FC2ブログ

まーくの一口馬主と競馬の日々

一口馬主、競馬予想など競馬に関して書いていきます。シルク、キャロット、広尾のホームページ情報の転載許可を受けております。

シルク残口馬の出資優先順位

久々にシルクの募集馬の話を書こうと思う。
出資ラッシュも一段落し、近況更新もたまにあるくらいで画像や動画はそこそこの頻度で更新される。
かなりの馬が既に売り切れてしまっていることもあり、いまいち様子見の楽しみが少ない。
画像の更新は一応見てはいるが、これで馬の良し悪しがわかる人はすごいと思う。
シルクのホームページは本当に使いにくく、画像も一気に表示されないので比較も面倒なのだが、最新の画像だけみてここが良くなったとかわかる人は天才である。
私は、最新と前回とカタログの3枚を全部並べてみて、なんとなくここが変わったなどとやっとわかるくらい。
おそらく、大部分の人がそうなんじゃないかと思う。
正直、名前のない画像だけで馬の名前を言い当てられる人ってどれくらいいるんだろう?
愛馬だなんだと言ってもそこまで完璧に特徴を把握しきってるのはかなりのプロだろう。
少なくとも自分はそんな技量はない。
なので、画像を比較してここが違うという間違い探しはできても、それが良くなったプラスなのかマイナスなのかもわからない。
そして、1番良く見えるのは最初のカタログであるという馬も結構多い。
カタログは、修正はしてないとは思うが馬選びの最重要なので良く見える写真を使っているし、時期もあるだろうけど毛ヅヤもいい。
なので、画像の更新だけで評価が高まることもあまりなく、動画を見てもまだほとんど歩いてるだけの段階なので歩様が極端におかしくない限りなんとも言えない。
そんな程度の人間の考える、現時点での残口馬の出資優先順位を書いてみる。

1、ナイキフェイバーの13
馬体はバランスがよく、特にどこが悪いというところはない。
芦毛はよく見せないが遅生まれなのでどれくらい成長してるかが気になるところ。
個人的には、現時点での出資産駒が、エンパイアメーカー、クロフネ、ハービンジャー、キンシャサノキセキ、サウスヴィグラスと振り返ってみるとものすごく地味なラインナップ。
目玉候補としてディープインパクト産駒がいると楽しみではある。

2、ルシルクの13
ここにきて上位に入ってきた。
この馬の懸念はなんといっても尻尾の短さである
小さい頃下痢がひどく、尻尾を縛っていたら壊死してしまったということであるが、問題は2つある。
・尻尾が短くて競争に影響はないのか?
これは意見が分かれている。
尻尾は虫を追い払うくらいのもので短くても問題なく、実際尻尾のないヴィルシーナの母は活躍したし、尻尾の短かったローズキングダムも走っている。
しかし、尻尾は走るのにバランスを取る重要なものという人もおり素人にはわからない。
個人的な見解としては、尻尾は基本的にバランスをとるのに必要だが、短かったり、無くなったりしてずっとやっていくうちに慣れていくので、それに応じた走りができるようになるのではないかと思う。
・下痢がひどかったということは内臓系が弱いのではないか?
これは、現在は問題ないとのことだが、この立派な馬体を見れば本当にそうなんだろうと思う。
内臓が弱く下痢ばかりしているようでは、こんなに体は大きくならず立派な体になるわけがない。
プラス材料ではないが、気にしすぎることもないように思う。
兄のグランシルクは新馬戦で見せ場たっぷりの2着で勝ち上がりも問題なさそうなのでこの馬も注目したい。

3、アイリッシュカーリの13
この馬は募集当初からA評価で出資する気まんまんだったのだが、急にゲルニカのほうに心変わりをしてしまい出資していない。
キンシャサ産駒2頭もいるかと言えば、いらないと思うんだけどやっぱり気になるし良くみえる。
胴のつまった短距離馬なので、こつこつ走って損はさせない馬だと思う。

4、タバスコキャロルの13
シーザバッドガールが最優先候補だったので、他のゴールドアリュール産駒はあまり見ていませんでした。
この馬も馬体は立派で力がありそうです。
気になるのは前足のさばき。特に左前脚は最新の動画でもクネクネしていて心配です。
そこを気に掛けながら様子見していきたいですね。

5、ムガールの13
当初は出資候補だったもののあまりの巨大な馬体に一気にトーンダウン。
ただ、この血統はみな大型馬ばかりで、それなりに結果もでているので好材料でもあります。
結局出走時にどれくらいになるか目途がついたくらいで判断したいですね。
520くらいならまだいいけど、550を超えてくるようだとちょっと厳しいかなという感じでしょうか。

個人的には、あと海外トレーニングセールの追加募集とキャンセル募集にかなり期待しているので、この馬たちはもちろん候補ですが1頭もいかない可能性もあります。
ただ、今期の私の出資馬は全部残口馬であり、それが全頭無事もうデビューしたことを考えると様子見した残口馬の安定性は重要だと実感します。
今のところ1,2,3のどれか1頭はいくかもしれない感じですかね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

まーく

Author:まーく
シルク、キャロット、広尾に入会し一口馬主をしています。
【一口馬主スタイル】
血統ロマン・・名馬の子、名繁殖の系統、何々の弟、夢の配合など物語のある馬を重視します。

順調度・・無事是名馬。良血、好馬体でも無事に走れなければ意味が無いですし、調教が順調にできている馬を優先。

馬体・・基本的に大きくてボリュームがある立派な馬体が好きです。

価格・・年予算30万程度で7頭前後に出資を目安に低予算でやっています。

馬一覧
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ