FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

シルクの各世代の最高額馬の成績をまとめてみた

一昨日、シルクの1億円馬のサラミスがデビューしました。
結果は残念な10着。
相手も揃っていましたし、太めの仕上げ、馬場も悪かったと色々原因はあったと思いますが、1億円馬のデビューとしてはやっぱり残念な結果だったと思います。
もちろん、まだまだこれからなので立て直してくれると思います。
シルクでは、よく最高額の馬は活躍しないという話があります。
サラミスはもちろんその年の最高額の馬でした。
というわけで、シルクがノーザンと提携してからサラミスまで最高額馬の成績を調べてみました。

・2010年産
ジューヴルエール(5000万)・・・32戦2勝
2勝ですがこれだけ出走してくれたら悪くはないと思います。
これが一口4万円くらいの牡馬だったらたくさん走って楽しませてくれてありがとうという存在です。
ただ一口10万となるともう少し上での活躍を期待していたと思います。
もちろん収支は全くペイできていません。

・2011年産
ヴィッセン(5000万)・・・35戦3勝
まだまだ現役で頑張っていますね。
前走も2着ですし勝ち星を増やせる可能性は十分あります。
掲示板率も高く賞金の収支だけで見れば回収率は100%越えています。
もちろん、維持費も含めるとまだまだ赤字ですが個人的には全然悪くないと思います。

・2012年産
コートオブアームズ(7000万)・・・21戦3勝
デビューも遅れて最初は人気も着順もかなりひどくてとても最高額馬という感じではありませんでしたね。
それでもなんとか勝ちあがって、その後は少しづつ力をつけて3勝しました。
最初矢作厩舎でしたが出されてしまいましたが、骨折引退するまで頑張ったと思います。
ただ、やっぱり価格からみると物足りなく大幅な赤字だったと思います。

・2013年産
ラヴィエベール (8000万円)・・・10戦3勝
10戦3勝とだけ見れば普通かもしれませんが、10戦9連対と聞けばすごいと感じると思います。
一度4着があるのみであとは連対してるのはさすがだと思います。
能力は間違いなくあると思います。
ただ、今は屈腱炎で長期休養中です。
無事復帰できるのか?復帰して以前のように活躍できるのか?
しっかり回収できるかどうかもそこにかかってくるでしょう。

・2014年産
キラーコンテンツ(10000万円)・・・11戦3勝
まだまだ4歳馬ですからこれからだと思います。
前走でもしっかり2着にきており、これからも勝っていくでしょう。
ただ、1億円の馬と考えると現状1000万下にまだいるのは少し物足りないかもしれません。
早く上に上がって重賞で活躍してもらいたいところですよね。
この金額を回収するには最低でも重賞を取らないといけないのでなかなかハードルが高くなってしまいます。

・2015年産
ピボットポイント(12000万円)・・・8戦1勝
先日、8月のギリギリになってようやく勝ちあがることができました。
出資者のみなさんもほっと一安心だったと思います。
この金額の馬が未勝利で終わったら困りますからね。
あとは、ここからどれだけ活躍してくれるかにかかっていますね。

・2016年産
サラミス(10000万円)・・・1戦


まぁ、わかっていたことですが最高額の馬は全部ディープインパクト産駒の牡馬になります。
こうやってみるとどうでしょうか?
そこまで悪いという感じはしませんよね。
全頭しっかり勝ち上がっているのは立派ですし、ほとんど複数勝ちもしています。
ただ、そこまで目立った成績でもなく、重賞馬も出ていません。
この金額ですと重賞を取らないと回収できないので、全頭かなりの赤字なのは間違いないでしょう。
回収を考えると最高額の馬はオススメできないと言えます。
ただ、出資馬として楽しむのが主であれば悪くはないとも言えます。

まぁ私は予算的にもこういう馬に出資することはありません。
一口20万円の馬に出資するなら4万円の馬5頭に出資したいタイプですしね。
ただ、予算に余裕もあって夢を見たいならそこまで悪くない選択かもしれません。
シルクの最高額馬は走らないと言うほど悪い成績でもなく、かといって良い成績というわけでもないという曖昧な結果となりました。
今年、シルクの最高額の募集馬はモシーンの17(15000万円)です。
どういう結果を残してくれるか注目ですね。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/10/01 05:05 ] シルクホースクラブ | TB(0) | CM(2)
まーくさんこんばんは。
ジューヴルエール。自分の馬が最高額だったと今認識しました(・_・;
今のシルクだと中価格帯に近いから怖いですw
この馬は結果的によくいる条件馬になりましたが、本賞金は少ないものの、数走ってるだけあって、総賞金はそれなりに頑張ってくれました。
高馬、血統馬の良さは大きな夢を見れる所でしょうか?
もちろん値段がすべてではないですが、血統や厩舎を含めていろいろ夢想しますよね。
この馬にしても、デビュー前から3戦目のプリンシパルステークスまでは本当に夢を見れました。
そのワクワクを味わえたという意味ではプライスレスですかね。
今後1億とかの馬を買うことは100%ないと思いますが、この価格ならギリギリもしかしたら…。
まあ貧乏馬主ですから出資しなさそうですが(笑)、でも良い思い出になりました(*^^*)
[ 2018/10/01 19:02 ] [ 編集 ]
どらくまーさん
こんにちは~
同世代のラストインパクトが3500万ですから、それより高かったんですね。
今はディープ牡馬は倍以上しますから、本当に厳しい時代になりましたね。
確かに成績だけがすべてじゃないので、どれだけ楽しませてくれたかはプライスレスですね。
[ 2018/10/02 13:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ