FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

2018年の社台SSの種牡馬種付け数から見る栄枯盛衰

vytyCtb.png
今年もネットから社台SSの種付け数の表があったのでもらってきました。
去年も書きましたが、種牡馬の栄枯盛衰が垣間見れて興味深いですよね。

新種牡馬は、なんといってもキタサンブラックです。
ただ、130頭とたいぶ寂しい数になりました。
種付け事故もあって少し休んだ影響もあったようですが、それでも少ないですよね。
やっぱり少し高いことと、父ブラックタイドがまだまだ種牡馬現役というのもあるでしょう。
意外と多いのが輸入種牡馬のドレフォンです。
アメリカのダートの短いところで活躍した馬のようですが、種牡馬としては未知数すぎますね。
あとはイスラボニータでしょうか。
G1は皐月賞だけですが、その後ずっと長く活躍したイメージも強く、切れ味もありました。
距離もマイルから2000くらいまでいけそうですし、フジキセキの後継として楽しみですね。

あとは増減のあった種牡馬も見ていきましょう。
ディープインパクトが200頭を割っているのは驚きました。
種付け料がものすごい上がったせいなのか、それとも年齢を考えてセーブしているのかわかりません。
もう16歳ですから体調を優先しているのかもしれませんね。
増加で目立つのはハービンジャーでしょうか。
去年G1馬も多数でしましたし、今年もブラストワンピースが活躍中です。
ダートが苦手という致命的な欠点はあるものの、これだけ活躍すれば当然増えますよね。
クロフネなんかも20歳にして倍増近いですし、まだまだ健在という感じです。
減ったほうを見てみるとやっぱりオルフェーヴルが気になりますね。
初年度産駒からG1馬も出して悪くないのですが、やっぱり産駒の波が大きすぎる感じがします。
大きな一発はあるものの平均的に見ると勝ち上がり率なども良くないのが嫌われているのかもしれません。
リアルインパクトなんかもかなり下がっていますが、産駒の出来はかなり良くてシルクでも人気になっていました。
セールでも良い価格がついてましたし、これは復調すると思います。

こうやって見ると種付け数の上位にいるのは、ドゥラメンテ、ロードカナロア、ルーラーシップと父キングカメハメハがかなり多いです。
逆にディープの後継はまだこれといった馬が出ていません。
サトノダイヤモンド、マカヒキ、ワグネリアンなども控えていますし、これからどれか後継になるかも見所ですね。
サンデーサイレンスが晩年になってからディープを出したように、ディープの後継もこれから大物がでるのかもしれませんね。

この2018年の種付けされた子供は2年後シルクで募集されることになります。
この表だけではノーザンファームの繫殖にどれくらいつけたかまではわかりません。
それでも勝手に推測してみます。
ディープインパクト5頭
ハーツクライ4頭
ドゥラメンテ4頭
ロードカナロア5頭
ハービンジャー4頭
ドレフォン2頭
エピファネイア4頭
キズナ3頭
キタサンブラック2頭
モーリス4頭
ルーラーシップ3頭
ダイワメジャー2頭
キングカメハメハ2頭
オルフェーヴル3頭
ジャスタウェイ3頭
クロフネ2頭
ミッキーアイル2頭
イスラボニータ2頭
キンシャサ2頭
ディープブリランテ1頭
スクリーンヒーロー1頭
ブラックタイド1頭
サトノアアラジン1頭
外国馬4頭

全くの適当ですけど、2年後のシルクの募集馬はこんな感じのラインナップになるかもしれませんね。
もちろん社台SS以外の種牡馬からも何頭かくると思いますし楽しみですね。
こういうのを見ると自分の愛馬がいつか種牡馬になったらなんて夢も見てしまいます。
もちろんそれには愛馬がG1を勝たないと始まらないわけで、夢のまた夢です。
しかし、ブラストワンピースが菊花賞でも勝ったりするとおそらくハービンジャーの後継はまだいないので種牡馬になる可能性がぐっと高まります。
そう考えるとチャンスはあったのかもしれません。
今年出資したポルケテスエーニョの17なんかもダートG1を勝ったりすると、血統的には種牡馬になったりする可能性はあると思います。
このリストに自分の出資馬の名前が載る日はいつかくるのでしょうか?
まぁ社台SSとは言わないのでどこでもいいので種牡馬になれるような馬をいつか持ちたいものですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/09/12 17:12 ] 一口馬主 | TB(0) | CM(10)
自然交配で300頭。。。凄まじい。
ロードカナロアなんかは引退してもなお出資者に多額の配当をもたらした訳で、一口の牡馬としては究極の成功例ですかね。
個人的には近年のビッグ4ともいえるディープ、キンカメ、ステゴは出資済なのでハーツクライは衰える前に一口持ってみたいと思ってます。
[ 2018/09/12 18:54 ] [ 編集 ]
はじめまして。
リアルインパクトは種付けシーズン初期に体調崩したと聞いています。
体調万全でも前年は下回ったとは思いますが。。。
[ 2018/09/12 19:19 ] [ 編集 ]
種付け
まーくさん、こんばんは☆
種付け頭数の推移で大方の人気とかわかりますものね。
ロードカナロアは294頭で種付けの日本レコードならしいです(・_・;
なんだか最近お疲れのようでロードで牧場見学に行かれた人も体調を考え会えなかったり、種付けをキンカメに交代してもらったりもしているそうです。
カナロアの体調が心配です★

まあ、ドゥラメンテが人気でしょうし初年度から成功してくれたらカナロアの負担も減ると思われるので、今年がピークで来年以降は下がってくれることを祈ってます。

リアルインパクトは開腹手術をしたと聞きます。
シャトル種牡馬も大変ですね。
良い馬体の馬が多いですし、回復してまた産駒から良い仔が生まれるのを期待しています。

出資してみたいの意味で楽しみにしているのはドゥラメンテと、あとインスタグラムで見てルックスに劇惚れしたドレフォン産駒には是非出資してみたいですね(笑)
[ 2018/09/13 00:13 ] [ 編集 ]
なんで日本はミスプロの負け組血統のキングマンボ系に良血牝馬と数つっこんでしまったんだろ
同じミスプロでも世界的に繁栄してるファピアノ系、シーキングザゴールド系、ガルチ系に
良血牝馬を与えていたらもっと強い産駒を輩出できたろうに
日本以外じゃ途絶えようとしているキングマンボ系に良血突っ込むなんでなんともったいない、非効率的なことしてるんだろう
[ 2018/09/13 05:10 ] [ 編集 ]
クロフネも体調の問題で去年は数を抑えていただけだろうし、キチンと取材してない記事だよね。
表を見て数を見て薄い意見を述べてるだけの。
[ 2018/09/13 14:45 ] [ 編集 ]
フランケルさん
私が競馬を始めた頃は100頭前後でトップクラスでしたからすごい進歩ですよね。
ただカナロアなんかも結構色々あったようですから、これだけ数こなして本当に大丈夫なのか心配はありますね。
私は逆にハーツ産駒は5頭も出資しています。
そろそろ大当たりをつかみたいですね。
[ 2018/09/14 21:51 ] [ 編集 ]
ka2さん
そうなんですね。
3年目ってどの種牡馬もだいたい数が落ちるのでそのせいかと思っていました。
ただ産駒の出来は良いのでこれから人気するかもしれませんね。
[ 2018/09/14 21:52 ] [ 編集 ]
ぼんちゃんさん
こんにちは~
さすがにこの数は大変ですよね。
あまり無理はさせないでほしいですね。
ドゥラメンテはサンデーもキンカメも入ってるので繫殖に困るんじゃないかという話もありましたが全然関係ありませんでしたね。
ノーザンが力をいれている感じがよくわかります。
ドレフォンはルックスがいいんですね。
個人的には海外種牡馬の初年度は避けたいところですが興味がわいてきました。
[ 2018/09/14 21:55 ] [ 編集 ]
ユックさん
私は血統はあまり詳しくないのでわかりませんが、日本の適正というのもあるんでキングマンボ系が合うのかもしれませんね。
ただ単にキングカメハメハが優秀だったというだけの可能性もありますけどね。
[ 2018/09/14 21:57 ] [ 編集 ]
名無しさん
おっしゃる通り、単なる個人のブログなので取材なんてもちろんしていませんよ。
表を見ての単なる感想です。
[ 2018/09/14 21:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ