FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルクのホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク1歳馬近況コメントランキング!・・・11月編

今月の近況が更新されましたね。
半数くらいが坂路での調教が始まった感じですね。
坂路に入るとやっぱり課題面のマイナスコメントが多くなるのはしょうがありません。
今月も調教の進み具合を重視し、その中でもパワーワードがあれば上位にしていきたいと思います。

1位

フラニーフロイドの17 [父 ダイワメジャー:母 フラニーフロイド]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「坂路調教を開始後も順調に進められていたことから、この中間は週に3回ハロン16~17秒までペースを上げています。坂路では馬体の見た目より軽快で、それでいて力もあって大型馬特有の緩さ・トモの甘さは感じさせない動きを披露しています。時折、物見などしてテンションが上がることもありますが、根は素直で大人しい馬なので、調教を進めていくにつれて集中してくれるようになるでしょう。乗り込んでいくにつれて体力がつき、筋肉もついてきましたし、逞しさが身についてきています。馴致を開始してからここまですこぶる順調に進めることが出来ていますので、適度にリフレッシュ期間を設けながら調教を継続していきたいと考えています」馬体重525kg


今回の近況で唯一ハロン16という数字が出てきた馬になります。
ハロン16は遅れ気味の2歳馬でもこれくらいの調教をしてる馬もいるくらいです。
それがこの時期の1歳馬でもうやってるんですから順調そのものですね。
このままいけば早期デビューは間違いなさそうです。

2位

メジロアリスの17 [父 ダイワメジャー:母 メジロアリス]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「現在は週3回屋内坂路コースでハロン17秒ペースのキャンターを行っています。調教時の動きはややピッチ走法ですが、首や背中の動きにはまだまだ余力が有りそうで、これから変化していきそうですね。調教を重ねて筋肉の張りが良くなり、少しずつ体を大人っぽく見せるようになってきました。また、飼い食いも良く、常に完食してくれますので毛艶がピカピカの好馬体に映ります。現在のペースまで順調に進むことが出来ており、特に問題はありませんのでこの調子で進めていきつつ、疲れを溜めないようにリフレッシュも取り入れていきます」馬体重440㎏


ハロン17~18は結構いるのですが、17だけとなると限られてくるので上位にしています。
その中でもマイナスコメントもなく良いですね。
こうやってみると結局ダイワメジャー産駒かと思ってしまいますね。

3位

レースウィングの17 [父 クロフネ:母 レースウィング]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「引き続き馬体•脚元ともに問題はなく、負荷を掛けても飼い葉食いが落ちることはありません。馬体重も順調に増えていますし、トモにも力強さが見受けられるようになりました。現在は、週3回ハロン17〜18秒ペースで坂路調教をしています。パワーがあり、ブレることなく真っすぐ走れており、この時期の1歳馬にしては素晴らしい動きで、完成度は抜けています。坂路の動きからダート馬の印象を受けますが、素軽い走りをしているので芝でもいい走りを見せてくれそうですよ。普段は馬房でもおとなしいですが、いざ調教に入るとピリっとしてくるので、オンオフの切り替えがしっかりできているなと感心しますね。今後はリフレッシュを挟みつつ成長を促しながら乗り込んでいけたら思います」馬体重506㎏


こちらはハロン17~18とまずまずの進み具合ではありますが、コメントが素晴らしく3位にしました。
特に「この時期の1歳馬にしては素晴らしい動きで、完成度は抜けています」というフレーズはすごいですね。
今まで取り上げた記憶はないのですが、ここにきて急激に良くなったのかもしれません。

4位

ウルトラブレンドの17 [父 ヴィクトワールピサ:母 ウルトラブレンド]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「脚元や体調面も問題なく順調です。飼い食いも引き続き良く、馬体重も増加し日を追うごとに充実してきています。周回コースでは、トモを踏ん張って走れるようになったことから、週2回17秒ペースで2本坂路調教を取り入れています。やや気の強い所を見せますが、それが走りにプラスにでており、前向きで一生懸命登坂しているのが印象的です。まだこの時期なので多少の緩さはありますが、調教を重ねるにつれて馬体にメリハリがでてきました。能力が高そうなので成長が楽しみです。これから調教を進めていくにつれて、さらに見映えが良くなっていくはずなので、今後は様子を見ながら徐々に負荷をかけていこうと思います」馬体重468kg


こちらもハロン17と進んでる組になります。
たぶんこの馬も初登場ですね。
そこまで大きなマイナスコメもないので良さそうです。
価格も安く穴人気になった馬でしたが当たりの予感がしますね。

5位

ポルケテスエーニョの17 [父 Street Sense:母 ポルケテスエーニョ]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「健康状態は良好で、脚元、飼い葉食いもいいせいか、ここにきて馬体がふっくらし、見栄えが良くなってきましたよ。現在は、週3回ハロン17秒ペースで坂路調教を行っています。先月と比べると動きは良くなっていますが、まだ体が上手く使えていないのでこれから上手く走れるように教えていこうと思います。気性面もそれほど悪いところを見せず先月と比べると落ち着いて調教を行えるようになりました。キャンターの感触が良いので今後の成長が楽しみです。この調子なら今後坂路を2本にし、負荷を掛けていこうと思います。欲を言えば全体的にさらに筋肉が付いてくると走りに迫力が出てくるはずなので成長を促していこうと思います」馬体重497㎏


こちらもハロン17組になります。
この馬も初登場でしょうね。
かなりの大型馬ですが、調教も進んだ組にいるのは意外ですね。
ただまだ課題も多そうなので17秒組みの中では1番下になりました。


5頭中出資馬が3頭も入っていますがたまたまです。
ハロン17~18、ハロン17、ハロン16~17とこのあたりが調教の進んだ組だと思います。
その中でも唯一の16~17が1位、ハロン17の3頭もランクイン、17~18組の中ではコメントがかなり良かった1頭を入れました。
1位の馬は別にしてここにきてガラっとメンバーも入れ替わったように感じます。
やっぱり坂路に入れてみて、そのまま楽にこなせる馬と、課題が色々出てきた馬とに分かれてしまうんでしょうね。
そして、1位2位はやっぱりダイワメジャー産駒ですね。
本当に毎年強いです。
ただこの順調さがレースの走りと直結しない怖さがあるのもダイワメジャーです。
今回はロードカナロアやキンシャサノキセキ産駒が入っていませんが、こちらも常連なので来月に期待しましょう。


記事が興味深かった、面白かった方は下の「拍手」をクリックお願いします。
ランキング等関係ありませんが、今後の参考、励みにさせていただきます。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルクホースクラブに入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・まだまだ勉強不足で感覚的な判断しかできません。

価格・・年予算20~30万で5頭以上を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ