきましたからね。
ツアー参加者は抽優馬2個選べるとか何か大きな特典があるといいんですけどね。
[ 2018/08/06 23:55 ] [ 編集 ]
まささん
こんばんは~
私も安い馬を狙うタイプですが、それでも安い馬からも売り切れが増えてきた印象ですね。
ウルトラブレンドとか2番目に安い馬がここまで人気しちゃってますからね。
[ 2018/08/06 23:57 ] [ 編集 ]
レプティリアさん
こんばんは~
確かに新規の抽優馬は強いですよね。
もう会員も増えてるのでキャロットのように新規の優遇は一切なくしてもいいとは思いますね。
[ 2018/08/06 23:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ